ヒカルの碁(ヒカ碁)のネタバレ解説まとめ

『ヒカルの碁』とは、ほったゆみ(原作)と小畑健(漫画)による日本の少年漫画。集英社「週刊少年ジャンプ」にて連載された人気漫画作品である。囲碁を題材にした作品で、小学生を中心に囲碁ブームを巻き起こした。
テレビアニメ、小説、ゲームなど、様々な形でのメディアミックスも行われている。
平安時代の最強棋士・藤原佐為に取り憑かれた進藤ヒカルが、囲碁を通して出会った人々との中で神の一手を目指して成長する物語。

劉安(りゅう あん)

中国棋院所属の棋士。
春蘭杯で高永夏と対戦している。

中学校囲碁部員及び関係者(区立葉瀬中学校)

藤崎 あかり(ふじさき あかり)

CV:かかずゆみ

葉瀬中出身。5月17日生まれ。血液型O型。身長160cm。

ヒカルの幼馴染。
ヒカルが佐為と出会った蔵に、ヒカルと共にいたが、ヒカルが佐為の存在に気づき騒ぎ始めたため怖くなって逃げた。
その後、佐為に取り憑かれたヒカルが学校で騒いだ際には、事情を先生に告げたりしている。

ヒカルが中学の囲碁部に入ると、あかりもそれにくっついて入部する。
ヒカルが院生になり退部した後もあかりは部に残り、囲碁大会を目指したり部を盛り上げ続けた。

佐為が塔矢行洋と対局する前、ピリピリした気持ちを落ち着かせるためにあかりと打って落ち着いたことがある。
ヒカルもアキラとの対戦を前に、あかりと打って緊張をほぐした。

ヒカルの頑張りを影からいつも応援している。

筒井 公宏(つつい きみひろ)

CV:津村まこと

ヒカルの2つ上の先輩。葉瀬中囲碁部創設者。1984年4月23日生まれ。O型。身長165cm。

ヒカルが幼馴染のあかりに誘われて行った葉瀬中文化祭で、詰碁コーナーをしていたことからヒカルと知り合った。
囲碁部創設を目指し部員を集めようとするのだが、なかなか集まらず、将棋部であるにも関わらず囲碁がかなり強い加賀鉄男に大会に出場して欲しいと何度も頼むが、その都度断られてきた。

文化祭で詰碁コーナーに現れたヒカルと対局した加賀鉄男がヒカルを無理やり中学囲碁大会に参加させる約束を取り付けたことで、葉瀬中囲碁部として大会に参加することができた。
その大会では、佐為の力もあって、優勝まで行けたがヒカルの年齢がバレて失格となった。
その後、入学してきたヒカルとともに葉瀬中囲碁部を正式に立ち上げた。

ヒカル1年、筒井3年時の中学囲碁大会では、2回戦で海王中に敗退している。

定石をこよなく愛すため、新しいうち回しができないため棋力は今ひとつだが、ヨセや目算は加賀も認めるほどに上手い。ヒカルに囲碁の基本を教える穏やかで優しい先輩だが、ヒカルと同学年の三谷が不正を働いた時には激しく怒り、感情を荒げた。

後にヒカルが院生試験を受けると聞いた時には驚いたものの、ヒカルの目標を知り、加賀とともにヒカルの意志を尊重し背中を押した。

中学卒業後は加賀と同じ高校に進学した。
ヒカルが出場した北斗杯を観戦しに行っている。

加賀 鉄男(かが てつお)

CV:伊藤健太郎

葉瀬中将棋部部長。ヒカルの2つ上の先輩。1985年1月8日生まれ。A型。

葉瀬中の文化祭でヒカルが詰碁を解いている時に現れ、碁盤にタバコを押し付けた不良然とした少年。
将棋部であるが囲碁が非常に強く、棋力は高い。筒井から何度も囲碁の団体戦に出場するため助力を頼まれるがその都度断っていた。
塔矢アキラのことを大嫌いと公言する。幼少の頃から将棋が好きだったのだが、父から囲碁教室に通うよう言われ、いやいや通っていた。アキラとはその囲碁教室で出会い、頭角を表し始めるのだがアキラには勝てず、父からアキラに絶対に勝てなどとキツく叱責されていた。それを見ていたアキラから「ボク負けようか」と言われ、ライバルと思っていたアキラが自分を全く眼中に入れていないことが分かり、囲碁教室をやめた。

ヒカルと対戦したことによりヒカルの棋力の高さを知り、小学生のヒカルを無理やり中学囲碁大会に出場させた。
大会では「王将」と書かれた扇子を愛用していたため対戦相手から侮られてしまうが、高い棋力でもって対戦相手を圧倒している。

ヒカルが中学入学後は、将棋部一本で囲碁部で大会に出場することはなかったが、ヒカルを見かけると親しげに声をかけたりしている。

ヒカルが院生試験を受ける話を聞くと、戸惑う筒井や反対する三谷に反して加賀はヒカルを応援し、ヒカルに3面打ちをさせて実力を見せてから囲碁部を退部し、院生試験に臨むようにと後押しする。

中学卒業後は筒井と同じ高校に進むが、勉強しなくても合格できるという記述があるため、学力も高いことが伺える。
OBとして葉瀬中を訪れた時、囲碁部を創設した筒井と間違えられ、筒井のふりをしてそのまま囲碁部の手助けをしている。

三谷 祐輝(みたに ゆうき)

CV:浅川悠

ヒカルの同級生。後に囲碁部に所属する。1986年10月15日生まれ。AB型。

小遣い稼ぎの為に賭け碁をして荒稼ぎをしていたが、最近では整地をごまかすなどの卑怯な手を使うようになったため、懲らしめるために席亭がダケという客を紹介し、三谷を罠に嵌め大敗させた。それを見ていたヒカルと佐為がダケと勝負し勝利したために三谷が奪われた金は戻ったものの、ヒカルに借りがあるとして囲碁部に入部することになった。
棋力を見るために先輩である筒井と対局したが、筒井が定石の本を見ながら打っていたことや、長考したりするため、自分の番の時に、碁盤に打たずに横に石を当て打ったと錯覚させて相手に二度打ちをやらせるという卑怯な手を使い、途中で対局をやめてしまった。
中学囲碁大会にて、ヒカルを意識する塔矢アキラ率いる海王中メンバーに馬鹿にされた時、筒井が三谷を庇う発言をし、また三谷自身が海王中の対局を見て、ズルはしないで正々堂々と戦うと筒井に話す。
結果は2回戦敗退であったが、それ以降三谷が賭け碁などはせず、囲碁部で次の大会に向けて精進を続けていた。
しかし、ヒカルが院生試験を受けると聞くと、激しく反対し、ヒカルが囲碁部を辞めるなら自分も辞めるとしばらく囲碁部から離れてしまった。

あかりたちが新しく入った夏目とともに精進を続け、対戦ノートをつけたり頑張りを見て、また、三谷の分のノートも作って三谷の復帰を待っていることが分かると囲碁部に復帰した。

佐為曰く素直な良い一手を打つと評されている。

金子 正子(かねこ まさこ)

CV:ゆきじ

ヒカルの同級生。バレー部所属。
大会に出るためには碁が打てる部員が3人いなければいけない、ということで、ヒカルに強引に囲碁部に誘われた。
大会は男女別に行われるために団体戦参加はできなかったが、その後、暇ができると囲碁部に顔を出すようになる。
豪快な性格でありながら、気遣いのできる細やかさもあり、ヒカルが碁から離れた時に声をかけたり、卒業式の時、あかりとヒカルのツーショット写真をさりげなく撮っておくなど優しさを見せる。
三谷とは犬猿の中のようだが、成績優秀で、あまり勉強に励まない三谷の受験勉強に付き合うなど面倒見が良い。

外見は、おかっぱで少しポッチャリ体型で金太郎のようである。

夏目(なつめ)

CV:川村拓央

ヒカルの同級生。
筒井が部活を引退し受験に専念するため、団体戦に出るにはあと一人碁が打てる者が必要ということで、三谷が囲碁部に誘った。
しかし、その直後ヒカルが院生試験を受けるために退部してしまい、三谷も部から離れてしまったため、男子が一人だけになってしまった。

部ではあかりや津田に囲碁を教えながら三谷に部に復帰して欲しいと何度も説得を続けていた。
3年時、念願の大会団体戦出場を果たした。

葉瀬中囲碁部2代目部長。

小池 仁志(こいけ ひとし)

CV:重松朋

ヒカルの1つ下の学年。
ヒカルが院生になった後に囲碁部に入部した。
番外編で、たまたま囲碁部に顔を出した加賀を初代囲碁部部長、伝説の筒井先輩と勘違いし、後にかっこいいと評しヒカルやあかり、三谷たちを混乱させた。
3年生が卒業後、部員が足りなくなった囲碁部を立て直そうとする姿が番外編で描かれた。

下級生にも気を遣う気弱な性格。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

バクマン。(Bakuman.)のネタバレ解説まとめ

大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

陰の実力者『ヒカルの碁』加賀鉄男について

『キャプテン翼』でサッカーブームを、『スラムダンク』でバスケブームを巻き起こした『少年ジャンプ』。その影響力は、囲碁という文化系の競技にも及びました。ライバルがいて、成長があって。そんな王道を美麗な絵柄と囲碁という変わった題材でで描き上げた『ヒカルの碁』…の、陰の実力者にして立役者、加賀鉄男について。

Read Article

バクマン。の名言・名セリフまとめ

『バクマン。(Bakuman.)』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載していた漫画作品である。ジャンプで連載マンガ家を目指す中学3年生の真城最高と高木秋人は、ヒロインの亜豆美保と真城の「描いたマンガがアニメになり亜豆がそのヒロインの声優をやる」との約束をお互いの夢として努力を続ける。夢・友情・青春に関する数多くの名言が連載終了後も作品の魅力として語られ続けている。

Read Article

目次 - Contents