バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のヒーローアクション映画。「DCコミックス」から出版された人気アメリカン・コミック『バットマン』と『スーパーマン』を原作とした、実写映画作品である。『マン・オブ・スティール』で、地球の危機を救ったスーパーマンだが、その戦いでの被害は甚大なものであった。地球外から来た異星人は追放すべきだと世論が強まっていく中、バットマンも自社のビルを破壊されて社員を失ったことから、スーパーマンを危険視してしまう。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の概要

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のヒーローアクション映画。
「DCコミックス」から出版された人気アメリカン・コミック『バットマン』、『スーパーマン』を原作とした実写映画作品である。

スーパーマンの誕生を描いた『マン・オブ・スティール』の続編であり、「DCコミックス」を原作とする実写映画作品を、同一の世界観のもとで複数の作品を展開していく『DCエクステンデッド・ユニバース』の第2作目でもある。
2013年に公開された『マン・オブ・スティール』のクライマックスから物語が始まる本作は、同ユニバースに初めてバットマンが登場する貴重な作品だ。

しかし、バットマンが登場する他の実写作品とは世界観やストーリーの繋がりはない。
時系列上では、本作の後の出来事を描いた作品として『スーサイド・スクワッド』、本作の直接の続編として『ジャスティス・リーグ』が次々と公開されていった。

前作『マン・オブ・スティール』にて、スーパーマン(クラーク・ケント)はゾット将軍による地球侵略を阻止し、地球の危機を救った。
しかしスーパーマンの能力や、スーパーマンとゾット将軍の戦いによる被害は甚大なもので、「彼は地球外から来た異星人で人類の脅威だ」として地球から追放すべきだという世論が強まっていく。

バットマン(ブルース・ウェイン)もまた、スーパーマンたちの戦いによって自社ビルを破壊された挙句、自社の社員を失ってしまっていた。この事から、バットマンはスーパーマンの能力を危険視し、警戒を強めていく。
そんな中、スーパーマンを「偽の神」として陥れようとする者が現れる。

スーパーマンとバットマン、2人の正義のヒーローとしての戦い方・やり方は違うけれど、”誰かを救いたい”というヒーロー特有の強い正義感を持ったヒーローだ。
そんな2人のスーパーヒーローが、共闘するのではなく戦い合うのは、ヒーローアクション映画ではなかなかない設定だ。そして、バットマンとスーパーマンのファンからしたら、この2人の共演と対決はとても魅力的なものに違いない。

さらにそこに、『ワンダーウーマン』の主人公である「ダイアナ・プリンス」まで登場するのだ。この3人のスーパーヒーローの共演作品、ヒーローアクション映画好きのファンやDCコミックスファンにとって、これ以上にないほど最高の作品である。
もちろん、「バットマン」「スーパーマン」「ワンダーウーマン」を知らない人にとっても、最高に楽しめるヒーローアクション映画だろう。

そんな誰もが絶賛すること間違いなしな本作の興行収入は、世界で873,634,919ドルを記録、アメリカでは330,360,194ドル、日本では18億6000万と大ヒットを記録した。

監督は『マン・オブ・スティール』に引き続いてザック・スナイダーが努め、ベン・アフレックとヘンリー・カヴィンが主演を務めている。
2013年8月には、劇場公開版ではカットされた、未公開シーン約30分を追加した「アルティメット・エディション」が映像ソフトで販売されている。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のあらすじ・ストーリー

スーパーマンを危険視するブルース

母親を亡くした少女を助け、メトロポリスに甚大な被害を及ぼした元凶・スーパーマンを見つめるブルース

20年間、ゴッサム・シティで犯罪者と戦う「バットマン」として活躍してきた億万長者、「ブルース・ウェイン」は、両親が自分の目の前で殺された過去を思い出す。
そう、家族3人で寄り添いながら歩いていた冬の日、路上強盗に遭って父親のトーマス、母親のマーサがブルースの目の前で殺された日の事だ。

突然の両親の死に絶望したブルースは、葬儀の途中で森の中へ走り出し、大量のコウモリが棲む洞窟に転がり落ちてしまう。
大量のコウモリはブルースを襲わず、それどころか彼の周りを飛び交い、彼を地上に返したのだ。

過去に思いを馳せていたブルースは、ヘリでメトロポリスに到着し、車に乗り換えて自社ビルへ急いで向かう。
何故なら前作『マン・オブ・スティール』で、スーパーマンとゾット将軍による、地球の存亡をかけた激しい戦いが繰り広げられていたからだ。

メトロポリスにある自社ビルへ向かい、自分の会社「ウェイン・エンタープライズ」の社員たちを救おうとしたブルースだったが、無情にもスーパーマンとゾット将軍の戦いに巻き込まれた自社ビルは、彼の目の前で破壊されてしまう。

何人かの社員は負傷したものの、命に別状はなかったが、ブルースが崩壊直前まで連絡を取っていた社員は戦いに巻き込まれ、死んでしまった。
それどころか、ブルースが崩壊したビルの破片から救った幼い少女、その子の母親も同じ自社ビルのフロアにいて、死んでしまったのだ。

ブルースは少女を抱きしめ、地球侵略を目論むゾット将軍と、彼と空中で戦うスーパーマンの姿を目に焼き付け、彼の力を危険視して警戒を強める。

悪評が高まるスーパーマン

メトロポリスでの戦いに巻き込まれ、足を切断手術してしまったウォレスが、スーパーマンに恨みを込めて落書きしたシーン

それから18か月後、インド洋のどこかに沈んでいた「クリプトナイト(ワールド・エンジンの残骸から採れた、クリプト人に悪影響を及ぼす惑星クリプトの鉱物の事。この光を浴び続ければ力を失い、肌の色が緑色に変化したのち、死に至る)」が現地の人によって引き揚げられた。

アフリカ・ナイロミでは、デイリー・プラネット新聞社の記者「ロイス・レイン」と、彼女を利用して現地にいるテロリストの調査を行っていたCIAの男が、テロリストの男と彼が雇った傭兵たちに捕まってしまっていた。
CIAの男はカメラに隠された追跡探知機が見つかってしまったことで、アナトリ・クナイゼフに射殺され、ロイスも彼に殺されそうになってしまう。

そんな彼女の危険を察知したのか、メトロポリスの守護者としてヒーロー活動するロイスの恋人「クラーク・ケント(スーパーマンとも呼ばれている)」がその場に駆けつける。
何かが来ると察知したのか、傭兵たちはバイクでその場を立ち去ってしまい、残されたのはテロリストの男と、彼に人質に取られてしまったロイスだけだった。

クラークはロイスがテロリストの男の腕から手を離した瞬間、彼に突進して倒した。だが、クラークが愛するロイスを命の危機から救った一方、周辺地域はクラークが使った超能力によって甚大な被害を及ぼし、さらに駆けつけた政府によって住民たちは住処だけでなく命まで奪われてしまったのだ。

その事を嘆く女性の話を公聴会で聞いていた、アメリカ合衆国上院議員「ジューン・フィンチ議員」は、我々人類はスーパーマンによる功績にばかり囚われてしまったせいで、スーパーマンの力と彼が戦う事による弊害を見過ごしていたと話す。
メトロポリスの自宅に帰ったロイスは、そのすぐ後に訪ねてきたクラークに、「ナイロミで起きた件で公聴会が開かれた」と伝える。
ロイスは、クラークが自分を助けにきてくれるたびに大きな犠牲が出てくることを考え、別れを切り出すが、一輪の花を差し出してくる彼の愛に結局絆されてしまう。

一方ブルースは、ゴッサム・シティで犯罪者と戦う守護者「バットマン」として活動しながら、ロシアの武器密売人である「アナトリ・クナイゼフ」の足取りを追っていた。バットマンが焼き印をのこした犯罪者の男を、ニュースで見たクラークはバットマンに興味を抱く。

レックス・コープの社長「レックス・ルーサーJr.」は、自社に呼び出したフィンチ議員に、ゾット将軍がテラフォーミングしようとしたインド洋の海底から引き揚げられた「クリプトナイト」が、クリプト人に対する抑止力になると主張する。
ルーサーJr.は既に、軍の研究所に保管されたゾット将軍の遺体と、ゾット将軍が乗っていた宇宙船の研究を行っていた。

ウェイン・エンタープライズで働いていた社員「ウォレス・キーフ」は、メトロポリスでの戦いに巻き込まれ、足を切断手術するほどの大怪我を負い、車椅子を使ってメトロポリスでの戦いに巻き込まれて死んだ人たちを弔う慰霊碑に足を運ぶ。
そして、スーパーマンに恨みを抱くウォレスは、慰霊碑の前に建てられたスーパーマンの彫像によじ登り、赤いスプレーで「偽の神」とメッセージを遺す。

バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンの出会い

フィンチ議員を懐柔しようとするルーサーJr.

それはニュースで報道され、デイリー・プラネット新聞社で働いていたロイスの上司「ペリー・ホワイト」や、ロイスとクラークもその報道とメッセージを見てしまう。
その後、クラークはバットマンの「恐怖による支配」で犯罪者を裁くやり方を非難しつつも、ペリーに彼の記事を書きたいと交渉していた。

ロイスは、ナイロミで殺されたCIAの男が持っていた手帳に埋め込まれた銃弾が、闇市場にも取引されていない武器であることを突き止め、その調査のためにワシントンDCへ。
ワシントンDCにある国防総省を訪ねたロイスは、カルヴィン・スワンウィック国防長官へ、ナイロミで起きた事件で使用された武器について質問する。

ルーサーJr.は、今度はフィンチ議員を自宅に呼び出し、彼女に一度話したクリプトナイトの輸入許可を貰おうとするが、彼女に「抑止力になろうとも、殺人兵器を国内には持ち込ませない」と拒否される。
これに苛立つルーサーJr.は、スーパーマンが悪魔のようだと囁いて脅すが失敗し、彼女を懐柔してクリプトナイトを密輸入させるため、必要な資金の融資を得る目論見は失敗に終わった。

潜入前、バットマンスーツを見つめるブルース

ブルースは、長年にわたりウェイン家に仕える自分の執事「アルフレッド・ペニーワース」と情報収集した結果、自分たちが追っているアナトリ・クナイゼフが、ルーサーJr.と接触していることを知る。
そしてブルースは、ちょうどタイミング良くルーサーJr.からパーティーに招待されたことから、レックス・コープのパーティーへ潜入する。

ブルースはアルフレッドの指示に従い、ルーサーJr.が参加者にスピーチをしている隙を狙って、メインフレームコンピュータから機密データを盗み取ろうと準備をする。
その後、パーティーに戻ったブルースは偶然クラークに遭遇し、彼から「バットマンのやり方は市民の自由を踏みにじり、恐怖で支配している。法に逸脱している」と言われてしまう。

これにカチンときたブルースは、デイリー・プラネット新聞社がよく記事に載せるスーパーマンの事を話題に出し、「スーパーマンは地球を破壊しかけた、彼を止めないと大変なことになる」と告げて2人は険悪な雰囲気になる。
ブルースはルーサーJr.が軽く挨拶しにきたことを機に、その場を抜け出して再びメインフレームコンピュータへ行き、転送準備が整ったことから機密データを盗み出そうとする。

颯爽と立ち去っていったダイアナ

そこへ古美術ディーラーとして現代を生きるアマゾネス族の王女「ダイアナ・プリンス(ワンダーウーマン)」が通りすぎていき、ブルースは気になって彼女の後を追いかけたが、彼女は颯爽と車に乗って立ち去ってしまった。
ダイアナの目的は、自分の写真・素性が記された資料を消去すべく、その情報が入った機密データを盗むことだった。
一方クラークは、ブルースの後を追いかけようとした時に偶然ニュース番組で、女性が1人大火災から逃げられない姿が報道されているのを見て、スーパーマンとして救出して近隣住民から「救世主」として崇められていた。

危険視されるスーパーマン、審問にかけられる

どんな場所でも、困った人がいれば助けに駆けつけるクラーク

しかし自然災害や国家レベルの災害に関与し、人々を救っているスーパーマンをヒーローとして慕う者もいれば、スーパーマンの能力や戦いの被害によって「地球外から来た脅威、異星人」として地球から追放すべきだという者もいたのだ。
スーパーマンが本当に救世主なのかどうか、その能力と存在を野放しにしていいのかどうか、審問にかけようとするフィンチ議員の前に、ルーサーJr.の手助けを受けて釈放されたウォレスが接触してくる。

ブルースは後日、ダイアナが持っていった機密データを返してもらい、自宅に戻って何重ものロックがかけられたデータの解析をしていく。
するとデータの解析中、ブルースは謎の襲撃者と戦った末、スーパーマンに殺される自分の姿を夢の中で見た。

そしてブルースは、何者かからロイスの重要性を訴えられ、警告されたところで目が覚めた。
ブルースは解析したデータから、ルーサーJr.がクリプトナイトを船で輸入していることを知り、スーパーマンを倒す武器にしようと考え、クリプトナイトの奪取を目論む。

スーパーマンは人類の敵ではないと主張するアルフレッドに、ブルースはメトロポリスでの戦いで多くの犠牲者が出たことを踏まえ、スーパーマンの危険性を訴えて説き伏せる。
ロイスは再度スワンウィック国防長官に会い、悪評が高まったスーパーマンの汚名を晴らそうと協力を求め、やっと銃弾の調査が行われることになった。

ルーサーに雇われたアナトリ・クナイゼフ率いる部隊が、クリプトナイトの密輸入が行われている現場に、バットモービル(バットマンが愛用している特殊車両)に乗ったバットマンが現れる。

突如現れたスーパーマンと、彼に釘を刺されたバットマンの初めての対面シーン

ブルースはバットマンとして彼らと戦い、執拗に追いかけてカーチェイスを繰り広げたが、そこへスーパーマンであるクラークが現れる。

クラークは「バットシグナル(バットマンを召喚する手段として使われる、大きなバットのシンボルが空に投影されるよう改造されたサーチライトのこと)があがっても出しゃばるな、バットマンはもう終わりだ。今回は見逃す」と告げ、ブルースの「教えてくれ、血は流れるのか」という質問には答えず、その場を立ち去っていった。

ブルースはその日にクリプトナイトを盗むことは出来なかったが、クリプトナイトを運ぶトラックにつけた追跡装置により、本当にルーサーJr.がクリプトナイトを会社へ密輸入させている事実を突き止めた。
スーパーマンの妥当性について議会の審問が行われる公聴会の前日、クラークはカンザスに住む養母「マーサ・ケント」の元を訪れ、彼女から「ヒーローになりなさい。皆の象徴、皆の天使に。でもならなくてもいい、この世界に借りはない」と励まされる。

ロイスはスワンウィック国防長官との密会で、銃弾はレックス・コープで製造されたものであり、砂漠に傭兵団を持つルーサーJr.の策略により、スーパーマンは罪と共に汚名を着せられたことを知る。

公聴会にスーパーマンとして現れたクラーク

公聴会当日、ロイスとマーサなどクラークを擁護する者、ブルースやルーサーJr.などクラークを危険視する者が見守る中、議会にスーパーマンとしてクラークが現れる。
だが、フィンチ議員による質疑の場で突如爆発事件が起き、多くの死傷者が出てしまう。それは、ルーサーJr.が爆弾を仕込んだ車椅子をウォレスに贈り、彼を証人として議会に参加させたことで起きたことだった。

それにフィンチ議員が気づくも、その直後に爆発事件が起きてしまった。スーパーマンは炎に包まれた議会で、ナイロミやメトロポリスで起きたことも、この場で起きた爆発事件も全て、自らが存在することで他の誰かが巻き込まれてしまう事を思って自責の念に苛まれる。

その報道を見ていたブルースは、支援しようとしていたウォレスが暴言を書いた自分宛ての手紙を読みながら、ウォレスを利用して殺したルーサーJr.に沸々と怒りが沸いてきていた。
ブルースはその夜、バットマンとしてレックス・コープを襲撃し、クリプトナイトを盗んだ。

自責の念に苛まれたクラークは、養父や実父の願いを実現させたスーパーマンとしての在り方や存在意義が分からなくなってしまう。ロイスはそんな彼を励まそうとしたが、クラークはメトロポリスから去り、人々の少ない土地へ放浪の旅に出てしまった。

ブルースはアルフレッドと共に、クリプトナイトを組み込んだ対スーパーマン用の武器を開発していく。
その時、ブルースは解析したデータの中から、ルーサーJr.がメタヒューマン(人間と似た容姿をしているが、人間を超えた能力を持つ存在のこと)について調査していた資料を見つける。

調査対象は、海底人でアトランティスの王子「アーサー・カリー(アクアマン)」や機械化した体を持つ「ヴィクター・ストーン(サイボーグ)」、超高速で移動する「バリー・アレン(フラッシュ)」とアマゾネスの王女でゼウスの娘「ダイアナ・プリンス(ワンダーウーマン)」の4人のメタヒューマンだった。
ダイアナがメタヒューマンだと知って、ブルースは驚く。

宇宙船を再起動させたルーサーJr.は、自分の血をゾット将軍の遺体に混ぜ込ませ、蘇生させようとする。
放浪の旅に出たクラーク、打倒スーパーマンに燃えるブルース、2人はそれぞれ違う場所で、亡き父親の事を思っていた。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

マン・オブ・スティール(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『マン・オブ・スティール』とは、2013年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。「DCコミックス」の人気アメリカン・コミック『スーパーマン』の実写映画作品である。『スーパーマン』シリーズを含めると、本作は通算第6作目の作品だ。科学や文明が発達して人工生育が常識である、地球から遠く離れた惑星「クリプトン」で、数百年ぶりに自然出産で「カル=エル」という子供が生まれた。のちに「スーパーマン」と呼ばれる彼は、子供のいなかった夫妻に育てられたのち、自分の出自を知るための旅にでる。

Read Article

ジャスティス・リーグ(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジャスティス・リーグ』とは、2017年公開のアメリカ合衆国制作のヒーロー映画である。ワーナー・ブラザーズ、DCコミックスが展開するシェアワールド『DCエクステンデッド・ユニバース』の5作品目にあたる。コミックスの初登場は1960年であり、初めての映画化となる。 前作でスーパーマンが敵と相打ちしていなくなった地球。そこへ地球の環境を激変させ侵略しようとする敵が攻めてくる。スーパーマン亡き今、バットマンがヒーローチームを結成してそれに立ち向かう物語である。

Read Article

ワンダーウーマン 1984(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワンダーウーマン 1984(DCEU)』とは、2020年に公開されたアメリカのスーパーヒーロー映画で、2017年世界中で大ヒットした『ワンダーウーマン』の第2作目である。1984年を舞台とし、人々の欲望を叶える「ドリーム・ストーン」を手に入れた実業家による陰謀で世界中に混乱を招くが、その陰謀を阻止すべくワンダーウーマンが立ちはだかる。人間の欲望、愛との狭間での苦悩を描きつつ、陸海空を舞台に壮大なアクションが繰り広げられる。

Read Article

ワンダーウーマン(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワンダーウーマン』とは、2017年にアメリカで制作された実写映画。監督はパティ・ジェンキンス。 アメリカンコミックであるDCコミック『ワンダーウーマン』シリーズを原作としている。 女性だけが住む島、セミッシラで育ったアマゾン族の王女であり屈強な戦士であるダイアナは偶然「外の世界」からやってきたパイロット、スティーブ・トレバーを救出する。第一次世界大戦の最中、ダイアナは悲惨な戦いの元凶は神アレスと確信し、トレバーと共に「外の世界」へ旅立つ。

Read Article

スーサイド・スクワッド(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーサイド・スクワッド』とは、2016年8月にアメリカ合衆国で公開された、悪役だらけのヒーローアクション映画である。DCコミックスが刊行する人気アメリカン・コミックスシリーズ『スーサイド・スクワッド』の実写映画化されたものでもある。スーパーマンの死から数か月後、米国政府の高官・アマンダによる対メタヒューマン特殊部隊「タスクフォース」、通称”スーサイド・スクワッド”のメンバーになった元精神科医ハーレイ・クインが、恋人のジョーカーと複数の犯罪者たちと共に、世界崩壊の危機に立ち向かっていく。

Read Article

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』とは2020年に公開されたDCコミックス作品で『スーサイド・スクワッド』で初登場して人気となったハーレイ・クインが主役となるスピンオフ映画である。 悪のカリスマ、ジョーカーと破局して、自由に生きようとするハーレイ・クイン。しかし、舞台となるゴッサムシティでこれまでに悪党から恨みを買っており、ついには街を牛耳る顔剥ぎが趣味のマフィアである最悪のサイコ、ブラックマスクに狙われる。彼女と同様に今の境遇から抜け出そうとする女性4人と手を組みブラックマスクと対決する。

Read Article

アクアマン(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アクアマン』とは、アメリカ合衆国で2018年12月21日に公開されたスーパーヒーロー映画。日本では2019年2月8日に公開された。「DCコミックス」のアメリカン・コミック『アクアマン』の実写映画で、『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズの6番目の作品である。監督はジェームズ・ワン。海底王国アトランティス帝国の女王である母と、人間の父との間に生まれた主人公アーサー。人間として地上で成長したアーサーだったが、ある日を境に海底王国間の戦争に巻き込まれる事になる。

Read Article

ウォッチメン(Watchmen)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウォッチメン』とは、映像化不可能と言われたアメリカン・コミックを、「300/スリーハンドレッド」のザック・スナイダー監督が実写映画化した作品。かつてはスーパー・ヒーローだった男が何者かに殺され、彼の仲間だったヒーロー達が真相を突き止めようとする謎解きミステリー要素の強い2009年製作の異色ヒーロー・ドラマ。日本では映倫によりR-15指定を受けた。

Read Article

魔法にかけられて(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法にかけられて』とは、2007年にウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作したミュージカル映画。ディズニー伝統のアニメーションと実写を融合し、過去のディズニー作品からのセルフパロディや楽しいミュージカルナンバーを随所にちりばめて描いたファンタジック・ラブ・コメディ。王子との結婚式の日に魔女に騙されて現代のニューヨークへと送り込まれたおとぎの国のプリンセス・ジゼルは、見知らぬ世界の中で困り果てていた時、弁護士の男性・ロバートと出会い、やがて彼に惹かれていく。

Read Article

ジョーカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョーカー』とは、2019年にアメリカ合衆国で作成されたスリラー映画である。DCコミックス『バットマン』に登場するスーパーヴィランであるジョーカーが主人公となっており、2019年10月4日に日米同時公開された。舞台は、まだバットマンが誕生する以前の、不景気により治安の悪化する1981年のゴッサム・シティ。後のジョーカーことアーサーは、発作的に笑い出してしまう病と病弱な母親を抱えながら、一流のコメディアンを目指して貧しい生活を送りながらピエロのアルバイトを続けていた。

Read Article

ジョン・ウィック:パラベラム(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョン・ウィック:パラベラム』とは、2019年5月に公開されたアメリカ合衆国のアクション映画。 『ジョン・ウィック』シリーズの三作目となり、引き続き主演をキアヌ・リーヴスが務める。 日本版のポスター等で使われたキャッチコピーは「世界はお前を許さない」。 コンチネンタル・ホテルで殺しをしてはいけないと言う掟を破ったジョンは、1400万ドルの賞金を懸けられたことにより世界中の殺し屋から追われる身となる。 満身創痍となったジョンはかつて血の誓印を交わしたソフィアに協力を求めモロッコへ向かう。

Read Article

ワイルド・スピード MEGA MAX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワイルド・スピード MEGA MAX』とはアメリカ合衆国で制作されたカーアクション映画である。『ワイルド・スピード』シリーズの第5作目。護送中のドミニク・トレットを救出し、共にブラジルに逃亡した元警察官のブライアン・オコナーとミア・トレットは、逃亡生活に終止符を打つ為、裏社会を牛耳る黒幕から1億ドルを強奪する計画を立案する。世界中から凄腕ドライバーの仲間たちを集め、裏社会に立ち向かう。警察と犯罪者たちが協力するかつてないストーリーだが、立場を超えた信頼関係と友情が感じられる映画となっている。

Read Article

シャザム!(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『シャザム!』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のヒーローアクション映画。DCコミックスのクロスオーバー作品『DCエクステンデッド・ユニバース』の第7作品目として製作された、スーパーヒーロー映画である。DCコミックスの『シャザム』を主人公としている。家出を繰り返す孤児「ビリー・バットソン」が、魔術師・シャザムとの出会いをきっかけに、里親と一緒に暮らす子供たちと絆を築いて成長していく。その一方で、シャザムと会った事があるサデウスは、悪の道を歩み始める。

Read Article

ゴーン・ガール(Gone Girl)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴーン・ガール』とは、ギリアン・フリンによる同名小説を基に製作されたアメリカの映画である。原作はアメリカで実際に起きたスコット・ピーターソン事件とテレビ番組ナンシーグレイスショーを元に執筆されたといわれている。ニックとエイミー夫妻5回目の結婚記念日にエイミーが消えてしまう。警察による事件の捜査が始まるが、ニックに不審な点が見つかり、彼が容疑者として疑われる。徐々に狂っていく夫婦関係を描いたミステリー・スリラー映画である。

Read Article

ストリート・オブ・ファイヤー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ストリート・オブ・ファイヤー』とは、ウォルター・ヒル監督による1984年製作のアメリカ映画。ロックンロールを中心とした音楽が効果的に使用された、ミュージック・ビデオ感覚のアクション映画である。本国アメリカよりも、日本で熱狂的に受け入れられ、1984年の「キネマ旬報」人気投票では読者部門第1位を獲得した。リッチモンドの街を舞台に、ストリートギャング“ボンバーズ”に拉致されたかつての恋人を救うため、故郷に帰ってきたヒーローの活躍を描く。

Read Article

君が生きた証(Rudderless)のネタバレ解説・考察まとめ

『君が生きた証(Rudderless)』は2014年にアメリカで製作された音楽映画である。『ファーゴ』などで知られるベテラン俳優ウィリアム・H・メイシーの初監督作品である。優秀な広告マンだったサムは、大学生の息子ジョシュを銃乱射事件で失ってしまう。悲しみからすさんだ生活をしていたサムはジョシュが残した歌があることを知り、ライブバーで飛び入り参加し、歌を披露する。そこで出会った青年クエンティンとバンドを結成することになるが、サムには大きな秘密があった。

Read Article

コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)のネタバレ解説・考察まとめ

『コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)』とは、2015年の英米合作で制作されたスパイ・アクション映画。1960年代に、アメリカや日本で放映されたテレビドラマ『0011ナポレオン・ソロ』をリメイクした映画。監督は『シャーロック・ホームズ』シリーズを手掛けたガイ・リッチーが務めた。アメリカの「タイム」誌は、本作を「2015年の映画トップ10」の第9位に挙げている。 東西冷戦下を舞台に、米ソ両国のエージェント同士が手を組み凶悪テロを阻止するというスリリングなストーリー。

Read Article

ワイルド・スピード EURO MISSION(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワイルド・スピード EURO MISSION』とはアメリカ合衆国で制作されたカーアクション映画である。『ワイルド・スピード』シリーズの第6作目。ブラジルの犯罪王から大金を手に入れたドミニク・トレットを含む仲間たちは自由気ままな暮らしをしていた。しかし、死んだはずのドミニク・トレットの元恋人であるレティ・オルティスが生きていることを知り、彼女が所属している国際的犯罪組織との闘いにドミニク・トレットとその仲間たちが突入していく。家族を守る為のドミニク・トレットの優しさと正義感が伝わる映画である。

Read Article

メッセージ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『メッセージ』(原題:Arrival)とは、本作後に「ブレードランナー2049」を撮るドゥニ・ヴィルヌーヴ監督によるSFムービー。 突如地球上に現れた巨大な宇宙船。飛来した目的を探ろうと、船内の異星人とコミュニケーションをとるため軍に依頼された女性言語学者が、彼らと接触するうちに未来を見ることが出来るようになり、自分の人生を見つめ直していくシリアスタッチの知的なドラマ。2016年製作のアメリカ作品。

Read Article

マイ・ドッグ・スキップ(My Dog Skip)のネタバレ解説・考察まとめ

『マイ・ドッグ・スキップ』とは、2000年にアメリカ合衆国で公開された、孤独な少年と飼い犬の交流を描くヒューマン映画である。原作は作家ウィリー・モリスによる同名の自伝小説『My Dog Skip』。 原作者の回想記を元に、一匹の子犬との出会いによって、孤独な少年が愛と友情と別れを学び成長していく実話に基づいた感動ストーリー。監督はジェイ・ラッセル、主演はフランキー・ムニッズが務めた。

Read Article

ダークナイト ライジング(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2012年に公開された、アメリカ・イギリス共同制作の実写アクション映画。監督はクリストファー・ノーラン。 ゴッサム・シティに平和が訪れ、ブルース・ウェインもバットマンを引退していた。しかしベインと名乗るテロリストが現れ、ゴッサムは再び壊滅の危機にさらされる。 バットマンとして復活したブルースが、窮地に陥りながらも、ゴッサムのために命を懸けて戦う姿が描かれる。

Read Article

ジョン・ウィック:チャプター2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョン・ウィック:チャプター2』とは、2017年に公開されたアメリカのアクション映画。 前作同様主演をキアヌ・リーブスが務める。 『ジョン・ウィック』の続編であり、前作から5日後に起こった出来事を描く。 前作で亡くなった妻から贈られた飼い犬の復讐を遂げたジョンの元に、イタリアンマフィアのサンティーノから新たな殺人を依頼される。ジョンがその依頼を断ったことでサンティーノが彼の家をバズーカ砲で木っ端みじんにしてしまったことで再びジョンの復讐劇が始まる。

Read Article

ワイルド・スピード MAX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワイルド・スピード MAX』とはアメリカ合衆国で制作されたカーアクション映画である。『ワイルド・スピード』シリーズの第4作目。仲間と石油強盗をしながら生計を立てるドミニク・トレットは警察に追われていた。警察から守る為に仲間の元を去ったが、恋人のレティ・オルティスが殺されたことを知る。友人であるブライアン・オコナーたちと協力し犯人であるアウトゥーロ・ブラガへの復讐を果たす。カーチェイスアクションも多く、スリル満点だが、その中でも友情や恋人への愛などを感じる映画となっている。

Read Article

ジョーカーも驚くバットマンと対決したヘンなヴィランまとめ

アクションもさることながらダークな世界観とリアルな人間描写で世界中のファンを虜にし続ける長寿アメコミ、バットマン。そんなバットマンが今まで戦ってきたヴィラン(悪役)たちは凶悪で残忍な犯罪者ばかり。だが、そんなヴィランたちの中にも一風変わった変なキャラクターがいる。バットマンの人気を支えた縁の下のヘンなヴィランを紹介する。

Read Article

バットマンの悪役はかっこいい!!

誰もが知っている、ブラックヒーロー「バットマン」。それはバットマンだけではなく、悪役がいて初めて成り立つ協奏曲のようなものである。だからこそそんな悪役に焦点を当てれば、圧倒的な存在感、さらには魅力的なコスチュームなど悪役ならではの魅力に満ちている。今回はそんなバットマンの悪役の魅力的なヤツに焦点を当ててみた!!

Read Article

目次 - Contents