ヒカルの碁(ヒカ碁)のネタバレ解説まとめ

『ヒカルの碁』とは、ほったゆみ(原作)と小畑健(漫画)による日本の少年漫画。集英社「週刊少年ジャンプ」にて連載された人気漫画作品である。囲碁を題材にした作品で、小学生を中心に囲碁ブームを巻き起こした。
テレビアニメ、小説、ゲームなど、様々な形でのメディアミックスも行われている。
平安時代の最強棋士・藤原佐為に取り憑かれた進藤ヒカルが、囲碁を通して出会った人々との中で神の一手を目指して成長する物語。

「道玄坂」の接客担当。突然現れ勝負を挑んできた和谷・伊角・ヒカルに対し「ナマイキなクチをきくガキはキライ」と言っていた。
佐為を失いヒカルが碁から離れた際、ヒカルの不戦敗に憤る河合たちに何か理由があるのだろうから見守るべきだと諭していた。

その他のアキラの関係者

塔矢 明子(とうや あきこ)

CV:佐久間レイ

塔矢行洋の妻、アキラの母。
おっとりとした優しい性格の美人。
行洋が入院先から地方対局に望む時には付き添い、行洋引退後、行洋が中国や韓国に行く時などは必ずついて行きサポートしている。

市河 晴美(いちかわ はるみ)

CV:雪野五月

塔矢行洋が経営する碁会所「囲碁サロン」の受付をしている。
行洋の息子・アキラを溺愛しており、アキラの頼みを積極的に引き受け、時には学校まで迎えに行くこともある。アキラがヒカルの学校に行く時も市河が送っていった。
アキラのことを「アキラくん」と呼んでおり、アキラがプロになると、常連の北島から「先生」と呼ばなければいけないと窘められていたが、アキラからそのままでいいと言われ喜んだ。

北島(きたじま)

CV:河相智哉

行洋が経営する「囲碁サロン」の常連客。アキラを「若先生」と呼びアキラの将来に期待し応援している。

碁会所でアキラと打つようになったヒカルに対しては厳しく、アキラと対等に話すヒカルを苦々しく思っている。
北斗杯を観戦に行っており、そこでヒカルの対局を見て実力を認めた。

広瀬(ひろせ)

行洋が経営する「囲碁サロン」の常連客。
穏やかな性格で、ヒカルに対しキツイ物言いをする北島をよく宥めたりしている。
ヒカルが佐為とともにネットカフェに居た時、それを見かけてアキラに教えている。棋力は北島にやや劣るくらい。北島はちょうど良い相手として尊敬している。

久米(くめ)

行洋が経営する「囲碁サロン」の久しぶりの客。
久しぶりに立ち寄った囲碁サロンでヒカルとアキラの喧嘩を目撃。
ヒカルをバカにしたためアキラから咎められヒカルの良さを力説されてしまった。

日本棋院及び囲碁業界関係者

天野(あまの)

CV:石波義人

「週刊碁」の記者。塔矢行洋の息子であるアキラに注目していた。
ヒカルへの評価は厳しいものであったが、アキラや行洋、緒方や桑原などそうそうたるメンバーがヒカルに注目していると知ると、ヒカルへの評価を改めた。

古瀬村(こせむら)

CV:川村拓弘

「週刊碁」の記者。人事異動で天野の後釜を務めることになった。
韓国棋院に取材に行った時には、取材日を誤り韓国代表の高永夏の取材をカタコトの通訳でやる羽目になった。
カタコトでの通訳で断片的にしか永夏の言葉が分からず、永夏が本因坊秀策を馬鹿にしたと憤り、永夏に対して強い反感を持った。
韓国棋院では、しっかり者が取材交渉を受けたため、取材日を間違ったのは絶対に古瀬村の方だと韓国棋院側では確信しており、古瀬村自身は、自分が間違っているなどとは全く気づかずに取材を終えている。

吉川(よしかわ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

バクマン。(Bakuman.)のネタバレ解説まとめ

大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

陰の実力者『ヒカルの碁』加賀鉄男について

『キャプテン翼』でサッカーブームを、『スラムダンク』でバスケブームを巻き起こした『少年ジャンプ』。その影響力は、囲碁という文化系の競技にも及びました。ライバルがいて、成長があって。そんな王道を美麗な絵柄と囲碁という変わった題材でで描き上げた『ヒカルの碁』…の、陰の実力者にして立役者、加賀鉄男について。

Read Article

バクマン。の名言・名セリフまとめ

『バクマン。(Bakuman.)』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載していた漫画作品である。ジャンプで連載マンガ家を目指す中学3年生の真城最高と高木秋人は、ヒロインの亜豆美保と真城の「描いたマンガがアニメになり亜豆がそのヒロインの声優をやる」との約束をお互いの夢として努力を続ける。夢・友情・青春に関する数多くの名言が連載終了後も作品の魅力として語られ続けている。

Read Article

目次 - Contents