(500)日のサマー(500 Days of Summer)のネタバレ解説まとめ

『(500)日のサマー』とは、運命の恋を信じる男トムと信じない女サマーが繰り広げる、出会いから別れ、立ち直りまでの500日をリアルに描いた恋愛コメディー映画。ミュージックビデオを多く手掛けてきたマーク・ウェブの長編デビュー作である。本作は、脚本のスコット・ノイスタッターのロンドン・スクール・オブ・エコノミクスでの実際のロマンスに基づいて作られている。

『(500)日のサマー』の概要

「(500)日のサマー(500 Days of Summer)」は2009年公開のアメリカ映画。平凡な会社員の主人公トムが入社してきた小悪魔的なヒロインのサマーに恋をしていく模様を描いた作品。〇日目といった風にストーリーが進んでいき、時系列がバラバラに進んで行くため、ラストのネタバレで意味が解るようになっている。恋愛をしたら誰しもが感じる過去と現在の2人の気持ちのスレ違いを上手く描き出している。主演は「インセプション」のジョセフ・ゴードン=レヴィット、ヒロイン役に「New Girl / ダサかわ女子と三銃士」のズーイー・デシャネル。アカデミー賞の前哨戦としての注目度も高いとされているゴールデングローブ賞で作品賞(ミュージカル・コメディ部門)とジョセフ・ゴードン=レヴィットが主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされた。

『(500)日のサマー』のあらすじ・ストーリー

サマーとトムが公園のベンチに座り、手を重ね合わせている。

488日目:サマーとトムは、ベンチで見つめあいながら微笑んでいる。サマーの指には、ダイヤの婚約指輪がはめてありトムと手を重ねている。

1日目:サマーとトムの紹介からスタートする。トムは運命を信じるタイプの男であるがサマーは真逆で、自分が長く愛したものでさえ捨ててしまえば何も感じない無感情なタイプだ。トムが勤めているグリーティングカード会社に入社してきたサマーを見た瞬間、トムはサマーを「運命の人だ」と感じた。サマーは普通の女の子よりは少し違った。愛嬌があり、サマーが通るたんびに男達は振り返るほどの可愛さだった。

トムが友人のマッケンジーとポールと妹のレイチェルにサマーと上手くいっていない事について相談している。

290日目:失恋真っ只中のトムを妹レイチェルと会社の同僚のマッケンジーと昔からの友人ポールが助けに来る。トムはこれまで上手くいっていたサマーとの仲を3人に語る。イケアでのラブラブなデートやベットで横になり他愛もない事で微笑み合う仲の良かった頃の話や、サマーの情緒不安定な部分に寄り添いながらも関係をなんとか修復しようとしていた頃の事を話した。だが、サマーからは「会うのをやめよう。私たち喧嘩ばかりよ。」と言われた事を告げる。妹は生理のせいで情緒不安定が続いているのだと言うが、アドバイスを聞き入れないトム。さらには、大事な話の最中、パンケーキを喜んで食べるサマーに嫌気がさし席を離れようとした時に、喧嘩別れを避けるために突然サマーから「親友でしょ」と言われた事を話す。サマーを特別だと思っているトムに対して友人達は「お前なら立ち直れる。海は他の魚であふれているだろ」と慰める。だが、トムはアドバイスを聞き入れずやり直すと決める。

3日目:マッケンジーがサマーに話しかけて完全に無視されたことから、サマーはお高くとまった嫌味な女だとトムに話す。トムはそれをあまり聞き入れようとはしなかった。

サマーがトムのヘッドファンから漏れている音楽を聞き、トムに私もその音楽が好きだと話しかける。

4日目:エレベーターでトムとサマーは一緒になる。アーティストの「ザ・スミス」を聞いていたトムにサマーが「私もザ・スミス好き」と話しかける。少し歌ってエレーベーターから出ていくサマー。共通の歌の趣味を知ったトムは運命だと感じる。

トムがサマーに話しかけにいき世間話で盛り上がり、お互いがどういう人間だったのか過去の話をする2人。

8日目:会社の同僚の婚約パーティーでトムがサマーに話しかける。いつこの街に来たのか、どうしてこの会社に就職したのか他愛もない会話をサマーにする。トムは本当は建築家になりたかったが諦めてこの会社に来た事を話す。今の会社でヒット商品を作り出したトムに対して、グリーティングカード会社がお似合いだと言うサマー。トムはそれを聞いて、学生の頃「お似合い君」と呼ばれていた事を思い出し話す。するとサマーは自分はきれい好きで几帳面な性格だから「アナル女」(「アナル(anal)」には、フロイト心理学の用語で、几帳面で執着心が強い性格という意味がある)と呼ばれていたとさらっと答えた。友人が先日話していた「サマーはお高くとまった嫌味な女」というイメージは少し違っていると感じるトム。

154日目:トムはサマーに完全にハマったとマッケンジーとポールに話す。サマーの癖や話し方、笑顔、外見全てが好きだと言う。サマーが居れば不可能が可能になる、生きがいを感じると話すトムに友人はぞっこんし過ぎて危ないと感じる。

トムは実家に戻り、妹レイチェルとゲームをしながら恋愛相談をする。

11日目:トムが妹レイチェルとゲームをしながら、同僚の婚約パーティーでサマーと話し彼女を知ってから、お高くとまった嫌味な女だとこれまで誤解していたことが分かったと言う。レイチェルは冷静に「重症ね。キュートな女の子は心の友にはなれない」要するに真剣な恋愛ができないと伝える。

エレベーターで2人っきりになったトムは、サマーに週末どうだったか聞く。

22日目:数日前にエレベーターでサマーと一緒になった時にトムが「週末はどうだったのか」と聞くと、サマーは「最高だった」と答えたため、トムはジムで出会った男とセックス三昧だったのだと思い込み「尻軽女はごめんだ」とサマーへの思いを諦めた事を友人達に話す。そう言いつつもトムはサマーのことを諦めることができず、サマーも好きだと言っていた「ザ・スミス」の歌を会社でかけて気を引こうとする。しかしサマーには気づかれずスルーされ、「サマーは望み薄だ」と話すトムに対して友人達は呆気にとられる。情緒不安定なトムは「恋人がいなくても平気だ」と自分に嘘をつき強がった。

27日目:マッケンジーに社員全員が行くカラオケ大会に誘われるトム。サマーに近づけると喜ぶ。

カラオケパーティーで指名され歌うサマー。

28日目:カラオケ大会当日。サマーがステージに上がり歌うところをトムは見つめる。サマーが歌い終わり、マッケンジーとトムとサマー3人でテーブルに座りサマーの歌を褒める。マッケンジーがサマーに「恋人はいるか?」と聞く。サマーは「いない、欲しくないわ。誰かの所有物になるのは最悪」と答える。サマーは恋愛に対して嫌気がさしていた。恋愛は面倒なものであり、傷つく。若い分大切な時間を面倒な事で失いたくないと考えていた。そんな意見を聞いたトムは「恋に落ちたらどうする?」と食い気味に質問した。サマーは「恋を信じているの?結婚しても別れるカップルが大半よ。恋は長続きしない。恋は絵空事よ」と答える。トムは「君は間違っている。愛を感じれば分かる」と反論する。サマーとトムの恋愛の価値観の違いが現れたのだ。その討論を吹っ切るかのようにサマーはトムを次のカラオケ代表者に指名し、トムはステージで酔いながら歌った。そのトムの姿をサマーは楽しそうに見つめていた。解散の時、酔いつぶれたマッケンジーがサマーに、トムが君にぞっこんだということを伝えた。それを聞いていたトムは誤魔化すが、サマーは「私が好きなの?」と聞く。トムは「友達として好きだ。あまり深くは考えたことはない」とはぐらかす。2人の間に何か起きそうで起きない絶妙な雰囲気が漂うがその日は解散した。

会社のコピー室で2人っきりになり、サマーからトムに近寄りキスをする。

31日目:コピー室で2人は一緒になる。サマーは近づき何も言わずトムにキスをする。キスをし終わった後何もなかったかのようにコピー室を出て行くサマーにトムは呆然とする。

282日目:イケアでデートをしているが、気分が乗らないサマー。トムが売り場のキッチンで流しが壊れていると遊んでいても「家族ごっこ」には乗らず冷たい視線で返すサマー。

デートでイケアに行き、「家族ごっこ」をして遊ぶ2人。

34日目:イケアでデートをして楽しむ2人。自分たちの家かのようにソファーやキッチンで「家族ごっこ」を始める。サマーは流しが壊れていると言い、2人は笑い合いながら売り物のベットに行く。横になりサマーが「あなたおもしろい。最高よ」と言いトムにキスをする。サマーは真剣に付き合う気は無いことをトムに告げる。トムは強がって、軽い気持ちでのんびり関係を続けていこうと了承する。少し顔が曇るトム。その夜、サマーを家に呼び、軽い関係を望んでいるという事を自分に言い聞かせ体の関係を持った。次の朝、トムの気分は上機嫌で踊り出しながら出社する。とうとう意中の相手を自分の物にできた幸せオーラ全開で会社のエレベーターに乗り扉は閉まる。

303日目:会社のエレベーターの扉が開く。気力を無くしたトムが現れる。サマーは会社を辞めてしまった。友達からは「ヨリは戻ったか?」と聞かれ、「努力している」と答える。サマーからは「友達として会いましょう」というメールが届く。

45日目:会社でサマーは上機嫌に歌を歌いながらトムと電話をしている。

87日目:CDショップで楽しくデートする2人。アダルトビデオを借りて来てじゃれあって楽しんでいる。

トムのお気に入りの公園にサマーを連れて行き、腕に建築物の絵を描いた。

95日目:サマーと散歩しながら街並みを見て建築物に関して話すトム。トムはお気に入りのスポットである街並みを見下ろせる公園のベンチにサマーを連れてくる。立派な建物がたくさんあるとサマーに話す。そして「皆が注目するような建物を自分だったら作りたい」と言い、サマーの腕に建物の絵を描く。

109日目:トムはサマーの部屋に呼ばれる。トムは自分がサマーにとって特別な存在になれたのだと思った。ベットの上で他愛もない事を話したり、くだらない夢の話をして彼女の世界に入り込めた気がした。そしてサマーは誰にも話した事がないよく見る夢の話をし、トムは自分がサマーにとって特別な存在なんだと改めて実感する。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents