ヒカルの碁(ヒカ碁)のネタバレ解説まとめ

『ヒカルの碁』とは、ほったゆみ(原作)と小畑健(漫画)による日本の少年漫画。集英社「週刊少年ジャンプ」にて連載された人気漫画作品である。囲碁を題材にした作品で、小学生を中心に囲碁ブームを巻き起こした。
テレビアニメ、小説、ゲームなど、様々な形でのメディアミックスも行われている。
平安時代の最強棋士・藤原佐為に取り憑かれた進藤ヒカルが、囲碁を通して出会った人々との中で神の一手を目指して成長する物語。

津田 久美子(つだ くみこ)

CV:渡辺明乃

ヒカルやあかりの同級生で碁に関しては全くの素人。
あかりに誘われて囲碁部に入部した。
夏目や金子に碁を教わり、大会に出場した。

矢部(やべ)

小池の1つ下の学年。
囲碁部の存在を知り、プロがいるとの噂を聞いて入部を考えるが小池1人しかいなかったため落胆、入部を取りやめようとするのだが、偶然現れた加賀に強引に入部させられた。
棋力は小池より上。
高飛車な性格だが、自分よりも弱い上級生や不真面目な同級生・岡村の面倒も見なくてはならず、苦労が絶えない。

岡村(おかむら)

小池の1つ下の学年。
元は将棋部員だったが、加賀が筒井に勘違いされ、加賀も「筒井ごっこ」として筒井のふりをして振る舞い、その結果、矢部とともに囲碁部に入部することになった。

碁に特に執着はなかったが、新しく入部した上島に三将を取られそうになると、必死に抵抗した。

将棋の腕は、親戚のおじさんより強いというが、6枚落ちのハンディがある加賀に敗北。

上島(うえしま)

小池より1つ下の学年。
陸上部だったが、怪我のため矢部に囲碁部に勧誘された。
いつも父と打ってるということで、期待していたが岡村より弱かった。

タマ子先生(たまこせんせい)

CV:石塚理恵

囲碁部の顧問及びヒカルの2年時の担任。担当科目は理科。
自宅にあった祖父の碁盤を提供するなど、囲碁部に対し、細やかな支援を行った。

中学校囲碁部員及び関係者(私立海王中学校)

岸本 薫(きしもと かおる)

CV:櫻井孝宏

私立海王中学囲碁部部長。元院生。1985年3月5日生まれ。AB型。
囲碁の強豪海王中学の部長で高い棋力を誇る。
アキラがヒカルと対戦したいがために囲碁部に入部してくると、部内に動揺が走りアキラに対するいじめなどが起こったり、アキラがヒカルと対戦するために三将になりたいと言い出した時も(実力的には大将)部内の混乱を抑え部内をまとめた。
岸本自身はアキラが入部してきたことを喜び、対局や検討をしたいと望んでいたが、部長としてアキラにあっさり負けるわけにはいかず、我慢していた。
囲碁部の大会では三谷に完勝し、高い実力を見せた。

しばらく後に、街でヒカルと偶然出会いヒカルの実力を知りたいとして対局。ヒカルの棋力を海王の副将くらいと評した。
ヒカルののんびりとした態度に呆れ、この時にアキラがプロ試験に合格したと伝えた。
院生の存在をヒカルに教え、ヒカルが院生試験を受けるきっかけとなった。

後にヒカルが院生となった時に、海王の主将が強い、という話を院生仲間にしていたのだが、かつて院生だった岸本と対戦経験のある院生たちは皆一様に「たいしたことない」と話し、岸本の棋力を評価していたヒカルは、ここで勝てるのだろうかと自身を失うことになった。
岸本がアキラと対局した時に、その強さを実感し、自分がプロになる夢は叶えられないと再認識した。

日高 由梨(ひだか ゆり)

CV:本田貴子

海王中囲碁部女子部員。1985年2月11日生まれ。AB型。
正義感の強い女子で、アキラが目隠し碁を強要されていた時には助けに入り、いじめを止めた。
悪気はないようだが非常に毒舌で、初対面の筒井に対して「まぐれで勝った」などと発言し、筒井の怒りを買った。

奥村(おくむら)

CV:浅野まゆみ

海王中囲碁部員の1年生。アキラと同級生。
アキラが囲碁部に入部してきたことを快く思わず、どうにかしてアキラに勝とうとマネ碁で挑むがあっさりと敗北し、2年の伊藤や小島から恥ずかしい真似はするなと窘められた。
その後、伊藤と小島に言われアキラいじめに加担するが、日高に見つかり失敗した。

アキラとの目隠し碁では、碁を始めたばかりの奥村の打ち筋が読めず、アキラはかなり苦戦していたのだが、奥村自身はそれに気づいていなかった。

伊藤(いとう)

CV:岸尾大輔

海王中囲碁部員の2年生。
アキラが囲碁部に入部してきたことを快く思わず、1年奥村がマネ碁で大敗したのを見て、アキラに一泡吹かせようといじめを画策した。
アキラに目隠し碁を強要し1対1での対局であっさりと敗北した後、小島と奥村2人相手に目隠し碁を強要した。
奥村の稚拙な打ち方のおかげでアキラが苦しんでいることに気づくと勝利を確信したが、その瞬間3年の日高に見つかり、その後、部を退部した。

小島(こじま)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

バクマン。(Bakuman.)のネタバレ解説まとめ

大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

陰の実力者『ヒカルの碁』加賀鉄男について

『キャプテン翼』でサッカーブームを、『スラムダンク』でバスケブームを巻き起こした『少年ジャンプ』。その影響力は、囲碁という文化系の競技にも及びました。ライバルがいて、成長があって。そんな王道を美麗な絵柄と囲碁という変わった題材でで描き上げた『ヒカルの碁』…の、陰の実力者にして立役者、加賀鉄男について。

Read Article

バクマン。の名言・名セリフまとめ

『バクマン。(Bakuman.)』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載していた漫画作品である。ジャンプで連載マンガ家を目指す中学3年生の真城最高と高木秋人は、ヒロインの亜豆美保と真城の「描いたマンガがアニメになり亜豆がそのヒロインの声優をやる」との約束をお互いの夢として努力を続ける。夢・友情・青春に関する数多くの名言が連載終了後も作品の魅力として語られ続けている。

Read Article

目次 - Contents