トイ・ストーリー(Toy Story)のネタバレ解説まとめ

9643fd0b9ee738f4b45c4496c7182037

ピクサー製作、ジョン・ラセター監督による長編アニメ映画。人間の目がない所でおもちゃが動くという設定に、独自の味付けが成されています。古いカウボーイ人形のウッディは、新しくやって来た宇宙飛行士人形バズにより持ち主の「一番のお気に入り」の座を奪われます。その逆恨みが元で様々な困難に見舞われるのでした。厳しい現実をユーモラスに描きつつ、友情や冒険の要素も盛り込んだ、大人も子供も楽しめる作品です。

スリンキー(CV:ジム・ヴァ―二―/永井一郎)

2fc75c99

胴体部分がばねになっている犬のおもちゃ。アンディの人形劇では悪役の子分ですが、実際にはボードゲームで一緒に遊ぶなど仲は良く、気のいい性格。ウッディにバズ暗殺未遂の嫌疑がかけられてもウッディを信じていました。それだけに、ウッディがシドの部屋でもげたバズの右腕を持っている場面を目撃した時はショックを受けていました。疑いが晴れた後、ボディのばねの伸縮を利用して、一旦落とされたウッディたちを引っ越しトラックに乗せるべく目いっぱい体を伸ばします。しかし力及ばず、ばねの反動で自分だけトラックに戻ってしまい、「俺がもう少し頑張っていれば」と悔いていました。

ハム(CV:ジョン・ラッツェンバーガー/大塚周夫)

Mig

厳密にはおもちゃではなく豚の貯金箱。皮肉屋な面はありますが、友達思いな所は他のおもちゃと同じです。バズが殺されたと思い込んだ時は、その重みを活かして高所からウッディに体辺りを食らわせました。

レックス(CV:ウォーレース・ショーン/三ツ矢雄二)

Img 1 m

ティラノサウルスと思しき恐竜の人形。気弱で迫力がないことをコンプレックスに思っており、「新しい恐竜のおもちゃが来たら、僕捨てられるかも」と気に病んでいました。バズが来た際は「君が恐竜じゃなくて良かった!」と真っ先にバズを歓迎しました。その後、バズに迫力のある吠え方を教えられ、それで自信がついたらしく、引っ越し先で迎えたクリスマスでは「もしアンディが草食恐竜のおもちゃをもらったら、『肉食だぞ』って脅かすんだ」と冗談交じりに話していました。本人曰くアメリカ産で、吸収合併された小さな工場で生まれたそうです。

Mr.ポテトヘッド(CV:ドン・リックルズ/名古屋章)

20140503 sekiguchi 25

実在するおもちゃ。ノベライズ版では、ポテトヘッド人形に話しかけ、「おもちゃの秘密を教えてくれたら、Mrs.ポテトヘッド人形をやる」というセリフにより動き出し、おもちゃの秘密を語ったのが物語の導入になっていました。本人曰く対象年齢は3歳以上であり、赤ん坊のお守りをさせられて文句を言ってました。元ネタのおもちゃで妻に当たるMrs.ポテトヘッドを所望しており、後述のグリーンアーミーズからの無線連絡によるプレゼントの報告を待つ間「Mrs.ポテトヘッドが欲しい」と呪文のように呟いています。他のおもちゃにいじられた際、「悪いか、俺の夢だ!」というほど熱望しており、その甲斐もあってか引っ越し先のクリスマスでMrs.ポテトヘッドがやってきます。目、鼻、口、髭や手足のパーツが取り外し可能で、「ピカソの絵」と称しパーツをでたらめに取りつけたり、「嫁さんが来るから髭を剃ろう」と髭を取り外すと言った芸当が可能です。

ボー・ピープ(CV:アニー・ポッツ/戸田恵子)

Bo peep toy story

厳密にはおもちゃというより、照明スタンドに付けられていた陶器の人形。遊びの時もプライベートでもウッディとは恋仲で、シド宅から語りかけるウッディに対しバズ殺害の疑いを持つポテトヘッドを諫めていました。手にした杖でウッディを引きよせる、クリスマスの日、ウッディに熱烈なキスを浴びせるなど、恋に関しては彼女の方が主導権を握っている模様。

グリーンアーミーズ(CV:R・リー・アーメイ/軍曹:谷口節/手下:後藤敦)

0040

バケツの中に入った、小さな人形の軍隊達。トップは軍曹ですが、ウッディを上官と認識し、「異常ありません」などと敬礼しながら報告します。
クリスマスや誕生日には無線通信機や双眼鏡などを使って、アンディに送られたプレゼントの偵察に向かうのが役目です。仲間のことを大事に思っており、踏まれてひしゃげた仲間を置き去りにすることはありませんでした。ウッディにバズの殺害容疑が掛かった時は、「おもちゃの面汚しめ!」と罵っていました。

ベビーフェイス

120705 traumatizing movies about toys 01 thumb 640x360 50105

シドの改造したおもちゃの一つ。髪のない赤ん坊のような人形の頭部に、鉄製のクモの脚のような体とロボットアームがついた外見。喋ることはできませんが、シドのおもちゃのリーダーらしく、アームでベッドの脚を突いて皆を招集できます。ウッディは当初、その恐ろしい外見から怖がってしまいますが、本当は優しい性格をしていて、ウッディとバズの脱出に手を貸してくれます。

登場人物・キャラクター(人間)

アンディ(CV:ジョン・モリス/市村浩佑)

20100911 01b
えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

トイ・ストーリー3(Toy Story 3)のネタバレ解説まとめ

ピクサーによる生きたおもちゃの物語3作目です。おもちゃで遊ばなくなったアンディと、遊んでほしいおもちゃたち。大学に同行するカウボーイ人形のウッディ以外は、捨てられたと思い込んで保育園に寄付される道を選びます。そこが、おもちゃの楽園に見せかけた地獄だとも知らずに。容赦ない展開と冒険に手に汗握る、それでいて爽快にして感動の物語です。ジョン・ラセター製作総指揮、リー・アンクリッチ監督。

Read Article

トイ・ストーリー2(Toy Story 2)のネタバレ解説まとめ

ジョン・ラセター監督による、生きたおもちゃたちの冒険を描くアニメ映画の2作目。アンディ少年の親友、カウボーイ人形のウッディは、実はプレミア人形。おもちゃ屋の社長にビジネスの道具として持ち去られた上、オフィスのおもちゃ達からいずれ持ち主から忘れられると聞き、帰るべきか迷います。一方、アンディの部屋では捜索隊が組まれてウッディの救出に向かうのでした。前作以上に見せ場もメッセージも盛り込まれています。

Read Article

カーズ2(Cars 2)のネタバレ解説まとめ

2011年7月30日公開の大人気カーズシリーズの第2弾。ピクサー映画で「トイ・ストーリー」シリーズ以外で初めての続編長編作。ジョン・ラセターとブラッド・ルイスの共同監督。カーズの主人公「ライトニング・マックィーン」が仲間たちと一緒にワールド・グランプリに出場する。初めてレースについてきた親友の「メーター」がスパイと間違われ悪の組織と闘うことになる。メーターが大活躍する友情がテーマの物語。

Read Article

モンスターズ・インク(Monsters, Inc.)のネタバレ解説まとめ

ディズニーとピクサー製作の長編3DCGアニメーション映画。公開前から、ユニークで愛らしいキャラクターが脚光を浴び、2001年、全米で記録的な大ヒットとなった。夜な夜な子どもたちを脅かすくせに実は子どもが大の苦手というモンスターたち。彼らの世界に小さな女の子が紛れ込んだことから巻き起こる騒動を友情と愛情を織り交ぜてコミカルに描く。ベテランアニメーター、ピート・ドクターの初監督作品。

Read Article

カーズ(Cars)のネタバレ解説まとめ

「カーズ」は2006年6月9日に公開のピクサーによって制作された長編アニメーション映画作品。第64回ゴールデングローブ賞アニメーション映画賞を受賞。車の世界を舞台にした圧倒的なスケールとスピード感溢れる映像、そして温かい物語のラスト。名曲も多いと話題の映画。期待のレーシングカー、ライトニング・マックィーンが小さな町の住人たちとの出会いをきっかけに大切なものを学び成長していく物語。

Read Article

カーズ/クロスロード(Cars 3)のネタバレ解説まとめ

2017年7月15日に公開されたピクサー映画。ブライアン・フィーの初監督作品。大人気カーズシリーズの第3弾。ベテランレーサーとなったライトニング・マックィーンがシーズン最後のレースで最新テクノロジーを追及した次世代レーサーたちのスピードに圧倒され大クラッシュをしてしまう。「人生の岐路(クロスロード)」に立たされ仲間や新しい相棒に支えられながら運命の決断を迫られる物語。

Read Article

『モンスターズ・ユニバーシティ』の「ロアー・オメガ・ロアー」は「嫌な連中」か?

『モンスターズ・ユニバーシティ』に登場する悪役というかライバルキャラの「ロアー・オメガ・ロアー」。二次創作などで人気を誇っているようですが、作中では「嫌なエリート集団」にしか見えません。でもよくよく考えれば、やっぱり魅力もあるし、憎めないんですよね。

Read Article

目次 - Contents