ダークナイト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2008年に公開された、アメリカ・イギリス共作の実写アクション映画。監督はクリストファー・ノーラン。
バットマンとして世の犯罪者と戦ってきたブルース・ウェインが、新たに現れた敵ジョーカーに翻弄されながら、ゴッサム・シティに必要なヒーローとは何かを模索する姿を描いた作品。

あらすじ・ストーリー

ゴッサム・シティの銀行に、ピエロのメイクを施した男が現れる。彼の名はジョーカー。彼は銀行に保管されていたマフィアの資金を奪っていく。

ゴッサムから犯罪をなくすため、バットマンとして戦ってきたブルース・ウェインは、活躍中の地方検事ハービー・デントと出会う。
デントは平和のために戦うバットマンを称賛し、ブルースもまた、正体を隠すことなく堂々と悪と戦うデントに感銘を受ける。デントこそゴッサムが求める真のヒーローである、と。

マフィアたちが集まり会議をしていると、突然姿を現すジョーカー。
彼は、ここにいる全員がバットマンを恐れていることを指摘し、マフィアたちの資金の半分と引き換えにバットマンを殺してやると言い放つ。
初めはジョーカーを敵視していたマフィアたちだったが、結局は彼の提案を受け入れる。

ジョーカーは、バットマンがその正体を明らかにしない限り、ゴッサムの人々を殺し続けると世間に発表する。デントも狙われるが、バットマンによって阻まれる。
そしてターゲットは警察本部長、裁判官、ゴッサム市長にまで及ぶ。ジョーカーが市長を殺そうとした時、ゴッサム市警警部補のジェームズ・ゴードンが身代わりとなって市長を守る。

ブルースは苦悩する。自分のせいで、ゴッサムの人々が危険に晒されている。その身を犠牲にして戦ってきたのは何だったのか。
ブルースは決意し、バットマンの正体を明らかにする記者会見が開かれる。だが悪に屈するバットマンを見たくないデントが、自分こそバットマンの正体だと発表する。

デントが警察に連行されると、突如ジョーカーが現れ、デントの乗る護送車を攻撃する。だがそこにバットマンが現れ、デントを守る。
バットマンはジョーカーを轢き殺すチャンスを得るが、殺人を犯すことはどうしてもできなかった。しかし死を装っていたゴードンによってジョーカーは逮捕される。

警察署でバットマンから取り調べを受けるジョーカー。するとジョーカーは、警察に保護されたはずのデントと、デントが想いを寄せる女性レイチェル・ドーズが、別々の場所に捕らえられていることを明かす。レイチェルは、ブルースの想い人でもある。
ジョーカーから二人の居場所を聞き出したバットマンは、レイチェルの救出に向かう。ゴードンたちもデントのいる場所へ急ぐ。

デントとレイチェルは、別々の場所で、大量のガソリンと爆弾に縛り付けられていた。
バットマンがレイチェルのいる場所にたどり着くと、そこにいたのはデントだった。ジョーカーは逆の居場所を教えたのだ。
デントは爆弾が爆発する寸前にバットマンに救出されたものの、顔の左半分に大火傷を負う。そしてレイチェルの救出は間に合わず、爆発によって死亡してしまう。
一方ジョーカーは、警察署から逃亡していた。

病院に入院しているデントの前に、ジョーカーが現れる。
ジョーカーは言葉巧みにデントを操り、デントはレイチェルの殺害に関与した者たちに復讐を始める。その姿はもはや正義の検事ハービー・デントではなく、左右で二つの顔を持つ怪人「トゥーフェイス」だった。

ジョーカーは、ゴッサムの人々に街から出ていくようテレビで呼びかける。しかし橋には爆弾が仕掛けられているという情報があり、警察は脱出用にフェリーを用意する。
だが本当に爆弾があるのはフェリーであった。一般人を乗せたフェリーと、囚人を乗せたフェリーから、それぞれ起爆装置が発見される。
その時ジョーカーから連絡が入る。起爆装置は互いのフェリーを爆破する物であり、相手を爆破させれば残った方は助けるが、午前0時を過ぎたら双方とも爆破する、と。
自分が助かるために相手を殺すべきか、フェリーでは議論が始まる。

そこにバットマンが現れ、ジョーカーを止めようとする。
ジョーカーはこのゲームで、どんな高潔な人間も一皮むけば悪に染まることを証明しようとしたが、結局どちらのフェリーも相手を爆破することを拒否した。
ジョーカーの言うような人間ばかりではないと反論するバットマンは、あくまでジョーカーを殺さず、警察に引き渡す。

一方デントは、レイチェルの死はゴードンにも責任があるとし、ゴードンと彼の家族に銃を向ける。
そこにバットマンが駆けつけ、格闘の末、デントは高所から落下し死亡する。
5人もの人間を殺したデントの行動が公になれば、彼を英雄視していたゴッサム市民が絶望する。バットマンはデントの罪を被り、警察に自分を捜査させるようゴードンに進言する。

犯してもいない罪で警察から追われるバットマンを見て、ゴードンは「彼はヒーローじゃない。沈黙の守護者。我々の監視者。闇の騎士(ダークナイト)だ」と呟く。

主な登場人物・キャラクター

ブルース・ウェイン/バットマン 出演:クリスチャン・ベール(劇場版吹替:檀臣幸)

ウェイン・エンタープライズ所有者。
バットマンに扮し、ゴッサム・シティに蔓延る犯罪者と日々戦っている。
だがゴッサムに本当に必要なのは、顔を隠さず法によって悪と戦うヒーローだということも理解している。

ジョーカー 出演:ヒース・レジャー(劇場版吹替:藤原啓治)

顔にピエロのメイクを施した謎の男。口が裂けており、常に笑っているかのような顔が特徴。
気が触れており、殺人、強盗、爆破などもまるでジョークを飛ばすかのように平然と行う。
バットマンのことを自分と同類の人間だと言い、彼への異常な執着心を見せる。
その経歴は不明で、警察のデータバンクにも一切の情報がない。

ハービー・デント/トゥーフェイス 出演:アーロン・エッカート(劇場版吹替:木下浩之)

ゴッサム・シティ地方検事。
正義を行う検事として、ゴッサム市民から英雄視される。
想いを寄せるレイチェルの死をきっかけに、コインフリップの結果によって殺人を犯す怪人「トゥーフェイス」となってしまう。

レイチェル・ドーズ 出演:マギー・ギレンホール(劇場版吹替:本田貴子)

ゴッサム・シティ地方検事。ブルースの幼馴染。
デントの同僚で、彼と共にゴッサムの平和のために仕事に打ち込んできた。
ブルースとデントから愛され、二人の間で揺れていたが、最後にはデントを選ぶ。
しかし彼女亡き後、その事実を知るのはアルフレッドだけである。

アルフレッド・ペニーワース 出演:マイケル・ケイン(劇場版吹替:小川真司)

ウェイン家の老執事。
ブルースの私生活と、バットマンとしての活動をサポートする。
バットマンの存在意義を見失いかけたブルースを励ます。

ジェームズ・ゴードン 出演:ゲイリー・オールドマン(劇場版吹替:納谷六朗)

ゴッサム市警警部補。
バットマンの理解者であり、バットマンも実直な彼を信頼している。
ゴッサム市長をかばってジョーカーの凶弾に倒れるも、それは裏でジョーカーを捜査するための偽装であった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ダークナイト ライジング(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2012年に公開された、アメリカ・イギリス共同制作の実写アクション映画。監督はクリストファー・ノーラン。 ゴッサム・シティに平和が訪れ、ブルース・ウェインもバットマンを引退していた。しかしベインと名乗るテロリストが現れ、ゴッサムは再び壊滅の危機にさらされる。 バットマンとして復活したブルースが、窮地に陥りながらも、ゴッサムのために命を懸けて戦う姿が描かれる。

Read Article

マン・オブ・スティール(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『マン・オブ・スティール』とは、2013年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。「DCコミックス」の人気アメリカン・コミック『スーパーマン』の実写映画作品である。『スーパーマン』シリーズを含めると、本作は通算第6作目の作品だ。科学や文明が発達して人工生育が常識である、地球から遠く離れた惑星「クリプトン」で、数百年ぶりに自然出産で「カル=エル」という子供が生まれた。のちに「スーパーマン」と呼ばれる彼は、子供のいなかった夫妻に育てられたのち、自分の出自を知るための旅にでる。

Read Article

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』とは2020年に公開されたDCコミックス作品で『スーサイド・スクワッド』で初登場して人気となったハーレイ・クインが主役となるスピンオフ映画である。 悪のカリスマ、ジョーカーと破局して、自由に生きようとするハーレイ・クイン。しかし、舞台となるゴッサムシティでこれまでに悪党から恨みを買っており、ついには街を牛耳る顔剥ぎが趣味のマフィアである最悪のサイコ、ブラックマスクに狙われる。彼女と同様に今の境遇から抜け出そうとする女性4人と手を組みブラックマスクと対決する。

Read Article

TENET テネット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『TENET テネット』とはイギリスで公開されたスパイ映画で、時間を逆行する物語。文字通り逆再生で時間が進んでいく。リアルに作り上げていくべく、スタッフや俳優に伝える能力も過去に時系列トリックを駆使した作品を作ってきたノーラン監督ならではの作品。 主人公はCIAの名もなき男。ウクライナのオペラハウスで発生したテロ事件に突入する。任務を終えた後そこで"TENET"というワードを耳にする。テネットというのは謎の組織の名前で主人公は組織の目的を知るために女性科学者のところへ向かうことになる。

Read Article

ジョーカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョーカー』とは、2019年にアメリカ合衆国で作成されたスリラー映画である。DCコミックス『バットマン』に登場するスーパーヴィランであるジョーカーが主人公となっており、2019年10月4日に日米同時公開された。舞台は、まだバットマンが誕生する以前の、不景気により治安の悪化する1981年のゴッサム・シティ。後のジョーカーことアーサーは、発作的に笑い出してしまう病と病弱な母親を抱えながら、一流のコメディアンを目指して貧しい生活を送りながらピエロのアルバイトを続けていた。

Read Article

スーサイド・スクワッド(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーサイド・スクワッド』とは、2016年8月にアメリカ合衆国で公開された、悪役だらけのヒーローアクション映画である。DCコミックスが刊行する人気アメリカン・コミックスシリーズ『スーサイド・スクワッド』の実写映画化されたものでもある。スーパーマンの死から数か月後、米国政府の高官・アマンダによる対メタヒューマン特殊部隊「タスクフォース」、通称”スーサイド・スクワッド”のメンバーになった元精神科医ハーレイ・クインが、恋人のジョーカーと複数の犯罪者たちと共に、世界崩壊の危機に立ち向かっていく。

Read Article

インターステラー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インターステラー』とは鬼才クリストファー・ノーラン監督が世に放った壮大なSF映画である。最新技術と物理学者の協力によって映像化された、物理法則に忠実で当時最も本当の姿に近いといわれたブラックホール、ワームホールが話題となった。何年も雨が降らず、深刻な食糧問題を抱えた、人類滅亡の危機に瀕する近未来。元宇宙飛行士のジョセフ・クーパーは、居住可能な星を探す計画、「ラザロ計画」にスカウトされることになる。クーパーは娘に必ず戻ると約束し、広大な宇宙へと旅立った。果たして彼は人類を救うことができるのか。

Read Article

ジョーカーも驚くバットマンと対決したヘンなヴィランまとめ

アクションもさることながらダークな世界観とリアルな人間描写で世界中のファンを虜にし続ける長寿アメコミ、バットマン。そんなバットマンが今まで戦ってきたヴィラン(悪役)たちは凶悪で残忍な犯罪者ばかり。だが、そんなヴィランたちの中にも一風変わった変なキャラクターがいる。バットマンの人気を支えた縁の下のヘンなヴィランを紹介する。

Read Article

バットマンの悪役はかっこいい!!

誰もが知っている、ブラックヒーロー「バットマン」。それはバットマンだけではなく、悪役がいて初めて成り立つ協奏曲のようなものである。だからこそそんな悪役に焦点を当てれば、圧倒的な存在感、さらには魅力的なコスチュームなど悪役ならではの魅力に満ちている。今回はそんなバットマンの悪役の魅力的なヤツに焦点を当ててみた!!

Read Article

ターミネーター4(T4)のネタバレ解説・考察まとめ

ターミネーター4とは2009年公開のアメリカ映画。世界的大ヒットシリーズ『ターミネーター』の4作目にして初めて未来世界に迫り、これまでの原点を辿る終末への新たな船出となるSFアクション。審判の日以後の荒廃した未来を舞台に、機械軍に追いつめられたジョン・コナーら人類抵抗軍の存亡をかけた壮絶な戦いを圧倒的スケールで描く。主演はクリスチャン・ベール。監督は「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのマックG。

Read Article

ハンターキラー 潜航せよ(Hunter Killer)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハンターキラー 潜航せよ(Hunter Killer)』とは、米海軍攻撃型原子力潜水艦(ハンターキラー)を題材とした海洋アクション映画である。主演は男臭い演技に定評のあるジェラルド・バトラー。小説家のドン・キースと、米海軍潜水艦の元艦長だったジョージ・ウォレスの二人による同名ベストセラー小説が原作である。製作は『ワイルド・スピード』のスタッフが担当。最新のCG技術を駆使、リアルな潜水艦の戦いを描く。深海での潜水艦アクションのみならず、地上での特殊部隊シールズの活躍も見どころのひとつだ。

Read Article

アクアマン(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アクアマン』とは、アメリカ合衆国で2018年12月21日に公開されたスーパーヒーロー映画。日本では2019年2月8日に公開された。「DCコミックス」のアメリカン・コミック『アクアマン』の実写映画で、『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズの6番目の作品である。監督はジェームズ・ワン。海底王国アトランティス帝国の女王である母と、人間の父との間に生まれた主人公アーサー。人間として地上で成長したアーサーだったが、ある日を境に海底王国間の戦争に巻き込まれる事になる。

Read Article

セブン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

1995年のアメリカ映画。監督はデヴィッド・フィンチャー。 舞台は犯罪がはびこるアメリカの大都会。キリスト教の「七つの大罪」に沿って人を殺していく猟奇殺人犯を、退職間近の老刑事サマセット(モーガン・フリーマン)と、血気盛んな若手刑事ミルズ(ブラッド・ピット)が追っていく。 独創的な映像センスと、人間の暗部を描いた脚本が魅力のサイコサスペンス。

Read Article

フォードvsフェラーリ(Ford v Ferrari)のネタバレ解説・考察まとめ

『フォードvsフェラーリ』とは、アメリカ合衆国で2019年に公開された、「ル・マン24」でフォードとフェラーリがしのぎを削る実話を基にした作品である。キャロル・シェルビー、ケン・マイルズ、ヘンリー・フォード2世などの実在の人物が登場する。1965年の「ル・マン」でマイルズがドライバーから外される描写があるが、実際はドライバーとして参戦(リタイア)しているなど、脚色されている部分もある。伝説といわれる、1966年のル・マン24を描く。第92回アカデミー賞「音響編集賞」「編集賞」受賞作品。

Read Article

ジャスティス・リーグ(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジャスティス・リーグ』とは、2017年公開のアメリカ合衆国制作のヒーロー映画である。ワーナー・ブラザーズ、DCコミックスが展開するシェアワールド『DCエクステンデッド・ユニバース』の5作品目にあたる。コミックスの初登場は1960年であり、初めての映画化となる。 前作でスーパーマンが敵と相打ちしていなくなった地球。そこへ地球の環境を激変させ侵略しようとする敵が攻めてくる。スーパーマン亡き今、バットマンがヒーローチームを結成してそれに立ち向かう物語である。

Read Article

ウォッチメン(Watchmen)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウォッチメン』とは、映像化不可能と言われたアメリカン・コミックを、「300/スリーハンドレッド」のザック・スナイダー監督が実写映画化した作品。かつてはスーパー・ヒーローだった男が何者かに殺され、彼の仲間だったヒーロー達が真相を突き止めようとする謎解きミステリー要素の強い2009年製作の異色ヒーロー・ドラマ。日本では映倫によりR-15指定を受けた。

Read Article

ダンケルク(Dunkirk)のネタバレ解説・考察まとめ

クリストファー・ノーラン監督・脚本・製作による2017年の戦争映画。第二次世界大戦の「ダンケルクの戦い」における史上最大の救出作戦、通称「ダイナモ作戦」を題材に描かれている。ポーランドを侵攻しそこから北フランスまで勢力を広げたドイツ軍は、英仏連合軍をフランス北部のダンケルクへと追い詰めていく。 ノーラン監督にとって初の史実を基にした映画である。

Read Article

レオン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『レオン』とは、1994年公開のリュック・ベッソン監督によるアメリカ・フランス合作のアクション映画。 ナタリー・ポートマンの映画デビュー作であり、本作によって脚光を浴びることとなった。 幼いころから殺し屋として生きてきた男レオンと、父親と義姉の虐待により幼い弟にしか心を開けない少女マチルダ。 ある出来事から殺しを教えることになったレオンとマチルダの奇妙な共同生活を描く。 日本公開時のキャッチコピーは「凶暴な純愛」。

Read Article

ワンダーウーマン(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワンダーウーマン』とは、2017年にアメリカで制作された実写映画。監督はパティ・ジェンキンス。 アメリカンコミックであるDCコミック『ワンダーウーマン』シリーズを原作としている。 女性だけが住む島、セミッシラで育ったアマゾン族の王女であり屈強な戦士であるダイアナは偶然「外の世界」からやってきたパイロット、スティーブ・トレバーを救出する。第一次世界大戦の最中、ダイアナは悲惨な戦いの元凶は神アレスと確信し、トレバーと共に「外の世界」へ旅立つ。

Read Article

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のヒーローアクション映画。「DCコミックス」から出版された人気アメリカン・コミック『バットマン』と『スーパーマン』を原作とした、実写映画作品である。『マン・オブ・スティール』で、地球の危機を救ったスーパーマンだが、その戦いでの被害は甚大なものであった。地球外から来た異星人は追放すべきだと世論が強まっていく中、バットマンも自社のビルを破壊されて社員を失ったことから、スーパーマンを危険視してしまう。

Read Article

目次 - Contents