ヒカルの碁(ヒカ碁)のネタバレ解説まとめ

『ヒカルの碁』とは、ほったゆみ(原作)と小畑健(漫画)による日本の少年漫画。集英社「週刊少年ジャンプ」にて連載された人気漫画作品である。囲碁を題材にした作品で、小学生を中心に囲碁ブームを巻き起こした。
テレビアニメ、小説、ゲームなど、様々な形でのメディアミックスも行われている。
平安時代の最強棋士・藤原佐為に取り憑かれた進藤ヒカルが、囲碁を通して出会った人々との中で神の一手を目指して成長する物語。

CV:長嶝高士

「囲碁さろん」の席亭に呼ばれズルをするようになった三谷を懲らしめた。
初めは右手を使い、ヘボのように見せかけていたが、中盤から左手を使い本気を出して三谷を追い詰めた。途中、碁石の位置をずらすなどバレないようにズルをしつつ三谷に完勝した。
その後、三谷から奪った1万円をかけてヒカル(佐為)と対局し、中押しで敗れた。
ヒカルが帰った後に「本因坊秀策」とつぶやいている。

柳(リュウ)

碁会所「柳」の席亭。韓国人。洪秀英の叔父。
韓国棋院の研究生で、スランプに陥りやる気がなくなった甥・秀英を預かっていた。強い相手を求めて来店したヒカルに研究生である秀英を紹介した。
ヒカルとの対戦で敗れ、悔し涙を流す秀英を見て、やる気が戻ったと確信した。

神宮寺(じんぐうじ)

碁会所「石心」の客。知り合いのプロからプロになれるだけの力があると評されていたが、伊角にあっさりと敗れ、プロの言葉がお世辞であると気づいた。
その後、伊角から強い人がいる碁会所を聞かれ韓国人が経営する「柳」と教えた。

土庄(どしょう)

碁会所「囲碁サロン 道楽」の客。
院生研修をサボってデートしていた奈瀬が、彼にいい所を見せようと碁会所に入り対局した相手。女の子だと思って手を抜いて対局したらあっさり敗れ、本気を出しても大差で敗れた。

栗本正助(くりもと しょうすけ)

都議。日本棋院足立支部の「ふれあい囲碁まつり」開催に尽力したスポンサーの一人。女流棋士・桜野千恵子に指導碁を打ってもらうことを楽しみにしていたが、都合で来られず、相手がアキラに変わったことを憤っていた。
尊大な態度を取り、碁盤の上に水滴がついたコップを置いたり、碁石を踏むなどして、アキラの眉をひそめさせた。
秘書の置石が3つだったため、自分も置石を3つにすると見栄を張った。
何度も打ち直しをする栗本をアキラが嗜めると、逆にアキラに意見したりしている。

アキラと持碁だったことに最初は喜んでいたのだが、他3人も持碁だったことに驚き、プロの実力に驚愕した。

栗本の秘書(くりもとのひしょ)

ふれあい囲碁まつりに栗本の付き添いで参加した。

栗本と同じグループでの指導碁を受けたメンバーの中では一番棋力がある。
栗本が水滴がついたコップを碁盤の上に置けば、すぐさま碁盤の水滴を拭き取り、栗本が碁石を踏めば、すぐ拾って、近くの碁笥に戻しているなど、囲碁に対して愛情を持っているところが伺える。
栗本の囲碁に対する愚行を苦々しく思い、影では栗本を「ボンクラ」と呼んでいる。
ついムキになって実力を見せ付けるように4人を持碁にしたアキラに「ばれないように上手くやるんですね」と助言している。

磯部 秀樹(いそべ ひでき)

CV:渡辺久美子

小学生対象の全国レベルの大会「子ども名人戦」優勝したしたが、囲碁大会には出てこない小学生の中で一番強い、と言われる「塔矢アキラ」のことが話題になり、秀樹は不愉快に感じていた。
高い棋力を持つ秀樹は、大人相手に指導後の真似事をしている。
「表に出ず影で威張る」塔矢アキラを疎ましく思い、塔矢アキラがいるという「囲碁サロン」に行き、勝負を申し込んだ。
アキラは、子ども名人戦優勝者で、強いと聞いて、喜んで勝負するのだが、アキラにとっては大した手応えはなかった。
結局、秀樹の中押し負けで終わり、秀樹は逃げるように囲碁サロンを後にしている。
芦原からは十分強いと褒められている。

中村 茂蔵(なかむら しげぞう)

古美術店を営んでいる。
世の中の人間は目の利く奴と目の利かないマヌケしかいない、という持論を持ち、目の利かないマヌケ相手に安い物でも有名な物と偽り高く売ったりしている。
「目の利く奴が大好き」といい、ヒカルが店主が言う慶長の花器を偽物と見破ったことで茂蔵に気に入られた。

学校で野球をしていた時、ヒカルの打った球が将棋部の窓ガラスを突き破り、加賀の愛用の湯呑を割ってしまった。
加賀に湯呑を弁償するために、湯呑を探しに出たヒカルは、古美術店に入り、ただの花器を慶長の花器と偽り、高額で売りつけようとしている中村茂蔵に会った。

その時、祖父の家から盗まれた花器が茂蔵の店に売られているという少女がやってきた。
返して欲しいと言う少女を突き飛ばし、それが原因で割れた品物分5万円を弁償しろと詰め寄る茂蔵に憤った佐為は、5万円を賭けて囲碁の勝負を持ちかけろとヒカルに言った。

日本棋院発行の五段の免状を持っている茂蔵は、自信たっぷりにヒカルの勝負を受けるがあっという間にヒカルに負けてしまった。

少女が祖父の物という花器は、佐為が虎次郎とともに見たことがあり、とても価値のある本物の慶長の花器で、その花器は水を注ぐと底に花が浮かび上がるという秘密を持っていた。
花器を本当の持ち主に返したい佐為は、茂蔵が投了した碁を逆転することができたら花器を少女に返して欲しいと交渉し、茂蔵が投了したところから佐為が打ち始め、本当に逆転してしまった。

負けた茂蔵は悔し紛れに花器は返すというが、佐為が花器の秘密を暴露するとやっぱり花器は返さないと言い募った。
しかし、ヒカルから目の利かないマヌケと言われ、渋々花器を少女に返した。

三谷(みたに)の姉

CV:川崎恵理子

三谷祐輝の姉で高校生。
インターネットカフェでアルバイトをしていた。
弟の友人であるヒカルが来るとタダでPCを使わせてあげていた。

『ヒカルの碁』の用語解説

碁笥

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

バクマン。(Bakuman.)のネタバレ解説まとめ

大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

陰の実力者『ヒカルの碁』加賀鉄男について

『キャプテン翼』でサッカーブームを、『スラムダンク』でバスケブームを巻き起こした『少年ジャンプ』。その影響力は、囲碁という文化系の競技にも及びました。ライバルがいて、成長があって。そんな王道を美麗な絵柄と囲碁という変わった題材でで描き上げた『ヒカルの碁』…の、陰の実力者にして立役者、加賀鉄男について。

Read Article

バクマン。の名言・名セリフまとめ

『バクマン。(Bakuman.)』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載していた漫画作品である。ジャンプで連載マンガ家を目指す中学3年生の真城最高と高木秋人は、ヒロインの亜豆美保と真城の「描いたマンガがアニメになり亜豆がそのヒロインの声優をやる」との約束をお互いの夢として努力を続ける。夢・友情・青春に関する数多くの名言が連載終了後も作品の魅力として語られ続けている。

Read Article

目次 - Contents