ポケットモンスター ブラック・ホワイト(ポケモンBW)のネタバレ解説まとめ

85ca2d63

『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスターシリーズ』の第5作目。イッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では「ポケモンを自由にするため、ポケモンの解放を訴える」プラズマ団という組織が登場し、ストーリー中に各地で戦うことになる。本作のテーマは「多様性」で、ゲーム中の登場人物やポケモン、ストーリーなどに反映されている。

『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の概要

F119b5cc

『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスターシリーズ』の第5作目である。
2010年9月18日に株式会社ポケモン(販売元は任天堂)より発売された。ニンテンドーDS対応ソフトで、制作はゲームフリーク及びクリチャーズ。

海外では欧州版が2011年3月4日、北米版が2011年3月6日、豪州版が2011年3月10日、韓国版が2011年4月21日にそれぞれ発売された。

冒険の舞台は四季によりその姿を変えるイッシュ地方で、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。
プレイヤーはポケモントレーナーとなり、イッシュ地方を冒険。そこでポケモン図鑑の完成と四天王やチャンピオンを倒して殿堂入りを果たし、最強のポケモントレーナーを目指す。
ゲーム中にはプラズマ団という組織が登場し、冒険中に何度も戦うことになる。
ポケモンリーグでは初め四天王と戦うが、その後プラズマ団のイベントが発生し、チャンピオンと戦うことはできない。ポケモンリーグを制覇できるのはプラズマ団のNやゲーチスを倒し一度エンディングを迎えた後で、ここで強くなった四天王、そしてチャンピオンと戦うことができ、彼らに勝利すると殿堂入りとなる。
殿堂入りすると再びエンディングを迎えるが、冒険はまだまだ続く。

本作で新たに登場したポケモンは156種類で。大多数のポケモンを捕まえることができ、これまでのシリーズのポケモンは捕まえられない。
エンディング後、新たに登場したポケモンの残り一部や、これまでのシリーズのポケモンも捕まえることができる。
通信交換やポケモングローバルリンクを利用すると、エンディング前でもこれまでのシリーズのポケモンを捕まえることができる。
この新たに登場したポケモン156種類に出会ったり捕まえたりすると、ポケモン図鑑(イッシュ図鑑)に自動的に記録されていく。
一度エンディングを迎えた後、ポケモン図鑑がイッシュ図鑑からぜんこく図鑑にバージョンアップする。
本作の最初の3匹は、ツタージャ、ポカブ、ミジュマルで、このうちの1匹を選んで冒険に出る。
また、本作の伝説のポケモンが、レシラム、ゼクロム、キュレム、コバルオン、テラキオン、ビリジオン、トルネロス、ボルトロス、ランドロスで、幻のポケモンが、ビクティニ、ケルディオ、メロエッタ、ゲノセクトとなっている。
このうち、レシラムとゼクロムはそれぞれ、『ブラック・ホワイト』のパッケージを飾る。

『ブラック』と『ホワイト』のバージョンについては、一部出現するポケモンに違いがあったり、捕まえられる伝説のポケモンが異なる。
レシラムは『ブラック』で捕まえることができ、ゼクロムは『ホワイト』で捕まえられる。
この他、ゲーム内に登場する町が異なっていたり(『ブラック』はブラックシティ、『ホワイト』はホワイトフォレスト)、ソウリュウシティの様相やBGM(『ブラック』は近代的、『ホワイト』は古風)も異なっていたりする。
そして、ソウリュウジムのジムリーダーも異なり、『ブラック』はシャガ、『ホワイト』はアイリスである。

これまでのシリーズではバトル中のBGMは野生ポケモン戦、トレーナー戦、ジムリーダー戦などでBGMが固定されているが、本作では全てのバトルに共通してバトルに出ている自分のポケモンのHPが2割を切るとBGMが変更される。
また、ジムリーダー戦においてジムリーダーの最後のポケモンが登場するとBGMが変更される。
この他、フィールドのBGMが季節が変わるとアレンジされ、移動中またはゲーム中の特定の人物に近づいたり話しかけたりするとBGMに特定のパートが追加される。

本作のテーマは「多様性」で、ゲーム中の登場人物やポケモン、ストーリーなどに反映されている。

『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』のあらすじ・ストーリー

カノコタウン~シッポウシティ

Hqdefault

主人公の家にポケモンが入ったプレゼントボックスがアララギ博士から送られ、主人公(真ん中)・チェレン(右)・ベル(左)は最初のポケモンを選ぶ。

カノコタウンに暮らす主人公は、ある日幼なじみのチェレンとベルと共に、アララギ博士からポケモンをプレゼントされる。
その後、初めてのポケモンバトルを経験した3人は、同じ町にあるアララギ博士の研究所に向かい、そこで彼女からポケモン図鑑の完成を頼まれる。
3人は了承し、トレーナーとしてポケモン図鑑を完成させるための旅に出ることになった。
初めにアララギ博士からポケモンの捕まえ方を教わり、次の町であるカラクサタウンのポケモンセンターで施設利用について教わった。
アララギ博士は一通り教えた後、サンヨウシティでマコモという人物に会うようにと伝え、主人公達にはなむけの言葉を贈りカノコタウンに戻っていった。

20100918174454733

ゲーチス(真ん中の人物)は人々に「ポケモン解放」を訴える。ゲーチスの後ろに横一列に並んでいるのがプラズマ団のしたっぱで、群衆の中にいる黒い帽子をかぶった人物がN。

アララギ博士と別れポケモンセンターを出ると、カラクサタウンの広場に人だかりができていた。広場では「プラズマ団(ポケモンを自由にするため活動する組織)」のゲーチスという人物の演説が行われており、彼は演説の中で「ポケモン解放」について訴えた。
その演説終了後、一人の青年が主人公に近づく。N(エヌ)と自己紹介した青年はモンスターボールの中にポケモンがいることに対して、本当にポケモン達は幸せなのかと疑問を抱いており、主人公にバトルを挑んでくる。
バトル終了後、ポケモンのために世界を変えなければならないと言って去って行った。

20101114 1852611

サンヨウシティで初めてのジム戦を経験。

主人公は最初のジムがあるサンヨウシティを目指し、その途中でベルとバトルをして、さらに到着したサンヨウシティでチェレンとバトルをする。2人とは旅先で何度かバトルをすることになる。
サンヨウシティに挑戦し、三つ子のジムリーダーであるデント・ポッド・コーンのいずれか一人とバトルをして勝利し、トライバッジをもらった。
ジムを出るとマコモがいて、そのまま彼女の研究室へと向かう。トレーナーについて研究している彼女は、主人公にサンヨウシティの外れにある夢の跡地という場所にいるポケモン・ムンナが出す「ゆめのけむり」を持ってきてほしいと頼まれる。
さっそく夢の跡地に向かうと、そこでベルに会う。彼女と一緒に工場跡地に入るとそこにはムンナがいたが、プラズマ団のしたっぱが現れ、ゆめのけむりを出すようムンナを脅す。
ポケモンを解放させるために活動する彼らは主人公やベルのポケモンも解放させるべく、主人公にバトルを挑んでくる。
バトルに負けてもムンナを脅すしたっぱだったが、ムシャーナが見せたゲーチスの幻により逃げ出す。ムンナとムシャーナが去るとマコモがやって来て、ゆめのけむりを入手する。
ゆめのけむりにより自身が開発していたシステムが完成したマコモから、お礼として主人公はC-GEAR(シーギア:様々な通信機能を備えたアイテム)をもらう。

Maxresdefault

カラクサタウンで初めて出会い、シッポウ博物館(上の建物)で再会したN(上)。彼は主人公に「モンスターボールの中にいるポケモン達の理想」や「トレーナーのあるべき姿についての真実」、「ポケモンが完全になった未来」という、通常見ることのできないものを見たいという願望を語り、バトルを仕掛けてくる。

次のジムがあるシッポウシティに向かう途中でチェレンとバトルをした後、人のポケモンを奪ったプラズマ団のしたっぱが逃げていくのを目撃。
主人公とチェレンは、したっぱが逃げていった方向にある地下水脈の穴に入り、協力してポケモンを取り返す。
シッポウシティに到着し、ジムに挑戦しようとしたところジムの前でNと再会。彼は「モンスターボールの中にいるポケモン達の理想」や「トレーナーのあるべき姿についての真実」、「ポケモンが完全になった未来」という、通常見ることのできないものを見たいという自身の願望を語り、未来予知ができるか確かめるためにバトルを挑んでくる。
バトルに勝利するとNは「自分には全ての人が納得する力が必要だ」と言って去って行った。その後シッポウジムに挑戦し、ジムリーダー・アロエとバトル。勝利してベーシックバッジをもらった。
ところがアロエに勝利した後、博物館にプラズマ団が襲来。彼らは博物館にある骨格標本の頭を奪ってしまう。主人公はシッポウシティを訪れたヒウンシティのジムリーダー・アーティと共にプラズマ団を探すことになった。
シッポウシティの西にあるヤグルマの森でプラズマ団のしたっぱを発見してバトルをして、骨格標本の頭を取り返す。
その時、プラズマ団の幹部である七賢人のアスラが現れ、主人公を襲おうとするが、そこにアーティやアロエが合流し、アスラはしたっぱと共におとなしく退いた。その後アーティと別れ、アロエに取り返した骨格標本の頭を返した。
アロエと別れた主人公はヤグルマの森を抜け、スカイアローブリッジを渡って、ヒウンシティに到着した。

20160524235616

イッシュ地方で一番最長の橋であるスカイアローブリッジを渡り、ヒウンシティ(上)へと向かう。

ヒウンシティ~ホドモエシティ

Fbfe8851

プラズマ団に奪われたベル(下)のムンナを、主人公(上)達が協力して取り返すことになった。

主人公がヒウンジムに挑戦しようとジムに向かったところ、アーティに勝利したチェレンに会う。
その後、ジムから出てきたアーティからヒウンシティにプラズマ団が現れたこと聞かされ、船着き場へと来るよう頼まれる。そこへ向かうと、そこにはベルとアイリスがいた。
ベルは自分のポケモンのムンナがプラズマ団に奪われ、その後アイリスがプラズマ団を追いかけたが見失ってしまったという。その後、プラズマ団のしたっぱが再びポケモンを奪おうと船着き場に現れるが、アーティを見て逃げる。
主人公とアーティはそのしったぱを追いかけ、ヒウンジムの近くにプラズマ団のアジトを発見する。
入口にいるしたっぱを破り中に入ると、七賢人のゲーチスとロット、スムラがいた。ゲーチスは主人公達に、争いの絶えなかった世の中を英雄と伝説のドラゴンポケモンが人々の心を一つにさせてイッシュ地方を作ったという、イッシュ地方に伝わる建国伝説を語る。
そして、伝説の通りに英雄とドラゴンポケモンが現在のイッシュ地方に復活して人々の心を思い通りにできれば、プラズマ団の望む世界になるという。
それに対し、アーティはプラズマ団のやり方はポケモンと人との絆を強くするのではないかと返す。頭の良い人間が大好きなゲーチスはこの時ばかりは、自分に鋭い意見をしたアーティが好意的に映ったようで、彼の意見に免じてアジトから引き上げることを決め、ムンナをベルに返した。
去り際に、ゲーチスは「ポケモンを愚かな人間から自由にするため、イッシュ地方の伝説を再現して人々の心を思い通りにする」と言い残して他の七賢人やしたっぱと共に去って行った。
それから主人公はアーティが待つヒウンジムに挑戦しバトルをして勝利する。アーティからはビートルバッジをもらった。その後ベルから連絡を受け、ベルとバトルを行った。

P1040249 convert 20100925232522

プラズマ団の王であることを明かしたNは自身の目的を達成するため、「チャンピオンを超え、全てのトレーナーにポケモンを解放させる」と語る。

次のジムがあるライモンシティに到着すると、プラズマ団のしたっぱが、ポケモン育て屋のおじいさんに育てているポケモンをこちらに渡すよう脅していた。
おじいさんを助けるためしたっぱとバトルをし、助けてくれたお礼としておじいさんから『じてんしゃ』をもらう。
遊園地ではNに再会する。逃げ出したプラズマ団のしたっぱを探すため、2人で観覧車に乗ることになる。Nはその観覧車の中で自分がプラズマ団の王(ボス)であることを明かす。
観覧車を降りるとNはしたっぱを逃がすため、主人公にバトルを挑んでくる。Nとのバトルに勝利すると、Nは「変えるべき未来のため自分はチャンピオンを超え、全てのトレーナーにポケモンを解放させる。人とポケモンが共存する世界を望むのなら、バッジを集めてポケモンリーグで自分を止めてみせろ」と言って去った。
それからライモンジムに挑戦し、ジムリーダー・カミツレとバトル。勝利してボルトバッジをもらった。そして、次のジムがあるホドモエシティに行けるようカミツレが手配してくれることになった。

Mqdefault

イッシュ地方のチャンピオン・アデク(チェレンの向かいにいる人物)に出会った主人公(真ん中)とチェレン(右)。アデクはイッシュ地方の各地を旅していた。

次のジムがあるホドモエシティに向かうため町を出ると、チェレンに再会してバトルをする。その後カミツレが合流して、ホドモエの跳ね橋に向かおうとしていたところ、イッシュ地方のチャンピオン・アデクに出会う。
そこで、強さを求めチャンピオンになるのが目的のチェレンに、アデクはすぐ近くにいた子ども達とのバトルを持ち掛ける。チェレンは主人公と共に子ども達とマルチバトルをする。
バトル終了後、ホドモエの跳ね橋に到着したカミツレは、ホドモエシティのジムリーダー・ヤーコンに橋を下ろすよう連絡する。橋は下りて渡れるようになり、ホドモエシティに向かう。
橋を渡りホドモエシティに到着すると、ヤーコンからプラズマ団を探すようチェレンと共に頼まれる。橋を下ろしたせいでヤーコンが捕まえていたプラズマ団が町の中に逃げ出してしまったという。
プラズマ団を探しにホドモエシティの南にある冷凍コンテナに向かい、その倉庫内でプラズマ団の七賢人・ヴイオとしたっぱ達が隠れているのを見つける。
主人公とチェレンは協力して、したっぱ達とバトルをする。バトルに勝利するとヤーコンが作業員を連れてきて、ヴィオ達プラズマ団を連行していくが、その後ゲーチスがホドモエジムの前でプラズマ団の引き渡しを要求。
ヤーコンはゲーチスの要求に応じヴィオ達を解放する。それから主人公はホドモエジムに挑戦し、勝利してクエイクバッジをもらった。

45e95ae3

ヤーコン(建物の前にいる人物)に捕らえられたプラズマ団の引き渡しを求めるゲーチス(真ん中)。ヤーコンはゲーチスの要求に応じ、捕らえていたプラズマ団を解放する。

電気石の洞穴~セッカシティ

96417fdd

電気石の洞穴に入ると、主人公(真ん中)はダークトリニティ(主人公の両隣にいる人物)によりN(上)の元に連れて行かれる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー(ポケモンGSC・HGSS)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』の続編。主人公はある日、ポケモンの進化についての研究を行っているウツギ博士に呼び出され、ポケモンじいさんの家までお使いを頼まれる。そこで偶然居合わせたオーキド博士にトレーナーとしての才能を見出されポケモン図鑑を渡され、新米のポケモントレーナーとしてポケモンリーグへの出場を目指し、旅にでる。

Read Article

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ(ポケモンDPt、ポケモンDPpt)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの第4作目。『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』が発売され、後に新たな要素が追加された『ポケットモンスター プラチナ』が発売された。冒険の舞台はシンオウ地方で、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグを制覇することが主なゲーム目標となる。

Read Article

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)のネタバレ解説まとめ

ホウエン地方のトウカシティでジムリーダーを勤めている父と暮らすため、母と一緒にホウエン地方に引越してきた主人公は、ポケモンに襲われているオダマキ博士を助けたことが切っ掛けとなり、お礼として博士から初めてのポケモンとポケモン図鑑をもらい冒険の旅に出ることになる。本作は、ポケットモンスターシリーズ3作目となり、ダブルバトルなど、新しく導入されたものも多く、以降のシリーズおいての基礎となっている。

Read Article

Pokémon GO(ポケモンGO)のネタバレ解説まとめ

「Pokémon GO(ポケモンGO)」とは2016年に配信開始をした、ナイアンティックと株式会社ポケモンが共同開発したスマホゲーム。実際の世界の地図とゲームが連動しており、プレイヤーは歩いていると出現するポケモンを捕まえ、図鑑完成を目指したり対戦を楽しむゲーム。配信開始から大人気アプリとなり、5つのギネス記録を作り、世界的な社会現象となった。

Read Article

ポケットモンスター サン・ムーン(ポケモンSM、Pokémon Sun and Moon)のネタバレ解説まとめ

本作は、シリーズ第一作目の発売から20周年となる2016年2月27日に『Pokémon Direct 2016.2.27』で発表された。冒険の舞台は温暖な気候の島々からなるアローラ地方。この地方では子どもたちが一人前のポケモントレーナーになるための行事として『島めぐり』の儀式が行われており、4つの島それぞれにある『試練』へと、主人公や友人のハウも挑戦することとなる。

Read Article

ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン(ポケモンRGBP・FRLG)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター』(ポケモン)の名を冠して任天堂から発売された最初のゲームソフトおよびそれらの別バージョン・リメイク作品である。 ポケモン図鑑(ミュウを除いた当時の総登場数150匹の捕獲)の完成を、ポケモン博士オーキドの孫であるライバルの少年と競い合いながら、ポケモンジムを巡り、チャンピオンを目指す物語。 その旅の中で主人公は様々な人々やポケモンたちと出会い、別れ、成長してゆく。

Read Article

ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2(ポケモンBW2)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター』シリーズ初となる正式に続編として制作され、ナンバリングが付加されたタイトルである。『ポケモンと人間の共生』をテーマに、世界征服の野望を成就する為、再結成されたプラズマ団と主人公やライバルはイッシュ地方の命運を懸け衝突する。また、トレーナーの成長についても描かれ、前作でのライバルであったN(エヌ)や共に旅に出たベルやチェレンなどの成長した姿なども見ることができる。

Read Article

ポケットモンスター X・Y(ポケモンXY)のネタバレ解説まとめ

シリーズ6作目となる本作はプラットッフォームを3DSへ移し、シナリオ、ゲームシステム、フィールドやバトル画面がフル3D表示になる等、表面的だけ見ても、従来より大幅にボリュームアップしているのが伺える。『生命と破壊』を司る伝説のポケモンを巡る、カロス地方の存亡を懸けた事件へと巻き込まれるが、主人公は友達やポケモンとの絆を深めこれを乗り越えていく。

Read Article

ポケットモンスター サン&ムーン(Pokémon: Sun & Moon)のネタバレ解説まとめ

ポケットモンスター サン&ムーンとはゲーム『ポケットモンスター』シリーズを原作とした、アニメ『ポケットモンスター』シリーズの第6作。『ポケットモンスター サン・ムーン』や『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』の舞台となる温暖で自然豊かなアローラ地方で、ポケモンが大好きな主人公サトシが、学校生活を送ったり、島めぐりをしたり、ポケモンに出会ったり新たな冒険をする物語。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン、Pokémon)のZワザ・Z技まとめ

「Zワザ(Z技)」とは、ポケットモンスターサン・ムーンから登場した要素。1戦闘中に1度しか使えないいわば必殺技のことである。インフレする対戦環境に適応できる一部以外のポケモンへの救済措置として登場した。 問題点や調整不足もみられるが、Zワザの登場によりあらゆるポケモンが活躍できる機会を得られるようになった。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン、Pokémon)のメガシンカ・ゲンシカイキまとめ

メガシンカとは、ポケットモンスターX・Yで追加された新要素。「旧シリーズのポケモンを再びピックアップする」という理念のもと、成長が頭打ちとなったポケモンを中心として作られた。 ゲームシステム的に同じものとして扱われるため、ここでは伝説のポケモンであるグラードンとカイオーガが太古の姿に戻ることで全盛期の力を獲得するというゲンシカイキについても取り扱う。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン、Pokemon)の伝説のポケモンまとめ

伝説のポケモンとは、公式の説明文によると「各地方で滅多に見ることの出来ない貴重なポケモン」のことであり、ゲーム中に1匹しか出現しないポケモンたちの総称である。シリーズ20年、7世代に至るシリーズの間にさまざまな伝説のポケモンが生み出されてきた。この記事では、各作品の舞台である地方の特色を色付ける伝説のポケモンたちを紹介する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン、Pokémon)の特性まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。発売20周年を迎えた長寿シリーズであるが、その戦闘システムの基本は初代である「ポケットモンスター赤・緑」から変わっていない。この記事では、第三世代こと「ルビー・サファイア」から新たに加えられた要素である「とくせい(特性)」について解説する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン、Pokémon)のタイプまとめ

ポケットモンスター(ポケモン、Pokémon)にはポケモンごとに「タイプ」と呼ばれる属性のようなものが設定されている。このタイプによって、ポケモン同士の相性が決められている。 「赤・緑」から続くバトルの最も基本的な要素であるタイプ相性、そしてタイプそのものについて、ここでは解説していく。

Read Article

『ポケットモンスター(ポケモン)』を産んだゲーム『MOTHER』

任天堂が産んだ大人気ゲーム、『ポケットモンスター』。その誕生には同じく任天堂が開発した『MOTHER』というゲームの存在が深く関係していることはご存知だろうか。今回は『MOTHER』と『ポケットモンスター』の関係について詳しく解説していく。また『ポケットモンスター』のゲーム中の『MOTHER』の元ネタについても紹介する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン、Pokémon)の都市伝説・裏設定まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。「集める、育てる、戦う」のコンセプトに従い、ポケモンと呼ばれる生き物を収集、育成、そして対戦させるRPGである。2016年で20周年を迎えた長寿シリーズなだけに、様々な裏設定や都市伝説が囁かれている。

Read Article

子ども向けっぽいけど本当は大人向けゲーム!「ポケモン」大人向け要素解説!

子ども向けっぽいキャラクターやゲーム性をしているけど、実は完全に大人向けなゲームをご存知ですか?それは意外にも身近で、今回はその中から「ポケモン」をご紹介!実際に、どこが大人向けなのかの詳細・解説から、実は裏ではこんな計算が行われていた事実など、マニアックな内容をまとめてみました。個体値や努力値、種族値の内容がわかると、ポケモンの世界観が一変するので、途端にプレイしたくなるかもしれませんよ。

Read Article

笑えるwwww変なピカチュウまとめw

皆様に愛され続けて約20年になるピカチュウ様。そんなピカチュウ様ですが、最近は映画に出たり漫画に出たり、他のゲームとコラボしてみたり、ついには海外進出も達成されました。しかしながらその裏では、そんなピカチュウ様の顔や体を使って、様々なパロディーが出来上がっているのをご存知でしょうか?そんな偉大なるピカチュウ様の笑える変な画像をまとめてみましたw

Read Article

こんなに増えた!? ゲーム作品『ポケットモンスター』に登場するモンスターボール一覧

いまや国民的人気作品となった『ポケットモンスター』の、モンスターボールまとめ。 初代を遊んだ人の中には、「ボールを投げたあとにボタン連打すると捕獲率が上がる」という噂を信じて、必死に連打していた思い出がある人も多いでしょう。 このまとめでは『ポケットモンスター』作中に登場するモンスターボールをまとめて紹介します。

Read Article

ピカチュウの誕生から現在にいたるまでまとめてみた

ポケットモンスターといえば、誰もがその名を聞いたことがあるだろう。ポケットモンスターは1996年2月27日ゲームボーイのソフトとして発売された。ピカチュウは当初まだ無名だったにもかかわらず、そのかわいいキャラクター性に皆が惹かれました。ピカチュウはゲームやアニメのみならず、グッズ化や映画化されたり、また海外でも活躍し愛されてます。そんな我らがピカチュウの過去から現在にいたるまでをまとめてみました。

Read Article

BWシリーズやポケモンEX参戦!ついにここまで進化した「ポケモンカード」まとめ!

ポケモンカード、プレイしてますか?当時どんぴしゃだった20〜30代の方々は、遊戯王や別のカードゲームをしているか、もはやプレイしていないかもしれません。そんな知らぬ間に、実はポケモンカードは信じられないほどパワーアップしているのです!今回はそんなポケモンカードがどのくらい進化したのか、まとめてみました。

Read Article

「名探偵ピカチュウ」の最速情報まとめ

ポケモンのピカチュウ・・・ではなく、名探偵のピカチュウがここに参上!「名探偵ピカチュウ」は文字通り、名探偵であるピカチュウが様々な謎に挑むミステリーアドベンチャーゲームです。2016年の2月3日から3DSにてダウンロード専用としてリリースされる「名探偵ピカチュウ」、今回はそんな最速情報をまとめてみました。

Read Article

ポケモン個体値ランキングTOPまとめ

ポケモンのステータス、いわゆる個体値には各ポケモンごとに割り振られているポイントというものがあります。ゲーム上、ステータス画面等でその数字を確認することは出来ませんが、個体値は強いポケモンを育てる上で極めて重要な情報・知識になってます。そんな個体値をランキングにして、高い順番にまとめてみました(伝説のポケモンとギガ進化のポケモンは省いております)。

Read Article

【ポケモン】予想以上に深い、『ポケットモンスター』の裏設定まとめ

人気ゲーム作品『ポケットモンスター』(ポケモン)に、実は深い裏設定があるのをご存知でしょうか? アニメ作品をみても、「なぜ子供のサトシが旅に出れるんだ?」「ジムってどうやって運営しているんだろう」「ポケモンって動物とは違うの?」など、少なからず疑問に思った人も多いでしょう。このまとめでは、表には出てこないポケモン世界の裏設定を紹介します。

Read Article

ポケモンのファンアートは主役も悪役もいい感じ~!※ロケット団多めです☆

子供から大人まで幅広い人気を誇るポケットモンスター。可愛らしいポケモンやサトシたち主人公、悪役のロケット団まで長年ファンから愛されてきました。これまで何度か記事にさせて頂いた坂取さん(@_nnbn_)もそんなポケモンファンのお一人!Twitterで素敵なファンアートを披露されています。今回は坂取さんから許可を頂いたので、素敵なイラストをご紹介致します!

Read Article

目次 - Contents