ヒカルの碁(ヒカ碁)のネタバレ解説まとめ

『ヒカルの碁』とは、ほったゆみ(原作)と小畑健(漫画)による日本の少年漫画。集英社「週刊少年ジャンプ」にて連載された人気漫画作品である。囲碁を題材にした作品で、小学生を中心に囲碁ブームを巻き起こした。
テレビアニメ、小説、ゲームなど、様々な形でのメディアミックスも行われている。
平安時代の最強棋士・藤原佐為に取り憑かれた進藤ヒカルが、囲碁を通して出会った人々との中で神の一手を目指して成長する物語。

葉瀬中に進学したヒカルは、筒井とともに囲碁部を立ち上げた。6年生の時に年齢を偽って出場した囲碁大会で、団体戦の楽しさ面白さを知ったヒカルは、囲碁大会に出場して海王中に勝つことを目指して奮闘していた。

ヒカルが6年生の時に出場した囲碁大会を見ていた塔矢アキラは、ヒカル(佐為)の実力を改めて知り、中学になってからは父が経営する囲碁サロンでヒカルと切磋琢磨したいと考えるようになり、葉瀬中までヒカルを訪ね一緒に打ちたいと希望を伝えた。しかし、ヒカルの答えは「おまえとは打たない」という拒絶の言葉だった。
ヒカルが囲碁部で大会に出場すると聞くと、本来ならば中学生の大会に出場するには高すぎる実力を持つアキラは大会に出場するなどしてはいけない行為なのだが、ヒカルと対戦するために周囲からの嫌がらせや暴言を受けながら、なりふり構わずヒカルを目指して部活動を続けてきた。
本来ならば大将を務める実力がありながら、ヒカルと対戦するために、大会終了後に退部する事を条件に三将の座を手に入れたアキラ。
海王の三将は誰かと楽しみにしているヒカルの前に現れたアキラが言ったセリフ。
ヒカルとの対戦を強く望むアキラの決意と執念のこもった名言。

引用:ヒカルの碁 3巻

笑ったな 最後まで笑っちゃいけないんだぜ 勝負ってもんは

ヒカル中学1年時、中学囲碁大会1回戦で岩名中との対戦。ヒカルは三将として出場していた。
対局中盤、有利に進めていた岩名中の三将は、勝利を確信し「へへ 勝ったなこりゃ」と笑みをこぼした。その言葉にヒカルが反応し返した言葉。
ヒカルは怒涛の追い上げで逆転勝利を収めた。

勝利を確信し油断した相手に対し、ヒカルは最後まで勝負を諦めずに食い下がり勝利を決めた。
ヒカルの気合の一言。

引用:ヒカルの碁 2巻

自分で打たなきゃ見えないんだ!知りたいんだよ コイツとオレの差を!

ヒカル、アキラ中学1年の時の囲碁大会2回戦。アキラの念願叶ってヒカルとの対戦が始まった。
昼休憩の時に、海王の岸本と日高の話を聞いたヒカルは、アキラが佐為と対戦するためになりふり構わずがむしゃらに突き進んできたことを知った。
アキラの執念を思い、自分で打つつもりでいたヒカルは佐為に「おまえ打て」と対局を預けた。

対局序盤、佐為が長考している時に、佐為の考えが読めず、自分の考えた手を打ってみたくなったヒカル。アキラが佐為を追うように、ヒカルもまたアキラを追いかけてきた。一体自分はアキラにどこまで近づけたのだろうか、自分で打ってみなければアキラとの差はわからない、そう考えたヒカルは佐為の言葉を無視し、自分で考えた手を打ち始めた。
ヒカルの一手は面白い手だった。その先に続く実力があれば有効な一手になったかもしれないが、まだまだ未熟なヒカルではその先を繋げることはできなかった。
佐為の圧倒的な強さを求めていたアキラは、突然変わった一手に戸惑いを感じつつも数手打ってみたが、これまでとは打って変わって拙い碁を打つヒカルにとうとう我慢できずに「ふざけるなっ!!」と激高した。

これまで追いかけてきた圧倒的な強さのヒカルの不甲斐ない碁に失望したアキラはヒカルを追い求める事はやめ、この大会後部活を辞めてプロになった。
ヒカルは自分とアキラの実力差を思い知り、アキラを追いかけ始めた。

追う者と追われる者の立場が逆転した一局。そのきっかけになったヒカルの強い意思を表す一言。

引用:ヒカルの碁 4巻

オレの幻影なんか追ってると ホントのオレにいつか足元すくわれるぞ!

アキラとsaiのインターネット碁が終わった後、囲碁サロンに顔を出したアキラは、サロンの常連からヒカルがインターネットカフェにいた事を聞いた。
対局中、ヒカルかもしれないという考えが頭の片隅を過ぎったが、圧倒的な強さの前にヒカルではないと結論づけた。しかし、まだもしかしてという考えが捨てきれずにいたアキラは、常連・広瀬から聞いたインターネットカフェに急いだ。
そこでヒカルの姿を発見したアキラはヒカルの肩を掴み画面を覗き込んだ。しかし、ヒカルが使っていたパソコンには少年誌のサイトが開かれていた。
ヒカルにインターネット囲碁をしたことはないかと聞くアキラに対し、ヒカルは全力でごまかした。ヒカルとの会話でsaiはヒカルではないと確信したアキラは、「もう二度とキミの前には現れない」とヒカルとの縁を切ろうとした。
そのまま立ち去るアキラを呼び止めたヒカルは「お、おまえ、オレの幻影なんか追ってると ホントのオレにいつか足元すくわれるぞ!」と声をかけた。
「いつかと言わず今から打とうか?」と返すアキラに今のヒカルでは返す言葉はなく、無言でいるとアキラはそのまま立ち去った。

佐為ばかり追って後ろを振り向かずにいると、いつかホントのヒカルがアキラに追いつくと宣言したヒカルの名言。

引用:ヒカルの碁 5巻

力の差を言ってるんじゃない 目標に向かう意気込みを言ってるんだ

家で佐為と打つようになり、囲碁部でも修練を重ね、筒井に2子を置かせて勝ち、三谷とは互先で勝てるほど実力をつけてきたヒカル。
その早い上達ぶりに、かつて通っていた囲碁教室の白川は驚愕する。
ある日、海王中囲碁部主将・岸本にばったりと出くわしたヒカルは、岸本から呼び止められ、実力が知りたいと碁会所に誘われた。
ヒカルとの対局を経て、ヒカルの実力を海王の副将クラスと見極めた岸本は、なぜアキラがヒカルに執着しヒカルを追い求めていたのか理解に苦しむと言った。
へらへらと笑いながらいつかアキラに追いつく、と話すヒカルに岸本は呆れ、アキラは既にプロとして始動すると教えた。
ヒカルに海王でのアキラの振る舞いを教えた岸本は、ヒカルとアキラの意気込みの違い、ヒカルの甘さを指摘した。
「いや、力の差を言ってるんじゃない、目標に向かう意気込みの違いを言ってるんだ」

岸本の言葉から、自分がいかにのんびりしていたかを痛感し、アキラと開くばかりの差を縮めるべくヒカルも動き始めた。

ヒカルにプロを意識させるきっかけとなった岸本の一言。

引用:ヒカルの碁 5巻

加賀や筒井が院生になるため部を去ろうとするヒカルの背中を押すシーン

海王の岸本からアキラがプロになることを決めたと知らされたヒカルは、自分もプロを目指すために院生試験を受けることに決めた。
しかし、院生は中学の囲碁大会などに出場することは禁止されていた。
うっかり失念していたヒカルは三谷からそれを指摘され院生と囲碁部で迷うが、突然乱入してきた加賀がヒカルの院生受験を後押しした。
実力を見せてから部を去れ、という加賀の言葉に頷いたヒカルは、加賀・筒井・三谷の3人を相手に初めての3面打ちに挑戦した。

初めはヒカルの院生の話に戸惑っていた筒井だったが、加賀がヒカルを応援しているのを見て自分もヒカルの成長を認め、迷っているヒカルの背中を押さなければと思い直した。
ヒカルに無理やり入部させられた三谷は、ヒカルが部を辞めることに抵抗し、自分も辞めると言い出すが、加賀に諭されヒカルとの最後の勝負を承知した。

それぞれが複雑な気持ちを持ちながらも、ヒカルの成長のためにヒカルの実力を確かめて院生へと送り出した名場面。
ヒカルは筒井・三谷に勝利し、加賀には6目半差で負けたものの、初めての3面打ちでその実力を十分に見せることができた。

引用:ヒカルの碁 5巻

見極めてギリギリまで踏み込むのです

院生となったヒカルは、院生たちの強さの前に打ちひしがれていた。それでも少しずつ気持ちを持ち直して対局に励んでいた。
少しずつ成績も持ち直していたヒカルだったが、あと少しのところで負けてしまう日々が続いていた。
持ち直していた成績も2組の最後にまで落ち込み、毎日佐為と打っているのになぜ勝てないのかと苛立ちが募る。
そんなヒカルに佐為は「私と打っているからです」と言った。
これまでのヒカルは佐為の強さもわからず、闇雲に突っ込んで来ていた。しかし、院生研修、研究会への参加、そして佐為との対局で力をつけてきたヒカルは佐為の強さが分かるようになってきていた。
そのため、佐為の一撃を恐れ手控えるようになってしまっていたのだ。
佐為は、塔矢アキラのように見極めてギリギリまで踏み込めとヒカルを諭した。

その後の対局でヒカルを一刀両断にした佐為と真っ二つにされたヒカルがとても面白い佐為の名言。
ヒカルの恐れを吹き飛ばした。

引用:ヒカルの碁 7巻

千年

学生3冠を取った門脇がプロ試験を受けるため、受験票を持って日本棋院にやってきた。
会社勤めを3年ほどして、改めてプロを目指すことにした門脇は、カンを取り戻すため、腕試しをしようとしていた。
たまたま通りかかったヒカルを呼び止めた門脇は勝負を申し込んだ。
門脇がプロ試験を受ける人間とか、学生3冠を取った強者と知らないヒカルは、通りすがりの2度と会うことがない人物と思い、佐為に勝負を任せることにした。

佐為に一刀両断にされた門脇はヒカルの強さに驚愕し、ヒカルの名や年を聞こうと質問をしてくる。
門脇の追及を逃れるため慌てて逃げようとするヒカルに門脇は「碁を始めてどれくらいになる?」と聞いた。
ヒカルは振り返り、佐為と共に「千年」と答えた。
その後門脇は真剣に碁に取り組むため、プロ試験受験を1年遅らせることに決めた。

ヒカルとともにサムズアップしながらドヤ顔を決める佐為が印象に残る名言。

引用:ヒカルの碁 8巻

秀英が自分の負けを認め悔し涙を流すシーン

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

バクマン。(Bakuman.)のネタバレ解説まとめ

大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

陰の実力者『ヒカルの碁』加賀鉄男について

『キャプテン翼』でサッカーブームを、『スラムダンク』でバスケブームを巻き起こした『少年ジャンプ』。その影響力は、囲碁という文化系の競技にも及びました。ライバルがいて、成長があって。そんな王道を美麗な絵柄と囲碁という変わった題材でで描き上げた『ヒカルの碁』…の、陰の実力者にして立役者、加賀鉄男について。

Read Article

バクマン。の名言・名セリフまとめ

『バクマン。(Bakuman.)』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載していた漫画作品である。ジャンプで連載マンガ家を目指す中学3年生の真城最高と高木秋人は、ヒロインの亜豆美保と真城の「描いたマンガがアニメになり亜豆がそのヒロインの声優をやる」との約束をお互いの夢として努力を続ける。夢・友情・青春に関する数多くの名言が連載終了後も作品の魅力として語られ続けている。

Read Article

目次 - Contents