ヒカルの碁(ヒカ碁)のネタバレ解説まとめ

『ヒカルの碁』とは、ほったゆみ(原作)と小畑健(漫画)による日本の少年漫画。集英社「週刊少年ジャンプ」にて連載された人気漫画作品である。囲碁を題材にした作品で、小学生を中心に囲碁ブームを巻き起こした。
テレビアニメ、小説、ゲームなど、様々な形でのメディアミックスも行われている。
平安時代の最強棋士・藤原佐為に取り憑かれた進藤ヒカルが、囲碁を通して出会った人々との中で神の一手を目指して成長する物語。

CV:高瀬右光

日本棋院所属の棋士。初段。
伊角、本田と同期に入段。
学生時代に学生本因坊、学生名人、学生王座と学生3冠を獲っている。学生十傑にも選ばれている。プロ試験など余裕で合格すると日本棋院に願書を出しに来たのだが、たまたま通りかかった院生と腕試しをしようと声をかけた相手がヒカルで、通りすがりの相手だからと佐為が相手をしたため、大敗した。
院生であるヒカル(佐為)にあっさり敗れたため、その年の受験を諦め、1年間しっかりと修行を積み、次の年に合格した。
伊角の新初段シリーズを観戦に行こうとした時にヒカルと再会し、再戦し今度も敗れたものの、神がかり的に強かった佐為と比べ、強くなったとはいえヒカルの強さに物足りなさを感じていた。
ヒカルに以前の自分と今の自分、どちらが強かったかと聞かれた時に、前の方が強かったと話すと、ヒカルから満面の笑みで「オレもそう思う」と言われ、戸惑った。

本田 敏則(ほんだ としのり)

CV:桜井孝宏

日本棋院所属の棋士。船村門下。新初段。
ヒカルの次の年にプロ試験に合格している。伊角や門脇の同期。
ヒカルがプロ試験を受けた年は、伊角に勝利するなど実力は高いが、和谷、越智、奈瀬、椿、片桐に負けて不合格となった。
次の年では、伊角と門脇が勝ち星を稼いだため、残る受験者は壮絶な星の取り合いとなったが、6敗の本田が3位でプロ試験合格となった。
番外編で登場し、プロの世界を「一生身を置く世界」と語っている。

韓国のプロ棋士及び韓国棋院関係者

洪 秀英(ホン スヨン)

CV:伊東みやこ

韓国棋院所属の棋士。二段。ヒカルより2つ下。12歳の時にヒカルに出会った。
研究生の時に、それまで順調に上に上っていたのがちょっとした躓きによりスランプに陥り、気晴らしのため日本に遊びに来ていた。
韓国人が経営する碁会所に、ヒカル・伊角・和谷が訪れヒカルと対戦することになった。善戦するも惜しくも破れ、負けて悔しいという感情を取り戻し、いつかヒカルに勝利し、自分の名を名乗りたいという気持ちで韓国に戻り、プロになった。
北斗杯に韓国代表として参加しており三将を務めた。
北斗杯ではヒカルとの対戦が叶わなかったため、後日叔父が経営する碁会所で対戦する約束をしている。
高永夏を先輩として尊敬しており、ヒカルが永夏の発言を誤解し、永夏に敵意を向けていることを知ると、ヒカルの誤解を解こうと奔走した。
北斗杯中国戦では、三将・趙石に勝ち、日本戦でも社に3目半差で勝っている。

高 永夏(コ ヨンハ)

韓国棋院所属の棋士。三段。アキラやヒカルの1つ年上。
韓国囲碁界では有名な新進気鋭の天才棋士。国内のタイトルの挑戦者にもなっている。
北斗杯では韓国代表として大将で参加している。
塔矢行洋が韓国を訪れていた時、行洋と対局しアキラと対等の力があると評価された。
日本の囲碁雑誌記者の古瀬村が韓国棋院を訪れた時、日にちの連絡トラブルにより通訳不在の日に古瀬村は取材にいってしまい、カタコトの通訳しかできない通訳による翻訳ミスで、本因坊秀策を褒めたつもりが貶したように伝わってしまい、古瀬村やヒカルを激怒させてしまった。
秀策だけでなく道策や丈和も勉強する努力家である。
北斗杯のために来日した時に、洪秀英が永夏が誤解されヒカルたちを激怒させていると気づき、誤解を解くよう意見するのだが、永夏は誤解をそのままにするだけでなく、公の場でヒカルに対し挑発するような発言をしている。
日本と韓国との対戦で、ヒカルの成長に期待して団長・倉田はヒカルを大将にし、永夏と対戦させた。
ヒカルの追い上げに冷や汗をかきつつ半目差で勝利を収めた。

ヒカルを軽くみる高慢な態度を見せるが、ヒカルと対局中、ヒカルを自分と対等と認めるシーンが見られた。

長身長髪、まつげが長い美形として描かれている。

安 太善(アン テソン)

韓国棋院所属の棋士。八段。
国際試合で倉田に勝利したことがある実力者。
穏やかで人を気遣う温和な性格だが、倉田に対しては悪気なく失礼な態度を取ってしまうような天然な一面を持つ。
北斗杯では韓国選手団の団長を務めている。永夏の発言が誤解され、誤解を解くチャンスを永夏自らがスピーチで潰すと、子供じみたやりとりに頭を抱えていた。
日本チームはアキラ以外警戒する必要はないとしていたが、中国と日本の対局を見て日本チームの印象を変えた。

徐 彰元(ソ チャンウォン)

韓国棋院所属の棋士。九段。
塔矢行洋と同等の力を持つ棋士。韓国囲碁のタイトルの一つである「国手」を持っている。永夏の挑戦を退ける実力者。
中国の深川団体チームに所属している。塔矢行洋と親交があり、行洋が日本囲碁界を引退すると、韓国棋院の客員棋士となれるように働きかけた。

林 日煥(イム イルファン)

韓国棋院所属の棋士。四段。
北斗杯韓国代表メンバーで副将を務めていた。
好戦的な性格で、将来は永夏を破る実力がつくと期待されている。
北斗杯中国戦では勝利したが、日本戦ではアキラ相手に敗北した。

金 康日(キム カンイル)

韓国棋院所属の棋士。九段。
秀英が破った相手として名前だけ登場する。

愈(ユ)

韓国棋院所属の棋士。七段。
ネット碁でsaiに敗れ、saiの正体を探ろうとアマチュア囲碁大会に出場する友人にsaiの情報を集めるように依頼した。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

バクマン。(Bakuman.)のネタバレ解説まとめ

大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

陰の実力者『ヒカルの碁』加賀鉄男について

『キャプテン翼』でサッカーブームを、『スラムダンク』でバスケブームを巻き起こした『少年ジャンプ』。その影響力は、囲碁という文化系の競技にも及びました。ライバルがいて、成長があって。そんな王道を美麗な絵柄と囲碁という変わった題材でで描き上げた『ヒカルの碁』…の、陰の実力者にして立役者、加賀鉄男について。

Read Article

バクマン。の名言・名セリフまとめ

『バクマン。(Bakuman.)』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載していた漫画作品である。ジャンプで連載マンガ家を目指す中学3年生の真城最高と高木秋人は、ヒロインの亜豆美保と真城の「描いたマンガがアニメになり亜豆がそのヒロインの声優をやる」との約束をお互いの夢として努力を続ける。夢・友情・青春に関する数多くの名言が連載終了後も作品の魅力として語られ続けている。

Read Article

目次 - Contents