ポケットモンスター(ポケモン、Pokémon)の強さの変遷まとめ

20年を超える長寿シリーズの「ポケットモンスター(ポケモン、Pokémon)」。その歴史は長く、作品が出るごとにバトルには様々な要素が登場してきた。それにともない、ポケモンバトルを楽しむプレイヤーたちの対戦環境も変わってきた。ここではその移り変わりを解説していく。

「ポケットモンスター」シリーズのバトルシステムについて

基本的なシステム

プレイヤーは6体の手持ちポケモンを持ち、そこから1体ないし2体(バトルルールにより異なる)のポケモンを選んで場に出す。
プレイヤーはターンごとに、「ポケモンに何の技を使わせるかを1つ選ぶ」「戦闘させるポケモンを入れ替える」「道具を使用する」「戦闘から逃げる」のいずれか1つを選択する。「逃げる」という選択肢は野生のポケモンとのバトルに限り、通信対戦時は「逃げる」選択肢が「降参する」に変わる。なお通信対戦では道具の使用はできない。
行動を選択すると、ターンを消費してそれを実行する。相手も同じように行動を選択して、たがいに行動が終わり、次の行動選択にうつるまでを1ターンとする。

互いのポケモンは技を繰り出し合い、どちらかのHPが0になるまで戦う。HPが0になるとポケモンは『ひんし』状態となり、戦闘不能となる。野生のポケモンとのバトルであれば、この時点でバトル終了となる。
トレーナー同士の対戦であれば、『ひんし』状態になった時点で、そのポケモンは強制的にモンスターボールに戻される。そして『ひんし』状態でない手持ちポケモンを繰り出し、どちらかの手持ちポケモンがすべて『ひんし』状態になった時点でバトル終了となる。

バトルルール

ポケモンバトルには、様々なバトルシステムが存在する。

ポケモン同士1対1で戦うシングルバトルを基本のバトルルールとし、2対2で戦うダブルバトル、3対3で戦うトリプルバトルがある。
他にも、4人のプレイヤーが1匹ずつ場に出して2対2で戦うマルチバトルや、4人のプレイヤーが1匹ずつ場に出して1対1対1対1で戦う(マルチバトルと違い、タッグ同士ではない)バトルロワイヤル、シングルバトルの形式で3体のポケモンをターン毎に位置を切り替えて戦うローテーションバトルなど、作品によっては様々な特殊なルールがある。
「サン・ムーン」ではこれらのバトル形式が整理され、シングルバトルとダブルバトル、マルチバトル、バトルロワイヤルの4つに絞られた。

バトル施設とは

NPCとのバトルについて

ストーリーを終えると、「バトルタワー」「バトルフロンティア」といった「バトル~」と名の付いた施設に挑戦することができる。
ここでは一定のルール下でのNPCとのバトルができ、今までシナリオで戦ってきたものよりひときわ強い相手と戦うことができる。

作品によって多少異なるが、基本的なルールは以下の通り。
・レベル50以上のポケモンは一時的にレベル50に変更される(バトル施設を出れば本来のレベルに戻る。ステータスなどはレベル50の時のものに再計算される)。
・ミュウツーやルギア、ホウオウなどといったいわゆる「伝説のポケモン」は使用できない。
・バトル中に道具を使用することができない。ポケモンに持たせた道具は使用することができる。
・対戦が終了するごとに、ポケモンは回復され、ステータスなども元に戻る。
・対戦に参加できるのは、シングルバトルでは3匹、ダブルバトルでは4匹、マルチバトルでは1人2匹ずつ。バトル前に手持ちの中からどれを出すかを選択し、バトルが始まったら変更できない。
・50連勝するとそのバトル施設のオーナーと対戦し、勝ったら称号をもらえる。作品によっては100連勝目で再び戦うこともある。

こういった特殊なルールであるため、ストーリーを終えた程度のポケモンではまず攻略が不可能な難易度となっている。
そのため、このバトル施設をクリアするためのポケモンを新たに育て直し、それらで攻略していかなくてはならない。

プレイヤー同士での通信対戦

「赤・緑」から通信ケーブル接続によるプレイヤー同士でのポケモンバトルができる。
「ブラック・ホワイト」以降はプレイヤー同士が顔を突き合わせての対戦(クイック通信によるバトル)ではなく、Wi-Fiを使うことで世界中のプレイヤーと対戦することができるようになった。Wi-Fiを使って世界中のプレイヤーと対戦する機能のことを「バトルスポット」という。

クイック通信によるバトルでの基本的なルールはバトル施設でのNPC相手のバトルと変わらないが、細かい違いで「ノーマルルール」「フラットルール」の2つがある。
これらは、伝説のポケモンなどの使用が禁止されているポケモンや、同じ種類のポケモンを使用できるか・できないかの差がある。

バトルスポットでのバトルは、「レーティングバトル」「フリーバトル」の2つのモードがある。
レーティングバトルとは、勝敗によって上下するレートを競う対戦のこと。対戦する相手は自分のレートに近い人が自動で選ばれる。通常のレーティングバトルでは伝説のポケモンなどの使用が禁止されている。
フリーバトルは基本的に勝敗や成績が残らないモードのこと。フリーバトルでは使用禁止のポケモンもいないため、気軽に対戦を楽しむことができる。

対戦環境とは

プレイヤー間で「対戦」というと一般的にWi-Fiによる通信対戦のことを指す(レーティングバトル、フリーバトルのモードは問わない)。
この「対戦」の世界はポケモンをやり込んでいるプレイヤーがひしめいている。

ポケモンバトルが行われる場における、主にポケモンや育て方、戦術に関する流行りや風潮のことを「環境」と呼び、Wi-Fiによる通信対戦での環境のことを「対戦環境」と呼ぶ。
対戦環境はフリー、レートでそれぞれ環境が違う。またレーティングバトルでもレートごとに異なる。

対戦で強いポケモンや技のことを「対戦環境に合っているポケモン」「環境に合っている技」と呼ばれる。また、対戦をやり込むプレイヤーたちは環境に合わない技やポケモンは「不遇ポケモン」「不遇技」と呼んでいる。
不遇と呼ばれているが、シナリオ攻略などで利便性が高いものもあるため、対戦環境で不遇だからといって弱い、使えないというわけではない。あくまで対戦において不遇であるというだけで、どんなポケモンや技にも使い所はきちんとある。

第1世代の対戦環境

第1世代とは、「赤・緑」「青」「ピカチュウ」バージョンを指す。これらの作品をまとめて、「第1世代」「初代」と呼ぶ。

第1世代で強いとされたポケモンの特徴として、素早さが高く、攻撃が高いことが挙げられる。 また、エスパータイプ、氷タイプを持つポケモンも強いポケモンであった。
エスパータイプは、弱点の虫タイプ技の威力が低く、虫タイプの技の使い手は総じてエスパーに弱い、という理由により事実上弱点なしであったため。また、その強いタイプであるエスパータイプの技を半減できるのは同じくエスパータイプのみであった。そのため第1世代の対戦環境はエスパータイプが席巻していた。
氷タイプはタイプの特性により凍らない、弱点となる炎、格闘、岩タイプの技の使い手が少ない、主力技の「ふぶき」の命中率が90%と高く、『こおり』状態にする確率も3割と高かった。第1世代では『こおり』状態になると炎タイプの技を受けない限り解除されないので、相手を完全に行動不能にすることができた。
1998年の公式大会の優勝者は相手を『こおり』状態にさせることで一方的に叩きのめすという戦術で優勝を飾った。

「きりさく」「はっぱカッター」の急所に当たる確率も高かった。その確率はなんと256分の255。ほぼ確定で急所に当てることができた。
急所に当たると、いくら防御力を高めてもその上昇を無視することができる。そのため、「きりさく」「はっぱカッター」といった技は表示上の威力以上のダメージを出していた。
「かげぶんしん」による回避率の上昇率は異常に高く、1回使われただけでこちらの攻撃がほぼ当たらなくなってしまっていた。
「じわれ」「つのドリル」などの一撃必殺技の命中率は現在の一律50%とは違い、ポケモン自身の素早さに依存し、相手より素早さが低いと絶対に当たらないという仕様であった。
『ねむり』状態の回復にも1ターンを消費していたことから、相手を『ねむり』状態にする技「さいみんじゅつ」で相手を眠らせる→相手は眠っていて動けない→自分が攻撃する→相手が起きる→「さいみんじゅつ」で再び眠らせる→以下ループというハメ技ができた。

こういった偏ったゲームバランスから、対戦ではひたすら「素早さが高い」「攻撃力が高い」「エスパータイプが氷タイプである」ポケモンが求められた。
対戦環境でメジャーだったポケモンはどれもがそれらの条件を1つ以上は満たしていた。

第1世代の対戦環境において代表的なポケモン

「素早さが高い」「攻撃力が高い」「エスパータイプが氷タイプであること」が強ポケ(対戦環境下において強いポケモン)の条件であったのは先述の通り。
対戦をするには実際に顔を突き合わせての対戦しかなく、Wi-Fiでの通信対戦もなかったことから対戦プレイヤーの人口は少なく、使用されるポケモンの偏りが激しかった。
そのため、第1世代後半である1999年の公式大会では「色んなポケモンを使ってほしい」とのことで、前年と前前年の大会で人気の高かったポケモンが軒並み出場不可能になった。
第1世代を通しての対戦環境下でメジャーなポケモンであったのはゲンガー、ケンタロス、サンダース、スターミー、ダグトリオ、ナッシー、フーディン、マルマインである。これらのポケモンに登場率は劣るものの、スターミーやラプラス、スリーパー、カビゴンなどもよく対戦環境に登場していた。

ゲンガー

ゲンガーは「さいみんじゅつ」を覚えるポケモンの中で最も素早く、『ねむり』状態のポケモンにダメージを与える「ゆめくい」とのコンボが注目された。
第1世代では『ねむり』状態から覚めたターンは行動できなかった(「『ねむり』状態から覚めた」という行動でターンが消費されてしまう)ため、ゲンガーより遅いポケモンは「さいみんじゅつ」によって一方的に攻撃されてしまう可能性があった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ポケットモンスター X・Y(ポケモンXY)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター X・Y』とはロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、第6作目にあたる。プレイヤーはカロス地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。フレア団という悪の組織が登場し、ストーリー中に大きく関わってきて、各地で戦うことになる。メガシンカという通常の進化とは異なるポケモンのパワーアップ要素が初登場する。『ポケットモンスター』シリーズでは初のグラフィックが3Dの作品。

Read Article

Pokémon GO(ポケモンGO)のネタバレ解説まとめ

「Pokémon GO(ポケモンGO)」とは2016年に配信開始をした、ナイアンティックと株式会社ポケモンが共同開発したスマホゲーム。実際の世界の地図とゲームが連動しており、プレイヤーは歩いていると出現するポケモンを捕まえ、図鑑完成を目指したり対戦を楽しむゲーム。配信開始から大人気アプリとなり、5つのギネス記録を作り、世界的な社会現象となった。

Read Article

ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2(ポケモンBW2)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』とは、『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の続編作品であり、前作から2年後のイッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では前作に登場したプラズマ団が復活し、ストーリー中に各地で戦うことになる。トレーナーの成長についても描かれ、前作でのライバルであったN(エヌ)や共に旅に出たベルやチェレンなどの成長した姿なども見ることができる。

Read Article

ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー(ポケモンGSC・HGSS)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『金・銀・クリスタル』は第2作目であり、『ハートゴールド・ソウルシルバー』は『金・銀・クリスタル』のリメイク作品に当たる。ジョウト地方とカントー地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。前作『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』に登場した悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ブラック・ホワイト(ポケモンBW)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスターシリーズ』の第5作目。イッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では「ポケモンを自由にするため、ポケモンの解放を訴える」プラズマ団という組織が登場し、ストーリー中に各地で戦うことになる。本作のテーマは「多様性」で、ゲーム中の登場人物やポケモン、ストーリーなどに反映されている。

Read Article

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『ルビー・サファイア・エメラルド』は第3作目であり、『オメガルビー・アルファサファイア』は『ルビー・サファイア・エメラルド』のリメイク作品に当たる。ホウエン地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、「マグマ団・アクア団」という組織と各地で戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン(ポケモンRGBP・FRLG)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの1つで、『赤・緑・青・ピカチュウ』は第1作目、『ファイアレッド・リーフグリーン』は『赤・緑』に様々な要素を追加したリメイク作品になっている。プレイヤーはカントー地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、世界征服を目論む悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ(ポケモンDPt)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの第4作目。『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』が発売され、後に新たな要素が追加された『ポケットモンスター プラチナ』が発売された。冒険の舞台はシンオウ地方で、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグを制覇することが主なゲーム目標となる。

Read Article

ポケットモンスター サン&ムーン(Pokémon: Sun & Moon)のネタバレ解説まとめ

ポケットモンスター サン&ムーンとはゲーム『ポケットモンスター』シリーズを原作とした、アニメ『ポケットモンスター』シリーズの第6作。『ポケットモンスター サン・ムーン』や『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』の舞台となる温暖で自然豊かなアローラ地方で、ポケモンが大好きな主人公サトシが、学校生活を送ったり、島めぐりをしたり、ポケモンに出会ったり新たな冒険をする物語。

Read Article

ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン(ポケモンSM・USUM)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『サン・ムーン』は第7作目であり、『ウルトラサン・ウルトラムーン』は『サン・ムーン』にストーリーやシステムを一部追加したバージョンになっている。プレイヤーはアローラ地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、スカル団やエーテル財団といった組織と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のメガシンカ・ゲンシカイキまとめ

メガシンカとは、ポケットモンスターX・Yで追加された新要素。「旧シリーズのポケモンを再びピックアップする」という理念のもと、成長が頭打ちとなったポケモンを中心として作られた。 ゲームシステム的に同じものとして扱われるため、ここでは伝説のポケモンであるグラードンとカイオーガが太古の姿に戻ることで全盛期の力を獲得するというゲンシカイキについても取り扱う。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の伝説のポケモンまとめ

伝説のポケモンとは、公式の説明文によると「各地方で滅多に見ることの出来ない貴重なポケモン」のことであり、ゲーム中に1匹しか出現しないポケモンたちの総称である。シリーズ20年、7世代に至るシリーズの間にさまざまな伝説のポケモンが生み出されてきた。この記事では、各作品の舞台である地方の特色を色付ける伝説のポケモンたちを紹介する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の特性まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。発売20周年を迎えた長寿シリーズであるが、その戦闘システムの基本は初代である「ポケットモンスター赤・緑」から変わっていない。この記事では、第三世代こと「ルビー・サファイア」から新たに加えられた要素である「とくせい(特性)」について解説する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のZワザ・Z技まとめ

「Zワザ(Z技)」とは、ポケットモンスターサン・ムーンから登場した要素。1戦闘中に1度しか使えないいわば必殺技のことである。インフレする対戦環境に適応できる一部以外のポケモンへの救済措置として登場した。 問題点や調整不足もみられるが、Zワザの登場によりあらゆるポケモンが活躍できる機会を得られるようになった。

Read Article

『ポケットモンスター(ポケモン)』を産んだゲーム『MOTHER』

任天堂が産んだ大人気ゲーム、『ポケットモンスター』。その誕生には同じく任天堂が開発した『MOTHER』というゲームの存在が深く関係していることはご存知だろうか。今回は『MOTHER』と『ポケットモンスター』の関係について詳しく解説していく。また『ポケットモンスター』のゲーム中の『MOTHER』の元ネタについても紹介する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の都市伝説・豆知識・裏設定まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。「集める、育てる、戦う」のコンセプトに従い、ポケモンと呼ばれる生き物を収集、育成、そして対戦させるRPGである。2016年で20周年を迎えた長寿シリーズなだけに、様々な裏設定や都市伝説が囁かれている。

Read Article

BWシリーズやポケモンEX参戦!ついにここまで進化した「ポケモンカード」まとめ!

ポケモンカード、プレイしてますか?当時どんぴしゃだった20〜30代の方々は、遊戯王や別のカードゲームをしているか、もはやプレイしていないかもしれません。そんな知らぬ間に、実はポケモンカードは信じられないほどパワーアップしているのです!今回はそんなポケモンカードがどのくらい進化したのか、まとめてみました。

Read Article

ポケモン個体値ランキングTOPまとめ

ポケモンのステータス、いわゆる個体値には各ポケモンごとに割り振られているポイントというものがあります。ゲーム上、ステータス画面等でその数字を確認することは出来ませんが、個体値は強いポケモンを育てる上で極めて重要な情報・知識になってます。そんな個体値をランキングにして、高い順番にまとめてみました(伝説のポケモンとギガ進化のポケモンは省いております)。

Read Article

ポケモンのファンアートは主役も悪役もいい感じ~!※ロケット団多めです☆

子供から大人まで幅広い人気を誇るポケットモンスター。可愛らしいポケモンやサトシたち主人公、悪役のロケット団まで長年ファンから愛されてきました。これまで何度か記事にさせて頂いた坂取さん(@_nnbn_)もそんなポケモンファンのお一人!Twitterで素敵なファンアートを披露されています。今回は坂取さんから許可を頂いたので、素敵なイラストをご紹介致します!

Read Article

子ども向けっぽいけど本当は大人向けゲーム!「ポケモン」大人向け要素解説!

子ども向けっぽいキャラクターやゲーム性をしているけど、実は完全に大人向けなゲームをご存知ですか?それは意外にも身近で、今回はその中から「ポケモン」をご紹介!実際に、どこが大人向けなのかの詳細・解説から、実は裏ではこんな計算が行われていた事実など、マニアックな内容をまとめてみました。個体値や努力値、種族値の内容がわかると、ポケモンの世界観が一変するので、途端にプレイしたくなるかもしれませんよ。

Read Article

ピカチュウの誕生から現在にいたるまでまとめてみた

ポケットモンスターといえば、誰もがその名を聞いたことがあるだろう。ポケットモンスターは1996年2月27日ゲームボーイのソフトとして発売された。ピカチュウは当初まだ無名だったにもかかわらず、そのかわいいキャラクター性に皆が惹かれました。ピカチュウはゲームやアニメのみならず、グッズ化や映画化されたり、また海外でも活躍し愛されてます。そんな我らがピカチュウの過去から現在にいたるまでをまとめてみました。

Read Article

こんなに増えた!? ゲーム作品『ポケットモンスター』に登場するモンスターボール一覧

いまや国民的人気作品となった『ポケットモンスター』の、モンスターボールまとめ。 初代を遊んだ人の中には、「ボールを投げたあとにボタン連打すると捕獲率が上がる」という噂を信じて、必死に連打していた思い出がある人も多いでしょう。 このまとめでは『ポケットモンスター』作中に登場するモンスターボールをまとめて紹介します。

Read Article

「名探偵ピカチュウ」の最速情報まとめ

ポケモンのピカチュウ…ではなく、名探偵のピカチュウがここに参上!「名探偵ピカチュウ」は文字通り、名探偵であるピカチュウが様々な謎に挑むミステリーアドベンチャーゲームです。2016年の2月3日から3DSにてダウンロード専用としてリリースされる「名探偵ピカチュウ」、今回はそんな最速情報をまとめてみました。

Read Article

笑えるwwww変なピカチュウまとめw

皆様に愛され続けて約20年になるピカチュウ様。そんなピカチュウ様ですが、最近は映画に出たり漫画に出たり、他のゲームとコラボしてみたり、ついには海外進出も達成されました。しかしながらその裏では、そんなピカチュウ様の顔や体を使って、様々なパロディーが出来上がっているのをご存知でしょうか?そんな偉大なるピカチュウ様の笑える変な画像をまとめてみましたw

Read Article

【ポケモン】予想以上に深い、『ポケットモンスター』の裏設定まとめ

人気ゲーム作品『ポケットモンスター』(ポケモン)に、実は深い裏設定があるのをご存知でしょうか? アニメ作品をみても、「なぜ子供のサトシが旅に出れるんだ?」「ジムってどうやって運営しているんだろう」「ポケモンって動物とは違うの?」など、少なからず疑問に思った人も多いでしょう。このまとめでは、表には出てこないポケモン世界の裏設定を紹介します。

Read Article

目次 - Contents