ウィザードリィ #4(Wizardry #4)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #4(Wizardry #4)』とは、1987年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『ワードナの逆襲(The Return of Werdna)』。
「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズ第4作。第1作で倒された魔術師ワードナが主役となり、魔物を召喚し、冒険者たちを殺戮しつつ地上を目指し、奪われたアミュレット(護符)を取り戻すというストーリーである。

『ウィザードリィ #4』の概要

『ウィザードリィ #4(Wizardry #4)』とは、1987年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『ワードナの逆襲(The Return of Werdna)』。
本作のシナリオは、古典RPGの名作『ウルティマ4』や『バーズテイル』を担当したゲーム雑誌『ソフトーク』の編集者ロー・アダムス(Roe.R.Adams III)によるもの。
日本語PC版への移植は1988年。1994年にはPCエンジン版(販売:ナグザット 開発:アクセス)。2001年にプレイステーション1、2002年にWindows版の移植が行われており、『ウィザードリィ #5(Wizardry #5)』も同梱された『ニューエイジオブリルガミン』というタイトルで販売している。
『ニューエイジオブリルガミン』においての本作はクラシック版とアレンジ版がある。クラシック版はオリジナル版を再現したもので、アレンジ版は召喚モンスターの追加、命令が可能になり、謎解きのヒントも多数追加され、難易度が調整されている。
これまでのシリーズと異なり、悪役だったワードナの視点から始まり、魔物を召喚して冒険者と戦うという逆転の発想、シリーズ最高クラスの難易度の高さから、ロールプレイングゲームというよりパズルゲーム、アドベンチャーゲームとしての要素が強い異色作。「これまでの『ウィザードリィ』シリーズをクリアしたプレイヤー達への挑戦状」と製作者が宣言しただけあり、難易度が高く、また本シリーズのパロディ要素も多く、当時のプレイヤー達に受け入れられたとは言い難い。日本語版への移植も他のナンバリングと比べ時間を要した、マニアックな作品。
プレイヤーは100年の時を経て蘇った魔術師ワードナとなり、地下10階からなる迷宮の最深部から地上を目指し、かつてトレボーに奪われたアミュレット(護符)をこの手に取り戻すというストーリーである。

『ウィザードリィ #4』のあらすじ・ストーリー

アミュレットを求めて

邪悪なる魔術師ワードナ(左)と、ミスリルグローブとアミュレット

遥かな昔、「忘れ去られし神々の神殿」にアミュレット(護符)が発見された。アミュレットは凄まじい力を持つが故に、長年封印され続けた。
ある時古文書が発見され、アミュレットの存在をほぼ同時に知る者が現れた。一人は狂王トレボー。もう一人は魔術師ワードナである。
アミュレットの力は強大であり、その力を抑え触れるためには「ミスリルグローブ」が必要である、と古文書には書かれていた。
二人は苦難の末にミスリルグローブを手に入れ、同時にアミュレットを求めたが、僅差でトレボーが先んじ、アミュレットを奪っていった。

トレボーからアミュレットを強奪

トレボー(左)の持つアミュレットを奪うワードナ

ワードナはアミュレットの居場所を突き止めた。狂王トレボーの城だ。ワードナは転移の呪文を使い侵入し、忌まわしき「悪魔の石」を置き土産に、アミュレットの奪取に成功する。

ワードナの地下迷宮

アミュレットを用い、地下迷宮を作り上げるワードナ

ワードナはアミュレットの力の片鱗を用い、一夜にして広大な地下迷宮を作り上げた。未だ謎に包まれているこの強力な魔法の品の、全容を解き明かすために。

ワードナの死

忍者ホークウインド(右)に倒されるワードナ

ワードナがアミュレットの研究に没頭している間、激高したトレボーは冒険者を募り、ワードナ討伐とアミュレット奪還を命じた。
やがてエルフの忍者ホークウインドの率いる冒険者パーティが、ワードナの玄室を訪れる。客分であるヴァンパイアロードを迎えていたワードナは油断しており、一刀の下に首を刎ねられた。冒険者たちが剣先にアミュレットを引っかけ、持ち去る場面が最期に見た光景だった。

封印されるワードナ

死してなお不滅のワードナ

ワードナは死に、アミュレットは奪われた。だが魔術を極めたワードナの肉体は不滅であり、いかなる手段を用いても損壊させる事はできなかった。
トレボーはワードナの復活を予期し、恐れた。アミュレットの力を以て地下迷宮を作り替え、忌々しい魔術師の亡骸を最奥部に封じ込め、来るべき時に備えて冒険者たちに墓守をさせたのである。

ワードナの復活

100年の時を経て、蘇るワードナ

トレボーは死に、100年の月日が流れ。ついにワードナは復活を遂げる。
警備に当たる冒険者を次々と殺戮し、地上への脱出に成功するワードナ。アミュレットを再びその手に取り戻し、世界を征服するために。

マルチエンディング

本作はマルチエンディングを採用している。クラシックバージョンは5種類、アレンジバージョンは7種類のエンディングが存在する。

エンディング1:王様エンド(クラシック、アレンジ版共通)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ウィザードリィ #5(Wizardry #5)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #5(Wizardry #5)』とは、1988年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『災禍の中心(Heart of the Maelstrom)』。「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズ第5作。 世界を滅ぼす力を持つという「災禍」。これを制御できる力を持つ魔法使いゲートキーパーは、悪しき魔女ソーンに捕らえられた。冒険者たちは世界を救うためソーンを倒し、ゲートキーパーを救わねばならない。

Read Article

ウィザードリィ #1(Wizardry #1)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #1』(Wizardry #1)とは、1981年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は「狂王の試練場(Proving Grounds of the Mad Overlord)」。6人パーティを組み、地下迷宮を探索し、モンスターを倒して宝箱からアイテムを得て、キャラクターを強化・育成する、いわゆる「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズの第一作である。

Read Article

ウィザードリィ #3(Wizardry #3)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #3(Wizardry #3)』とは、1983年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『リルガミンの遺産(Legacy of Llylgamyn)』。 「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズ第3作。世界的な天変地異の原因を探るべく、偉大なる龍ル・ケブレスの守る宝珠を持ち帰る事が、冒険者たちに与えられた使命である。

Read Article

ウィザードリィ #2(Wizardry #2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #2』(Wizardry #2)とは、1982年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は「ダイヤモンドの騎士」(Knight of Diamonds)。 「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズの第二作。「ダバルプスの呪いの穴」に消えた、リルガミンの街を守護する「ニルダの杖」を持ち帰る事が、冒険者たちに与えられた使命である。

Read Article

ウィザードリィ外伝II(古代皇帝の呪い)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝II』とは、1992年に発売されたゲームボーイ専用カートリッジで、3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『古代皇帝の呪い(CURSE OF THE ANCIENT EMPEROR)』。日本国産ウィザードリィの第二作である。 城塞都市アルマールで遺跡が発掘され、埋葬された古代皇帝の呪いが災厄となって街を襲う。その災いを取り除くべく、冒険者たちが遺跡に挑むというストーリー。

Read Article

ウィザードリィ外伝IV(胎魔の鼓動)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝IV』とは、1996年に発売されたスーパーファミコン専用ソフトで、3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『胎魔の鼓動(THROB OF THE DEMON'S HERAT)』。日本国産ウィザードリィの第四作である。本作はオーソドックスなハック&スラッシュでありながら、和風テイストな舞台やイベント、ホラー要素を盛り込み、数多くのNPCとの交流や勢力争いを楽しめる。緋蓮城の先代城主の死に端を発する地方の反乱を治めるため、冒険者に「三種の神器」を集めさせるというストーリー。

Read Article

ウィザードリィ外伝III(闇の聖典)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝III』とは、1993年に発売されたゲームボーイ専用カートリッジで、3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『闇の聖典(SCRIPTURE OF THE DARK)』。日本国産ウィザードリィの第三作である。 城塞都市ダリアを治めるアガン王が、黄金の仮面の呪いを受け狂気に陥り引きこもった。呪いを解き、王を正気に戻すため冒険者たちが集められるというストーリー。

Read Article

ウィザードリィ外伝I(女王の受難)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝I』とは、1991年に発売されたゲームボーイ専用カートリッジで、3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『女王の受難(SUFFERING OF THE QUEEN)』。日本国産ウィザードリィの記念すべき第一作である。 女王アイラスが即位してから災厄続きのリルガミンの街。宮廷魔術師タイロッサムまでもが裏切り「呪いの穴」に立て籠もった。彼を討伐すべく冒険者たちが召集される、というストーリー。

Read Article

ウィザードリィ外伝 五つの試練(The Five Ordeals)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝 五つの試練(The Five Ordeals)』とは、2006年にWindowsで発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。日本国産の『ウィザードリィ』シリーズの1つである。 正伝シリーズへの原点回帰をうたい、初期の5種族8職業というシンプルなゲームシステムと、前作の『戦闘の監獄』のUI(ユーザーインターフェース)を採用。ストーリーが独立した公式5本のシナリオに加え、ユーザーが作成したシナリオを遊ぶ事もできるエディタが組み込まれている事が特徴。

Read Article

目次 - Contents