ラ・ラ・ランド(La La Land)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラ・ラ・ランド』とは2016年公開のミュージカル映画。売れないジャズピアニストのセバスチャン(セブ)が弾くピアノに惹かれてバーに入った女優志望のミア。後日あるパーティ会場でミアはセブに再会する。2人は急速に恋に落ち、互いの夢のために励まし合いながら共に暮らすが、ミアの夢を叶えるチャンスを掴むために別れる決断をする。往年の名作ミュージカル映画をオマージュした美しい映像や楽曲、ミアとセブの表現力溢れる歌声やダンス、切ないストーリーで観るもの全てが恋に落ちる極上のエンターテイメント。

『ラ・ラ・ランド』の概要

『ラ・ラ・ランド』とは2016年に公開されたアメリカ合衆国のミュージカル映画。売れないジャズピアニストのセバスチャン(セブ)と女優志望のミアの恋をロマンチックな曲とダンスで描いたミュージカルラブストーリーの傑作。現在のハリウッドでは珍しい、全曲オリジナルの本格ミュージカルである。『巴里のアメリカ人』『バンド・ワゴン』『雨に唄えば』『ロシュフォールの恋人たち』『シェルブールの雨傘』など過去の名作ミュージカルのオマージュに溢れたシーンが満載。
本作の監督は『セッション』で高い評価を得たデイミアン・チャゼル。熱狂的なミュージカル映画ファンであるチャゼルは2010年に『ラ・ラ・ランド』の脚本を執筆し、ハーバード大学の同級生であるジャスティン・ハーウィッツと共に『ラ・ラ・ランド』の映画化を決意する。当時ジャズは絶滅したジャンルと言われており、さらに無名のハーウィッツが作曲したオリジナルの現代ミュージカルに出資するスタジオが現れなかったため、何年も製作できなかった。しかし世界的ジャズドラマーを目指し、伝説の教師の狂気的な指導を受ける青年を描いた映画『セッション』が第87回アカデミー賞において作品賞を含む5部門にノミネートされ、映画製作会社はチャゼルの次の作品に注目するようになった。『セッション』の商業的成功を受け、製作会社と契約できたチャゼルは5年かかって『ラ・ラ・ランド』の映画化にこぎつけた。

主人公のセバスチャン(セブ)を『マネー・ショート 華麗なる大逆転』、『ハーフネルソン』『ブレードランナー2049』などのライアン・ゴズリング。ヒロインのミアを『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『女王陛下のお気に入り』などのエマ・ストーン。さらにセブのアルバイト先のオーナーとして『セッション』のJ・K・シモンズが出演。
本作は第73回ベネチア国際映画祭でエマ・ストーンが最優秀女優賞、第74回ゴールデングローブ賞では作品賞(ミュージカル/コメディ部門)ほか同賞の映画部門で史上最多の7部門を受賞した。第89回アカデミー賞では『タイタニック』(1997年)、『イヴの総て』(1950年)に並ぶ史上最多となる14ノミネートを受け、チャゼルが史上最年少で監督賞、エマ・ストーンが主演女優賞、他に撮影賞・美術賞・作曲賞・主題歌賞と最多6部門で受賞した。また、第41回日本アカデミー賞では最優秀外国作品賞を受賞した。3,000万ドルの製作予算に対し、世界で4億4,600万ドルの興行収入を得た本作は、実写ミュージカルで大ヒットは狙えないという昨今のハリウッドの通説を打ち破った。また、セブとミアが踊るシーンを切り取ったポスターは大きな話題となり、カップルがこのポーズを真似して写真を撮ることが流行した。楽曲の良さも大きな魅力でSNSでは、ミアが映画の中で歌う曲『Audition』を若いファンが歌って投稿することも流行した。映画のタイトル『ラ・ラ・ランド』はロサンゼルス、そしてハリウッドを指す。

売れないジャズピアニストのセバスチャン(セブ)が弾くピアノに惹かれてバーに入った女優志望のミア。後日あるパーティ会場でミアはセブに再会する。2人は急速に恋に落ち、互いの夢のために励まし合いながら共に暮らし幸せな日々を過ごす。しかし、セブが旧友のキースに誘われ、生活のために加入したバンドが成功し、その忙しさから生活はすれ違う。オーディションに落ち続けていたミアは、セブに勧められて自作の脚本で一人芝居をしたが、観客も少ない上に、酷評している声を聞き心が折れて実家に戻ってしまう。しかし一人芝居を観た配役プロジューサーに評価されたミアに映画のオーディションの連絡が入る。もうオーディションに落ちたくないから受けないと言うミアを、セブは説得してオーディションを受けさせる。セブは、見事オーディションに合格したミアを撮影地のパリへ送り出し、2人はそれぞれの道を歩んだ。その5年後、セブは念願の自分の店「SEB’S’」を経営し、女優になる夢を叶えたミアは有名女優の仲間入りをして、優しい夫と可愛い子供もいた。ミアが夫と外出した時、ジャズの音色に惹かれて店に入ると、そこはセブの店だった。

『ラ・ラ・ランド』のあらすじ・ストーリー

オープニング

出典: theriver.jp

車の屋根に乗ってダンスする人々

ロサンゼルスのハイウェイでは、朝から渋滞のためハイウェイ上のすべての車が停車していた。運転手たちがそれぞれの車の中で音楽を聞いていると、一人の女性が車から降り、外で歌い出した。それをきっかけに、次々と人が車から降り全員で『Another Day of Sun』を楽しそうに歌いながら踊り出す。曲が終わった途端、全員が車に戻り物語が始まる。

冬・ロサンゼルスのハイウェイでの出会い

渋滞中、カーステレオでジャズを聴いているセブ

売れないジャズピアニストのセバスチャン(セブ)は、カーステレオで『荒城の月』のジャズアレンジバージョンの同じ個所を巻き戻して何度も聞いていた。セブの車の前の車の中にいた女優志望のミアは、その日に行われる映画のオーディションを受けるために、セリフの練習を続けていた。ようやく車が進み始めたが、ミアは練習に熱中して気づかず車を発進させない。後続車のセブはクラクションを鳴らすが、ミアはすぐに車を発進させなかったため、隣の車線からミアの車を追い越していった。

出典: tsutaya.tsite.jp

アルバイト先のカフェで来店した女優を見つめるミア

ハリウッドにあるワーナー・ブラザーズの撮影所のカフェで、ミアがアルバイトをしていると、カフェに有名な女優が来店し、ミアは自分もそうなりたいと憧れを抱くのだった。オーディションに向かう時間になり、急いで店を出ようとしたミアは店に入ってきたセブと正面からぶつかり、セブの持っていたコーヒーをシャツにかけられてしまう。着替える時間もないため、コーヒーの染みの付いた白いシャツの上から青いジャケットを着て、オーディションに臨んだミアだが、落選してしまった。

ルームメイトに誘われてパーティに向かうため外に出てきたミア(画像左)

家に帰り、シャワーを浴びたミアは同じく女優志望のルームメイトである、トレイシー、アレクシス、ケイトリンの3人にパーティに行こうと誘われる。ハリウッドの豪邸で上昇志向の人ばかりが集まるパーティに行って名前を知ってもらおうというのだ。気乗りがせず初めは断ったミアだが、3人が『Someone in the Crowd』を歌いながら、見出してくれる誰かを探そうと誘ううちにミアもパーティに行くことに決める。パーティ会場では、皆が楽しそうに過ごしているのに、特に得られる出会いもなかったミアは1人で帰宅しようとする。しかし、愛車プリウスを駐車禁止の場所に停めていたため、レッカー移動されてしまっていた。仕方なく徒歩で帰宅する途中、聞こえてきたピアノの曲『Mia & Sebastian’s Theme』に誘われて、ミアはレストランに入る。

再び解雇された売れないジャズピアニスト

出典: ameblo.jp

自分の好きなジャズを弾いてしまうセブ

一方、セブは朝ハイウェイでミアの車を追い抜いて帰宅する途中、好きだったジャズクラブがサンバとタパスの店に変わっているのを見かけ憤慨する。帰宅後、勝手に部屋に入っていた姉のローラに気づき驚くセブ。自分の店を持つ夢があるセブだが、お金も定職もないことを姉は心配していた。セブに定職につき、落ち着いてもらいたい姉に対し、セブは「これから巻き返す。俺は灰から蘇える不死鳥だ」と息巻く。姉が帰ると、セブはピアノの前に座り、『荒城の月』のジャズアレンジバージョンのレコードを聞き、ピアノで弾けるよう練習を始めた。

以前働いていたビルのレストランで、セブはピアニストとして再び働こうとしていた。ジャズを好まないビルと意見が合わないセブだったが、経済的理由から仕方なく戻ってきたのだ。ビルはこの店に合う自分が選んだクリスマスソングを弾くようセブに指示していた。客に愛想笑いをしながらピアノを弾くセブだが、誰もピアノの音色に耳を傾けていない状況を見て、ジャズの曲『Mia & Sebastian’s Theme』を弾いてしまう。一人パーティ会場から徒歩で帰宅途中のミアはその音色に惹きつけられてレストランに入る。気持ちがピアノに乗って勢い込んで弾いていたセブだが、曲が終わった後、ビルに呼び出されクビだと言われる。セブが帰ろうとした時、ミアが近づき演奏を聞いた感想を伝えようとする。しかし、機嫌の悪いセブは彼女を無視してレストランから出ていったのだった。

ミアはその後もオーディションを受け続けるが、ことごとく落ちてしまっていた。

春・プールパーティで4度目の再会

出典: note.com

プールパーティでコピーバンドのメンバーとしてキーボードを弾くセブ(画像左端)

ミアは友人たちと来ていたプールパーティで脚本家のカルロを紹介される。『Take on me』を演奏していた生バンドを何気なく見たミアは、レストランでピアノを弾いていたセブがキーボードを演奏していることに気づいた。リクエストはないかと観客に聞くボーカルに対し、ミアは即座にノリのいい曲『I Ran』をリクエスト。演奏中楽しそうに踊るミアを見て、セブは、以前カフェでコーヒーをかけてしまった女性であり、ビルのレストランで解雇された時に声をかけられたのに無視した女性だということに気づいた。

出典: note.com

演奏後ミア(画像右)を追いかけて話すセブ(画像左)

セブは演奏終了後、ミアのところに行き以前の無礼を謝るが、本物のミュージシャンに『I Ran』をリクエストするのはNGだと言う。セブに仕事を訊かれたミアは女優と答え、名前を告げる。パーティの帰り際、ミアはカルロに「3匹のクマ」に4匹目を出す脚本を書こうとしていると、話しかけられ困っていた。そこに仕事を終えたセブが通りかかり、ミアはカルロから逃げるため、セブに声をかけ一緒に会場を出た。

恋の予感

出典: ontomo-mag.com

息の合ったダンスをするミア(画像左)とセブ(画像右)

駐車場に向かい自分の車を探すミア。何度も偶然に会うことに驚きながらも軽口をたたき合う2人。車を探しながら夕焼けが見える場所に移動した2人は、美しい夜景を見ながらも「普通の風景」「感動しない」と言う。セブがこんな美しい風景を見てもタイプじゃない君とは恋も生まれないという歌『A Lovely Night』を歌い出すと、それを聞いたミアもあなたは対象外だと歌い出す。ベンチに座り靴を脱ぎ、タップシューズに履き替えたミアとセブは息の合った踊りを楽しむ。踊り終えた2人が近づいたその時、ミアのボーイフレンドであるグレッグから電話がかかってきた。ミアは近くにあったプリウスで帰り、セブはパーティ会場の入口に停めていた自分の車まで戻り帰っていった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

セッション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2014年、撮影当時28歳で全く無名だったデイミアン・チャゼル監督初の長編映画。サンダンス映画祭 W受賞を皮切りに驚異の記録で賞レースを席巻。名門音大に入学したドラマー(マイルズ・テラー)と伝説の鬼教師(J・K・シモンズ)、究極の師弟関係を狂演VS怪演で演じきり、狂気のレッスンの果ての衝撃のセッションは、誰も観たことのないクライマックスへと展開する。映画史上に残るラスト9分19秒は圧巻。

Read Article

ラ・ラ・ランドのオマージュしたミュージカル映画まとめ

2016年に全米で公開されたミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」。 母国アメリカをはじめ世界中で大ヒットを記録し、アカデミー賞では監督賞をはじめ6部門で賞を受賞しました。そんな「ラ・ラ・ランド」にはミュージカル映画の名作のオマージュがちりばめられていて、それも見どころになっております。 今回は、「ラ・ラ・ランド」でオマージュされている映画について紹介します。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン2(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説・考察まとめ

「アメイジング・スパイダーマン2」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 恋人「グウェン」を危険にさらさないという、彼女の亡き父との約束に悩む「スパイダーマン」こと「ピーター」は、両親の死に繋がる大きな陰謀に巻き込まれ、運命に翻弄されていく。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説・考察まとめ

「アメイジング・スパイダーマン」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 幼いころ両親を亡くした青年「ピーター」は、ある時遺伝子操作された蜘蛛に噛まれ超人的な力を身につける。両親の死の真相を知るため、伯父を殺した犯人を探し出すため、彼は「スパイダーマン」となった。

Read Article

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(MCU版)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・コミック『スパイダーマン』の実写映画化作品としては7作目、再リブートシリーズとしては2作目、また、マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として扱われたMCUシリーズとしては23作目の映画となる。高校の夏休みにクラスメイト達とヨーロッパ旅行へでかけた主人公のピーター・パーカーは旅先でスパイダーマンとしての任務が与えられ、再び戦いに出ることになる。

Read Article

女王陛下のお気に入り(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『女王陛下のお気に入り』とは、18世紀を舞台に、宮廷で女王の寵愛を奪い合う女性2人の攻防を描いた実話に基づく歴史コメディ映画である。本作は『ロブスター』で鬼才な才能を持つ、ヨルゴス・ランティモスが監督を務めた。第91回アカデミー賞では最多9部門10ノミネートを獲得し、オリヴィア・コールマンが主演女優賞を受賞している。気まぐれな女王アンに代わって絶対的権力を握る側近のサラと、貴族の地位に返り咲く陰謀を企てるアビゲイルの、愛憎に満ちた人間ドラマが繰り広げられる。

Read Article

ブルーバレンタイン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブルーバレンタイン』とは2010年公開のアメリカの恋愛映画。あるカップルの出会いから結婚、破局までを描く切ないストーリー。価値観の違い、気持ちの温度差、方向性の違い、仕事の格差から冷め切った夫婦をライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズが演じ、過激な性描写や体重増量も辞さない迫真の演技で、2人とも第68回ゴールデングローブ賞にノミネートされた。デレク・シアンフランス監督は10年かけて脚本を練り上げ、第63回カンヌ国際映画祭では「ある視点」部門に出品された。

Read Article

目次 - Contents