ボヘミアン・ラプソディ(Bohemian Rhapsody)のネタバレ解説まとめ

Bohemina rhapsody

『ボヘミアン・ラプソディ』とは、2018年11月9日に日本で公開された、伝説のロックバンド「クイーン」のボーカルで、類まれなる歌声と才能を持ったフレディ・マーキュリーの半生を描いた伝記映画である。「Bohemian Rhapsody」「We Will Rock You」など名曲の誕生秘話、クイーンとフレディ・マーキュリーの栄光とその影を描く。20世紀最大のチャリティーコンサート「ライヴ・エイド」での伝説のステージが蘇る。興行収入53億円を超え、各地で応援上映が開催された。

『ボヘミアン・ラプソディ』の概要

『ボヘミアン・ラプソディ』とは、2018年10月24日にイギリスで初公開、同年11月9日に日本で公開された映画である。興行収入は53億円を超え、「グレイテスト・ショーマン」を抜き2018年公開洋画では第二位にランクインしている。
配給は20世紀フォックス映画。監督は『X-MEN』のブライアン・シンガー。音楽総指揮にはクイーンのギター、ブライアン・メイ、同じくドラムのロジャー・テイラー。フレディ・マーキュリーを演じるのは『ミスター・ロボット』や『ナイト ミュージアム』のラミ・マレック。
世界的ロックバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリー。1991年に45歳でこの世を去った彼の半生を描いた伝記ドラマ。「Bohemian Rhapsody」や「We Will Rock You」などを世に送り出すまでのエピソード、クイーンの栄光とその影、フレディ・マーキュリーの天才ゆえの苦悩・孤独、クイーンのメンバーたちの絆、そして音楽の歴史にクイーンの名を刻むことになる伝説の「ライヴ・エイド」での21分間にわたる圧巻のステージが描かれている。

『ボヘミアン・ラプソディ』のあらすじ・ストーリー

181115 queen2

Bohemian Rhapsodyのレコーディングに臨むクイーン

舞台の始まりは1970年代ロンドン。自分の家の生い立ちや外見などにコンプレックスを持つフレディ・マーキュリーは、ブライアン・メイとロジャー・テイラーのバンド「スマイル」にボーカルの欠員が出たことを知り、自分を売り込む。フレディの歌声を気に入った二人と、新たなメンバー、ジョン・ディーコンで「クイーン」として活動を始める。類まれなる才能を持ったクイーンは、「キラー・クイーン」の大ヒットで一躍スターへと成長していく。
デビュー前から献身的に支えてくれたメアリーとも順調に愛を育んできたフレディはメアリーに指輪を送りプロポーズをする。もちろんその答えはイエスだった。そしてアメリカでのツアーも決定し、クイーンはますます大きなバンドへと成長する。
世界各地でツアーをするクイーン。その頃レコード会社から「キラー・クイーン」を超えるような楽曲を作るように命じられる。そこで作成されたのが曲の長さが6分もあるオペラとロックを融合させた「ボヘミアン・ラプソディ」である。6分もある曲はラジオでは流せないと反対されるが、クイーンは反対を押し切り「ボヘミアン・ラプソディ」を発売する。マスコミからの批評はあまり良くなかったが、世界ではヒットとなりクイーンの人気は不動のものとなる。

640 33

ライブを行うブライアン(左)とフレディ(右)

世界各地でツアーを行っている間、フレディは自分がバイセクシャルだと自覚するようになる。メアリーへの愛情もあるが、自分の気持ちに嘘もつけず二人の距離は広がっていく。ついにフレディはメアリーに自分がバイセクシャルであると伝える。メアリーは「あなたはバイセクシャルじゃない、ゲイよ」と言い放ち、二人は別れることとなる。
メアリーと別れた後、フレディはメアリーに新しいアパートの部屋を買い与え、近くに住むようになる。しかし孤独への恐怖に押しつぶされそうになるフレディはどんどんと自暴自棄な生活を送るようになる。毎晩人々を家に呼んでは酒を浴びるように飲み乱痴気騒ぎをするフレディは、ある日のパーティの後、ジム・ハットンという男と出会う。二人は意気投合し、フレディは自分が孤独に押しつぶされそうな事などをジムに打ち明ける。ジムはそんなフレディに「君には友人が必要だ」と言い、キスをする。別れ際にフレディはジムにまた会いたいと言うが彼は自分の名前だけを伝え姿を消してしまう。
フレディは付き人だったポール・プレンターと愛人関係になり、個人的なマネージャーとして常に一緒にいるようになる。クイーンの活動にも口をはさむポールが気に入らないメンバーと、そんなポールをかばうフレディとの仲はどんどん悪くなり、そしてフレディと他のメンバーたちとも亀裂が生じはじめる。フレディはついに多額の契約金をもらいソロ活動を始める。しかしソロ活動もうまくいかず、体調も悪い中苦しみながら音楽活動を続けるフレディ。そんな中、20世紀最大のチャリティコンサート「ライヴ・エイド」が開催されることが明らかになった。フレディのソロ活動や、フレディとメンバーの軋轢から人気が落ち込んでいたクイーンをなんとか復活させようと、クイーンのマネージャーのジム・ビーチはフレディに「ライヴ・エイド」に出るように勧めようとする。しかしポールはジョン・ビーチやメアリーからの電話をフレディに取り次ごうとはしなかった。その上「ライヴ・エイド」が開催されること、出演の話が出ていることをフレディに隠し続けた。そしてポールは体調不良に苦しむフレディを気に留めることもなく毎晩毎晩、フレディの財産で遊び呆けたのであった。
そんなある日、メアリーがフレディの家にやってきてライヴ・エイドへの出演を勧める。そして「ポールはフレディのことを本気で心配などしていない、目を覚まして帰ってきて」とフレディを説得する。そこでフレディは初めてジョン・ビーチやメアリーが心配してくれていたこと、ポールにいいように使われていたことに気づき、ポールをクビにし、ポールと別れることになった。ポールはその後、フレディとの関係や乱れた生活、愛人関係の話をマスコミに売った。

O 162 wem 0010 comp v119 021160 rgb 760x359

圧巻のライヴ・エイドのライブシーン

ずっと体調が悪かったフレディは、ふと自分がHIVに感染しているのではと思い検査に向かう。結果は陽性でフレディはHIVに侵されていたのだった。
フレディは、クイーンの他のメンバーに謝罪をし、クイーンでライヴ・エイドに出演することを提案する。フレディの謝罪を受け入れた3人は、フレディとともにクイーンとしてライヴ・エイドに出ることを決める。練習中、病気のせいか声が出せないフレディは3人に自分の病のことを告白する。ショックを隠せないメンバーであったが、フレディの強い意志のもと練習に打ち込む。
そしてフレディは、昔出会ったジム・ハットンを電話帳からしらみつぶしに当たりやっと再会を果たす。二人は恋人となりフレディの両親に会いに行く。フレディはずっと疎遠になっていた父親とも仲直りをし家族にライヴ・エイドに出ることを伝えステージに向かう。
そして1985年7月13日。ライヴ・エイドのステージに立つクイーン。新たな決意と固い絆で結ばれたクイーンは後に伝説と呼ばれる事になる感動のパフォーマンスを披露したのだった。

『ボヘミアン・ラプソディ』の登場人物・キャラクター

フレディ・マーキュリー(演:ラミ・マレック)

Bfa013beaa27b383b5e0820493b72e98

唯一無二の歌声を持つクイーンのボーカル、フレディ・マーキュリー。
「ボヘミアン・ラプソディ」や「キラー・クイーン」「伝説のチャンピオン」などを数々の名曲の作詞作曲を手掛けた。
1991年11月24日、HIV感染合併症により45歳の若さでこの世を去った。
劇中ではメアリーを大事に思いながらも男性に惹かれていく苦悩や、天才ゆえに感じる孤独が描かれる。
演じるのは「ナイト・ミュージアム」でエジプト国王を演じたラミ・マレック。
「僕は、フレディにはなれない」と発言しながらも堂々とした演技でフレディのマイクパフォーマンスなどを完璧に演じている。

メアリー・オースティン(演:ルーシー・ボイントン)

20180819131707

フレディの恋人で婚約者だったメアリー・オースティン。バンド結成時からフレディを献身的に支え誰よりも近くで応援してきたが、フレディにゲイだと告白され別れることになる。
その後、別の男性と結婚し子供も生まれるが、フレディの良き友人として彼を支えていく。ソロ活動を始め、自暴自棄な生活を続けるフレディにライヴ・エイドの出演を勧めたのもメアリーである。
演じるのはルーシー・ボイントン。『シング・ストリート 未来へのうた』のヒロイン役、『オリエント急行殺人事件』にも出演している。

ブライアン・メイ(演:グウィリム・リー)

Hu4

クイーンのギタリスト、ブライアン・メイ。ドラムのロジャー・テイラーとともにスマイルというバンドに所属していた。ボーカルが抜けてしまったので、類まれなる歌声を持つフレディと、ベースのジョン・ディーコンと一緒にクイーンを結成することになる。大学では天文学を学んでいた。
面倒見がよい兄貴肌で、暴走しそうになるフレディに一言くぎを刺すなど良心的なところがある。クイーンの代表曲の一つ「We Will Rock You」を作詞作曲した。
ブライアンを演じたのはグウィリム・リー。特徴のある髪型をして登場したが、若かりし頃のブライアンにそっくりだと話題になった。

ロジャー・テイラー(演:ベン・ハーディ)

Drt2la vsaau2hi

クイーンのドラマーのロジャー・テイラー。ブライアン・メイと一緒にスマイルというバンドに所属していた。大学では歯科医師のたまごであった。そのためか、スマイルのマークは歯のマークになっていた。
ロジャーは二枚目で女子にとても人気のあるプレイボーイであった。アメリカツアー中も女子二人といつも一緒にいた。ブライアンに比べると直情的なところがあり、フレディの個人的マネージャーになったポールが、バンドの運営にも口をはさんでくるのが気に入らず険悪な雰囲気になることがあった。
ロジャーを演じたのは、ベン・ハーディ。彼も若かりし日のロジャーにそっくりだと話題になった。

ジョン・ディーコン(演:ジョゼフ・マゼロ)

Screenshot 2018 12 03 00.42.37

ジョン・ディーコン(画面中央)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents