ポケットモンスター X・Y(ポケモンXY)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター X・Y』とはロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、第6作目にあたる。プレイヤーはカロス地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。フレア団という悪の組織が登場し、ストーリー中に大きく関わってきて、各地で戦うことになる。メガシンカという通常の進化とは異なるポケモンのパワーアップ要素が初登場する。『ポケットモンスター』シリーズでは初のグラフィックが3Dの作品。

『ポケットモンスター X・Y』の概要

『ポケットモンスター X・Y』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、第6作目にあたる。
『ポケットモンスター』シリーズ初のニンテンドー3DS対応ソフトで、株式会社ポケモン・任天堂から2013年10月12日に発売された(一部地域を除き世界同時発売)。ゲームフリーク・クリーチャーズが制作を担当。
『ポケットモンスター』シリーズでは初の3Dグラフィック作品。

冒険の舞台はカロス地方で、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグを制覇することがゲーム目標。
プレイヤーはポケモントレーナーとなり、ポケモンを捕まえたり、ポケモンと出会ったりして図鑑を完成させていく。
そして、各地のポケモントレーナーやジムリーダーと戦い、ポケモンリーグに挑戦して四天王やチャンピオンを倒して殿堂入りをして、最強のポケモントレーナーを目指す。
本作では「フレア団」という組織が登場し、各地で戦うことになる。

『X・Y』に登場するポケモンは全部で721種類。初めはカロス地方に生息するポケモン457種類のポケモンを図鑑登録でき(カロス図鑑)、殿堂入り後、ジーナとデクシオから「ぜんこく図鑑」の機能を追加してもらえる。
457種類のポケモンを登録できる図鑑はセントラルカロス図鑑(153種類)、コーストカロス図鑑(153種類)、マウンテンカロス図鑑(151種類)に分かれていて、生息地域により図鑑が分かれている。
初めはセントラルカロス図鑑の機能しかないが、冒険を進めていくとジーナとデクシオからコーストカロス図鑑、マウンテンカロス図鑑の機能を追加してもらえる。

図鑑の種類
・セントラルカロス図鑑:カロス地方中央部に生息するポケモンなどを中心とした153種類のポケモンを登録できる。
・コーストカロス図鑑:カロス地方西部に生息するポケモンなどを中心とした153種類のポケモンを登録できる。
・マウンテンカロス図鑑:カロス地方東部に生息するポケモンなどを151種類のポケモンを登録できる。
・ぜんこく図鑑:全721種類のポケモンを登録できる。

『X・Y』での最初のポケモンは、ハリマロン(くさタイプ)、フォッコ(ほのおタイプ)、ケロマツ(みずタイプ)。
『X・Y』に登場する伝説のポケモンは、『X・Y』初出ではゼルネアス、イベルタル、ジガルデで、この他、フリーザー、サンダー、ファイヤー、ミュウツーが登場し、冒険中に捕まえることができる。

本作のパッケージを飾るのは、『X』がゼルネアス、『Y』がイベルタルである。『X』ではゼルネアスとジガルデ、『Y』ではイベルタルとジガルデを捕まえることができる。
その他の伝説のポケモンのうちミュウツーはソフトに関係なく捕まえることができるが、フリーザー、サンダー、ファイヤーの3匹は最初に選んだポケモンによって捕まえられるポケモンが異なる。
最初に選んだのがハリマロンだとフリーザーが、フォッコだとサンダーが、ケロマツだとファイヤーが出現して捕まえることができる。
本作では、出現するポケモンの種類やポケモン図鑑の記載文章などがバージョンによって異なる。
ポケモンリーグを制覇し、殿堂入りをした後でも冒険は続き、キナンシティにあるバトルハウスというバトル施設に挑戦できる。また、ハンサムが登場するショートストーリー「ハンサムストーリー」が展開される。

『ポケットモンスター X・Y』のあらすじ・ストーリー

アサメタウン~ショウヨウシティ

ポケモン図鑑の完成をプラターヌ博士から頼まれた主人公(手前)はティエルノ(左上)から最初のポケモン、トロバ(左)からポケモン図鑑をもらう。

カロス地方のアサメタウンに母親と共に引っ越してきた主人公は、町でライバルやサナに出会う。ライバルによると主人公も含め自分達にカロス地方のポケモン研究者・プラターヌ博士から頼み事があるといい、主人公はライバルやサナと一緒に隣のメイスイタウンに向かう。
メイスイタウンではプラターヌ博士の用事を受けたティエルノやトロバに出会い、主人公はそこでティエルノから最初のポケモン(ハリマロン、フォッコ、ケロマツのうち1匹)をもらい、ライバルやサナも最初のポケモンを選ぶ。
プラターヌ博士は主人公達にポケモン図鑑の完成を頼んでおり、主人公はトロバからポケモン図鑑をもらう。また、ティエルノから母親宛のプラターヌ博士の手紙を受け取り、その後メイスイタウンでサナと初めてのポケモンバトルをする。
主人公はカロス地方の冒険の旅に出発することになり、アサメタウンに戻り母親にプラターヌ博士の手紙を渡した後、母親からタウンマップをもらう。

ハクダンジムで初めてのジム戦に挑戦。

アサメタウンを旅立った主人公は、メイスイタウンの先でサナと一緒にライバルからポケモンの捕まえ方を教えてもらいモンスターボールももらう。
その後ハクダンの森をサナと一緒に進み、出口でライバルやティエルノ、トロバと合流。全員で森を出た後、主人公はライバルからポケモントレーナーの心得が記されたノートをもらう。
ライバル達と別れ、最初のポケモンジムがあるハクダンシティに到着。ジムの前にいるトレーナーとバトルをして勝利しローラースケートをもらった後、ハクダンジムに挑戦して、ジムリーダーのビオラに勝利してバグバッジをもらう。
その後、ハクダンシティでビオラの姉のパンジーに出会い、彼女からがくしゅうそうちをもらう。
次の町であるミアレシティの入口では主人公の先輩トレーナーであるジーナとデクシオに出会い、ミアレシティにあるプラターヌ博士の研究所に案内される。
研究所ではプラターヌ博士に出会い、そこにライバルやサナもやって来る。そしてプラターヌ博士とバトルすることになり、勝利した後プラターヌ博士からポケモン(フシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメのうち1匹)をもらい、メガストーンももらう。
研究所にティエルノやトロバも合流し、プラターヌ博士は主人公達にポケモン図鑑完成の旅についてアドバイスをする。研究所ではプラターヌ博士の知り合いであるフラダリに出会う。
その後ライバル達がやって来て、ライバルがミアレシティにあるカフェ「カフェ・ソレイユ」で話したいことがあるということで、主人公はサナ・ティエルノ・トロバと別れてそのカフェに向かう。
ライバルと一緒にカフェ・ソレイユに入ると、そこでフラダリとカロス地方の大女優であるカルネが話をしており、主人公はそこでカルネと出会う。その後ライバルは主人公にポケモントレーナーとしてどちらが強くなるか競走することを提案する。

プラターヌ博士の研究所ではフラダリに出会う。

ライバルと別れた後、ミアレシティの西にあるゲートに向かおうとしたところティエルノからホロキャスター(ホログラムメールを受信できる通信機器)に連絡が入り、5番道路(ミアレシティの西の道路)の野生ポケモンがすごいから見に来るようにというものだった。
ミアレシティ西のゲートでキズナおやじからOパワーをもらった後5番道路に出ると、シャラシティのジムリーダー・コルニに出会う。その後、5番道路でティエルノとトロバに再会し、主人公はティエルノとバトルをする。
バトルに勝利した後ティエルノやトロバと別れ、5番道路の先のコボクタウンに到着。町にあるショボンヌ城でサナに再会し、一緒にショボンヌ城の城主から話を聞いていたところ、城主は城に駆け込んできた男性と一緒にコボクタウンの西にある7番道路(コボクタウンと地つなぎの洞穴の間の道路)に向かった。
主人公やサナも7番道路に向かうと、橋の上でカビゴンが眠っており道をふさいでいた。カビゴンを起こすためにはポケモンのふえが必要で、ふえは7番道路の北にあるパルファム宮殿にあるという。
そしてパルファム宮殿に到着し、入場料を払いサナと一緒に宮殿に入る。宮殿ではオーナーが自分の飼っているトリミアンが姿を消して困っており、主人公はサナと協力してトリミアンを探し、中庭で発見したトリミアンをオーナーに会わせる。その後、オーナーが打ち上げた花火を主人公とサナは宮殿のバルコニーで観覧し、オーナーからポケモンのふえを貸してもらう。
7番道路の橋に戻り、ショボンヌ城の城主にポケモンのふえでカビゴンを起こしてもらい、目覚めたカビゴンとバトルをする。それから7番道路でティエルノとトロバに再会し、ポケモン育て屋を一緒に見学した後、トロバとセントラルカロス図鑑の完成度を比べる。そして7番道路の西ではライバルと組んでティエルノとトロバとマルチバトルをする。
ティエルノとトロバに勝利した後、ライバル達と別れて7番道路から地つなぎの洞穴を通る。洞穴を出るとジーナとデクシオに再会し、ポケモン図鑑にコーストカロス図鑑の機能を追加してもらう。
そこから南に進みコウジンタウンに到着するとライバルに再会し、町にあるカセキ研究所で一緒にカセキについて話を聞く。カセキ復元に詳しい研究所の助手がコウジンタウンの東にある輝きの洞窟にいるということで、輝きの洞窟に向かうことに。コウジンタウンから輝きの洞窟まで続く凸凹した道をサイホーンに乗って進んでいく。
輝きの洞窟に入ると洞窟内でフレア団に遭遇し、ライバルと協力してフレア団のしたっぱと戦う。フレア団を倒した後、洞窟の奥でカセキ復元に詳しい助手に出会い、アゴのカセキかヒレのカセキをもらう。
その後コウジンタウンにある水族館から北に向かい、ポケモンジムのあるショウヨウシティに到着。町のサイクルショップでじてんしゃをもらう。そしてショウヨウジムに挑戦して、ジムリーダーのザクロに勝利してウォールバッジをもらう。

ショウヨウジムではジムリーダーのザクロに挑戦。

セキタイタウン~ミアレシティ

セキタイタウンに向かう道路で、輝きの洞窟で戦ったフレア団のしたっぱと再戦。

ショウヨウシティから次の町のセキタイタウンに向かう途中、輝きの洞窟で戦ったフレア団のしたっぱと戦う。セキタイタウンでもフレア団のしたっぱを目撃し、町ではフレア団を追うライバルと再会。その後町の出口でコルニと再会してバトルをする。
セキタイタウンを抜け、次のポケモンジムがあるシャラシティに向かう途中でプラターヌ博士からホロキャスターで連絡が入る。主人公はプラターヌ博士からシャラシティにメガシンカに詳しいメガシンカおやじという人物がいることを教えてもらう。
映し身の洞窟を抜けるとシャラシティに到着する。町中でティエルノとトロバに出会い、トロバとコーストカロス図鑑の完成度を比べた後、トロバからメガシンカおやじがシャラシティのマスタータワーにいることを教えてもらう。
マスタータワーに向かうと、塔にはコルニとメガシンカおやじがいて、ティエルノやトロバ、ライバル、サナも集まった後、主人公達はメガシンカおやじやコルニからメガシンカに関する話を聞く。
メガシンカにはメガストーンとキーストーンがはめられたメガリングの2つが必要だが、メガシンカおやじの元にはメガリングが1つしかなく、主人公達全員には分けることができない。そこで腕前に自信のある主人公とライバルがバトルをして、勝った方がメガリングの継承者に挑む権利を得ることになった。
主人公はライバルに勝利してその権利を得て、その後継承者に挑む実力があるかどうか確かめるためジムリーダーのコルニとバトルすることに。
マスタータワーでライバル達と別れた後、シャラジムに挑戦してコルニに勝利してファイトバッジをもらう。そして継承者のコルニからマスタータワーの最上階でメガリングを渡すことを伝えられ、そこでメガシンカを使う者同士バトルをさせてほしいと頼まれる。
マスタータワーに向かい、その最上階で主人公はコルニからメガリングを受け取る。そしてコルニは自分の手持ちであるルカリオ同士1対1のバトルを提案し、応じた主人公はルカリオでコルニと戦う。バトルした後、主人公との絆を認めたコルニからルカリオ1匹を受け取った。
シャラシティを出る際にライバルからひでんマシン「なみのり」をもらい、次のポケモンジムがあるヒヨクシティに向かう。

マスタタワーで主人公(左)はコルニ(右)からメガシンカに必要なメガリングを受け取る。

ヒヨクシティに到着するとライバルからヒヨクジムの前でバトルがしたいとホロキャスターで連絡が入る。ヒヨクジムは丘の上にあり、そこに向かうモノレールの駅「シーサイドステーション」ではプラターヌ博士とカルネに再会。主人公はプラターヌ博士からひでんマシン「そらをとぶ」をもらう。
それからモノレールに乗車してヒヨクシティのヒルトップに到着。ヒヨクジムの前でライバルとバトルをして勝利し、その後ヒヨクジムに挑戦して、ジムリーダーのフクジに勝利してプラントバッジをもらう。
ジムを出た後、フラダリからホロキャスターで連絡が入る。フラダリは主人公にメガシンカで未来をより良い方向に変え、新しくて美しい世界に変えるための方法をよく考えてみるようにと伝えた。
ヒヨクシティを出る際にジーナとデクシオに再会。2人はプラターヌ博士に頼まれてカロス発電所に向かう途中で、ミアレシティで発生した謎の停電を調査するという。その後、主人公はポケモン図鑑にマウンテンカロス図鑑の機能を追加してもらう。
13番道路(ヒヨクシティとミアレシティの間の道路)にあるカロス発電所の前にフレア団のしたっぱがいて、バトルして勝利した後、主人公は発電所に入るのに必要なパスを入手して発電所の中に入っていく。
カロス発電所は電気エネルギーを目的にフレア団に占拠されていて、主人公はしたっぱや幹部、科学者のアケビと戦う。幹部やアケビに勝利するとフレア団は退散し、そこにヒーロー姿の謎の男女が現れ主人公のポケモンを回復してくれる。主人公の活躍でミアレシティの停電は解決する。
次のポケモンジムがあるミアレシティに向かう途中で謎の長身の男性に出会うが、何かを探している様子の男性はどこかへ去っていった。
主人公は停電の復旧したミアレシティに到着し、そこでサナに再会。点灯する様子を見るためミアレシティの中央にあるプリズムタワーに一緒に向かう。プリズムタワーではミアレシティのジムリーダー・シトロンと妹のユリーカに出会い、シトロンがプリズムタワーを点灯させる。
その後ミアレジムに挑戦して、ジムリーダーのシトロンに勝利してボルテージバッジをもらう。ジムを出るとプラターヌ博士からミアレシティにあるフラダリカフェに来てほしいと連絡が入る。
フラダリカフェに向かうとプラターヌ博士とフラダリがいて2人の会話を聞く。会話の中でフラダリはカロス地方の王家の末裔であることが明かされる。
フラダリは与える者と奪う者という人間の二元性を挙げ、大昔のカロス地方の王が最終兵器という兵器を造って作動させたと語る。そして現在のカロス地方を美しいと賞賛し、人間やポケモンがこれ以上増えなければ奪い合うという愚かなことはないだろうが、同じ明日が来ることについて安心はしていられないと語る。
フラダリがフラダリカフェを後にした後、プラターヌ博士はフラダリの考え方も一つの考え方だとした上で、誰と一緒に時間を過ごすかが大事であると語り、ポケモンとのカロス地方の冒険の旅を大切にするよう主人公に伝えた。

ミアレシティのフラダリカフェで、主人公(下)はプラターヌ博士(左)と共にフラダリ(右)の話を聞く。

クノエシティ~ヒャッコクシティ

ボール工場ではモンスターボールを狙い工場を占拠したフレア団と戦う。

プラターヌ博士と別れフラダリカフェを出ると、14番道路(ミアレシティとクノエシティの間の道路)でみんなで集まろうとトロバからホロキャスターで連絡が入り、主人公は14番道路に向かう。
14番道路にはトロバとライバルが待っていて、トロバとマウンテンカロス図鑑の完成度を比べた後、ライバルとバトルをする。バトルした後、サナやティエルノも集まり、サナの提案で14番道路にある怖い家に行くことになるが、ライバルはポケモンと向き合うためサナの提案には乗らず去っていった。
怖い家には主人公とサナ、ティエルノ、トロバの4人で行くことになり、怖い家では家主から自分が経験した怖い話を一緒に聞く。話を聞いた後サナ達と別れて次のポケモンジムがあるクノエシティに向かう。
そしてクノエシティに到着しクノエジムに挑戦して、ジムリーダーのマーシュに勝利してフェアリーバッジをもらう。
ジムを出るとサナとトロバに再会。2人はクノエシティの北にあるボール工場に向かうといい、主人公を誘う。その後主人公はボール工場へ向かうが、工場には入ることができず、交渉に向かったサナやトロバがフレア団に追いかけられてしまう。そこにライバルやティエルノもやって来る。
主人公はライバルと一緒にボール工場の中に入るが、工場はフレア団に占拠されていた。主人公はライバルが入口にいるしたっぱを引きつけている間、中にいるしたっぱ達と戦いながらボール工場を奥へと進んでいく。
工場の奥にある社長室ではフレア団の幹部や科学者が工場の社長に自分達に協力するよう脅していた。主人公は社長室でフレア団の幹部と戦い、その後ライバルと協力して科学者のコレアとバラと戦う。
幹部やコレア、バラに勝利した後フレア団はボール工場から引き上げ、主人公は社長からお礼としてマスターボールをもらう。その後、ボール工場にサナやティエルノ、トロバが集まり、フレア団について全員で共有し合う。
ボール工場はフレア団の一件で見学できず、サナ達は冒険を続けるためボール工場を後にする。主人公はライバルと別れて工場を出ると、ボール工場で発生した襲撃事件が無事解決したというニュースがホロキャスターに入る。

主人公(右)はフウジョタウンでプラターヌ博士(左上)とデクシオ(左下)に再会し、博士から伝説のポケモンであるゼルネアス(イベルタル)について話を聞く。

クノエシティから次の町であるフウジョタウンに向かう途中で、フラダリからホロキャスターで連絡が入る。フラダリはプラターヌ博士とメガシンカについて研究した結果、メガシンカがポケモンの秘めたエネルギーを一時的に解放することによる通常の進化ではありえない力の発揮と説明する。
フウジョタウンに到着すると、プラターヌ博士とデクシオに再会。主人公はプラターヌ博士からカロス地方の伝説のポケモンであるゼルネアス(イベルタル)について話を聞く。ゼルネアス(イベルタル)は活動するエネルギーがなくなると人知れず眠りにつくという。
プラターヌ博士とデクシオが去った後トロバがやって来る。トロバはプラターヌ博士にポケモン図鑑を評価してもらおうとしていたが、ポケモンを探すためフウジョタウンの北にあるフロストケイブに向かうという。
主人公もフロストケイブに向かうと、そこに普段17番道路(フウジョタウンとヒャッコクシティの間の道路)にいて人を乗せているマンムーがいた。そこにトロバもやって来て、マンムーの傍にいる男性によるとマンムーがフロストケイブを気にしているらしい。
フロストケイブの奥にトロバと一緒に向かうと、そこでフレア団がユキノオーを捕まえようとしていた。トロバはフレア団に対し、どうしてポケモンやエネルギー、お金を集め独占したがるのかと問うが、そこにいたフレア団の科学者・モミジは自分達フレア団が生き残るためと答える。
主人公はフレア団のしたっぱやモミジと戦って勝利し、その後フレア団は引き上げる。トロバと別れた後、ユキノオーからメガストーンのユキノオナイトをもらう。
フウジョタウンに戻り、そこから17番道路をマンムーに乗って次のポケモンジムがあるヒャッコクシティに向かって進んでいく。ヒャッコクシティの近くでライバルからヒャッコクジムの前でバトルがしたいとホロキャスターで連絡が入る。
ヒャッコクシティではジーナに再会し、町に伝説のポケモン・ゼルネアス(イベルタル)に詳しい人物がいることを教えてくれる。その後その人物の元を訪れ、ゼルネアス(イベルタル)について詳しい話を聞く。
ヒャッコクジムの前ではライバルとバトルをして勝利し、その後ヒャッコクジムに挑戦して、ジムリーダーのゴジカに勝利してサイキックバッジをもらう。
ジムを出るとライバルが再戦を申し込んでくるが、その時ホロキャスターがメッセージを受信。それはフレア団が最終兵器を用いて、自分達以外を消し去って世界を一新するというフラダリのメッセージだった。

ヒャッコクジムを攻略後、ホロキャスターに届いたのは「最終兵器でフレア団以外を消滅させる」というフラダリの衝撃的なメッセージだった。

フラダリラボ~フレア団秘密基地

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ポケットモンスター(ポケモン)のメガシンカ・ゲンシカイキまとめ

メガシンカとは、ポケットモンスターX・Yで追加された新要素。「旧シリーズのポケモンを再びピックアップする」という理念のもと、成長が頭打ちとなったポケモンを中心として作られた。 ゲームシステム的に同じものとして扱われるため、ここでは伝説のポケモンであるグラードンとカイオーガが太古の姿に戻ることで全盛期の力を獲得するというゲンシカイキについても取り扱う。

Read Article

ポケットモンスター ブラック・ホワイト(ポケモンBW)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスターシリーズ』の第5作目。イッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では「ポケモンを自由にするため、ポケモンの解放を訴える」プラズマ団という組織が登場し、ストーリー中に各地で戦うことになる。本作のテーマは「多様性」で、ゲーム中の登場人物やポケモン、ストーリーなどに反映されている。

Read Article

ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー(ポケモンGSC・HGSS)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『金・銀・クリスタル』は第2作目であり、『ハートゴールド・ソウルシルバー』は『金・銀・クリスタル』のリメイク作品に当たる。ジョウト地方とカントー地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。前作『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』に登場した悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ(ポケモンDPt)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの第4作目。『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』が発売され、後に新たな要素が追加された『ポケットモンスター プラチナ』が発売された。冒険の舞台はシンオウ地方で、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグを制覇することが主なゲーム目標となる。

Read Article

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『ルビー・サファイア・エメラルド』は第3作目であり、『オメガルビー・アルファサファイア』は『ルビー・サファイア・エメラルド』のリメイク作品に当たる。ホウエン地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、「マグマ団・アクア団」という組織と各地で戦うことになる。

Read Article

Pokémon GO(ポケモンGO)のネタバレ解説まとめ

「Pokémon GO(ポケモンGO)」とは2016年に配信開始をした、ナイアンティックと株式会社ポケモンが共同開発したスマホゲーム。実際の世界の地図とゲームが連動しており、プレイヤーは歩いていると出現するポケモンを捕まえ、図鑑完成を目指したり対戦を楽しむゲーム。配信開始から大人気アプリとなり、5つのギネス記録を作り、世界的な社会現象となった。

Read Article

ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン(ポケモンSM・USUM)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『サン・ムーン』は第7作目であり、『ウルトラサン・ウルトラムーン』は『サン・ムーン』にストーリーやシステムを一部追加したバージョンになっている。プレイヤーはアローラ地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、スカル団やエーテル財団といった組織と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン(ポケモンRGBP・FRLG)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの1つで、『赤・緑・青・ピカチュウ』は第1作目、『ファイアレッド・リーフグリーン』は『赤・緑』に様々な要素を追加したリメイク作品になっている。プレイヤーはカントー地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、世界征服を目論む悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2(ポケモンBW2)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』とは、『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の続編作品であり、前作から2年後のイッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では前作に登場したプラズマ団が復活し、ストーリー中に各地で戦うことになる。トレーナーの成長についても描かれ、前作でのライバルであったN(エヌ)や共に旅に出たベルやチェレンなどの成長した姿なども見ることができる。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のZワザ・Z技まとめ

「Zワザ(Z技)」とは、ポケットモンスターサン・ムーンから登場した要素。1戦闘中に1度しか使えないいわば必殺技のことである。インフレする対戦環境に適応できる一部以外のポケモンへの救済措置として登場した。 問題点や調整不足もみられるが、Zワザの登場によりあらゆるポケモンが活躍できる機会を得られるようになった。

Read Article

『ポケットモンスター(ポケモン)』を産んだゲーム『MOTHER』

任天堂が産んだ大人気ゲーム、『ポケットモンスター』。その誕生には同じく任天堂が開発した『MOTHER』というゲームの存在が深く関係していることはご存知だろうか。今回は『MOTHER』と『ポケットモンスター』の関係について詳しく解説していく。また『ポケットモンスター』のゲーム中の『MOTHER』の元ネタについても紹介する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の都市伝説・豆知識・裏設定まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。「集める、育てる、戦う」のコンセプトに従い、ポケモンと呼ばれる生き物を収集、育成、そして対戦させるRPGである。2016年で20周年を迎えた長寿シリーズなだけに、様々な裏設定や都市伝説が囁かれている。

Read Article

【ポケモン】予想以上に深い、『ポケットモンスター』の裏設定まとめ

人気ゲーム作品『ポケットモンスター』(ポケモン)に、実は深い裏設定があるのをご存知でしょうか? アニメ作品をみても、「なぜ子供のサトシが旅に出れるんだ?」「ジムってどうやって運営しているんだろう」「ポケモンって動物とは違うの?」など、少なからず疑問に思った人も多いでしょう。このまとめでは、表には出てこないポケモン世界の裏設定を紹介します。

Read Article

子ども向けっぽいけど本当は大人向けゲーム!「ポケモン」大人向け要素解説!

子ども向けっぽいキャラクターやゲーム性をしているけど、実は完全に大人向けなゲームをご存知ですか?それは意外にも身近で、今回はその中から「ポケモン」をご紹介!実際に、どこが大人向けなのかの詳細・解説から、実は裏ではこんな計算が行われていた事実など、マニアックな内容をまとめてみました。個体値や努力値、種族値の内容がわかると、ポケモンの世界観が一変するので、途端にプレイしたくなるかもしれませんよ。

Read Article

笑えるwwww変なピカチュウまとめw

皆様に愛され続けて約20年になるピカチュウ様。そんなピカチュウ様ですが、最近は映画に出たり漫画に出たり、他のゲームとコラボしてみたり、ついには海外進出も達成されました。しかしながらその裏では、そんなピカチュウ様の顔や体を使って、様々なパロディーが出来上がっているのをご存知でしょうか?そんな偉大なるピカチュウ様の笑える変な画像をまとめてみましたw

Read Article

こんなに増えた!? ゲーム作品『ポケットモンスター』に登場するモンスターボール一覧

いまや国民的人気作品となった『ポケットモンスター』の、モンスターボールまとめ。 初代を遊んだ人の中には、「ボールを投げたあとにボタン連打すると捕獲率が上がる」という噂を信じて、必死に連打していた思い出がある人も多いでしょう。 このまとめでは『ポケットモンスター』作中に登場するモンスターボールをまとめて紹介します。

Read Article

ピカチュウの誕生から現在にいたるまでまとめてみた

ポケットモンスターといえば、誰もがその名を聞いたことがあるだろう。ポケットモンスターは1996年2月27日ゲームボーイのソフトとして発売された。ピカチュウは当初まだ無名だったにもかかわらず、そのかわいいキャラクター性に皆が惹かれました。ピカチュウはゲームやアニメのみならず、グッズ化や映画化されたり、また海外でも活躍し愛されてます。そんな我らがピカチュウの過去から現在にいたるまでをまとめてみました。

Read Article

BWシリーズやポケモンEX参戦!ついにここまで進化した「ポケモンカード」まとめ!

ポケモンカード、プレイしてますか?当時どんぴしゃだった20〜30代の方々は、遊戯王や別のカードゲームをしているか、もはやプレイしていないかもしれません。そんな知らぬ間に、実はポケモンカードは信じられないほどパワーアップしているのです!今回はそんなポケモンカードがどのくらい進化したのか、まとめてみました。

Read Article

「名探偵ピカチュウ」の最速情報まとめ

ポケモンのピカチュウ…ではなく、名探偵のピカチュウがここに参上!「名探偵ピカチュウ」は文字通り、名探偵であるピカチュウが様々な謎に挑むミステリーアドベンチャーゲームです。2016年の2月3日から3DSにてダウンロード専用としてリリースされる「名探偵ピカチュウ」、今回はそんな最速情報をまとめてみました。

Read Article

ポケモン個体値ランキングTOPまとめ

ポケモンのステータス、いわゆる個体値には各ポケモンごとに割り振られているポイントというものがあります。ゲーム上、ステータス画面等でその数字を確認することは出来ませんが、個体値は強いポケモンを育てる上で極めて重要な情報・知識になってます。そんな個体値をランキングにして、高い順番にまとめてみました(伝説のポケモンとギガ進化のポケモンは省いております)。

Read Article

ポケットモンスター サン&ムーン(Pokémon: Sun & Moon)のネタバレ解説まとめ

ポケットモンスター サン&ムーンとはゲーム『ポケットモンスター』シリーズを原作とした、アニメ『ポケットモンスター』シリーズの第6作。『ポケットモンスター サン・ムーン』や『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』の舞台となる温暖で自然豊かなアローラ地方で、ポケモンが大好きな主人公サトシが、学校生活を送ったり、島めぐりをしたり、ポケモンに出会ったり新たな冒険をする物語。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の伝説のポケモンまとめ

伝説のポケモンとは、公式の説明文によると「各地方で滅多に見ることの出来ない貴重なポケモン」のことであり、ゲーム中に1匹しか出現しないポケモンたちの総称である。シリーズ20年、7世代に至るシリーズの間にさまざまな伝説のポケモンが生み出されてきた。この記事では、各作品の舞台である地方の特色を色付ける伝説のポケモンたちを紹介する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の特性まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。発売20周年を迎えた長寿シリーズであるが、その戦闘システムの基本は初代である「ポケットモンスター赤・緑」から変わっていない。この記事では、第三世代こと「ルビー・サファイア」から新たに加えられた要素である「とくせい(特性)」について解説する。

Read Article

ポケモンのファンアートは主役も悪役もいい感じ~!※ロケット団多めです☆

子供から大人まで幅広い人気を誇るポケットモンスター。可愛らしいポケモンやサトシたち主人公、悪役のロケット団まで長年ファンから愛されてきました。これまで何度か記事にさせて頂いた坂取さん(@_nnbn_)もそんなポケモンファンのお一人!Twitterで素敵なファンアートを披露されています。今回は坂取さんから許可を頂いたので、素敵なイラストをご紹介致します!

Read Article

目次 - Contents