ポケットモンスター(ポケモン)の伝説のポケモンまとめ

伝説のポケモンとは、公式の説明文によると「各地方で滅多に見ることの出来ない貴重なポケモン」のことであり、ゲーム中に1匹しか出現しないポケモンたちの総称である。シリーズ20年、7世代に至るシリーズの間にさまざまな伝説のポケモンが生み出されてきた。この記事では、各作品の舞台である地方の特色を色付ける伝説のポケモンたちを紹介する。

ハリネズミの針の部分が草花になったような姿をしている幻のポケモン。
名前の由来は中国語でありがとうを意味する「謝謝(シェイシェイ)」と「ネズミ」からと思われる。

「ダイヤモンド・パール」「プラチナ」では通常入手が不可能な幻のポケモンだったのだが、「ダイヤモンド・パール」でのバグを利用して強引に入手するというユーザーが多数出現した。 このバグ技利用での入手はゲームデータのみならず、ゲームプログラム自体にも影響を及ぼすものであったため、開発元であるゲームフリークは即座に修正パッチを配信した。「ダイヤモンド・パール」の発売から10年以上経った現在でも、修正プログラムは無償で配信され続けている。

シェイミ専用のアイテム「グラシデアの花」を使用することでシェイミの姿が変化する。
変化前の姿を「ランドフォルム」、変化後の姿を「スカイフォルム」という。2つのフォルムではタイプやステータスなどに違いがみられ、また覚える技も変わってくる。
スカイフォルムはランドフォルムと区別するため、スカイフォルムのシェイミの略「スカイミ」とプレイヤーから呼ばれることが多い。

アニメ劇場版「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」では主役を務める。
「ミーに感謝するでしゅ」とやたら恩着せがましい性格となっている。
この恩着せがましさは自身のポケモン図鑑における分類である「感謝ポケモン」に由来している。
この性格はシェイミ個人のものであり、シェイミという種族がすべて恩着せがましい性格というわけではないようで、「ポケモン不思議のダンジョン」シリーズで登場するシェイミは心優しく穏やかな性格をしている。

アルセウス

「ダイヤモンド・パール」「プラチナ」に登場する幻のポケモン。
名前の由来は「アルティメット(究極)」とギリシャ神話の万物の神「ゼウス」を合わせたもの。

コンセプトは「全てを超越した神」であり、その設定の通り非常に神々しい姿をしている。

ディアルガ、パルキア、ギラティナをはじめとしたあらゆるすべてのポケモンの創造神であるという伝承がシンオウ地方に伝わっている。
その途方もない設定スケールからか、アルセウスの存在と能力については様々な解釈が存在する。
陸を作ったと言われるグラードン、海を作ったと言われるカイオーガが実際には当時の人たちの創作であるということから、アルセウスの「創造神」という伝承はシンオウ地方の当時の人々の作り話ではないかと考えるプレイヤーも多い。
しかし「ハートゴールド・ソウルシルバー」でのイベントで、アルセウスが3つの卵を作り出し、そこからディアルガ、パルキア、ギラティナが生まれるというシーンがある。その神々しい演出は本当に神の力を持つポケモンではないかと思えてしまうほど。
どちらにせよ、規格外の力を持つポケモンであることには変わりがない。

劇場版「アルセウス超克の時空へ」では声優を美輪明宏氏ががつとめる。
氏はアルセウスの設定や容姿に見合った威厳ある声を演じてくれたのだが、その重々しい声から「ピカチュウ」というかわいらしい単語が出るミスマッチさが視聴者の笑いを誘ってしまった。

幻のポケモンであり、ゲーム内での通常入手はできない。本来は「ダイヤモンド・パール」で「てんかいのふえ」というアイテムを持って特定の場所に行き、そこで起きるイベントを経てアルセウスを手に入れるはずだった。しかしシェイミと同じく、バグ技を用いて入手することができてしまい、プレイヤーの間でバグで入手したアルセウスがあふれかえった。「てんかいのふえ」で入手した正規のアルセウスとバグで入手したアルセウスとの区別が表向きつけられないことや、ゲームデータの破損などという二次災害をおそれ、ゲームフリークは「てんかいのふえ」の配信を断念。「てんかいのふえ」はお蔵入りとなり、ゲームデータ上にのみ存在するものとなってしまった。
この一連のバグだが、なんと「ダイヤモンド・パール」発売から10年後の2017年に「確実にアルセウスが手に入る」手法がとあるプレイヤーの手によって発見された。やはりバグを使った手順なのだが、今までの方法とは違いゲームデータに破損を起こすことなく手に入れることができる。しかしやはり正規の入手方法とは言い難いものであるため、賛否両論の議論が巻き起こっている。

「ブラック・ホワイト」「ブラック2・ホワイト2」バージョンでの伝説のポケモン

コバルオン

プレイヤーからは「3剣士」「聖騎士」と呼ばれる伝説のポケモン。準伝説に分類される。
「3剣士」「聖騎士」の由来は角を剣のように振るう姿や、専用の技「せいぎのつるぎ」によるもの。
名前の由来は「コバルトブルー」から。その名の通り、美しい青色をしている。

ゲームやアニメなど、どの作品でも他者を導く(道という意味でも、悩みの解決という意味でも)ポケモンであるとされている。
ゲーム中では、はるか昔にイッシュ地方で起きた大災害で焼け出されたポケモンたちの先頭に立ち、安全な場所に導いたという伝承が語られる。
アニメ劇場版「キュレムVS聖剣士ケルディオ」では皆を率いるリーダーにふさわしい沈着冷静な性格で描かれる。

テラキオン

プレイヤーからは「3剣士」「聖騎士」と呼ばれる伝説のポケモン。準伝説に分類される。
名前の一部である「テラ」は地球や大地を示す「Terra」からきていると思われるが、詳しい由来などは不明である。

大地を暗喩する名前の通り、全体的にがっしりとした印象のポケモン。
コバルオン同様、はるか昔にイッシュ地方で起きた大災害ではポケモンたちを守ったという伝承がある。その伝承では避難するポケモンたちの進路をふさぐ岩を壊し、道を拓いたとされている。
アニメ劇場版「キュレムVS聖剣士ケルディオ」では伝承どおりのパワフルさを発揮する。豪快でややお調子者の性格で、謹厳なコバルオン、気高いビリジオンよりも親しみやすいキャラクターとして描かれている。

コバルオン、ビリジオンはそのビジュアルから人気が出ているポケモンだが、テラキオンはネタ的な意味でプレイヤーの人気を集めている。
「ブラック2・ホワイト2」でテラキオンが登場した時、テラキオンを目の前にした科学者アクロマが発した台詞「いま あなたの 眼前で 存在感を 放つ 」 がそのきっかけ。他の2匹は神秘的な森の奥などといった伝説のポケモンにふさわしい場所にいるのだが、テラキオンだけは一般人が普通に行き来する道路の真ん中に現れる。
まったく威厳のない登場の仕方であるにも関わらず、「存在感がある」という台詞が出たことで、テラキオンの存在はネタにされてしまった。

ビリジオン

プレイヤーからは「3剣士」「聖騎士」と呼ばれる伝説のポケモン。準伝説に分類される。
名前の由来は「ビリジアングリーン」の「ビリジアン」からきている。

コバルオン、テラキオン同様に、はるか昔にイッシュ地方で起きた大災害ではポケモンたちを守ったという伝承がある。その伝承では、降り注ぐ火の粉からポケモンたちの安全を守ったと伝えられている。
アニメ劇場版「キュレムVS聖剣士ケルディオ」での描写からか、二次創作などでは女性的な性格で描かれることが多い。
また、公式からのスピンオフ作品などでも女性よりの口調で台詞を喋るため、ビリジオン=メスというイメージが強い。

トルネロス

プレイヤーからは「コピペロス」「3おっさん」などの通称で呼ばれる伝説のポケモン。準伝説に分類される。
「3おっさん」は髪と髭のある共通のデザインが壮年の男性を連想させるため。「コピペロス」の呼称は初出の「ブラック・ホワイト」でのドット絵が後述のボルトロス、ランドロスともに同じ体勢をしていたことから、プレイヤーの間で「コピペで切り貼りして作ったようなデザインだ」と揶揄されていたことによる。

モチーフは日本の古い神話より、風神&雷神の風神。雷神側をモチーフとしているボルトロスとは対の存在。
名前は「トルネード」からきている。
いたずら好きな性格であるらしく、いたずらで民家を吹き飛ばしたりする。そのため、格上の存在であるランドロスの怒りを買い制裁を受けたことになっている。

プレイヤーからはデザイン上で賛否両論分かれている。これまでのピカチュウやリザードンといったポケモンたちのように動物をモチーフとしているのではなく、少しデフォルメされているものの完全に人間の形をしていることで「ポケモンらしくない」と批判を浴びている。またモチーフに対しての「(「ブラック・ホワイト」の舞台である)イッシュ地方はアメリカなのにどうして日本神話なのか?」という違和感も批判を加速させた。
あまりにも不名誉な扱いであったためか、続編に当たる「ブラック2・ホワイト2」では「霊獣フォルム」と呼ばれる形態変化を獲得した。そして従来の姿は「化身フォルム」と呼ばれるようになった。
首から下が動物の姿となり、あわせてステータスも変化する。「コピペ」「手抜き」といった蔑称じみた呼び名が横行し、批判が集まったことでデザインや能力を根本から見直し、このように新たな形態変化が付け足されたのである。

ボルトロス

プレイヤーからは「コピペロス」「3おっさん」などの通称で呼ばれる伝説のポケモン。準伝説に分類される。

モチーフは日本の古い神話より、風神&雷神の雷神。風神側をモチーフとしているトルネロスとは対の存在。
名前は「ボルト(電圧の単位)」からきている。
怒りやすい性格であるらしく、些細な事で暴れまわったりする。そのため、格上の存在であるランドロスの怒りを買い制裁を受けたことになっている。

「コピペロス」だの不名誉な蔑称で呼ばれるトルネロス、ボルトロス、ランドロスだが、その戦闘能力は伝説のポケモンらしく総合的に高い。
特にボルトロスは素早さと特攻のステータスが高い高速アタッカー向けのポケモンであり、大会においても使用禁止とならない準伝説であることから人気が高い。
その恵まれたステータスや覚える技を見ながら「性能はいいんだけどデザインが嫌い、性能としては使いたいけど見た目が嫌いだから見たくない」という葛藤をおぼえるプレイヤーも少なくない。
それでも対戦に使うことを決め、そのため捕獲しようと決意したプレイヤーには捕獲難度の高さが襲いかかる。ボルトロスは特定の場所に固定でいるポケモンではなく、マップ中をランダムに駆け回る徘徊型と呼ばれるポケモンなのである。そのためボルトロスに出会うにはボルトロスの現在地を探し、追いかけ、時には先回りしなくてはならない。うまく出会えたとしてもステータスはランダムであり、その厳選も行わなくてはならない。かなりの根気を必要とするポケモンなのである。

ランドロス

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー(ポケモンGSC・HGSS)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『金・銀・クリスタル』は第2作目であり、『ハートゴールド・ソウルシルバー』は『金・銀・クリスタル』のリメイク作品に当たる。ジョウト地方とカントー地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。前作『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』に登場した悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ブラック・ホワイト(ポケモンBW)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスターシリーズ』の第5作目。イッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では「ポケモンを自由にするため、ポケモンの解放を訴える」プラズマ団という組織が登場し、ストーリー中に各地で戦うことになる。本作のテーマは「多様性」で、ゲーム中の登場人物やポケモン、ストーリーなどに反映されている。

Read Article

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『ルビー・サファイア・エメラルド』は第3作目であり、『オメガルビー・アルファサファイア』は『ルビー・サファイア・エメラルド』のリメイク作品に当たる。ホウエン地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、「マグマ団・アクア団」という組織と各地で戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン(ポケモンRGBP・FRLG)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの1つで、『赤・緑・青・ピカチュウ』は第1作目、『ファイアレッド・リーフグリーン』は『赤・緑』に様々な要素を追加したリメイク作品になっている。プレイヤーはカントー地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、世界征服を目論む悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ(ポケモンDPt)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの第4作目。『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』が発売され、後に新たな要素が追加された『ポケットモンスター プラチナ』が発売された。冒険の舞台はシンオウ地方で、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグを制覇することが主なゲーム目標となる。

Read Article

ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン(ポケモンSM・USUM)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『サン・ムーン』は第7作目であり、『ウルトラサン・ウルトラムーン』は『サン・ムーン』にストーリーやシステムを一部追加したバージョンになっている。プレイヤーはアローラ地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、スカル団やエーテル財団といった組織と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター サン&ムーン(Pokémon: Sun & Moon)のネタバレ解説まとめ

ポケットモンスター サン&ムーンとはゲーム『ポケットモンスター』シリーズを原作とした、アニメ『ポケットモンスター』シリーズの第6作。『ポケットモンスター サン・ムーン』や『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』の舞台となる温暖で自然豊かなアローラ地方で、ポケモンが大好きな主人公サトシが、学校生活を送ったり、島めぐりをしたり、ポケモンに出会ったり新たな冒険をする物語。

Read Article

ポケットモンスター X・Y(ポケモンXY)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター X・Y』とはロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、第6作目にあたる。プレイヤーはカロス地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。フレア団という悪の組織が登場し、ストーリー中に大きく関わってきて、各地で戦うことになる。メガシンカという通常の進化とは異なるポケモンのパワーアップ要素が初登場する。『ポケットモンスター』シリーズでは初のグラフィックが3Dの作品。

Read Article

Pokémon GO(ポケモンGO)のネタバレ解説まとめ

「Pokémon GO(ポケモンGO)」とは2016年に配信開始をした、ナイアンティックと株式会社ポケモンが共同開発したスマホゲーム。実際の世界の地図とゲームが連動しており、プレイヤーは歩いていると出現するポケモンを捕まえ、図鑑完成を目指したり対戦を楽しむゲーム。配信開始から大人気アプリとなり、5つのギネス記録を作り、世界的な社会現象となった。

Read Article

ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2(ポケモンBW2)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』とは、『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の続編作品であり、前作から2年後のイッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では前作に登場したプラズマ団が復活し、ストーリー中に各地で戦うことになる。トレーナーの成長についても描かれ、前作でのライバルであったN(エヌ)や共に旅に出たベルやチェレンなどの成長した姿なども見ることができる。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の特性まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。発売20周年を迎えた長寿シリーズであるが、その戦闘システムの基本は初代である「ポケットモンスター赤・緑」から変わっていない。この記事では、第三世代こと「ルビー・サファイア」から新たに加えられた要素である「とくせい(特性)」について解説する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のZワザ・Z技まとめ

「Zワザ(Z技)」とは、ポケットモンスターサン・ムーンから登場した要素。1戦闘中に1度しか使えないいわば必殺技のことである。インフレする対戦環境に適応できる一部以外のポケモンへの救済措置として登場した。 問題点や調整不足もみられるが、Zワザの登場によりあらゆるポケモンが活躍できる機会を得られるようになった。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のメガシンカ・ゲンシカイキまとめ

メガシンカとは、ポケットモンスターX・Yで追加された新要素。「旧シリーズのポケモンを再びピックアップする」という理念のもと、成長が頭打ちとなったポケモンを中心として作られた。 ゲームシステム的に同じものとして扱われるため、ここでは伝説のポケモンであるグラードンとカイオーガが太古の姿に戻ることで全盛期の力を獲得するというゲンシカイキについても取り扱う。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の都市伝説・豆知識・裏設定まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。「集める、育てる、戦う」のコンセプトに従い、ポケモンと呼ばれる生き物を収集、育成、そして対戦させるRPGである。2016年で20周年を迎えた長寿シリーズなだけに、様々な裏設定や都市伝説が囁かれている。

Read Article

『ポケットモンスター(ポケモン)』を産んだゲーム『MOTHER』

任天堂が産んだ大人気ゲーム、『ポケットモンスター』。その誕生には同じく任天堂が開発した『MOTHER』というゲームの存在が深く関係していることはご存知だろうか。今回は『MOTHER』と『ポケットモンスター』の関係について詳しく解説していく。また『ポケットモンスター』のゲーム中の『MOTHER』の元ネタについても紹介する。

Read Article

ピカチュウの誕生から現在にいたるまでまとめてみた

ポケットモンスターといえば、誰もがその名を聞いたことがあるだろう。ポケットモンスターは1996年2月27日ゲームボーイのソフトとして発売された。ピカチュウは当初まだ無名だったにもかかわらず、そのかわいいキャラクター性に皆が惹かれました。ピカチュウはゲームやアニメのみならず、グッズ化や映画化されたり、また海外でも活躍し愛されてます。そんな我らがピカチュウの過去から現在にいたるまでをまとめてみました。

Read Article

こんなに増えた!? ゲーム作品『ポケットモンスター』に登場するモンスターボール一覧

いまや国民的人気作品となった『ポケットモンスター』の、モンスターボールまとめ。 初代を遊んだ人の中には、「ボールを投げたあとにボタン連打すると捕獲率が上がる」という噂を信じて、必死に連打していた思い出がある人も多いでしょう。 このまとめでは『ポケットモンスター』作中に登場するモンスターボールをまとめて紹介します。

Read Article

「名探偵ピカチュウ」の最速情報まとめ

ポケモンのピカチュウ…ではなく、名探偵のピカチュウがここに参上!「名探偵ピカチュウ」は文字通り、名探偵であるピカチュウが様々な謎に挑むミステリーアドベンチャーゲームです。2016年の2月3日から3DSにてダウンロード専用としてリリースされる「名探偵ピカチュウ」、今回はそんな最速情報をまとめてみました。

Read Article

笑えるwwww変なピカチュウまとめw

皆様に愛され続けて約20年になるピカチュウ様。そんなピカチュウ様ですが、最近は映画に出たり漫画に出たり、他のゲームとコラボしてみたり、ついには海外進出も達成されました。しかしながらその裏では、そんなピカチュウ様の顔や体を使って、様々なパロディーが出来上がっているのをご存知でしょうか?そんな偉大なるピカチュウ様の笑える変な画像をまとめてみましたw

Read Article

【ポケモン】予想以上に深い、『ポケットモンスター』の裏設定まとめ

人気ゲーム作品『ポケットモンスター』(ポケモン)に、実は深い裏設定があるのをご存知でしょうか? アニメ作品をみても、「なぜ子供のサトシが旅に出れるんだ?」「ジムってどうやって運営しているんだろう」「ポケモンって動物とは違うの?」など、少なからず疑問に思った人も多いでしょう。このまとめでは、表には出てこないポケモン世界の裏設定を紹介します。

Read Article

ポケモン個体値ランキングTOPまとめ

ポケモンのステータス、いわゆる個体値には各ポケモンごとに割り振られているポイントというものがあります。ゲーム上、ステータス画面等でその数字を確認することは出来ませんが、個体値は強いポケモンを育てる上で極めて重要な情報・知識になってます。そんな個体値をランキングにして、高い順番にまとめてみました(伝説のポケモンとギガ進化のポケモンは省いております)。

Read Article

BWシリーズやポケモンEX参戦!ついにここまで進化した「ポケモンカード」まとめ!

ポケモンカード、プレイしてますか?当時どんぴしゃだった20〜30代の方々は、遊戯王や別のカードゲームをしているか、もはやプレイしていないかもしれません。そんな知らぬ間に、実はポケモンカードは信じられないほどパワーアップしているのです!今回はそんなポケモンカードがどのくらい進化したのか、まとめてみました。

Read Article

ポケモンのファンアートは主役も悪役もいい感じ~!※ロケット団多めです☆

子供から大人まで幅広い人気を誇るポケットモンスター。可愛らしいポケモンやサトシたち主人公、悪役のロケット団まで長年ファンから愛されてきました。これまで何度か記事にさせて頂いた坂取さん(@_nnbn_)もそんなポケモンファンのお一人!Twitterで素敵なファンアートを披露されています。今回は坂取さんから許可を頂いたので、素敵なイラストをご紹介致します!

Read Article

子ども向けっぽいけど本当は大人向けゲーム!「ポケモン」大人向け要素解説!

子ども向けっぽいキャラクターやゲーム性をしているけど、実は完全に大人向けなゲームをご存知ですか?それは意外にも身近で、今回はその中から「ポケモン」をご紹介!実際に、どこが大人向けなのかの詳細・解説から、実は裏ではこんな計算が行われていた事実など、マニアックな内容をまとめてみました。個体値や努力値、種族値の内容がわかると、ポケモンの世界観が一変するので、途端にプレイしたくなるかもしれませんよ。

Read Article

目次 - Contents