ヒカルの碁(ヒカ碁)のネタバレ解説まとめ

『ヒカルの碁』とは、ほったゆみ(原作)と小畑健(漫画)による日本の少年漫画。集英社「週刊少年ジャンプ」にて連載された人気漫画作品である。囲碁を題材にした作品で、小学生を中心に囲碁ブームを巻き起こした。
テレビアニメ、小説、ゲームなど、様々な形でのメディアミックスも行われている。
平安時代の最強棋士・藤原佐為に取り憑かれた進藤ヒカルが、囲碁を通して出会った人々との中で神の一手を目指して成長する物語。

CV:遊佐浩二

第20回国際アマチュア囲碁カップ韓国代表。
韓国のプロ棋士・愈七段と知り合いのため、愈から来日する金にネットのsaiの情報を得て欲しいと頼まれた。

周平(しゅうへい)

画像右が周平

CV:檜山修之

第22回国際アマチュア囲碁カップ日本代表。広島県因島出身。
棋力は関西のプロと互先で打てるという。
消えた佐為を探して因島を訪れたヒカルと河合に出会った。広島カープの大ファンで、河合がカープを馬鹿にしたため碁の勝負を挑んだ。
河合に勝利後、碁会所に迎えに来たヒカルと対戦。
新初段シリーズ時のヒカルを知っており、ヒカルの力を侮っていたが、ノータイムでの応手、ヨミの深さに敗北。ヒカルの力を認めて、急いでいたヒカルを新幹線の駅まで送った。

その他のヒカルの関係者

進藤 平八(しんどう へいはち)

画像右が進藤平八

CV:中博史

ヒカルの父方の祖父。兄の形見分けでもらった碁盤に佐為が宿っていた。
ヒカルの住む街では高い棋力を持っているらしく、「クツワ町の井上さんに勝てたのは自分だけ」と豪語していた。
囲碁大会のトロフィーを大量に持っている。
筒井との互先にヒカルが勝てるようになった頃、碁盤が欲しいというヒカルと対局し、ヒカルの急成長に驚いた。
勝てたら買ってやる、という約束で始めた対局で、ヒカルが敗れたもののその成長に期待して脚付の碁盤(総額5万くらい)を買い与えた。
プロになったヒカルに置石を置くように言われるが、孫相手に置石など置けるかと断ったところ、大差で勝つと宣言され慌てた。

ヒカルがプロ棋士になって、右も左もわからない世界のことに不安を感じたヒカルの母・美津子の相談に乗っている。

進藤 美津子(しんどう みつこ)

CV:日野由利加

ヒカルの母。囲碁の知識は全くない。
これまで活発だったヒカルが急に囲碁教室に通うと言ったり、院生になるなどと言い始めたため戸惑い、プロの世界に進むと聞いた時も、全く知らない世界のことを危ぶんで、平八や中学の担任に相談している。

佐為喪失から虚脱状態になり、手合いに行かないヒカルを心配し、受験勉強をさせようとするが、上手くいかなかった。
伊角との対局を経て、立ち直ったヒカルが真剣に碁に打ち込む姿を見て、美津子も真剣に応援しようと決めた。

平八とともに北斗杯を観戦しに行ったが、劣勢のヒカルを詰る観客の声を聞き、いたたまれなくなって会場を出た。

進藤 正夫(しんどう まさお)

CV:千葉進歩(スペシャル版のみ)

ヒカルの父。平八の息子。
佐為を追い求めてヒカルが因島へ行った時、帰れなくなったと電話をした時のセリフだけの登場。
碁は全く打たない。

碁会所「道玄坂」のマスター

CV:石波義人

ヒカルの大人対策のため、訪れた碁会所のマスター。
棋力はプロに2石を置いて勝ったことがあるという。
ヒカルたちとの団体戦で伊角と対局、3石を置いたが敗北した。その後、ヒカルが一人で訪れるようになったが、ヒカルの成長のために棋力が足りない者は相手をさせない、などヒカルを温かく見守っている。
目算が苦手なヒカルに、持碁にする練習を勧め、ヒカルがどんどんできるようになってくるとその成長の速さに驚愕した。
プロ試験合格の報告に来たヒカルのために、古い囲碁雑誌を渡し持ち帰らせた。
後にヒカルが碁会所にアキラを連れてこようかと口にすると、興奮して約束を取り付けようとヒカルに迫るなど、ミーハーな一面を持つ。

河合(かわい)

CV:小野健一

碁会所「道玄坂」の常連客で、タクシーの運転手をしている。
伊角や和谷とともに腕試しに来たヒカルを生意気な子供として懲らしめるつもりで対局を始めたが3石置きでヒカルに敗北してから、ヒカルを可愛がるようになった。
ヒカルの頭をぐしゃぐしゃにかき回す癖がある。ヒカルが毎日のように碁会所に行くようになってからは河合も頻繁に通うようになった。
ヒカルが本因坊秀作の縁の地に行こうとしていた時、偶然ヒカルと出会い、仕事を休んで一緒に行き、秀作縁の場所を案内し、お金が足りなくなったヒカルにお金を貸すなど何かと面倒を見ていた。
ヒカルが囲碁から離れた時は、対局結果が載っている「週刊碁」をグシャグシャに丸めて怒っていた。
北斗杯の時、ヒカルを応援するために観戦に来ており、ヒカルの敗北に不満を漏らした観客に掴みかかってヒカルを擁護した。

堂本(どうもと)

「道玄坂」の常連客。和谷や伊角と共に腕試しに来店したヒカルと対局し敗れた。
北斗杯には河合とともに会場に赴きヒカルの応援している。

曽我(そが)

「道玄坂」の常連客。プロ試験前にヒカルの苦手克服のために訪れた際には和谷と対局し、3石置いての勝負では和谷に勝利している。
後にヒカルと対局する時には2石を置いて対局していた。

「道玄坂」のマスターの妻(どうげんざかのますたーのつま)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

バクマン。(Bakuman.)のネタバレ解説まとめ

大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

陰の実力者『ヒカルの碁』加賀鉄男について

『キャプテン翼』でサッカーブームを、『スラムダンク』でバスケブームを巻き起こした『少年ジャンプ』。その影響力は、囲碁という文化系の競技にも及びました。ライバルがいて、成長があって。そんな王道を美麗な絵柄と囲碁という変わった題材でで描き上げた『ヒカルの碁』…の、陰の実力者にして立役者、加賀鉄男について。

Read Article

バクマン。の名言・名セリフまとめ

『バクマン。(Bakuman.)』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載していた漫画作品である。ジャンプで連載マンガ家を目指す中学3年生の真城最高と高木秋人は、ヒロインの亜豆美保と真城の「描いたマンガがアニメになり亜豆がそのヒロインの声優をやる」との約束をお互いの夢として努力を続ける。夢・友情・青春に関する数多くの名言が連載終了後も作品の魅力として語られ続けている。

Read Article

目次 - Contents