ヒカルの碁(ヒカ碁)のネタバレ解説まとめ

『ヒカルの碁』とは、ほったゆみ(原作)と小畑健(漫画)による日本の少年漫画。集英社「週刊少年ジャンプ」にて連載された人気漫画作品である。囲碁を題材にした作品で、小学生を中心に囲碁ブームを巻き起こした。
テレビアニメ、小説、ゲームなど、様々な形でのメディアミックスも行われている。
平安時代の最強棋士・藤原佐為に取り憑かれた進藤ヒカルが、囲碁を通して出会った人々との中で神の一手を目指して成長する物語。

CV:くわはら利晃

日本棋院所属の棋士。塔矢行洋門下。二段。
ヒカルが院生時代の若獅子戦一回戦の相手。悪手と思われた一手を好手に変えたヒカルの打ち回しに驚いたものの、ヨセの上手さでヒカルを圧倒し勝利を収めた。
その後、ヒカルの打ち回しについてアキラからしつこく聞かれたことに憤慨し、ヒカルについて何も教えなかった。
ヒカルが佐為の喪失から立ち直った後、大手合で再戦したが、ヒカルの打ち回しに差が広がり戦意を喪失し投了した。

乃木(のぎ)

日本棋院所属の棋士。九段。
塔矢行洋引退により空位になった碁聖の座を緒方と争い破れた。
後に天元のタイトルを手にしている。

中山(なかやま)

日本棋院所属の棋士。2年前までは院生だった。
第9回若獅子戦1回戦で和谷と対戦し勝利している。
後に、和谷の部屋で行われる研究会に参加している。

辻岡 忠男(つじおか ただお)

CV:斉藤瑞樹

日本棋院所属の棋士。二段。
アキラと真柴の同期。
アキラの新初段シリーズを棋院に観戦に木ていたうちのひとり。
佐為喪失の痛みから立ち直ったヒカルに対し、アキラがライバルと目している人ヒカルと対戦したかったと語っている。
その後のヒカルとの対戦では中押し負けをしている。

船村(ふなむら)

日本棋院所属の棋士。
本田の師匠。関西棋院の吉川と交流があるため、弟子の本田と吉川の弟子の社との対局が実現した。
社に敗北した本田に対し「棋士は一生勉強だ」と諭した。

吉川(よしかわ)

関西棋院所属の棋士。八段。
社清春の師匠。本田の師匠である船村と交流があるため、社と本田を手合わせさせた。
北斗杯の会場で、社の父が見学に来ていること喜ぶが、碁界の将来の危うさを指摘され落ち込んだ。
しかし、北斗杯では若い棋士が育っていることを感じ、碁界の将来への不安はなくなった。

渡辺(わたなべ)

CV:石破義人

日本棋院所属の棋士。八段。
北斗杯日本チーム予選から対局を見守っていた。
北斗杯では大盤解説を行っている。
18歳以下の北斗杯の戦いを「才能のむき出しの戦い」と評した。

韓国戦で、ヒカルを大将にした倉田に不安を漏らすが、ヒカルを信頼する倉田の言葉を受け、大盤解説でもヒカルを応援する解説を行っている。

萩原 昌彦(はぎわら まさひこ)

日本棋院所属の棋士。九段。
本因坊リーグ入りをかけた本因坊戦3次予選決勝でアキラと戦い敗れた。

西川 恵美(にしかわ えみ)

日本棋院所属の棋士。女流三段。
ヒカルが始めてプロとして行った囲碁ゼミナールの同行者。

春木 良子(はるき りょうこ)

日本棋院所属の棋士。女流初段。
ヒカルが始めてプロとして行った囲碁ゼミナールの同行者。
早碁対決で緒方と対戦していた。

松永 利之(まつなが としゆき)

日本棋院所属の棋士。六段。
王座戦2次予選2回戦でアキラが下した相手。

上前津 宏(かみまえづ ひろし)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

バクマン。(Bakuman.)のネタバレ解説まとめ

大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

陰の実力者『ヒカルの碁』加賀鉄男について

『キャプテン翼』でサッカーブームを、『スラムダンク』でバスケブームを巻き起こした『少年ジャンプ』。その影響力は、囲碁という文化系の競技にも及びました。ライバルがいて、成長があって。そんな王道を美麗な絵柄と囲碁という変わった題材でで描き上げた『ヒカルの碁』…の、陰の実力者にして立役者、加賀鉄男について。

Read Article

バクマン。の名言・名セリフまとめ

『バクマン。(Bakuman.)』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載していた漫画作品である。ジャンプで連載マンガ家を目指す中学3年生の真城最高と高木秋人は、ヒロインの亜豆美保と真城の「描いたマンガがアニメになり亜豆がそのヒロインの声優をやる」との約束をお互いの夢として努力を続ける。夢・友情・青春に関する数多くの名言が連載終了後も作品の魅力として語られ続けている。

Read Article

目次 - Contents