レオン(Leon、The Professional)のネタバレ解説まとめ

71eaou3p 2bhl. sl1440

『レオン』とは、1994年公開のリュック・ベッソン監督によるアメリカ・フランス合作のアクション映画。
ナタリー・ポートマンの映画デビュー作であり、本作によって脚光を浴びることとなった。
幼いころから殺し屋として生きてきた男レオンと、父親と義姉の虐待により幼い弟にしか心を開けない少女マチルダ。 ある出来事から殺しを教えることになったレオンとマチルダの奇妙な共同生活を描く。
日本公開時のキャッチコピーは「凶暴な純愛」。

『レオン』の概要

1472547314 gcnrx7

『レオン』とは、リュック・ベッソン監督のハリウッド発の監督作品。
当初はあまり会社から重要視されていなかったが、美しい映像やこれまでにないようなダークなストーリーに本作は予想を上回る大ヒットでリュック・ベッソンの代表作となる。
また主演を務めたジャン・レノ、ナタリー・ポートマンの出世作となった。
オリジナル版と22分の未公開シーンを収録した完全版があるが、完全版に追加されたシーンにはレオンの過去やマチルダの暗殺の練習などが含まれており、試写会の際に暗殺の訓練のシーンや大人の男性と少女の愛を交わすシーンに「不健全すぎる」などの声があり、 やむを得ず問題のシーンをカットしたものが劇場では上映された。

『レオン』のあらすじ・ストーリー

Image2

マチルダがレオンの為にミルクを買いに行くシーン

物語の主人公レオンはプロの殺し屋であり、イタリア系マフィアのボスのトニーからの任務を遂行する日々を送っていた。
ある日、任務を終えたレオンはアパートの階段で顔を殴られ鼻血を出している少女・マチルダと出会い、ハンカチを差し出す。
「大人になってもつらいの?」と問われるレオンは「つらいさ」と答える。
マチルダは麻薬の運び屋をしている父ジョセフや義姉ジョアンから虐待を受けるばかりか、義母のマージにも全く関心を向けられていなかった。そんな中幼い弟マイケルだけは愛していた。
翌日、マチルダは家に居たくないとレオンのためにミルクを買いに行くが、買い物に行っている間マチルダの家には麻薬密売組織のスタンスフィールドが訪問していた。
ジョセフは私欲から麻薬を着服しており、そのことを見抜いたスタンスフィールドは部下と共に報復に向かったのだ。
スタンスフィールドはジョセフの家に入るなりジョアンとマージを射殺、ジョセフに麻薬のありかを問い詰めるが、ジョセフは銃を取り抵抗する。
結果現場は銃撃戦となりジョセフは射殺され、銃声が止んだ頃にはマイケルは流れ弾に当たり死亡していた。
そして買い物から帰ってきたマチルダは自宅の玄関に殺されたジョセフを見つける。
マチルダは自宅を素通りしレオンに助けを求め、レオンは迷った末に彼女を保護する。
同時期に麻薬を見つけたスタンスフィールドは部下を一人現場に残すと、騒ぎを聞きつけ駆け付けた警察に「職務を遂行した」と伝えろと言い去っていった。

Crying matilda

マチルダがレオンに助けを求めるシーン

残されたマチルダにレオンは声をかけるが、そこで彼女の救われない現状を知る。
レオンがミルクを取りに行くと席を外すと、マチルダは机の上のトランクを勝手に開け、中に入っていた殺しの道具から彼が『掃除屋』であることを知る。
マチルダは彼に弟の仇を殺す依頼をするが、提示された額はとても彼女に支払える額ではなかった。
そこで彼に殺しを教わろうとするもレオンはそれを受けようとせず、今日はもう寝ろとマチルダに言い部屋から出て行った。
翌日マチルダはレオンにもう一度殺し屋になりたいと頼むがやはり彼は承諾しなかった。
するとマチルダは窓から銃を乱射し「これでも?」と言い放つ。
呆気にとられたレオンは渋々彼女の提案を受けることに。
レオンはホテルの一室を借り、トニーにライフル用意してもらうとマチルダに狙撃の方法を教えることにした。
ライフルの反射光で狙撃を悟られてはならない。床より明るい服は着てはならない。
その後も様々な銃の使い方を教わるだけでなく、時には『思考力と記憶力の訓練になる最高のゲーム』と著名人の姿に扮するゲームをしたりしながら、二人の日々は過ぎて行く。
家族の愛を知らずに育ったマチルダと、孤独な殺し屋レオン。
奇妙な共同生活の中で、二人は欠けていた物をお互いに見出していく。

D2f16c56da5d56c7b51b749100874fda

マチルダの暗殺訓練のシーン

E0042361 23491980

『思考力と記憶力の訓練になる最高のゲーム』

ある日レオンが仕事に行き一人になったマチルダは、家族の殺害現場を見に行く事にするが、そこで偶然スタンスフィールドと居合わせる。彼はこの件の首謀者として警察から事情聴取を受けていた。
警察との会話からマチルダはスタンスフィールドが弟の仇であり、後を追った末に彼が麻薬取締局の警察官であることを知る。
麻薬密売組織は、彼を含め麻薬取締局が絡んでいたのだ。
マチルダはピザの宅配を装い麻薬取締局へ侵入し、スタンスフィールドを見つけ後を追う。
しかしスタンスフィールドは追われていることに気づいており、逆にマチルダは捕まってしまう。
スタンスフィールドはマチルダに目的を問いただすが、二人の元にスタンスフィールドの手下が現れ彼の手下の一人が殺されたことを伝える。
彼の手下を殺したのはレオンで、彼はマチルダのために彼女の一家殺害に関与した人間への復讐を始めていた。
一人を始末したのち帰宅すると、マチルダの置手紙によりレオンは彼女がスタンスフィールドを殺害しに行ったことを知る。
レオンは早速麻薬取締局へ乗り込み、スタンスフィールドの手下を殺しマチルダを救出する。
しかし、これによってスタンスフィールドはトニーの配下が自分の部下たちを殺しているのだと目星をつけ、トニーの元を訪問。
実はトニーとスタンスフィールドは組んでおり、今までレオンが行ってきた殺しは元をたどればスタンスフィールドの依頼だったのだ。
スタンスフィールドはトニーとの会話でレオンが自分の部下を殺していると確信する。
翌日スタンスフィールドは警察の全部隊を率いてレオンの住むアパートに突入させた。
レオンはこれに気づき抵抗、戦いのさなか換気扇を破壊し通気口からマチルダ脱出させ、トニーの店で落ち合うことを約束する。
自身は負傷した突入部隊に扮し脱出を試みるが、その様子をスタンスフィールドに目撃されあと一歩のところで背後から銃撃を受けてしまう。

20140612170721

レオンが背後から銃撃されるシーン

自分の死を悟ったレオンは、息も絶え絶えになりながら手榴弾のピンを抜き、スタンスフィールドを道連れに爆死する。
残されたマチルダはトニーに仕事をさせてほしい、自分は『掃除』が出来ると言うが、「すべて忘れて学校に戻るんだ」と断られる。
レオンの意志により、彼の遺産はトニーが管理して少しづつマチルダに渡されることになる。
寄宿舎に戻ったマチルダは、レオンの遺品である観葉植物を学校の庭に植えるのだった。

『レオン』の登場人物・キャラクター

レオン・モンタナ (演:ジャン・レノ)

8db46e0ded6b01427b0aa33f1e9e440a

本作の主人公。日本語吹き替えは大塚明夫が演じる。
イタリア系移民の殺し屋、表向きはレストランの経営者として、マフィアのボスで育ての親でもあるトニーからの依頼をこなす日々を過ごしている、女子供は殺さないというポリシーを持つ。
幼いころから殺しを行っており、学校にも通っていなかった為に字を読むこともままならない。
友人もおらず趣味もないが、唯一観葉植物の世話をすることを楽しみとしている。
好物は牛乳で毎日欠かさず飲んでいるが、これは体臭を消すためでもある。

マチルダ・ランドー(演:ナタリーポートマン)

Large screenshot3 original

本作のヒロイン。日本語吹き替えは久川綾が演じる。
レオンと同じアパートの隣室に住む12歳の少女。
発言や行動から物語全体を通して大人びた印象を受ける。
父親や父親の再婚相手から毛嫌いされており、素行不良という理由から寄宿舎に入れられている。
弟を殺された事をきっかけにレオンに殺しを教わり、そのお返しとして読み書きや計算を彼に教える共同生活が始まる。

ノーマン・スタンスフィールド(演:ゲイリー・オールドマン)

Mv5bztuyzmi4ntktzdhjyi00zmu4lwewmwqtnmezmjuzztriywmyl2ltywdll2ltywdlxkeyxkfqcgdeqxvyndaxotexntm . v1

麻薬取締局の刑事であると同時に麻薬麻薬密売組織を牛耳る男。日本語吹き替えは山寺宏一が演じる。
目的のためとあらば女子供問わず人間を殺すことに一切の躊躇をしない残忍な性格。クラシック鑑賞が趣味。
自身も麻薬に手を染めておりマチルダの家族を惨殺した際も服用していた。
またレオンの依頼人であるトニーも彼と繋がっており、レオンへの暗殺指令も元は彼の指示だった。
正に『イかれてる』といった印象の彼だが頭の回転が早く、レオンがトニーの配下であることを見抜いたスタンスフィールドは彼を追い詰めていく。

ジョセフ・ランドー(演:マイケル・バダルコ)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents