ヒカルの碁(ヒカ碁)のネタバレ解説まとめ

『ヒカルの碁』とは、ほったゆみ(原作)と小畑健(漫画)による日本の少年漫画。集英社「週刊少年ジャンプ」にて連載された人気漫画作品である。囲碁を題材にした作品で、小学生を中心に囲碁ブームを巻き起こした。
テレビアニメ、小説、ゲームなど、様々な形でのメディアミックスも行われている。
平安時代の最強棋士・藤原佐為に取り憑かれた進藤ヒカルが、囲碁を通して出会った人々との中で神の一手を目指して成長する物語。

中国から帰国した伊角は、和谷と会いヒカルがずっと手合いをサボっていることを聞いた。
伊角はヒカルの自宅を訪れ、ヒカルに手合いを休んでいる事情を聴くのだがヒカルは何も答えない。伊角は、ヒカルがやる気を失ったのはライバルと称していたアキラがあまりにも先に進んでしまったため諦めたのかと言う。ヒカルはその時初めてアキラが本因坊戦3次予選決勝まで駒を進めていることを知った。
伊角はヒカルに対局を申し込むが、碁を辞めようと考えていたヒカルは伊角の申し出を断った。しかし伊角は、昨年のプロ試験の時に自分がしてしまった反則によって、碁が中途半端に終わってしまったことや、それが原因で調子が崩れてしまったことを悔み、今年のプロ試験開始前に、ヒカルと一局打ち切って、そこからスタートしたいと考えていた。

中国棋院で修行をして、プロになりたいという気持ちを強くしたと話す伊角の気持ちに応えたいが、碁を打ってもいいのかヒカルは迷う。
ヒカルを心配しての対局ではない、自分のために碁を打ってくれと懇願する伊角のため、ヒカルは碁を打つことにした。

その頃アキラは、本因坊戦3次予選決勝戦に臨んでいた。これに勝てば本因坊リーグに入ることができる。アキラは自分が先に進めば。いずれヒカルは必ず追って来ると信じ、必死にトーナメントを勝ち進んできた。

ヒカルは久しぶりの碁にワクワクした気持ちを抱きつつ、そう思ってはいけないと自分に言い聞かせていた。中国棋院で修行してきた伊角は強くなっており、簡単に勝たせては貰えない。ヒカルと伊角は一進一退の攻防を繰り広げていた。
その時、ヒカルは自分の碁の中に佐為を見つけた。ヒカルの打つ碁の中に確かに佐為が息づいていたのだ。それに気づいたヒカルの目からは涙が溢れていた。佐為に会うためには碁を打つことが必要だったのだとヒカルはようやく理解した。
自分は碁を打ってもいいのかもしれないと思ったヒカルは、これから先もずっとずっと打ち続ける決意を固めた。
伊角と同じく、自分もここから再スタートを切るとヒカルは決めた。

伊角との対局を終えたヒカルは日本棋院に急いだ。棋院にはずっと手合いをサボっていたヒカルを見て叱責する人もいたが、桑原本因坊はヒカルの目を見てヒカルが何かに悩み、しかし立ち直ったことを理解した。桑原は「お前のライバルなら5階におるぞ」とヒカルに声をかけ、ヒカルに説教をしようとしていた人々を止めた。
5階では本因坊戦3次予選決勝が終わったところだった。アキラは中学生で初リーグ入りを決めていた。記者がアキラのことを「さすがは塔矢先生の息子ですね」と言うと、対戦相手は記者に失礼だと言い「さすがは塔矢アキラ」なんだとアキラの実力を認めた。

階段で5階まで駆け上がったヒカルはアキラの正面に立ち、碁を続けることを宣言した。アキラもヒカルの決意を受け止め「…追って来い!」とヒカルに檄を飛ばした。

ヒカルVSアキラ

佐為の存在をヒカルの中に見つけたアキラ

佐為の存在を自分の碁の中に見つけ、吹っ切れたヒカルは手合いに復帰した。
復帰初戦の相手は、院生の時に若獅子戦で戦った村上だった。ヒカルのことをアキラが意識しているという噂を聞いていた村上は、ヒカルを警戒しつつ石を進めるが、ヒカルの実力は昨年と比べようもなく高まっていた。村上はヒカルの強さに戦意を喪失し、投了した。
次の手合いでもヒカルは勝利。
順調に勝ち星を重ねていく。

囲碁界は塔矢行洋引退によりタイトルが空位になっており、タイトルを巡って熾烈な争いが繰り広げられていた。
その中で碁聖位は緒方が勝ち取り、十段位と共に緒方は2冠になっていた。

アキラは王座戦、天元戦と数々のリーグ戦を勝ち進み、多くの高段者を下していた。

引退した行洋は、中国の団体リーグ戦に所属している北京チームと契約し中国リーグで戦うと報道された。囲碁界が大きく動き出していた。

そんな中、ヒカルとアキラの対局が決まった。名人戦1次予選1回戦、2人の対局は2年4か月ぶりとなる。
お互い待ち遠しかったこの対局で、2人は相手の強さを再確認した。激しい攻防のさなか、アキラはヒカルの打ち筋にsaiを見たような気がした。
小学6年で初めて打った日から、ヒカルの碁に惹かれ追いかけ、一時はあまりの堕落ぶりに失望したこともあったが、徐々に力をつけて追いかけてくるヒカルを無視することはできず、常に気にかけてきたアキラ。
ずっとヒカルを追いかけてきたからこそ、分かることがある。

昼休憩で他の棋士たちが席を立ち、ヒカルも昼食を取ろうと席を立った時、アキラは「…sai」と呟いた。盤面を見ながら、ヒカルと打っていてsaiを思い出したというアキラに、自分はsaiじゃないとヒカルは否定する。
しかしアキラは、saiはもう1人のヒカルだと断言し、「出会った頃の進藤ヒカル、彼がsaiだ。碁会所で2度ボクと打った。彼がsaiだ。キミを一番知っているボクだからわかる。ボクだけがわかる。キミの中に…もう1人いる」と述べた。
アキラはおかしなことを言っている自覚があるが、それしかないと結論づけていた。ヒカルはアキラが佐為を見つけたことに驚愕した。
アキラの言葉を聞いたヒカルは、「おまえにはーそうだな、いつか話すかも知れない」と話した。
ヒカルはアキラが佐為を見つけたことに強い喜びを感じていたのだ。

その夜、ヒカルの夢の中に佐為が現れた。ヒカルは佐為に今日のアキラとの対戦について話し、今後はアキラと碁会所で打つ約束をしたのだと報告する。話すことがいっぱいある、と佐為に語りかけていたヒカルだったが、段々と言葉に詰まり、そして佐為になんで消えたのかと問いただす。
しかし、夢の中の佐為は何も言わず、ただ微笑むだけだった。やがて佐為が光の方に顔を向けると、ヒカルは佐為に消えるな、何か言えと懇願する。佐為は静かに自分が持っていた扇子をヒカルに手渡し、その直後ヒカルは夢から覚めた。

北斗杯編

北斗杯にてヒカルと高永夏との戦い

北斗杯という日中韓ジュニア団体戦が開催されることになった。
18歳以下の棋士が出場でき、1チーム3名で構成される。日本の代表選手を決める予選は4月に行なわれる。
今年合格した伊角は18歳以上のため出場権はない。ヒカルや和谷は出場枠をかけたトーナメントで勝ち残り、絶対に代表3名に入ろうという気概に満ちていた。

アキラいるの囲碁サロンで、アキラと対局していたヒカルは、北斗杯予選でアキラと戦えると喜んで話すが、アキラはこれまでの実績から既に選手に内定していた。そのことにヒカルは不公平を感じ憤るが、これまでのアキラの戦績から内定も仕方がないことだと理解した。
ヒカルは、4月に行われる予選に必ず通り、アキラと共に選手になると宣言し、それまで囲碁サロンには来ないと言い帰っていった。

ヒカルは、北斗杯代表選抜東京予選で東京代表4名の中に残り、4月、北斗杯代表選抜戦に臨んだ。選抜戦は東京代表4名と関西・中国棋院から4名が加わり、計8名でトーナメントが組まれた。
ヒカル、和谷、越智は1回戦を勝ち進み、2回戦はヒカル対関西棋院の社、和谷対越智の対戦となった。この戦いで勝利した2名が代表となる。
社は関西棋院でも強いと有名な棋士で、以前、本田とも対戦し、初手天元という奇抜な手を打ち、本田を打ち負かした棋士だった。
ヒカルは本田からその話を聞いており、ヒカルとの対戦でも初手天元に打ってこないかと密かに期待していた。しかし、社が打ったところは5の五、初手天元よりも打たれる頻度は少ないと言われている場所だった。そして、ヒカルが打った2手目は天元。どちらも奇抜な手を使い対局を進める。実力が拮抗する素晴らしい対局となったが、ヒカルの方が一枚上手で、選手はヒカルとなった。
もう1人の選手を決める和谷と越智との対局は、越智の勝利に終わっていた。周囲は、ヒカルとの対局で見せた社の実力に驚愕し、社がこのまま選手になれないのは惜しいという空気になっていた。
越智はヒカルと社の対局を見て、社の実力の高さを感じ、このまま自分が選手になることはできないとして、社と自分とで対局させて欲しい、その勝敗をもって北斗杯の代表選手を決めて欲しいと願い出た。
翌日、社と越智とで対局し、結果は社勝利。
北斗杯のメンバーは、アキラ、ヒカル、社の3名と決まった。

北斗杯のメンバーとなった3人は、塔矢邸に集まり合宿を行うことになった。
そこで、時間の限り対局して実力を高めていく。北斗杯で団長を務める倉田も合宿に参加し、3人の実力を見た上で、大将・副将・三将を決めていく。
ヒカルは、倉田に韓国戦で大将をやりたいと申し出たが、実力的には大将はアキラだと言われ、断られてしまった。
ヒカルには韓国の大将・高永夏とどうしても対戦したい理由があったのだ。
囲碁雑誌編集者の古瀬村から、高永夏が本因坊秀策(佐為)が大したことないなどの暴言を吐いていたと聞いたヒカルは、どうしても高永夏と対戦し勝利したいと考えていた。
実際には、韓国取材の日程を間違えてしまった古瀬村が通訳のいない日に韓国棋院を訪れ、カタコトの日本語しか話せない通訳が高永夏が言った言葉を断片的に伝えたため、古瀬村が勘違いをしてしまったのだ。
高永夏の態度が許せなかった古瀬村は、北斗杯メンバーであるヒカルを見かけた時、韓国を見返して欲しいとの思いでそのことをヒカルに伝えてしまったのだ。

そして北斗杯当日、会場には韓国チームのメンバーとなっていた洪秀英と高永夏の姿があった。

懐かしい秀英と再会したヒカルは、北斗杯の翌日、秀英の叔父が経営する碁会所での対局を約束した。久しぶりに会った秀英は、ヒカルと対戦するために日本語を習い、話せるようになっていた。
ヒカルが秀英に韓国の棋士は秀策を知っているのかと尋ねると、秀英は秀策の棋譜を学んだと答えた。
しかしヒカルは、高永夏が秀策なんか大したことないと言っていたと秀英に話し、秀策に永夏が勝てるはずがない、とヒカルは怒りを抑えられない。

ヒカルの話に違和感を覚えた秀英が永夏に確認をするが、永夏はそんなことを言った覚えはないと言う。
実際は、秀策などの過去の棋士から何も学ばないから今の日本の棋士には力がない、日本が弱いと秀策ら過去の棋士まで弱いと思われ忘れられ残念、と話していたのだが、その時の通訳がカタコトだったため、永夏の話は全く伝わらず、むしろ「秀策が弱い」と誤解されて伝わったのだ。
秀英はすぐにヒカルの誤解を解こうとするのだが、永夏はほっとけと言い、「秀策をバカにした高慢な棋士」と思われるならそれはそれで面白いと秀英を止めた。

北斗杯のレセプションが始まり、秀英はヒカルに永夏の誤解を解こうとするのだが、ヒカルの側に行けずレセプション終了後に誤解を解こうとしていた。
誤解したままのヒカルは、永夏を睨みつけ、秀英から説明がないためやはり永夏は秀策を馬鹿にしたのだと思っていた。
睨みつけられている永夏は、一方的に誤解され一方的に睨まれることにイラつき、韓国選手代表の挨拶で、ヒカルの方を見つめながら、秀策が今現れても自分の敵ではない、と言い切った。
挑発を受けたヒカルは、永夏に対する怒りを顕にし、自分を韓国戦の大将にしてくれと再度倉田に頼み込んだ。

しかし倉田の判断では大将はアキラ。
翌日の中国戦でヒカルの戦いがよかったらその時考えるとして、倉田はヒカルを発奮させようとした。

中国戦当日、会場にはテレビ中継が入り、国際戦の経験が乏しいヒカルは会場の雰囲気にのまれ固くなり本来の碁が打てなくなっていた。
社は今年プロになったばかりでも落ち着いて実力の片鱗を見せていた。
アキラは本来の実力を存分に発揮し、会場を沸かせていた。

大盤解説からヒカルの碁は既に終わっていると言われるほど、ヒカルは劣勢に陥っていた。
どうしてここまで悪くなってしまったのか、ここから立て直すことなんか、自分の力ではできないのではないか、とヒカルは弱気になるのだが、佐為から扇子を託されたヒカルはここには自分しかいない、投了するのも立て直すのも自分しかいないと、気持ちを持ち直し、ここから猛追を開始した。

アキラは強さを見せつけ危なげなく勝利をもぎ取り、社は健闘したものの3目半負け。
ヒカルは怒涛の追い上げを見せたものの、始めの劣勢が響き1目半足りず敗北した。

別室で対局を見ていた永夏は、ヒカルの碁を観戦していたが、ヒカルの一手が別の場所に置かれていたらヒカルの半目勝ちになっていたと指摘した。
韓国選手団はヒカルの実力を評価し始めたが、永夏は、逆転の目があるにも関わらずそれを見落としたヒカルの評価をたいしたことないと決めつけた。
それを聞いていた倉田は、今日のヒカルはその逆転の一手に気付かなかったが、明日のヒカルならきっと気づく、そしてそれは永夏がヒカルを刺激してくれたおかげだとヒカルの評価を高めた。
そして倉田は、翌日の韓国戦の大将にヒカルを指名した。

未だに、永夏に対し憤っているヒカルは、驚いたものの大将指名を受けたことで気合を入れた。倉田は、ヒカルにとって永夏との対局は成長に繋がるとしてヒカルを永夏とぶつけることにしたのだ。アキラはヒカルがなぜそこまで秀策にこだわるのか疑問に感じていた。自分の代わりに大将になったのだから、無様な結果は許さないとアキラはヒカルに檄を飛ばした。

当日、ヒカルが大将となったことで会場がざわつくが、ヒカルにはそれだけの実力があると解説は話し、会場を落ち着かせた。
ヒカルの対戦相手の永夏も、ヒカルが秀策にこだわることに驚き、ヒカルは秀策のなんなのだと問いかける。
ヒカルは、それに答えようとするのだが、時間となり話はそこまでとなった。

この日の対局ではヒカルは落ち着いて打てており、永夏と互角の勝負をしている。
アキラは、ヒカルならば必ず永夏に勝つだろうから、自分が無様な様子を見せられないと力強い碁で優勢に進めている。
一進一退の攻防を繰り広げるヒカル対永夏の対局。永夏は何度も冷や汗をかきながらヒカルの強さを実感していた。
かつて韓国で行洋と永夏が対局した時に、息子・アキラを永夏と対等の力を持つと行洋は話していたのだが、永夏はヒカルの実力もアキラと同等の力だと感じていた。

別室のモニターで観戦していた各国の団長たちは、アキラの勝利が見えてきたため、会場で直に対局を見ると別室を飛び出して行った。
別室に残った中国の楊海と行洋は、ヒカルがこだわる秀策が現代に蘇ったような人物について話していた。そんな人物が実際にいるのかという疑問に、行洋は「まさに秀策が蘇ったような人物がいる」と答えたのだが、楊海はその人物とはネットのsaiなのかと行洋に聞いた。
なぜsaiはネットから出てこられないのか、秀策の亡霊なのか、なぜ今何のためにこの世に現れたんだろう、という楊海の疑問に、行洋は自分と打つためだと言い切った。

アキラの勝利が確定、社は惜しくも敗北、ヒカルの碁もまもなく終局を迎える。楊海は会場に向かい、行洋はアキラに会うことなく台湾に向かうという。
モニターでヒカルの碁を見ていた行洋は、ヒカルの成長を認め、ヒカルも自分と同じ、saiの強さを追っているのだと感想を漏らした。

ヒカルと永夏の対局は半目差で永夏の勝利。日本勢は健闘したものの、アキラが2勝したのみで団体戦は最下位となった。

無理を言って大将になったのに、永夏に負けてしまったヒカルは、本心を隠し自分はダメだと笑う。そんなヒカルに対し、永夏は皮肉たっぷりに力の差を思い知ったかと言うのだが、本心ではヒカルの強さを認めていた。対局前にヒカルが話しかけていたヒカルが碁を打つ理由を永夏はヒカルに問いかけた。
ヒカルは、「…遠い過去と遠い未来をつなげるために、そのためにオレはいるんだ」と言い、悔し涙を流した。
涙を流すヒカルに永夏は、遠い過去と遠い未来を繋げるのはおまえだけじゃない、と告げ対局場を出て行った。

対局を観戦していたヒカルの仲間たちは、北斗杯に刺激を受けてさらなる高みを目指して修練を始めた。
今回の大会の盛り上がりを受け、来年も北斗杯が開催されることに決まった。
アキラは盤面前から立ち上がれないヒカルに「行こう、進藤。これで終わりじゃない。終わりなどない」と声をかけた。

すべて棋士が遠い過去と遠い未来をつなげるためにいる、誰もがそのために生きている。
神の一手を目指してヒカルたちの挑戦はまだまだ続いていく。

院生には新しい子供たちが入っていた。北斗杯でヒカルやアキラに刺激を受け憧れていた彼らは、若獅子戦1回戦でヒカルやアキラとあたり、あっという間に負けてしまったが、ヒカルやアキラの強さを目の当たりにしてプロになりたいという気持ちがより一層強くなっていた。
若獅子戦2回戦、ヒカルとアキラが対戦する。

次世代も育ち始め、まだまだヒカルやアキラの碁は永遠に続いていく。

『ヒカルの碁』の登場人物・キャラクター

主要登場人物

進藤 ヒカル(しんどう ひかる)

CV:川上とも子

日本棋院所属の棋士。1986年9月20日生まれ。乙女座。身長155cm(プロ試験合格時)。O型。好物・ラーメン。葉瀬中出身。

小学6年の時に祖父の家の蔵で見つけた碁盤に棲む藤原佐為の声を聞いたことにより、佐為に取り憑かれた。
当初は、碁に全く興味がなく、碁を打つ気など全くなかったのだが、佐為の悲しみがヒカルの体調に影響を及ぼすため、仕方なく佐為に言われるままに碁を打っていた。
しかし、後に生涯のライバルとなる塔矢アキラと対局してから、アキラの囲碁にかける情熱に引きずられるようにして碁に興味を持ち、自ら打つようになっていく。

塔矢アキラとは、佐為の力で2度碁を打ったが、その時の佐為の強さにアキラが惹かれアキラに追いかけられるようになる。しかしヒカルは自分の力でアキラと対局したいと思うようになり、自分の実力が上がるまではアキラと対戦しないと宣言し、アキラの囲碁サロンで一緒に打ちたいという希望を拒絶し中学の囲碁部に入部した。
ヒカルと対戦したいアキラも海王中の囲碁部に入部し、囲碁大会で対戦するのだが、ヒカルは佐為ではなく自分の力を試したくて自分の力で打ったため、アキラから失望されてしまった。

その後は、ヒカルがアキラを追いかけるようになり、アキラがプロ試験に合格したと聞けばヒカルは院生となり、アキラに1年遅れてプロ試験に合格した。

プロとなってまもなく、佐為とアキラの父・塔矢行洋との対局を目の前で見て、行洋の逆転の一手をヒカルが発見したことがきっかけとなり、佐為が消えてしまった。
ヒカルは、自分が打たなければ佐為が戻ってくると信じて手合いをサボって佐為を待つのだが、佐為が戻ることはなかった。
プロ試験を控えた伊角慎一郎と対局したことにより、自分の碁の中に佐為は生きていると気づき、立ち直った。

その後は、快進撃を続け、「最強の初段」と呼ばれるほどに成長した。
18歳以下の若手棋士が参加できる日中韓ジュニア囲碁大会の日本代表に選ばれ中国戦では副将、韓国戦では大将として戦っている。

藤原 佐為(ふじわらの さい)

CV:千葉進歩

千年前、内裏で天皇の囲碁指南役をしていたが、同じ指南役の菅原顕忠に天皇の指南役は2人もいらないと言われ、佐為は指南役をかけての対局を行うことになった。
しかし、相手の碁笥に白石が入っているのを発見した佐為はそれを咎めようとするのだが、逆に相手からいかさまをしたと言いがかりを受け、天皇や他の公家の前で貶められてしまった。対局を続けることになったが、心が乱れ敗北。都を追放され、佐為は失意のまま入水してしまった。
しかし、佐為の碁に対する思いは強く、成仏することなく魂のまま世を彷徨っていた。
江戸時代、年若い虎次郎が佐為の声を聞くことができたため、佐為は虎次郎に取り付いた。
虎次郎は碁打ちを目指していたため、佐為の強さを知ると、佐為のために佐為の言うとおりに碁を打っていた。後に虎次郎は本因坊秀策と名を改め、無敵の棋士として名を馳せる。
しかし、秀策が34歳の若さで亡くなったため、佐為は秀策が吐血した碁盤に宿った。
その後、140年の時を経てヒカルと出会い、ヒカルに取り付いた。

碁に対する執念は凄まじく、時に鬼神の如き強さを発揮するが、普段の佐為は平安貴族らしくたおやかで穏やか。一見すると女性に見間違えるほどの美貌を持つ。
現代のものが珍しいのか、初期の頃はいろいろなものに驚き喜怒哀楽様々な表情を見せていた。
佐為の存在は、取り付いたヒカルにしか分からず、物に触れることもできず、人に話しかけてもヒカル以外に声も聞こえないため、佐為が碁を打つ時にはヒカルに指示を出してヒカルがその通りに打っていくことしかできない。

そのため、周囲はヒカルが打っていると思い不必要にヒカルの強さが目立ってしまった。その後、ヒカルが自分自身の力で打ち始めたため、佐為の打つ場が無くなり、佐為はネットの中で「sai」として打つか、ヒカルと対局するしかできなくなっていた。
しかしネットの中でもsaiの強さが知れ渡り、注目されることを恐れ、ネットでも対局できなくなってしまった。

その後、ヒカルと向き合って打つようになりヒカルを鍛えるようになった。
当初は「神の一手を極める」ことに固執していた。
塔矢行洋を知った後は、行洋をライバル視するようになりいずれ対局したいと熱望していた。
ネットで数多くの対局をしたことで、現代の定石を学び「秀策が現代の碁を学んだかのよう」と言われる程に棋力が上がっていった。
ヒカルの計らいで行洋とネットで対局が叶い満足していたが、その対局を目の前で見ていたヒカルが行洋の逆転の一手を発見した時に、なぜ自分が現代に、ヒカルの前に現れたのか、神の意志を理解した。
ヒカルに行洋との一局を見せ役目を終えたことで、佐為の止まっていた時間が進み始め、いずれは自分が消えてしまうと悟った。
佐為は、5月5日、ヒカルとの対局の最中に静かに消えていった。

佐為を失くしたヒカルが立ち直り、塔矢アキラとの対戦を終えた夜、ヒカルの夢に現れ、自分の扇子をヒカルに渡しその思いを託した。

塔矢 アキラ(とうや あきら)

CV:小林沙苗

日本棋院所属の棋士。1986年12月14日生まれ。いて座。血液型AB型。身長164cm(ヒカルのプロ試験合格時)海王中出身。

5冠棋士塔矢行洋を父に持つ天才少年棋士。2歳から父に碁を習っていたため、小学6年にして既にプロ並みの腕を持っていた。
小学6年の冬、父が経営する囲碁サロン紫水にて進藤ヒカルと出会いヒカル(佐為)に敗北したため、ヒカルの強さに惹かれ追いかけるようになる。

中学入学後、ヒカルと共に修練したいとヒカルに告げに行くが、ヒカルが拒否したため、ヒカルが出場するといった中学囲碁大会でヒカルと対戦するために、中学の囲碁部に入部した。
本来ならば、アキラほどの実力がある者が中学で囲碁部に入り、ましてや大会に出場するなど配慮にかける行為である。院生ですら大会に出場することはできないのに、もはやプロ並みと言われているアキラが出場するのは本来はおかしい。
しかし、ヒカルとどうしても対局したいアキラは、囲碁部でいじめを受けてもなりふり構わずただひたすらヒカルを目指していた。
囲碁大会で念願のヒカルと対戦できたのだが、佐為ではなく途中からヒカルが打ったために求めていた棋力とあまりにも違いすぎることに憤りを感じ、「ふざけるな」とヒカルを怒鳴りつけた。

その後囲碁部を辞め、プロ試験を受け一発合格を果たした。
プロ試験初日、ネットのsaiと対局するためプロ試験に行かず不戦敗となった。
saiとの対局で、その強さに中押し負けをするが、対局のさなか、saiが以前のヒカルに思える時があり、saiはヒカルではないかと疑いだす。
囲碁サロンの常連広瀬から、アキラとの対戦時間にヒカルがネットカフェにいたと聞き、アキラはヒカルに問いただしに行った。
しかし、ヒカルにはぐらかされヒカルにもう目の前には現れないと宣言した。

その後、今度はヒカルがアキラを追いかけるようになり、アキラに追いつくために院生となった。
プロになったものの、目標を失い気が抜けたようなアキラを見た緒方がアキラにヒカルが院生になったことを知らせると、ヒカルより遥か先まで進み、追いつかせないと気迫を取り戻した。

ヒカルがプロ試験を受け始めると、アキラはヒカルの実力が知りたくなり、同じプロ試験を受けている越智を指導することでヒカルの実力を測ろうとした。
自分が指導した越智がヒカルに敗北したと知ると、越智の家まで行き棋譜を見せてもらおうとするのだが越智に拒否され、ヒカルの実力は自分でしか測れないと確信するようになった。

ヒカルが碁から離れ、手合いをサボるようになると、心配したアキラは葉瀬中まで行きヒカルを問い質すが、ヒカルに逃げられてしまう。
その後は、自分が強くなり先に進めばいずれヒカルは戻ってくると信じ、リーグ戦を勝ち進む。

ヒカルが佐為を失った悲しみから立ち直った際、アキラの元に「碁をやめない」と告げに来た時には「追ってこい!」とヒカルに檄を飛ばした。

名人戦1次予選で2年4か月ぶりにヒカルと対局するが、ヒカルの碁の中にネットのsaiの存在が隠れていることに気づき、ヒカルの中にもう1人佐為がいるのだと気づいた。

北斗杯編では、アキラとヒカルは囲碁サロンで頻繁に対局するようになっているが、小学生並みの口喧嘩ばかりしていて仲が悪いように見える。
しかし囲碁サロンの常連がヒカルを馬鹿にしたような発言をすると、ヒカルをかばうような発言をするので、ヒカルのことを生涯のライバルとして認めているふしが見られる。

これまでの実績から北斗杯のメンバーに予選もなしで内定を受けると、これからのことを考えて中国語と韓国語を習い始め、北斗杯の頃には通訳なしで会話できるほどの上達を見せる。

北斗杯では中国戦では大将、韓国戦では副将として戦い2勝を収めている。

日本のプロ棋士

塔矢 行洋(とうや こうよう)

CV:津田英三

日本棋院所属の棋士。九段。塔矢アキラの父。7月29日生まれ。B型。身長178cm。
囲碁界で五冠(名人・十段・碁聖・天元・王座)を持つトップ棋士。
作品の中では「名人」や「塔矢先生」と呼ばれることが多い。

神の一手に一番近い人物と評されている。一人息子のアキラに幼い頃から碁を教え、その実力を認めていたのだが、アキラがヒカルに負けたと知り、ヒカルに興味を持った。
囲碁サロンの前でうろついていたヒカルを緒方が捕まえ、ヒカルの実力を知ろうと対戦するのだが、数手でヒカルが逃げてしまったため、実力を推し量ることはできなかった。
この対局の時ヒカルは、塔矢名人の打ち方がかっこよく、自分も打ってみたいと思いビシッと打ち込んでいる。
しかしヒカルは、この行動は佐為が自分の体を乗取ったと勘違いし、叫び声をあげて逃げ出してしまった。

その後もヒカルに興味を持ち続け、ヒカルの新初段シリーズの時には自ら対戦相手になっている。
この時、佐為が行洋と対戦したがり、ヒカルは佐為に大きなハンデを追わせて戦わせたので、一見するとめちゃくちゃな対局の様に思われるが、行洋はヒカルが何かのハンデを背負って戦っていると見抜いた。ヒカルの背後にただならぬ気配を感じ取り、次は互先でと告げヒカルの評価を下げることはなかった。

緒方との十段防衛戦第3局の前日に、心筋梗塞で入院したため不戦敗となった。

入院時の手慰みにと緒方にネット碁を勧められ、それを知ったヒカルから「sai」と打って欲しいと懇願され対局を承知した。
名を明かさぬ相手との勝負に難色を示した行洋に対し、ヒカルが本気で打って欲しい、などと言ったため、引退を掛けて勝負を受けた。
ネットでのsaiとの対局では、研ぎ澄まされた一手で佐為を翻弄するが半目差で負けると読み切ると投了した。
後に見舞いに来たヒカルに、saiとの再戦を望むが、その後すぐに佐為が消えたため再戦は叶わなかった。

saiのことを得がたいライバルと認め、消えてしまった佐為との対局を待っている。
十段位防衛を緒方に阻止された後、プロを引退。
中国リーグに参加するようになり、世界を飛び回り最善の一手を追求しつつ、後進の指導・育成に力を注いでいる。

緒方 精次(おがた せいじ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

バクマン。(Bakuman.)のネタバレ解説まとめ

大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

陰の実力者『ヒカルの碁』加賀鉄男について

『キャプテン翼』でサッカーブームを、『スラムダンク』でバスケブームを巻き起こした『少年ジャンプ』。その影響力は、囲碁という文化系の競技にも及びました。ライバルがいて、成長があって。そんな王道を美麗な絵柄と囲碁という変わった題材でで描き上げた『ヒカルの碁』…の、陰の実力者にして立役者、加賀鉄男について。

Read Article

バクマン。の名言・名セリフまとめ

『バクマン。(Bakuman.)』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載していた漫画作品である。ジャンプで連載マンガ家を目指す中学3年生の真城最高と高木秋人は、ヒロインの亜豆美保と真城の「描いたマンガがアニメになり亜豆がそのヒロインの声優をやる」との約束をお互いの夢として努力を続ける。夢・友情・青春に関する数多くの名言が連載終了後も作品の魅力として語られ続けている。

Read Article

目次 - Contents