ヒカルの碁(ヒカ碁)のネタバレ解説まとめ

『ヒカルの碁』とは、ほったゆみ(原作)と小畑健(漫画)による日本の少年漫画。集英社「週刊少年ジャンプ」にて連載された人気漫画作品である。囲碁を題材にした作品で、小学生を中心に囲碁ブームを巻き起こした。
テレビアニメ、小説、ゲームなど、様々な形でのメディアミックスも行われている。
平安時代の最強棋士・藤原佐為に取り憑かれた進藤ヒカルが、囲碁を通して出会った人々との中で神の一手を目指して成長する物語。

CV:くわはら利晃

海王中囲碁部の2年生。伊藤や奥村と一緒にアキラをいじめていた。
目隠し碁を挑んだものの押されていた。

棋力は奥村と伊藤の間くらい。

青木(あおき)

CV:斉藤瑞樹
海王中囲碁部員の3年生。
岸本、久野に続く棋力を持っており、次の大会では三将と目されていた人物。
アキラが入部してきたことにより、3人の枠に残れないと悟った青木は、すぐさまアキラに対局を挑み、潔く身を引いた。

温厚な人柄で後輩からの人望も厚かった。

久野(くの)

CV:くわはら利晃

海王中囲碁部副部長。大会では副将として参加。2回戦では葉瀬中の副将・筒井と対戦し快勝した。
棋力は海王でアキラ・岸本に次ぐ人物。
院生試験を受験前のヒカルと同レベルだと岸本は評価している。

美和(みわ)

CV:清水敏孝

海王中囲碁部員の3年生。
アキラが入部してきた初日、アキラの棋力を知りたいという尹に、アキラの対戦相手として立候補するが、尹に断られている。
3年生が1年生にあっさり負けるのは好ましくない、という尹の思惑に気づく聡い人物。

尹(ユン)

CV:伊藤和晃

海王中囲碁部顧問。韓国人。
ヒカルが小学生の時に、中学生と偽って囲碁大会に出場した時に、ヒカル(この時は佐為が指示を出していた)と海王の三将との対局の見事さに感銘を受けていた。
アキラがヒカルと対戦するために囲碁部に入部し、ヒカルとの対局にこだわりを見せると、部活動としてはアキラの主張を受け入れることはできず、困惑する。しかし、アキラの覚悟と熱意により、ヒカルとの対戦を認めた。
囲碁大会では、佐為の力を借りずに自分の力で対局していたヒカルの実力を見た尹は失望し、アキラがヒカルの碁の酷さに激高した時は、アキラを窘めるが、期待していただけにヒカルへの評価を大幅に下げた。

ヒカルが院生となり、洪秀英と対戦していた時、偶然碁会所に立ち寄り、ヒカルの見事な打ち回しを観戦。
1年前からの成長に驚き、2年前の見事な一局も幻ではなく、確かにヒカルが打ったのだと評価を改めた。

その後、尹はヒカルと秀英の対局をアキラに教え、アキラは一度は見限ったヒカルに再度注目するようになった。

冬期大会での海王中大将

海王中囲碁部員で岸本や日高の1つ上の先輩。
ヒカルが小6の時に出場した囲碁大会決勝で加賀と対戦した。
加賀に中押し勝ちし、「塔矢アキラもどき」と例えられていた。

冬期大会での海王中副将

海王中囲碁部員で岸本や日高の1つ上の先輩。
ヒカルが小6の時に出場した囲碁大会で副将を務めていた。
葉瀬中の準決勝を見ていて、筒井のヨセの技術を認めた。
決勝戦で筒井と対局し、優勢で進めていたが、終盤でミスをして筒井に破れた。
日高はこれを知っており、翌年の大会で筒井に対し相手のミスで勝ったと話し、筒井を怒らせている。

冬期大会での海王中三将

海王中囲碁部員で岸本や日高の1つ上の先輩。
冬期囲碁大会では三将を務める。
決勝戦でヒカルとあたり、佐為がヒカルに見せるための一局を打ちその相手を務めた。最後まで善戦したこの選手を佐為は称え、尹も善戦を褒め称えた。
この対局を観戦していたアキラは「美しい一局だった」とヒカル(佐為)の実力を改めて認識し、追いかけるようになった。

高田(たかだ)

海王中の生徒。
ヒカルの斜向かいに住んでいる少年。
囲碁大会を観戦しており、決勝戦も終わり葉瀬中優勝が決まった時に、ヒカルが出場していたことに気づき、小6だとバラした。
そのため、葉瀬中は失格となった。

中学校囲碁部員及び関係者(その他の中学)

森山(もりやま)

CV:浅野まゆみ

川萩中囲碁部員。
ヒカルが小6の時に出場した冬期囲碁大会では大将を務めていた。
加賀が将棋部員と知り侮るが、開始10分ほどで中押し負けを喫した。

冬期大会での川萩中副将

CV:渡辺明乃

川萩中の囲碁部員。冬期囲碁大会では副将を務めていた。
対戦相手の筒井が定石の本を読みながら対局していたため筒井をバカにしていたが、筒井の正確な目算とヨセにより20目差がひっくり返り半目差で逆転された。

冬期大会での川萩中三将

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

バクマン。(Bakuman.)のネタバレ解説まとめ

大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

バクマン。の名言・名セリフまとめ

『バクマン。(Bakuman.)』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載していた漫画作品である。ジャンプで連載マンガ家を目指す中学3年生の真城最高と高木秋人は、ヒロインの亜豆美保と真城の「描いたマンガがアニメになり亜豆がそのヒロインの声優をやる」との約束をお互いの夢として努力を続ける。夢・友情・青春に関する数多くの名言が連載終了後も作品の魅力として語られ続けている。

Read Article

陰の実力者『ヒカルの碁』加賀鉄男について

『キャプテン翼』でサッカーブームを、『スラムダンク』でバスケブームを巻き起こした『少年ジャンプ』。その影響力は、囲碁という文化系の競技にも及びました。ライバルがいて、成長があって。そんな王道を美麗な絵柄と囲碁という変わった題材でで描き上げた『ヒカルの碁』…の、陰の実力者にして立役者、加賀鉄男について。

Read Article

目次 - Contents