アイアムアヒーロー(I Am a Hero)のネタバレ解説・考察まとめ

『アイアムアヒーロー』(I Am a Hero)とは、花沢健吾による日本のSFホラー漫画である。謎の感染症が世界中で流行り、ほとんどの人間がゾンビになっていく。そのゾンビと戦い、感染から逃れる数少ない人間は、引きこもりやニートといった社会に劣等感を抱いていた者たちが中心となっている。この漫画に出てくるヒーローたちは、人間臭いリアリティーのあるヒーローだというのも見所のひとつ。漫画雑誌『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、2009年22・23合併号から2017年13号まで連載。

富士で出会う人物

紗衣(さえ)

紗衣

比呂美のクラスメイト。比呂美と友だちになりたい気持ちはあるものの、隠れて比呂美イジメを行う中心人物だった。林間学校中に発症した教師に手を噛まれたことによって感染。発症後は比呂美を探し回り樹海に現れる。しかし襲ってくることは無く、同じく発症した可奈子から比呂美を守ろうとした。可奈子と共食いを始め、最終的には比呂美か英雄の発砲により活動停止。

可奈子(かなこ)

可奈子

比呂美のクラスメイト。紗衣の取り巻きの一人で、比呂美イジメの一員。ふくよかな体型をしている。発症後、比呂美のところまで紗衣に引きずられて来た。比呂美を守った紗衣に喰われて活動停止。

荒木(あらき)

荒木

職業カメラマンで、パンデミックの撮影をして世界的な報道カメラ賞の受賞を狙って、妻子を残して富士山五合目にやってきた。その途中で散弾銃を持っている英雄と比呂美を目撃し、行動を共にすることになる。アウトレットモールで感染していない人間たちがコミュニティを形成しているという情報を得て、英雄と比呂美とともに避難した。しかしコミュニティの崩壊時に英雄たちと離される。最期はもう一人の生存者である少年を生き残らせるために、陸上選手の感染者を道連れに焼死するという男気をみせた。

アウトレットモールのコミュニティ

伊浦(いうら)

伊浦

演:吉沢悠(2016年実写映画)
アウトレットモールの屋上で籠城する感染していない人間たちによるコミュニティの影の支配者。ピストルクロスボウを所持している。役に立たない物や気に入らない者を感染者の多数徘徊する地上に落として処刑していた。観察力が高く、屋上から感染者を日々見ることによって、ZQNたちは生前の生活習慣を反復する傾向があることに気付く。そして屋上コミュニティ崩壊のきっかけとなった陸上選手の感染者を警戒していた。英雄やサンゴと共にフードコートへの食料調達に行くが、調達作戦失敗のどさくさに紛れて一人だけで帰還。小田の車を停めている駐車場で彼女を待ちぶせしていたが、彼女が着いたころには発症していた。その後、車に乗り込む小田と比呂美の妨害するが、比呂美に顎を外されて駐車場の最上階から転落し、小田の運転する車にはねられる。英雄・小田・比呂美がモールを脱出した後、女性のZQNに首をもがれた。

サンゴ

サンゴ

演:岡田義徳(2016年実写映画)
元引きこもりで、アウトレットモールの感染していない人間たちによるコミュニティの支配者。本当のところはサンゴは裸の王様状態で、伊浦が権力を握っている。英雄の散弾銃を奪おうとして、彼から銃を奪うのに成功した。しかしフードコートに食料調達に行った時に返り討ちに遭い、感染者に首をもがれ死亡。

目白(めじろ)

目白

サンゴの一味で、武闘派。過去に電車で女子高生に痴漢の疑いをかけられたことがある。英雄と藪に危害を加え、比呂美が感染したことが判明した際に自慢の腕力で撃退しようとするも、手と足を折られて負ける。その後、小田の説得で改心し、陸上選手の感染者がモールに進入してきた時、小田と比呂美を助ける為自ら囮となり、ZQNに喰われて死ぬ。

ブライ/村井 正和(むらい まさかず)

村井

アウトレットモールに籠城するメンバーの1人。ミリタリーオタクでエアーガンを持っている。サンゴや英雄と共に食糧調達隊の1人になる。調達中に身の危険を感じ、覚悟を決め英雄に本名を教えた。英雄を援護してフードコートから逃げ出すことに成功するが、あともう一息というところで弾丸を撃ち尽くし、フードコートで手に入れたベーコンを英雄に渡した後、橋から飛び下り自殺した。

黒沢(くろさわ)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents