アイアムアヒーロー(I Am a Hero)のネタバレ解説・考察まとめ

『アイアムアヒーロー』(I Am a Hero)とは、花沢健吾による日本のSFホラー漫画である。謎の感染症が世界中で流行り、ほとんどの人間がゾンビになっていく。そのゾンビと戦い、感染から逃れる数少ない人間は、引きこもりやニートといった社会に劣等感を抱いていた者たちが中心となっている。この漫画に出てくるヒーローたちは、人間臭いリアリティーのあるヒーローだというのも見所のひとつ。漫画雑誌『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、2009年22・23合併号から2017年13号まで連載。

黒沢

アウトレットモールの元従業員だった。サンゴや英雄たちと共にフードコートに食料調達に向かうが、冷蔵庫にいた感染者に頭部を噛まれてしまう。村井に助けるのは不可能と判断され冷蔵庫に閉じ込められる。

田村(たむら)

田村

目白と同じくサンゴの一味。サンゴが英雄から銃を奪う際、身動きが取れなくなった英雄から銃を奪う。そのことで、サンゴから「二階級特進、軍事大臣昇格」と認められた。英雄やサンゴたちとフードコートへ食料調達にはいかず、屋上に残る。身体能力の高そうな陸上選手ZQNが侵入してきた時、骨折して身動きの取れない目白の持つボーガンを除くと、彼だけが武器になる包丁を持っていた。彼が直接襲われる場面はないが、モールの崩壊後にZQNになって徘徊している姿が描かれている。

少年

少年

祖母と二人でモールに避難していて、母親は感染して地面を徘徊している。サンゴに「ハゲ」と呟くなど、反抗心を持っている。ZQNがコミュニティに侵入してきた際、テントの中に荒木と二人で隠れた。荒木から生きたいか死にたいかと聞かれて「どっちかと言えば生きたい」と答えた。その後、自分の為に陸上選手のZQNを道連れに燃えていく荒木をみつめていた。

田澤(たざわ)

田澤

モールの中では年齢が上の男性。伊浦たちに反抗的な態度を取っていたため、英雄たちがモールのコミュニティに合流した夜、口減らし目的で簡易裁判にかけられる。裁判の結果、屋上から落下させられ両足を骨折し、ZQNに襲われ感染した。小田がモールから脱出する際、ZQNとして這いずりながらまとわりつくが、ドアに頭を挟まれ活動停止した。

陸上選手のZQN

陸上選手のZQN

前頭部が凹んで、坊主頭のZQN。陸上をやっていたのか身体能力が高く、背面跳びでアウトレットモールに侵入し、籠城する生存者の大半を感染させる。最期は荒木に道連れにされて焼死。

来栖一派(久喜幕府)

来栖(クルス)

来栖

本名・年齢不詳で自称「自宅警備員」。常に裸にブリーフのみの姿。作品世界のネット上では「小学生時代から引きこもりで個人特定出来ず」と記載されている青年風の人物。パンデミックの3週間前に「感染した自分の母親をバットで何度もフルスイングする」映像をYouTubeにアップしていた。映像を通して「俺達の時代」「世界は俺達のもの」と呼びかけていた。その言葉は、ネット上に多くの賛同者を生む。埼玉県久喜市周辺で民家をアジトにしてメンバーと共に活動していた。身体能力が高く、柘植ナイフ(アタックサバイバルとブッシュ・マチェット)を愛用している。アジトが感染者に襲われて、崇が感染していくのを見届けた後、学校へ向かった苫米地たちに遅れて合流。そして気まぐれで羽生兄妹を殺害。崇とスコップの男に勝負を挑んだが崇に敗れる。クルスたちの意識に存在する「本体」の眠っている姿は老人であった。崇によると、眠っている時は元の姿に戻るようである。

江崎 崇(えざき たかし)

江崎 崇

埼玉県久喜市に住む引きこもりの青年。家族が感染した後、自分の部屋にたてこもりネットの掲示板を見て暮らしていた。ネットの掲示板を通じて来栖一派に救出してもらう。その際、来栖に「母親の首を切断しろ」と命令され、実行にうつした。江崎家からアジトへは毅と共に向かう。アジトが感染者に襲われた際、彼らを外に連れ出す為に自らが囮となった。激しい戦いの末に、噛みつかれて川に転落。しかし感染後も意識があり身体能力が急激に上昇する「半感染」状態となる。我を忘れた状態のまま校庭へ行き、来栖に羽生兄妹を殺害されたことを知らされ憤慨する。来栖とスコップの男の二人に勝って新たな「クルス」となる。

毅(こわし)

江崎を救出しに来たメンバーの一人。性格は、冷静沈着。直接死亡した場面はないが、途中で戦闘型ZQNとなった毅が都内で活動していたコロリたちを襲っている。最期はおばちゃんに手斧で頭部を切断された。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents