デッドプール(Deadpool)のネタバレ解説まとめ

デッドプール(Deadpool)とは、2016年2月にアメリカ合衆国で公開された映画。監督はティム・ミラー。日本では、2016年6月に公開。
X-MENシリーズの映画で8作目にあたり、初めてR指定され、日本では15歳以上対象の映画になった。
主役のウェイドはヒーローとは呼べない男。そんなウェイドはフランシスに騙されて、恋人も誘拐される。ウェイドはデットプールを名乗ってフランシスを追う。

コロッサスにかけられた手錠から腕を切り落として脱出するシーンでデッドプールが「127時間って映画見た?これネタバレ」と発している。
127時間は主人公の腕が岩にはさまれ身動きが取れないところ、腕を切り落として脱出するというスト-リー。
行動は似ているが、相違点といえばデッドプールは腕が再生するところだろう。

ライアンの出演作品

作中には、「緑色のコスチュームはイヤ」といった台詞や、別の映画に出てきたデッドプールのフィギュアが登場している。
前者は「グリーン・ランタン」、後者は「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」のことを指し示している。
どちらもライアンが出演しているが、作品の評価はあまりよろしくない。

裏話・トリビア・小ネタ

デッドプールの戦闘アクション

デッドプールの戦闘アクションにはモハメド・アリの動きを参考にしており、デッドプール役のライアンはトレーニングにアリの動きを取り入れている。アリは打ち合いの最中、常にしゃべり続けていた。
その点は、戦闘中にも口数を減らさないデッドプールと共通していたためであろう。

予告動画

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents