ポケットモンスター(ポケモン)の伝説のポケモンまとめ

伝説のポケモンとは、公式の説明文によると「各地方で滅多に見ることの出来ない貴重なポケモン」のことであり、ゲーム中に1匹しか出現しないポケモンたちの総称である。シリーズ20年、7世代に至るシリーズの間にさまざまな伝説のポケモンが生み出されてきた。この記事では、各作品の舞台である地方の特色を色付ける伝説のポケモンたちを紹介する。

「サン・ムーン」に登場する伝説のポケモン。準伝説に分類される。
外見は蓋付きの壺のような外殻の中に人が入ったような姿をしている。外殻の後ろに2列の小さな突起があり、これが蝶の羽を模している。
カプ・テテフの名前の「テテフ」は蝶々を意味する「てふてふ」から。
モチーフはハワイ四大神にして蝶と生命の神「カネ」であると思われる。

「サン・ムーン」の舞台であるアローラ地方のアーカラ島の守護神とされているポケモン。
その気質は無邪気にして残酷で、面白半分に自らの特殊な鱗粉を人間やポケモンに振りまく。この鱗粉は体を活性化させ、怪我や病気を治す効果を持つ。ただし浴びすぎると体がその変化に耐えきれなくなるという二面性を持っている。
大昔に起こった島同士の争いを鎮めるために、鱗粉で治癒を行い和解させたという伝承が残されている。だがその真相は鱗粉の力で暴走した人々が全員死んでしまったために結果的に争う人間がいなくなったためとも言われている。
この設定は大人しそうな見た目から控えめな性格を想像していたプレイヤーたちの度肝を抜いた。また、発売前の紹介でも「殻にためられるエネルギーが少なく、真っ向勝負をすると力負けしてしまう」 「戦いになると勝つことよりも負けないことを重視して、相手を状態異常にする戦法を得意とする」 とあったことから攻撃よりもサポートを得意とするポケモンであるだろうと考えられていた。しかし実際に使ってみるとサポートは最低限でありアタッカーに偏った性能をしていた。
「可愛い顔に見合わず意外とえげつない」というギャップでファンになったプレイヤーも多い。

ウツロイド

「サン・ムーン」に登場する準伝説に分類されるポケモン。
アローラ地方を脅かす謎の存在「ウルトラビースト」の一種。ウルトラビーストとは異世界からやってきた謎の生物(ポケモン)のことで、 伝承や神話に語られ、強大な力を持つ伝説のポケモンたちとはやや異なる存在。

逆さにした金魚鉢から触手が生えた、クラゲの様な姿をしている。身体は透明で透けており、ガラス細工のような質感をしている。
顔がないため意思や感情がわかりにくいが、形状がロングヘアの少女のシルエットに似ており、少女のようなしぐさをする。

ウルトラビーストを追う国際警察からは「UB01 PARASITE(ユービーゼロイチ パラサイト)」というコードネームで呼ばれている。 パラサイトとは「寄生」を意味する。
そのコードネーム通り、「他の生命体に寄生する」という特徴がある。
寄生方法は取り付いた相手に神経毒を注入するというもの。 この神経毒には超刺激的な覚醒作用があり、寄生された対象は潜在能力を最大まで引き出すことができるが、自己抑制がきかず、自らの感情や欲望のままに暴走する人格となってしまう。
危険な生物のように思えるが、ウツロイド自身に悪意や害意は一切無く、あくまで自衛の手段として上記の寄生を行っている。心を開いた相手には素直になついてくれるようである。

名前の由来は「虚ろ」「イド(心理学用語で本能という意味)」。また「移ろい」という要素も含んでいる。
寄生された人間をウツロイドに操られる人形と見立てて「アンドロイド」という説もある。

マッシブーン

「サン・ムーン」に登場する準伝説に分類されるポケモン。
アローラ地方を脅かす謎の存在「ウルトラビースト」の一種。

赤く透き通る筋肉質な上半身と四足の下半身という、半人半虫な外見をしている。モチーフは蚊。
ダイヤモンドよりも硬いとされる長い口吻で他の生物のエネルギーや体液を吸収し、体内でマッシブーンの体液と反応させ、その体を鋼のように逞しく膨れ上がらせる。

ウルトラビーストを追う国際警察からは「UB02 EXPANSION(イクスパンション)」というコードネームで呼ばれている。イクスパンションとは「膨張」を意味する。
イクスパンションの由来は体液を吸い取り自身の体を膨らせるという生態によるもの。

名前の由来は「massive(どっしりとした)」と「ブーン(羽音)」をかけている。

半人半虫(しかもモチーフは蚊)という見目の悪い外見だが、その仕草はなかなかコミカル。
何か行動を起こすたびにポーズを取り自分の肉体を見せびらかすという習性を持っている。この動作は威嚇なのか肉体の自慢なのかは不明。
「サン・ムーン」発売前のプログラム解析による海外リークですでにマッシブーンの存在は明らかにされてしまっており、プレイヤーからは「害虫モチーフ」と気持ち悪がられていた。しかし実際に動いているところ(というかポーズをいちいち決める仕草)を見てそのコミカルさに心を奪われファンとなったプレイヤーが続出。その愛嬌溢れる仕草がかわいいとプレイヤーから評判となった。
「サン・ムーン」のマイナーチェンジ版である「ウルトラサン・ウルトラムーン」で追加されたマッシブーンの住処のエリアには大木があるのだが、その大木もポーズを決めている人間のように見えるため、このこともマッシブーンファンを喜ばせた。

フェローチェ

「サン・ムーン」に登場する準伝説に分類されるポケモン。
アローラ地方を脅かす謎の存在「ウルトラビースト」の一種。

華奢な人間の女性と脱皮直後の白く透き通ったとある害虫をかけ合わせたような、半人半虫の容姿を持っている。
どんな生物も魅了するフェロモンで相手を虜にするという能力と、落雷すら回避する圧倒的な瞬足が特徴。
このことから名前の由来は、フェロモン+ローチ(ゴキブリ)とイタリア語で「速い・荒々しい」を意味する「ベローチェ」をかけていると思われる。

ウルトラビーストを追う国際警察からは「UB02 BEAUTY(ビューティー)」というコードネームで呼ばれている。
極端に綺麗好きな性格であり、異世界からこちらの世界にやってきたフェローチェはこちらの世界のものに汚れを感じるのか一切触ろうとしない。

マッシブーンのペアのようなポジションであり、「サン」でマッシブーンが、「ムーン」でフェローチェが手に入る。
発売前の海外リークではすでに外見と能力が解析されてしまっており、プレイヤーの間では「(害虫モチーフの見た目に目をつぶれば)戦闘に特化したフェローチェの方が役に立つからムーン版が優れている」と言われていた。しかし実際に発売され、マッシブーンの愛嬌のある仕草の存在が判明すると「どうしてムーン版でマッシブーンが手に入らないんだ」とムーン版購入者の涙の声が続出した。

ゴキブリモチーフというのはプレイヤーの邪推ではなく本当のようで、ゴキブリのあの嫌な素早さを意識したのかフェローチェの覚える技には「こうそくいどう」「とびかかる」などがある。「それなら、ゴキブリのあの繁殖力を示唆して「たまごうみ」も覚えるんじゃないか」と懸念されたが、データ上にそのような技はなかった。

デンジュモク

「サン・ムーン」に登場する準伝説に分類されるポケモン。
アローラ地方を脅かす謎の存在「ウルトラビースト」の一種。

名前の由来は「電」+「樹木」。
「電飾ポケモン」という呼び名や樹木という名前、特徴的な頭部から、モデルはクリスマスツリー。
英名の「Xurkitree」も、「circuit(電気回路)」と「クリスマスツリー(X’mas tree)」をかけたものになっている。

ウルトラビーストを追う国際警察からは「UB03 LIGHTNING(ライトニング)」というコードネームで呼ばれている。
その体は電気ケーブルに似た組織となっていて、100万ボルトの電圧で放電することができる。
電気エネルギーを主食にしているようで、放電のしすぎで電力が足りなくなると、そのコンセントのような尾や足を地面に突き刺して大地から電気を吸い上げるという性質を持つ。

長い手足をしているためか、ファンアートなどでは手足を極端にしならせたり曲げたポーズをしていることが多い。

「ウルトラサン・ウルトラムーン」ではデンジュモクの住処であるウルトラプラントというマップに行くことができる。
この「プラント」は「植物という意味のプラント」と「工場という意味のプラント」をかけたダブルミーニング。
ウルトラプラントでは野生のデンジュモクたちがスキップしながら歩いており、その仕草が妙に愛嬌があると感じるプレイヤーが出た。

テッカグヤ

「サン・ムーン」に登場する準伝説に分類されるポケモン。
アローラ地方を脅かす謎の存在「ウルトラビースト」の一種。

門松に似ている見た目をしているが、十二単を纏った女性のようにも見える。
その本体と独立した形で左右に浮遊している竹の形をしたロケットのような2本の腕を持ち、体内に保有している大量の可燃性ガスをこの腕から勢いよく放出する。この時噴射されるガスは森を焼き払うほどの高熱である。 この高熱の噴射ガスが由来となって、ウルトラビーストを追う国際警察からは「UB04 BLASTER(ブラスター)」というコードネームで呼ばれている。

名前の由来は「鉄火」「かぐや姫」。
かぐや姫の昔話を知らないだろう海外では、「鉄+月」というような構成の名前となっている。英語表記では「celesteela」であり、「celestial(天空の)」と「steel(鋼)」をかけたものになっている。

外見のモチーフにロケットを盛り込んでいるため、ウルトラビースト中どころか全ポケモン最大の体重を持つ。その重さは999.9kg。プレイヤーの間では、体重がぴったり999.9kgなのではなく、ポケモン図鑑での体重欄が3桁と小数点1位までしか表記できないためカンストしてしまっているだけで実際は(9.8mの体高も加味して考えると)1000kg以上あるだろうと解釈されている。

出現するバージョンの違いなどでペアの扱いを受けているカミツルギとは色んな意味で対称的な存在となっている。
テッカグヤはウルトラビースト中最大の体長を持ち、アタッカーからサポートまで様々な役割を任せられるバランスが取れたステータスをしている。
対するカミツルギはウルトラビースト中最小の体長を持ち、アタッカーに極端に偏ったステータスをしている。

カミツルギ

「サン・ムーン」に登場する準伝説に分類されるポケモン。
アローラ地方を脅かす謎の存在「ウルトラビースト」の一種。

熨斗紙と折り紙を合わせたようなヒト型のウルトラビースト。
名前の由来は「紙」の「剣(つるぎ)」。その名の通り、刃のように薄く鋭く研ぎ澄まされた鋭利な身体をしている。腕の先の切れ味はずば抜けており、巨大な鉄塔だろうと一振りで両断する。その切れ味が由来となって、ウルトラビーストを追う国際警察からは「UB04 SLASH(スラッシュ)」というコードネームで呼ばれている。
身体は紙に似た組織でできているらしく、熱と湿気には極端に弱いらしい。

体重は0.1kgとなっているが、こちらもテッカグヤ同様、体重はテキストの桁数の都合によるものと解釈されている。
「紙なんだから0.1kgはありえない」と考えるプレイヤーはかなり多く、「体長0.3m(=30cm)は納得できるが重さは納得できない」と「実際はもっと軽いはず」という認識が広く定着している。

出現するバージョンの違いでペアにされているということもあり、ウルトラビースト最小最軽のカミツルギとウルトラビースト最大最重のテッカグヤの組み合わせのファンアートは多い。

アクジキング

「サン・ムーン」に登場する準伝説に分類されるポケモン。
アローラ地方を脅かす謎の存在「ウルトラビースト」の一種。

腹部と思しき部分にとてつもないほどの大口を持ち、さらにその口からは2本の舌が伸びている。
頭頂部と口元にそれぞれ目と思われるものがあるが、どちらもが感情に対応して表情を変える。どちらが本当の頭なのかは不明。

ウルトラビーストを追う国際警察からは「UB05 GLUTTONY(グラトニー)」というコードネームで呼ばれている。グラトニーは「暴食」という意味。
名前も「悪食」と「王」からなっている。その名やコードネームの通り、口に入るものなら何でも食べるほどの悪食で、活動している間は常に目の前にあるものを何でも口の中へ放り込み続けている。その在り方は「ブラックホール」とたとえられるほど。

「サン・ムーン」のエンディング後に発生するウルトラビースト関連の一連のイベントの締めを飾ることから、プレイヤーからはウルトラビーストの親玉のような位置づけをされることが多い。実際はそれぞれ独立した存在であり、互いに敵対も友好もしていない。
対戦では同じタイプのサザンドラが最大のライバルとなる。素早さでは圧倒的にアクジキングが劣り、攻撃力もあちらに軍配が上がる。単純な使い勝手としての性能比較ではサザンドラに大きく差をつけられてしまっている。
「サザンドラの劣化品」と不名誉な呼び方をされることもあり、「ウルトラサン・ウルトラムーン」での強化が望まれていたが、残念ながら目立った強化はなく、ウルトラビースト最弱のポジションを覆すことはできなかった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー(ポケモンGSC・HGSS)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『金・銀・クリスタル』は第2作目であり、『ハートゴールド・ソウルシルバー』は『金・銀・クリスタル』のリメイク作品に当たる。ジョウト地方とカントー地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。前作『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』に登場した悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ブラック・ホワイト(ポケモンBW)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスターシリーズ』の第5作目。イッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では「ポケモンを自由にするため、ポケモンの解放を訴える」プラズマ団という組織が登場し、ストーリー中に各地で戦うことになる。本作のテーマは「多様性」で、ゲーム中の登場人物やポケモン、ストーリーなどに反映されている。

Read Article

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『ルビー・サファイア・エメラルド』は第3作目であり、『オメガルビー・アルファサファイア』は『ルビー・サファイア・エメラルド』のリメイク作品に当たる。ホウエン地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、「マグマ団・アクア団」という組織と各地で戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン(ポケモンRGBP・FRLG)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの1つで、『赤・緑・青・ピカチュウ』は第1作目、『ファイアレッド・リーフグリーン』は『赤・緑』に様々な要素を追加したリメイク作品になっている。プレイヤーはカントー地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、世界征服を目論む悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ(ポケモンDPt)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの第4作目。『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』が発売され、後に新たな要素が追加された『ポケットモンスター プラチナ』が発売された。冒険の舞台はシンオウ地方で、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグを制覇することが主なゲーム目標となる。

Read Article

ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン(ポケモンSM・USUM)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『サン・ムーン』は第7作目であり、『ウルトラサン・ウルトラムーン』は『サン・ムーン』にストーリーやシステムを一部追加したバージョンになっている。プレイヤーはアローラ地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、スカル団やエーテル財団といった組織と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター サン&ムーン(Pokémon: Sun & Moon)のネタバレ解説まとめ

ポケットモンスター サン&ムーンとはゲーム『ポケットモンスター』シリーズを原作とした、アニメ『ポケットモンスター』シリーズの第6作。『ポケットモンスター サン・ムーン』や『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』の舞台となる温暖で自然豊かなアローラ地方で、ポケモンが大好きな主人公サトシが、学校生活を送ったり、島めぐりをしたり、ポケモンに出会ったり新たな冒険をする物語。

Read Article

ポケットモンスター X・Y(ポケモンXY)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター X・Y』とはロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、第6作目にあたる。プレイヤーはカロス地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。フレア団という悪の組織が登場し、ストーリー中に大きく関わってきて、各地で戦うことになる。メガシンカという通常の進化とは異なるポケモンのパワーアップ要素が初登場する。『ポケットモンスター』シリーズでは初のグラフィックが3Dの作品。

Read Article

Pokémon GO(ポケモンGO)のネタバレ解説まとめ

「Pokémon GO(ポケモンGO)」とは2016年に配信開始をした、ナイアンティックと株式会社ポケモンが共同開発したスマホゲーム。実際の世界の地図とゲームが連動しており、プレイヤーは歩いていると出現するポケモンを捕まえ、図鑑完成を目指したり対戦を楽しむゲーム。配信開始から大人気アプリとなり、5つのギネス記録を作り、世界的な社会現象となった。

Read Article

ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2(ポケモンBW2)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』とは、『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の続編作品であり、前作から2年後のイッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では前作に登場したプラズマ団が復活し、ストーリー中に各地で戦うことになる。トレーナーの成長についても描かれ、前作でのライバルであったN(エヌ)や共に旅に出たベルやチェレンなどの成長した姿なども見ることができる。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の特性まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。発売20周年を迎えた長寿シリーズであるが、その戦闘システムの基本は初代である「ポケットモンスター赤・緑」から変わっていない。この記事では、第三世代こと「ルビー・サファイア」から新たに加えられた要素である「とくせい(特性)」について解説する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のZワザ・Z技まとめ

「Zワザ(Z技)」とは、ポケットモンスターサン・ムーンから登場した要素。1戦闘中に1度しか使えないいわば必殺技のことである。インフレする対戦環境に適応できる一部以外のポケモンへの救済措置として登場した。 問題点や調整不足もみられるが、Zワザの登場によりあらゆるポケモンが活躍できる機会を得られるようになった。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のメガシンカ・ゲンシカイキまとめ

メガシンカとは、ポケットモンスターX・Yで追加された新要素。「旧シリーズのポケモンを再びピックアップする」という理念のもと、成長が頭打ちとなったポケモンを中心として作られた。 ゲームシステム的に同じものとして扱われるため、ここでは伝説のポケモンであるグラードンとカイオーガが太古の姿に戻ることで全盛期の力を獲得するというゲンシカイキについても取り扱う。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の都市伝説・豆知識・裏設定まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。「集める、育てる、戦う」のコンセプトに従い、ポケモンと呼ばれる生き物を収集、育成、そして対戦させるRPGである。2016年で20周年を迎えた長寿シリーズなだけに、様々な裏設定や都市伝説が囁かれている。

Read Article

『ポケットモンスター(ポケモン)』を産んだゲーム『MOTHER』

任天堂が産んだ大人気ゲーム、『ポケットモンスター』。その誕生には同じく任天堂が開発した『MOTHER』というゲームの存在が深く関係していることはご存知だろうか。今回は『MOTHER』と『ポケットモンスター』の関係について詳しく解説していく。また『ポケットモンスター』のゲーム中の『MOTHER』の元ネタについても紹介する。

Read Article

ピカチュウの誕生から現在にいたるまでまとめてみた

ポケットモンスターといえば、誰もがその名を聞いたことがあるだろう。ポケットモンスターは1996年2月27日ゲームボーイのソフトとして発売された。ピカチュウは当初まだ無名だったにもかかわらず、そのかわいいキャラクター性に皆が惹かれました。ピカチュウはゲームやアニメのみならず、グッズ化や映画化されたり、また海外でも活躍し愛されてます。そんな我らがピカチュウの過去から現在にいたるまでをまとめてみました。

Read Article

こんなに増えた!? ゲーム作品『ポケットモンスター』に登場するモンスターボール一覧

いまや国民的人気作品となった『ポケットモンスター』の、モンスターボールまとめ。 初代を遊んだ人の中には、「ボールを投げたあとにボタン連打すると捕獲率が上がる」という噂を信じて、必死に連打していた思い出がある人も多いでしょう。 このまとめでは『ポケットモンスター』作中に登場するモンスターボールをまとめて紹介します。

Read Article

「名探偵ピカチュウ」の最速情報まとめ

ポケモンのピカチュウ…ではなく、名探偵のピカチュウがここに参上!「名探偵ピカチュウ」は文字通り、名探偵であるピカチュウが様々な謎に挑むミステリーアドベンチャーゲームです。2016年の2月3日から3DSにてダウンロード専用としてリリースされる「名探偵ピカチュウ」、今回はそんな最速情報をまとめてみました。

Read Article

笑えるwwww変なピカチュウまとめw

皆様に愛され続けて約20年になるピカチュウ様。そんなピカチュウ様ですが、最近は映画に出たり漫画に出たり、他のゲームとコラボしてみたり、ついには海外進出も達成されました。しかしながらその裏では、そんなピカチュウ様の顔や体を使って、様々なパロディーが出来上がっているのをご存知でしょうか?そんな偉大なるピカチュウ様の笑える変な画像をまとめてみましたw

Read Article

【ポケモン】予想以上に深い、『ポケットモンスター』の裏設定まとめ

人気ゲーム作品『ポケットモンスター』(ポケモン)に、実は深い裏設定があるのをご存知でしょうか? アニメ作品をみても、「なぜ子供のサトシが旅に出れるんだ?」「ジムってどうやって運営しているんだろう」「ポケモンって動物とは違うの?」など、少なからず疑問に思った人も多いでしょう。このまとめでは、表には出てこないポケモン世界の裏設定を紹介します。

Read Article

ポケモン個体値ランキングTOPまとめ

ポケモンのステータス、いわゆる個体値には各ポケモンごとに割り振られているポイントというものがあります。ゲーム上、ステータス画面等でその数字を確認することは出来ませんが、個体値は強いポケモンを育てる上で極めて重要な情報・知識になってます。そんな個体値をランキングにして、高い順番にまとめてみました(伝説のポケモンとギガ進化のポケモンは省いております)。

Read Article

BWシリーズやポケモンEX参戦!ついにここまで進化した「ポケモンカード」まとめ!

ポケモンカード、プレイしてますか?当時どんぴしゃだった20〜30代の方々は、遊戯王や別のカードゲームをしているか、もはやプレイしていないかもしれません。そんな知らぬ間に、実はポケモンカードは信じられないほどパワーアップしているのです!今回はそんなポケモンカードがどのくらい進化したのか、まとめてみました。

Read Article

ポケモンのファンアートは主役も悪役もいい感じ~!※ロケット団多めです☆

子供から大人まで幅広い人気を誇るポケットモンスター。可愛らしいポケモンやサトシたち主人公、悪役のロケット団まで長年ファンから愛されてきました。これまで何度か記事にさせて頂いた坂取さん(@_nnbn_)もそんなポケモンファンのお一人!Twitterで素敵なファンアートを披露されています。今回は坂取さんから許可を頂いたので、素敵なイラストをご紹介致します!

Read Article

子ども向けっぽいけど本当は大人向けゲーム!「ポケモン」大人向け要素解説!

子ども向けっぽいキャラクターやゲーム性をしているけど、実は完全に大人向けなゲームをご存知ですか?それは意外にも身近で、今回はその中から「ポケモン」をご紹介!実際に、どこが大人向けなのかの詳細・解説から、実は裏ではこんな計算が行われていた事実など、マニアックな内容をまとめてみました。個体値や努力値、種族値の内容がわかると、ポケモンの世界観が一変するので、途端にプレイしたくなるかもしれませんよ。

Read Article

目次 - Contents