シェフ 三ツ星フードトラック始めました(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』とは、2014年にアメリカで製作された、コメディドラマ映画である。『アベンジャーズ』シリーズなどで知られるジョン・ファブローが監督から主演まで務めている。一流レストランでシェフを務めていたカールは、オーナーと意見が合わないだけでなく、ネットの晒し者となり店を辞めてしまう。そこで心機一転、フードトラックで移動販売を始め、旧友のマーティンや息子パーシーと共にアメリカを縦断することになる。料理を通して、家族の絆の再生を描く心温まる作品。

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』の概要

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』とは、2014年にアメリカで製作された、コメディドラマ映画である。『アイアンマン』シリーズのジョン・ファブローが製作・監督・脚本・主演の4役を務めている。フードトラックの移動販売をはじめた一流レストランのシェフのアメリカ横断の旅を描いたハートフルコメディ。全米6館で上映スタートという小規模の始まりであったというものの、映画内容同様口コミで広がり、1298館へと拡大し、6か月以上に渡るロングランヒットを経験した。Twitter上の映画ファンを招待し行われたcoco独占試写会後のアンケートでは参加者の97.5%が「作品に満足した」と日本においても高評価であった。

ロサンゼルスの有名レストランで総料理長を務めるカールは、店のオーナーとの対立や自分の料理を酷評する評論家と騒動を起こしたしたのをきっかけに店を辞めてしまう。悲しみに沈むカールは元妻イネズの提案により、息子パーシーと共に故郷のマイアミを訪れた。そこで食べたキューバサンドイッチの美味しさに驚き、フードトラックでキューバサンドの移動販売をすることを決める。カールはイネズやパーシー、同僚のマーティンの協力を得て、マイアミからロサンゼルスへと旅を続けていく。そんな旅の中でパーシーとカールの関係は少しづつ変化していく。料理を通して描く、家族の絆の再生の物語。パーシー役を務めるのは、本作で俳優2作品目となる子役のエムジェイ・アンソニー。「3人のエンジェル」でドラッグ・クイーン役を務めたのジョン・レグイザモがマーティン役を、「マチェーテ・キルズ」のソフィア・ベルガラが元妻役を演じる。他にも、ロバート・ダウニー・Jr.、スカーレット・ヨハンソン、ダスティン・ホフマンら豪華な顔ぶれが揃っている。

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』のあらすじ・ストーリー

シェフ カール・キャスパーの生活

出典: i.ytimg.com

料理をするカール・キャスパー

カール・キャスパーは、天才的な料理センスを持つ一流シェフ。若かりし頃から有名であった彼は、ロサンゼルスにある有名なレストランで雇われシェフをしていた。
ある日店に、とても強い影響力を持つ料理評論家がレビューに来ることが決まった。その評論家の名前はラムジー・ミッシェル。彼は、若かりし頃のカールの料理を褒め称え、彼のファンであると明言している人物だった。カールはその評論家に再び自分の料理で衝撃を与えようと、新たなメニュー作りに勤しんでいた。
そして、とうとうラムジーが来る当日。カールと彼のスタッフ達は、気合十分に料理の準備を行っていた。しかし、そんな厨房にレストランのオーナーであるリーバが来たと、ソムリエのモリーが伝えに駆けつける。彼は、カールにオリジナル料理ではなくこの店の定番コースを提供するようにと命じる。リーバは伝統を重んじる性格で、新しいことはせず定番のメニューを出すようカールに指示をする。厨房の事には口は出さない約束だと怒るカールであったが、リーバは聞く耳を一切持たない。仕方なく、カールはリーバの指示に従い定番のメニューを提供する事になった。結果、ラムジーはその料理に対して「退屈であり、客に媚びている」と最悪の評価をつきつけた。そのレビューは多くの人の目に入り、カールにもそのレビューは届いた。落ち込むカールをモリーが元気づけるが、ショックは大きいようだ。次の日カールは息子のパーシーと遊んだ夜に、新しいメニュー作りに勤しんでいた。それは朝まで続き、ついには同僚のマーティンやトニーが出勤するまで続いた。マーティンやトニーはカールの料理を食べ、そのおいしさに舌鼓を打っている中、評論家の話をしていると2人はツイッターのことを話題に挙げる。後日、ツイッターを知らなかったカールはパーシーにアカウントを作ってもらうと、ラムジーの批評がツイッターに拡散されていることを知る。そんなやり取りをしていると、ふとパーシーはカールに「こういうのいいね」と言葉をこぼす。何かよくわからないカールに対して、パーシーは「どこかに遊びに行くだけじゃなく、以前一緒に住んでいた時にようにできるのがいい」と思いを打ち明ける。カールは考えた末「お前が悪いわけじゃないんだ。でも、ママと別れたからそれはできないんだ」と返す。

シェフ VS 料理評論家

出典: www.earlyteches.com

ラムジーにTwitterでメッセージを送るカール(右)とそれを止めようとするマーティン(左)とトニー(真ん中)

その夜、カールはひたすらツイッターやネットを眺め、自分に対して多くの批判が集まっていることを知る。我慢できなかったカールは、ツイッターで評論家のラムジーに喧嘩を売ってしまうのである。翌日パーシーがカールのツイッターをみると、一晩でフォロワーが千人を超えていることを発見する。その理由を探ると、カールはラムジーのツイートに返信する形で喧嘩を売っていたのだ。カールは個人的にメッセージを送ったと勘違いしており、自分のメッセージが公開されていることを知らなかったのだ。さらに、ラムジーはもっとひどい中傷の言葉を返していた。その後レストランでマーティンらとツイッターを眺めるカール。ラムジーの返答に言い返そうとするカールを止めようとするマーティンやトニーだったが、その制止も聞かず「今夜もう一度店に来い。新メニューがあるぞ」と返答してしまう。カールはマーティン達に自分がパーシーを送ってる間に、新作料理の準備をしておけと話す。パーシーをイネズのもとへ送ると、イネズに自分の広報と話をしてと言われる。ツイッターで大変なことになっているのを放っておけなかったイネズは広報と話をするように進めていたのだ。また、前々から自分の作りたい料理を作れないカールのことを気にかけており、フードトラックを勧めていた。しかし、カールは「自分の好きなことはできている」と頑なに拒む。レストランへと戻ったカールは、新しいことができる状況にワクワクしていた。さらにカールとラムジーのやり取りはツイッター上でたちまち注目の的となり、レストランの予約は満席となっていた。しかし決戦の時、再びリーバはカールに通常メニューを作る事を強要するのだった。自分の言うとおりにしないのであれば首だと言うリーバに対して、カールは自らチーフシェフの職からおりる。

自分を見つめなおすカール

出典: eiga.k-img.com

市場を周るカール(左)とパーシー(右)

そして、その日のメニューはカールに変わってトニーが担当する事となった。以前と同じ料理を出され、さらにはカールが店にいないことに対して、ラムジーはカールを「敵前逃亡をした」とツイートする。それをみたカールは怒りのあまりレストランへと戻ってくる。カールはラムジーに対してその怒りをぶつける。その様子はネットで流れてしまい、カールは次の仕事を探す事が出来ない状況に陥ってしまうのであった。カールは以前イネズが紹介した広報のジェンに、ネットから消すことができないか頼むが、ジェンはそれは無理だと答える。ジェンはこの状況を逆に利用して、リアリティーショーの「地獄の厨房」に出る気はないかと尋ねるが、カールはそんな必要はないと答える。その夜、マーティンやトニーらレストランの仲間と久々に会い、お酒を交わすカール。強がりからか同僚に「いろんな店から声がかかっているから心配するな」と話すが、モリーに対しては本音を打ち明ける。ツイッターでの炎上により、カールはどこの店からも声はかかってはいなかったのだ。カールにはモリーは「料理も大事だけど、パーシーのことは疎かにしてないか」とカールに尋ねる。「あの年ごろの子供はよくわからない」と返すカールに、「この機会にパーシーのことを知ろうとする努力をしてみたら。人生を楽しまないと」と話す。
後日カールはイネズにイネズの父に会いにマイアミに行かないかと誘われる。カールのためにも、パーシーのためにも2人の時間を増やしてほしいとイネズに言われ、カールは承諾する。マイアミについた夜、カールたちはイネズの父が歌っているライブハウスを訪れる。ライブが終わり、キューバサンドを食べるカールたち。そのおいしさに心をうたれ、イネズに「ロサンゼルスでもうけるか?」と聞く。イネズは笑みを浮かべながら「もちろん」と答える。カールはその答えを聞き、イネズの元夫であるマーヴィンにフードトラックの話を聞いてみるとイネズに話す。マーヴィンは以前にもカールにフードトラックをやってみないかと薦めていたのだ。
その後カールは建築機材のレンタル業を営んでいる、マーヴィンのもとを訪ねる。イネズはマーヴィンに掛け合い、カールにボロボロではあるがフードトラックを用意してくれたのである。カールがフードトラックを清掃していると、イネズとパーシーがそこに訪れ、パーシーも掃除の手伝いをすることになった。掃除の指図をされ続けるパーシーは徐々に不機嫌になり、腐ったものが入ったトレーを掃除しろとカールに言われ、「掃除じゃなく料理がしたい」と怒鳴ってしまう。きつく当たりすぎたことを反省したカールはパーシーに謝罪し、調理用具の購入を手伝ってもらうように頼み、パーシーは承諾する。調理器具を購入する中で、カールは新たなシェフナイフをパーシーにプレゼントする。「ナイフはシェフのものだ。大切に使い続けろ」と話すカールに、パーシーは真剣な表情でうなずき、感謝をする。

いざ、フードトラック開店

出典: d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net

フードトラックから身を乗り出すパーシー(左)とカール(右)

フードトラックのもとへ戻り、その場にいた青年たちに調理器具の設置を頼むカール。マーヴィンに彼らを頼ってくれと言われていたのだ。しかし、言葉が通じないのか手伝いをしてくれない。そんな時にマーティンが現れる。なんとレストランをやめてまでもカールと一緒に働きたいと駆けつけてくれたのだ。マーティンはお得意のスペイン語で青年たちにキューバサンドをタダでごちそうする代わりに手伝うように頼み、承諾を得る。青年たちの手伝いもあり、準備が整い、フードトラックが開店する。カールとマーティンが忙しなく調理をする中で、パーシーもその手伝いをする。そこでパーシーは青年たちへのお礼のためのサンドイッチを一枚焦がしてしまう。「タダだからいいじゃん」と言うパーシーに対して、カールは真剣な表情で話をする。「パパは立派な人間じゃない、良い夫でもなく、良い父親でもないと思う。だが、料理は上手だ。料理で人をちょっと幸せにできる。それがパパの喜びなんだ。それをお前に伝えたい」。パーシーは素直にカールの話を聞き、「はい、シェフ」と答え、気を取り直して調理に励む。その夜、カールはサウスビーチからロサンゼルスまでフードトラックを走らせ、道中でサンドイッチを売ろうと考える。パーシーもそれに参加したいと言い、いよいよカールとマーティン、そしてパーシーの3人でマイアミからロサンゼルスに向かうフードトラックの旅を開始したのである。
最初のビーチでは大盛況であった。しかし、警察官が許可証を確認しにやってくる。カールは許可証を見せるが、もう少し移動するように頼まれ、承諾する。移動しようとした矢先に警察官がカールの正体に気づく。ラムジーに怒鳴った動画を見ていたのだ。写真撮影をしてくれとせがむ警官に、カールはしぶしぶ承諾するが、それはトラックの中での撮影にも及んでしまう。気を取り直し、フードトラックは走り出す。警官だけでなく、ツイッターでの炎上騒動でカールはすっかり有名人になっている為、彼らのトラックが向かう先には次々と人だかりができていた。さらにはパーシーがFacebookやTwitterを活用しその人気を押し上げていたのだ。今迄あまり触れ合う時間のなかったパーシーとカールであったが、この旅を通じて親子の絆が少しずつ深められていく。しかし、そんな旅にも終わりが見え始めていた。

父と息子

出典: eiga.k-img.com

キューバサンドを売る(左から)パーシー、マーティン、カール、イネズ

ある夜、カールとパーシーは2人で話をしていた。最終目的地のロサンゼルスにまもなく到着するのである。ロサンゼルスに帰れば、パーシーの夏休みは終わり、今までの様にカールとフードトラックで旅をすることはできなくなる。パーシーはそのことを嘆いていた。カールは後で悲しんでほしくないと、「もう一緒にフードトラックで旅をすることはできない」と話すが、パーシーとやっと分かり合えたことをしみじみと感じていた。ロサンゼルスへと戻ってきたカールとパーシー。パーシーはカールに向けてあるムービーを送っていた。それは、旅の記録として毎日撮影していた1秒の動画を繋げたムービーであった。カールはそのムービーを見て笑顔になり、何かを考える。パーシーに電話をかけ、「放課後と週末だけ、屋台を手伝ってもらいたい。宿題を終らせて、バイト代は大学費用に貯めること。それでもいいか?」と話す。パーシーは二つ返事で「やりたい」と返答するのであった。
ある夜、ロサンゼルスでフードトラックを出していたカールの店はいつも通り行列が絶えない。するとそこに評論家のラムジーが現れ、「話をしたい」とカールに声をかける。なんとラムジーはカールの作ったキューバサンドを食べ、再び感銘を受けたことを伝えに来たのだった。さらに、カールの店を出すための資金援助を申し出たのだった。半年後、カールは一軒のレストランを構えていた。それは、カールが作りたい料理を作れる自由な店。そしてその日、そのレストランを貸し切りにして、カールとイネズの再婚を祝うパーティが開かれているのだった。

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』の登場人物・キャラクター

カール・キャスパー(演:ジョン・ファブロー)

出典: ram6vj87.user.webaccel.jp

右にいるのがカール

日本語吹き替え:木村雅史

ロサンゼルスの有名料理店でシェフを務めていた、一流の料理人。若いころ料理評論家のラムジーに大絶賛され、天才と称されてきた。料理のことを常に考えており仕事への情熱がある反面、家族との交流が疎かになってしまい、妻のイネズとは離婚し、息子のパーシーとは別居状態となってしまった。ただ週に何回かパーシーとは会っている。レストランで忙しない日々を過ごしていたカールだが、レストランのオーナーとの対立や料理評論家との騒動により店を辞め、イネズの助言でフードトラックを始めることになる。息子のパーシーやレストランでの同僚のマーティンと共にフードトラックでアメリカをマイアミからロサンゼルスまで横断する中で、家族と触れ合う時間が増え、その大切さに気づくことになる。その後、妻イネズとは再婚することになる。
性格は職人肌気質で、フードトラックの準備を手伝ってくれた青年たちにキューバサンドをタダで提供する際、パーシーが焦げたキューバサンドを「お客に出せばいいのに。タダなんだから」と発言した時に「パパは立派な人間じゃない、良い夫でもなく、良い父親でもないと思う。だが、料理は上手だ。料理で人をちょっと幸せにできる。それがパパの喜びなんだ。それをお前に伝えたい」と伝えるなど、料理へは人一倍真摯な思いがある。

パーシー(演:エムジェイ・アンソニー)

出典: livedoor.blogimg.jp

左の少年がパーシー

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。マーベル・コミック『アベンジャーズ』の実写映画化作品としては4作目で、完結編となる。マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として2008年公開の第1作『アイアンマン』から続いてきたMCUシリーズとしては22作目、本シリーズのフィナーレとなっている。サノスとの戦いに敗北し宇宙を漂流していたトニー・スタークは、キャプテン・マーベルの協力によって地球へと帰還する。

Read Article

スパイダーマン:ホームカミング(MCU版)のネタバレ解説・考察まとめ

スパイダーマン:ホームカミングとは2017年に公開されたアクション映画である。監督はジョン・ワッツ、主演はトム・ホランドが務めている。マーベル・コミックのスパイダーマンを原作とした作品でアクション映画だが超能力を得た高校生の主人公が高校生活とヒーロー活動の両立に悩みながら成長していく人間ドラマも描かれている。

Read Article

ジョン・ウィック:チャプター2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョン・ウィック:チャプター2』とは、2017年に公開されたアメリカのアクション映画。 前作同様主演をキアヌ・リーブスが務める。 『ジョン・ウィック』の続編であり、前作から5日後に起こった出来事を描く。 前作で亡くなった妻から贈られた飼い犬の復讐を遂げたジョンの元に、イタリアンマフィアのサンティーノから新たな殺人を依頼される。ジョンがその依頼を断ったことでサンティーノが彼の家をバズーカ砲で木っ端みじんにしてしまったことで再びジョンの復讐劇が始まる。

Read Article

クレイマー、クレイマー(Kramer vs. Kramer)のネタバレ解説・考察まとめ

『クレイマー、クレイマー』とは、1979年に公開されたアメリカ映画。突然訪れた離婚をきっかけに、父親が息子との関係を見直すヒューマンドラマ。ホームドラマの名作とも言われており、その中でも父と子に焦点を当て、幼い子供を一人で育てる事や仕事の両立がいかに難しいかも表現され、現代に通じる内容になっている。また、当時アメリカで問題視されていた離婚や養育権の社会問題を描いた事で高く評価された。 内容だけではなく子役を含むキャスト全員の演技が高い評価を受けた作品でもある。

Read Article

アイアンマン2(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

マーベルコミックにおいて連載されている作品が原作であり、マーベルシネマティックユニバースにおいては第3作品目である。2010年公開。前作でアイアンマンとして活動することを宣言してから半年後の世界を描いており、アベンジャーズ計画が本格始動した回。装着した生命維持装置により命の危機に直面するトニーだったが、同時にライバル会社のハマーと組んだ電撃の鞭を操るウィップラッシュの襲撃に遭ってしまう。

Read Article

カンフー・パンダ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『カンフー・パンダ』とは2008年に公開されたドリームワークス・アニメーションSKGのアニメ映画。ジョン・スティーブンソンとマーク・オズボーンが監督を務めた。古代の中国を舞台としてカンフーを題材にし、6億ドルを超える興行収入を叩き出した大ヒット映画である。大のカンフー好きであるポーはカンフーをやったことがないにも関わらず、「龍の戦士」に選ばれる。ポーはカンフーへの熱意と共に、カンフーの達人であるシーフー老師に弟子入りすることになる。作画にこだわった圧巻のカンフーアクションを楽しめる映画である。

Read Article

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(MCU版)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・コミック『スパイダーマン』の実写映画化作品としては7作目、再リブートシリーズとしては2作目、また、マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として扱われたMCUシリーズとしては23作目の映画となる。高校の夏休みにクラスメイト達とヨーロッパ旅行へでかけた主人公のピーター・パーカーは旅先でスパイダーマンとしての任務が与えられ、再び戦いに出ることになる。

Read Article

アイアンマン3(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

マーベルで連載されているヒーローコミックの実写化作品で、アイアンマンシリーズとしては第3作品目。”アベンジャーズ”のNY決戦後の1年後の話で、アイアンマンことトニーがテロと、自身の精神的問題と戦う。1作目からトニーを苦しめている悪の組織、テン・リングスとの最終決戦が今作では描かれていて、シリーズで1番多くのアイアンマンスーツが登場するのも見どころのひとつ。

Read Article

アイアンマン(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

アイアンマンとは、2008年に公開された「マーベル・コミック」の「アイアンマン」を原作としたスーパーヒーロー映画。監督はジョン・ファヴロー。 トニーはある日、プレゼンのために親友のいる空軍を訪れているところをテロリストに襲撃される。 そこでトニーは自社の兵器が罪のない人間の命を奪っているところを目撃。 トニーは悪に立ち向かうためにスーツを身にまとう。

Read Article

ジョン・ウィック(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョン・ウィック』とは、2014年に公開されたアメリカのアクション映画。 監督はチャド・スタエルスキとデヴィッド・リーチ。 主演を務めたキアヌ・リーブスが製作総指揮も行っている。 引退した殺し屋が、大切なものを奪われたことで、たったひとりロシアン・マフィアに戦いを挑む復讐劇を描いており、R15+指定作品となっている。 ジョン・ウィックのアクションシーンが売りである。 日本版のポスター等で使われたキャッチコピーは「見惚れるほどの、復讐。」となっている。

Read Article

私がクマにキレた理由(The Nanny Diaries)のネタバレ解説・考察まとめ

『私がクマにキレた理由』とは、ベストセラー小説である『ティファニーで子育てを』を原作とした2007年のアメリカ映画。小説版では続編もある。人気ハリウッド俳優のスカーレット・ヨハンソンが主役を務める。就職活動がうまくいかず、なりゆきで上流階級家族のナニー(子守)になってしまったアニーはその家族に振り回される。自分のなりたいものも分からなかったアニーは、子守を通して目標を考えていく。

Read Article

歴代シャーロック・ホームズ役者には個性的なイケメンがずらり!

シャーロック・ホームズ!彼がいなかったら、テレビドラマでの刑事物やバディ(相棒)物というジャンルはおそらく生まれていなかったと思います。彼を演じた役者の数もかなりのボリュームで、まだ映画に音がない(サイレント映画)時代から既にホームズ映画はありました。そんなホームズを演じた様々な俳優達を時系列で紹介します。

Read Article

目次 - Contents