ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(Harry Potter and the Prisoner of Azkaban)のネタバレ解説まとめ

Sid0002807

三年生となったハリ―。魔法界を訪れるとアズカバンに投獄されていたシリウス・ブラックが、脱獄していたことを知る。シリウスが自分を狙っていることを知るハリー。学生時代、父とシリウスが親友だったことを知り、ハリーは父を裏切ったシリウスに対し憎しみを抱き始める。
J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第三弾。

あらすじ

魔法の暴走によって叔父の妹を膨らませてしまったハリー。家を飛び出したハリーの前に迷子の魔法使い専用バス「夜の騎士バス(ナイトバス)」が現れる。それに乗り魔法界の宿泊地、漏れ鍋に数日間身を寄せることとなる。魔法界はアズカバンに殺人犯投獄されていたシリウス・ブラックの脱獄により騒然としていた。ホグワーツでも特別措置として、アズカバンの看守、ディメンターを常駐させることとなっており、生徒たちは不安に包まれる。再びホグワーツでの生活が始まると、ハリーはシリウスが自分の命を狙っているらしいことを知る。父の親友であったにも関わらず裏切ったシリウスを憎むハリー。しかしシリウスは無実であること、真犯人は別にいることを知り協力することに。死んだはずのペティグリューを連行しようとした彼らの元に吸魂鬼の群れが……。シリウスを救うため、奪われる必要のなかった命を救うため、逆転時計で過去に戻ったハリーたちは吸魂鬼の群れに挑む。

用語

吸魂鬼(ディメンター)

Fullsizerender  9

地上を歩く生物の中で忌まわしきものの一つとされている生物。人間の幸福や喜びなどプラスの感情を吸い取り、相手の活力を奪う。そのため、監獄アズカバンの看守をしている。フードの中には口が隠されており、重罪を犯した死刑囚には「吸魂鬼の接吻」が下される。これを執行された人間は魂を吸い取られ廃人と化すため、フードの中を見ても説明できる人間はいない。魔法を使える人間のみ視認できる。守護霊の呪文によって退治することができる。また、動物のように感情が複雑でない生き物に関しては認識することができない。

守護霊の呪文

Fullsizerender

有体の守護霊

「守護霊よ、来たれ(エクスペクトパトローナム)」と唱える。かなり難易度が高い。幸福な思い出を思い浮かべることで守護霊を呼び出すことができる。吸魂鬼を追い払うことができる他、かなりの熟練者になると守護霊に伝言を託すこともできる。守護霊は実在する動物や魔法生物の姿をしていることが多く、術者によってその姿は違う。術者の精神状態や人間関係が大きく影響するため違う生物に変化することもある。ヴォルデモートや死喰い人は守護霊を出すことができない。

主要な登場人物

ハリー・ポッター(演:ダニエル・ラドクリフ/吹替え:小野憲章)

Fullsizerender  3

主人公であり、グリフィンドール生。叔父の妹に両親をバカにされたことで魔法が暴走。家を飛び出してきてしまう。両親を亡くした経験のせいか、吸魂鬼の影響を受けやすい。身を守るために守護霊の呪文を覚え、今作中盤には有体の守護霊を出すところまで可能となった。守護霊は牡鹿の姿をしており、これは父親ジェームズと同じである。
心優しく勇敢な性格。父の親友であったシリウスが裏切ったことに怒った様子を見せるなど、今作では感情的な部分も見られる。

ロナルド・ビリウス・ウィーズリー(演:ルパート・グリント/吹替え:常盤裕貴)

Fullsizerender  1

ハリーの親友であり、グリフィンドール生。今作冒頭ではくじに当たり臨時収入が入ったことで、家族で旅行に行っている。また、前作で折れた杖も新調している。
友達思いの優しい性格。お調子者であるものの、いざという時は体を張るなど勇敢な部分もある。ペットのネズミであるスキャバーズを大切に思っており、そのせいでハーマイオニーと喧嘩している様子もたびたび見られる。

ハーマイオニー・グレンジャー(演:エマ・ワトソン/吹替え:須藤裕実)

Fullsizerender  2

ハリー、ロンの友人であり、グリフィンドール生。成績優秀で学ぶことが大好き。たくさんの授業をとっており、中には時間が重なっているものもある。今作から新しくペットとして猫のクルックシャンクスを飼っている。
真面目で心優しい。真面目すぎるが故に融通の利かない部分があり、そのせいでロンやハリーと喧嘩することもしばしば。約束したことや友達のためなら一人でも無理をしてしまうなど、不器用な一面も見られる。

今作で重要な人物

シリウス・ブラック(演:ゲイリー・オールドマン/吹替え:辻親八)

Fullsizerender  8

グリフィンドール出身で、学生時代のハリーの父ジェームズの親友。大量殺人と友人のピーター・ペティグリューを殺害したとしてアズカバンに投獄されていた。ヴォルデモート復活のためにハリーを狙っているとされており、ホグワーツ周辺でたびたび姿を目撃されている。
学生時代はジェームズと共にイタズラを仕掛けていたらしい。ハリーの後見人。

リーマス・ルーピン(演:デヴィット・シューリス/吹替え:郷田ほづみ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ハリー・ポッターと賢者の石(Harry Potter and the Philosopher's Stone)のネタバレ解説まとめ

イギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリーが闇の魔法使いヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。魔法学校を通じて、ハリーと友人たちの絆や成長を描いていく。 1997年に刊行されたJ・K・ローリング原作小説を映画化したもので、2001年に公開された。ハリーポッターシリーズ第一弾。

Read Article

ハリー・ポッターと死の秘宝(Harry Potter and the Deathly Hallows)のネタバレ解説まとめ

ホグワーツに戻らず、分霊箱を探す旅に出かけたハリー、ロン、ハーマイオニー。数少ない手がかりを探しながら、困難な旅を続けていく。そんな中ホグワーツにヴォルデモートが現れ、戦闘が始まる。多くの仲間が死んでいく中、ついにハリーはヴォルデモートと対峙することになる。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ。第七弾。

Read Article

ハリー・ポッターと謎のプリンス(Harry Potter and the Half-Blood Prince)のネタバレ解説まとめ

活発に活動を始めた死喰い人。ハリーとダンブルドアはヴォルデモートを倒すため、秘密裏に対策を取り始める。そんな中ハリーは半純血のプリンスと署名された魔法薬学の教科書を発見。疑いながら、所有者に感情移入していく。しかし、死喰い人がホグワーツに現れたことで状況が一変。ダンブルドアが倒され、ホグワーツは最大の危機に陥る。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第六弾。

Read Article

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(Harry Potter and the Goblet of Fire)のネタバレ解説まとめ

四年生となったハリーたち。ハリーは何者かの陰謀により、トライ・ウィザード・トーナメントに参加することとなる。待ち受ける過酷な課題を乗り越えていくハリー。そんな彼の前で因縁の敵、ヴォルデモートがついに復活する。肉体を持ったヴォルデモートと初めて戦うことになったハリー。その強大な力に圧倒される。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第四弾。

Read Article

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(Harry Potter and the Order of the Phoenix)のネタバレ解説まとめ

復活を遂げたヴォルデモート。しかし魔法省はそれを受け入れずホグワーツに干渉するようになる。そんな中、ダンブルドアは「不死鳥の騎士団」を再び活動させる。五年生となったハリーたちはヴォルデモートに対抗するため、ダンブルドア軍団を結成。そしてヴォルデモートや死喰い人と再び対峙することとなる。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第五弾。

Read Article

ハリー・ポッターと秘密の部屋(Harry Potter and the Chamber of Secrets)のネタバレ解説まとめ

二年生になったハリーはドビーに「ホグワーツに行ってはいけない」と忠告を受ける。そして忠告通り、ホグワーツで生徒が襲われるという事件が発生。五十年前に開かれたという秘密の部屋をヒントに、ハリー、ロン、ハーマイオニーがその謎を追う。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第二弾。

Read Article

共通点が見えてくる?ハリー・ポッター主な登場人物の組み分けまとめ

ハリー・ポッターシリーズの登場人物の組み分けについてまとめました。 大人気小説の物語を彩る魅力的な登場人物たち。 彼らが通うホグワーツにはそれぞれ違う性質を持つ4つの寮に生徒を組み分ける儀式があります。 彼らが何故その寮に組み分けられたのか分かれば物語がより楽しめるかも!?

Read Article

Contents