バクマン。の名言・名セリフまとめ

Wallpaper 2068801

『バクマン。(Bakuman.)』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載していた漫画作品である。ジャンプで連載マンガ家を目指す中学3年生の真城最高と高木秋人は、ヒロインの亜豆美保と真城の「描いたマンガがアニメになり亜豆がそのヒロインの声優をやる」との約束をお互いの夢として努力を続ける。夢・友情・青春に関する数多くの名言が連載終了後も作品の魅力として語られ続けている。

『バクマン。』の概要

『バクマン。』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載していた原作・大場つぐみ、作画・小畑健による漫画作品である。
中学3年生時の同級生・亜豆美保と真城最高(ましろもりたか)の「描いたマンガがアニメになり亜豆がそのヒロインの声優をやる。夢が叶ったら結婚。」という約束する。真城最高・高木秋人(たかぎあきと)の2人はペンネーム「亜城木夢叶(あしろぎむと)」としてジャンプで一番の連載マンガ家を目指す。
「亜城木夢叶」は「亜豆美保(あずきみほ)」「真城」「高木」の3人の名前と「夢が叶う」からとった亜豆の親友・香耶(かや)がつけたペンネームである。

原作・大場つぐみ、作画・小畑健の2人による作品は、前作「DEATH NOTE(デスノート)」からの2作目にあたり、さまざまな世代に支持されている。
作中に登場する雑誌名や作品名などの固有名詞は「週刊少年ジャンプ」「ドラゴンボール」など、実名で登場しており、ジャンプ編集部の編集者も実名で登場していた。
ジャンプのシステムとなっている「アンケート至上主義」「専属契約制度」なども作中で語っており、マンガ家のリアルな裏側が描かれている。

2010年には「NHK教育テレビジョン」にてテレビアニメが放送され、2015年には佐藤健・神木隆之介のW主演で実写映画かもされ、公開9日間で観客動員数50万人を突破するなど話題を呼んだ。

「亜城木夢叶」の2人をとりまく多彩な登場人物たちが、マンガ家のリアルな裏側が垣間見える数多くの名言・セリフを残しており、自身の人生の参考にしたり教訓にする人がいるなど高い評価を得ている。

真城 最高の名言・名セリフ

Cd828dea01263b467aab92f0c4221b2f1

だからその夢が叶ったら 結婚してください

Bakuc kekkon

出典: bakuman.xyz

中学3年生の時、高木に「俺と組んでマンガ家になってくれ」と言われた最高はそれを断る。その後、試験勉強する気にもなれずゲームをしていた真城に高木から電話が来る。
「今から亜豆の家に告りに行くからおまえも来てくれ」と最高が好意を寄せる亜豆に告白するという高木に強引に誘われた真城は、高木と共に亜豆の家を訪ねる。

亜豆の自宅玄関前で愛の告白ではなく「マンガ家になる」ことを告白した高木は、亜豆が声優を目指していることを真城に聞かせた。
高木が真城に一言促すと真城が、「僕が絵を描いてこいつ(高木)が原作。だから僕たちのマンガがアニメになったら そのヒロインの声優に亜豆を予約というか…」との言葉の後に続けて言い放った真城のセリフである。

それを聞いた亜豆は顔を真っ赤にして家の中へと入ってしまうが、インターホン越しに結婚OKの返事をする。
この結婚の約束がきっかけで、真城は本気でマンガ家を目指すことになるのだった。

川口たろうは言ってました 連載するまでは「うぬぼれ」「努力」「運」 連載を勝ち取ってからは… 「体力」「精神力」最後は「根性」

Bakuman03

「疑探偵TRAP」の連載中、倒れて入院してしまった真城。
入院しながらも原稿を描く真城に見舞いに来た佐々木編集長は、「作者が高校を卒業するまで休載する」との決断をする。
その理由として真城のおじ「川口たろう」がマンガを描きながら死んだことをあげる編集長に「それでも描く」と真城は言う。

入院中に原稿を描き続けた真城は退院直後にジャンプ編集部の編集長の所へ行き、入院中に描いた原稿を見せる。
その時に真城が編集長に言ったセリフである。

真城の言葉を聞いた編集長は「川口たろうはスポ根の読みすぎだな」と言った後、「高校卒業まで休載」との決断を撤回するのだった。
入院中の真城の「体力」「精神力」「根性」を見せ付けられたシーンといえる。

もっと上にいきたい新妻エイジと競いたい 新妻エイジを喜ばせたい!

真城・高木の2人がマンガ家を目指す時、すでにジャンプで読切の投稿を行っていて高評価を受けている同年代の作家に新妻エイジ(にいづまえいじ)がいた。
そのエイジは「CROW(クロウ)」と「+NATURAL(プラスナチュラル)」の2本同時連載を行い、共に人気作となっていた。
一方、ギャグマンガ「走れ大発タント」で連載を勝ち取った亜城木夢叶だったが人気が上がらずに低迷している状態だった。

お昼の生放送番組「笑っていいかも」のテレフォンショッキングのゲストとして出演した新妻エイジはその放送で「ライバルは亜城木夢叶先生です」と発言する。
その放送を見ていた真城はエイジの言葉を聞いた直後、仕事場から家に帰り亜豆に電話をかけた。
「俺タントやめたい」との言葉の後に言った真城のセリフである。

読者アンケートで2作品共にトップ争いをしているエイジにライバルと言われ、今の作品ではエイジと競えない、競える作品を作りたいという真城の気持ちのこもった言葉だ。

おじさんが獲りたかった おじさんが一度も獲れなかった 「週刊少年ジャンプ」の読者アンケート 1位だ

Bakuman

出典: www.damebito.com

「PCP(完全犯罪党)」の新連載が決まった亜城木夢叶。
「1話目のアンケートで絶対1位を獲る!」と言う真城だったが、結果の連絡をもらうまでは落ち着かなかった。
そこにいつもは電話で結果報告をもらうはずが、担当の服部さんが仕事場に直接現れる。

「ビックリした ダントツだ 2位に150票以上差をつけて1位 422票 申し訳ないが信じられない…」そう告げる服部さんの言葉に亜城木夢叶は涙して喜んだ。

その後、服部さんを連れ真城家のお墓に赴いた真城は、1位を獲ったアンケート表を墓の前で掲げる。
その時の真城の心の中の声である。

天国にいる「川口たろう」もこの結果に喜んだであろうシーンだ。

香耶ちゃんがつけてくれた…… “亜城木夢叶”っていうペンネームにずっと励まされてきた ありがとう…………

連載マンガ「REVERSI(リバーシ)」のアニメ化が決まり放送を明日に迎えた日、仕事場に居た真城・高木・香耶の3人。
「明日REVERSIのアニメが放送されたら亜豆に会いに行く。そして正式にプロポーズする」と言う真城は高木の妻・香耶に「握手してほしい」と言う。
その時の真城の感謝の気持ちの言葉である。

両手で香耶の右手を握った真城は続けて「亜豆もきっと…同じ想いだと思う」と続けた。
マンガ家を目指した頃から10年間亜城木夢叶の2人を影で支えてくれた香耶への、真城のずっと言えなかった感謝のこもったセリフだ。
それを聞いた香耶は嬉しさのあまりに号泣してしまうのだった。

亜豆さん 僕達のマンガがアニメになって そのヒロインを亜豆さんがやる! その夢が叶ったから結婚してください!!!

08927936

連載マンガ「REVERSI(リバーシ)」で読者アンケート9週連続1位、コミックスの売り上げでもライバル・新妻エイジの「ZOMBIE☆GUN(ゾンビガン)」を抜き、名実共にジャンプ1番の作家となった亜城木夢叶。

アニメ化も決まっていた「REVERSI」がテレビ放送され、そのヒロイン役を演じる亜豆の声を確認した真城は、亜豆の家を訪ねる。
車で出かけた2人は亜豆が引っ越す前の谷草の家に行き、家の前で思い出を語りだす。
その時、真城が言ったプロポーズの言葉だ。

結婚を約束した同じ場所で、10年という年月をえて2人が夢を叶えた瞬間である。

高木 秋人の名言・名セリフ

274db03e542c4d41e8e7264d41e8cf

俺と組んでマンガ家になってくれ

A23p
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

バクマン。(Bakuman.)のネタバレ解説まとめ

大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

ヒカルの碁(ヒカ碁、Hikaru no Go)のネタバレ解説まとめ

ヒカルの碁とはほったゆみ(原作)と小畑健(漫画)による囲碁漫画。物語は主人公「進藤ヒカル」が、祖父の蔵で血のついた碁盤を見つけ、そこに宿っていた平安時代の碁打ちの幽霊「佐為」に憑かれる事から始まる。それまで囲碁について何の興味も知識も無かったヒカルだが、囲碁幽霊「佐為」に取り憑かれたことで次第に囲碁の世界に足を踏み入れることになる。

Read Article

ヒカルの碁(ヒカ碁、Hikaru no Go)のネタバレ解説まとめ

『ヒカルの碁』とは、ほったゆみ(原作)と小畑健(漫画)による日本の少年漫画。集英社「週刊少年ジャンプ」にて連載された人気漫画作品である。囲碁を題材にした作品で、小学生を中心に囲碁ブームを巻き起こした。 テレビアニメ、小説、ゲームなど、様々な形でのメディアミックスも行われている。 平安時代の最強棋士・藤原佐為に取り憑かれた進藤ヒカルが、囲碁を通して出会った人々との中で神の一手を目指して成長する物語。

Read Article

目次 - Contents