『デスノート』の死神の皆さん、意外に萌えキャラ多し?

アニメ化をはじめ実写映画化、ドラマ化もなされた大ヒット漫画『デスノート』。内容も絵も秀逸でしたが、重要な要素の一つ、「死神」。おぞましい外見に、自分のために人間を殺すという存在ですが、意外に萌えどころがあったりするんですよね…。

「デスノート」及び死神

タイトルにもなっている「デスノート」というのは、劇中における死神のノートです。名前と顔を把握している状態で、その人の名前(本名)を書くと、相手は死ぬ。そんなノートですが、色々な制約がある模様。そして、死神の方。一般的に知られる死神のイメージと異なる点として、
・デスノート以外で人間を殺すことはできない。
・人間を殺す理由は「自分が死にたくない」から。
・人間の本来の寿命と現在の年齢を差し引いた「残り寿命」が死神の寿命(生きていられる期間)としてプラスされるため、たくさん殺せばその分長生きできる。
・好意を抱いた人間を「生かす」ためにデスノートを使うなど、「死神の掟」を破ると「死ぬ」。
・死神界という場所にいる。
・最近(『ジャンプ掲載時』)は暇で、下手にノートに名前を描いていると、「何を頑張っちゃってるの?」と馬鹿にされる。その為か、昼寝か博打で暇を潰す者が大部分。
・人間の本名、残りの寿命が見えるが、人間に教えてはいけない。人間の残り寿命の半分をもらうことで、その人間の目を死神と同じく本名や寿命が見える死神の目に変える「目の取り引き」も行われる(詳しい方法は不明)。
といった特徴が挙げられます。そして、「何か萌える」ところもあるんです。

リューク

物語の始まりとなった死神。退屈しのぎに人間界にノートを落として「どう使うか見よう、その方が面白いし」という奴です。で、事実Lと月(ライト)の戦い等をそれはもう楽しんで見ていたわけです。でもかわいく見るのは、ゲームやりたがったりリンゴ大好きだったり、頑張りすぎて疲れたりと何となく人間臭いからでしょうか。だからこそ最終回の「死神」っぷりが際立つってものですが。

「俺はお前の味方じゃない」と語った後にこれですよ。

劇中で別の死神から「かわいくない」とか言われてましたが、十分かわいいです。特に映画版。「カメラしかけられたら、リンゴ食べられないよ」と言われて驚いたり、リンゴの禁断症状で頭天井にぶつたり。アニメで初めて人間界のリンゴを食べた時、静かに感動していました。

馬の目の前にぶら下げるのはニンジンですが、リュークの場合はリンゴ…。

カメラ目線で「ゲームしようぜ」。

レム

本人(?)も真面目、役割もまじめなキャラで、萌えというよりも「姉御」な感じに惹かれます。漫画でも映画でも死んじゃいましたけども、彼女が生きていたら月(ライト)も違う方向に行けたんじゃなかろうか、と思わないでもない…。月に心情から何から読まれての死に感慨を覚えます。ドラマ版生き残ってよかったです。

生きててほしかったです、レム姐さん。

ジェラス

不気味でかわいいビジュアル。彼の場合は健気な印象を与えるんですよね。人間に対し叶うはずのない恋をして、そのせいで死んじゃうというのが。漫画と映画でミサミサを見守っている理由が違っていましたが、助ける方法がデスノートを使う以外なかったというのが切ないというか、やるせないというか…。「萌え」なんて言葉で語るのは不謹慎とは思いますが、君は間違ってないよ、と言いたくなります。掟破ったけども、それでも助けようという気持ちがかつての死神にはあったのではないかという旨、レムも言ってました。

シドウ

『デスノート』界のアイドル的死神といっても過言ではないシドウ。リュークにノートをとられる、死神仲間からは「馬鹿」扱い、寿命が迫っているのに人間にこき使われるなどの不憫キャラ。ノートが返ってきたときのリアクションもかわいいです。見た目不気味なのに。

皆に認知されるべく行動にも出ます。寿命迫っててもどこか余裕。

そういうあなたは死神なのにかわいい~…。

「やったー」って、「やったー」って…!

アラモニア=ジャスティン

ノートのルールに詳しいです。全身ゴテゴテ宝石で飾ってますが、体の一部なんでしょうか。「俺の名前はアラモニア=ジャスティンだ」とか訂正したり、フランクです。しかし、いろんなパターンの「ルール」を知っていたりと、結構頼れます。

煙草…何でか萌え度が上がる。

ゼルオギー

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

昭和~令和まで!歴代リズムネタ・歌ネタ芸人の動画まとめ【テツandトモ他】

昭和~令和まで!歴代リズムネタ・歌ネタ芸人の動画まとめ【テツandトモ他】

いつの時代も人気のリズムネタ・歌ネタ芸人。流行語大賞にも選ばれるなど、その年のブームを作ることも多いですよね。昭和の時代、音曲漫才トリオとして活躍した横山ホットブラザーズから、大ブームを巻き起こしたテツandトモやピコ太郎、令和のニューカマーひょっこりはんまで。この機会にこれまでの歴史を振り返ってみませんか?

Read Article

【DEATH NOTE】高画質!PC用アニメ壁紙まとめ!【ONE PIECE】

【DEATH NOTE】高画質!PC用アニメ壁紙まとめ!【ONE PIECE】

PCの壁紙が自分の大好きなアニメの絵柄だったりしたらテンション上がりますよね。この記事ではジャンプ系アニメはもちろん、あらゆるジャンルのアニメから大量の壁紙を集めました。お気に入りを見つけたら、ぜひデスクトップに設定しちゃいましょう!それにしても、こうして改めて見てみると、本当に日本のアニメ文化ってすごいんだなぁと感心します。いろんなのがあって、選ぶのも大変ですね。

Read Article

破壊力がヤバい!窪田正孝の「頭ガシッ」からのキスにファン騒然

破壊力がヤバい!窪田正孝の「頭ガシッ」からのキスにファン騒然

ドラマ『デスノート』に出演していた窪田正孝。彼の演じる夜神月が第5話の予告でミサミサにキスをする場面が流れ、この時点ですでに話題騒然となっていました。迎えた本編で流れた窪田正孝の「頭ガシッ」からのキスの破壊力がヤバすぎるとして、一部のファンの間で悲鳴が上がったようです。一体どんな反応があったのか、この記事でまとめました。

Read Article

ロシアでデスノートが発売禁止!?父母団体からの直訴

ロシアでデスノートが発売禁止!?父母団体からの直訴

日本だけではなく世界中で大人気の漫画『DEATH NOTE(デスノート)』。ところが、これが子どもたちに有害な影響を与えているとして、ロシアではプーチン大統領に作品の発売禁止処分が直訴されました。同国では実際に15歳の少女が作品に影響されて自殺しており、これが問題になったようです。この記事では、一連の騒動についてまとめました。

Read Article

【田村裕】売れっ子だったはずなのにアルバイトしてる芸能人まとめ【ピコ太郎】

【田村裕】売れっ子だったはずなのにアルバイトしてる芸能人まとめ【ピコ太郎】

出版した本が爆売れしたり、考え出したギャグが日本全国で流行ったりと、一時期は知名度がバツグンに高かった芸能人たち。それだけ売れっ子になると、もう一生遊んで暮らせるんじゃないのと普通なら考えてしまいますよね。実際にはどうなのかというと、アルバイトをしながら食いつないでいる人がいるそう。この記事では、そんな「売れっ子だったはずなのにアルバイトしてる芸能人」についてまとめました。大金を手にするのは大変だけど、稼いだお金が減るのは一瞬。計画的に使いましょうね。

Read Article

目次 - Contents