コンフィデンスマンJP(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『コンフィデンスマンJP』とは、2018年4月9日〜6月11日まで、フジテレビ系列で毎週月曜日21時から「月9」枠で放送された。主要キャストが全員詐欺師となっている。11年ぶりに「月9」の主演に抜擢された長澤まさみが、ダー子を演じる。他に、「月9」初出演の東出昌大はボクちゃん、ベテラン俳優の小日向文代はリチャードを演じる。古沢良太脚本としては、初の"コンゲーム"をテーマとした、痛快エンターテインメントコメディー作品。毎話豪華ゲストを相手に、奇想天外で壮大な騙しあいバトルが見どころである。

『コンフィデンスマンJP』の概要

『コンフィデンスマンJP』とは、2018年4月9日〜6月11日まで、フジテレビ系列で毎週月曜日21時から「月9」枠で放送された。主要キャストが全員詐欺師となっている。11年ぶりに「月9」の主演に抜擢された長澤まさみが、ダー子を演じる。他に、「月9」初出演の東出昌大はボクちゃん、ベテラン俳優の小日向文代はリチャードを演じる。今作は、“コンゲーム”(信用詐欺や取り込み詐欺師、騙し騙され展開が二転三転するストーリーの意)が題材となっている。“欲望”と“金”をテーマに、詐欺師の風貌には見えない信用詐欺師たちが、さまざまな業界の猛者たちを相手に、想像もつかないような突飛な計画で、私利私欲に塗れた人間たちから大金を騙しとる、痛快エンターテイメントコメディー。

脚本は、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』やドラマ『リーガールハイ』などをはじめ、あらゆる賞を受賞した経歴もある古沢良太。
コンゲームを描くのは古沢自身初の試みで、「月9」枠で放送された過去もなく、初めて尽くしとなっている。
長澤まさみ、東出昌大、小日向文世の3人が演じるチームワーク抜群のコンフィデンスマンの世界観や毎回豪華キャストをゲストに迎え、エキセントリックな手口で大金を奪う騙し合いのストーリーが魅力である。

『コンフィデンスマンJP』のあらすじ・ストーリー

コンフィデンスマンたちの変装

キャビンアテンダントに扮したダー子と航空会社のドラ息子に扮したボクちゃんが、赤星と接触。

3人の詐欺師が、私利私欲にまみれた、反社会組織のボスや悪徳企業の社長などから大金を騙しとる。詐欺師のリーダー・ダー子は、お人よしで詐欺師を辞めたいと思っているボクちゃんと、どんな役にも成りきれるリチャードと共に、壮大で想像もつかないようなトリックで、騙しあいバトルを繰り広げていく。
毎話、それぞれのターゲットに沿った詐欺戦略を立て、その役柄に成り切る演技力や変装にも注目である。

第1話では、ダー子たちは公益財団“あかぼし”の会長・赤星栄介(あかぼしえいすけ)を新たなターゲットにしようと接触。
国税庁からマークされている赤星は、いつか自身にも捜査が入るかもしれないと不安になっていた。そこで、海外に資金を持ち込もうとしていると推察したダー子。リチャードが船長に扮し、赤星に「秘密裡に、海外へと大金を運ぶ」と話しを持ち掛け、その大金をだまし取ろうとする。しかし、何故か正体がバレ、リチャードが入院したという知らせがボクちゃんのところに入り、仇をとると決意し、ダー子とともに詐欺の計画を練り、実行に移そうとしていた。
キャビンアテンダントをダー子が、航空会社のドラ息子をボクちゃんが扮し、ボクちゃんはダー子に指図し、現金を海外へと運び出すという役割をさせているように演じた。その様子を見た赤星は、ボクちゃんとダー子に接触する。まずはドラッグを運ばせてボクちゃんたちが自白しないか試した。そして、いわき空港から海外へと現金20億円を運び出すため、計画を実行する。

ボクちゃんの恋愛模様

”すずや”の女将・操(みさお)の話を聞く、ボクちゃん。

惚れやすい体質のボクちゃんは、一目惚れをしては失恋の繰り返しであった。
ボクちゃんは、住み込みで働いていた老舗旅館“すずや”の女将・操(みさお)に恋心を抱く。その時、旅館が桜田リゾートによって強引なやり口で、無償同然の金額で買収されてしまったことを知る。腹を立てたボクちゃんは、旅館の奪取と操の心を手に入れようと企む。桜田リゾートを次のターゲットにすべく、ダー子とリチャードに相談するのだった。2人の協力により、大金を騙しとることに見事成功する。そして、操の元に向かうも、すでに旅館の板長と恋仲の関係にあり、ボクちゃんの恋心は無惨に散ることになる。
次に、個展の開催を予定している美大生の須藤ユキにカフェで出会い、好意を寄せるようになる。ユキは、自身が通う美大の特別講師として訪れた、美術評論家の城ヶ崎善三(じょうがさきぜんぞう)に甘い口車に乗せられ、関係を持ってしまう。しかし、城ヶ崎は本気ではなく、わずか3ヶ月で関係を切ると、ユキは自暴自棄となり、リストカットしてしまった。その事実を知ったボクちゃんは、体目当てで近付いた城ヶ崎に怒り、ユキを傷つけた城ヶ崎に復讐するため、ダー子とリチャードに話を持ちかける。ダー子たちの計画で、城ヶ崎の評判はガタ落ちとなり、見事に復讐を果たした。そして、無事に個展を開催できたユキの元に訪れるボクちゃんだが、新たに金づるを見つけたユキにあしらわれ、呆気なく失恋する。

映画を利用し会社を告発

加工食品会社「俵屋フーズ」の社長である俵屋勤(たわらやつとむ)は、自社製品である「うなぎのカレー煮」に使っているうなぎの産地偽装を行い販売していた。その事実を知った、社員の宮下正也(みやしたまさや)は社長に産地偽装を止めるよう訴えるも俵屋は聞く耳を持たず、宮下は社員寮の管理人として左遷されることになる。
宮下は厚生大臣に告発文を送ろうとするも送れず、繁華街でやけ酒をし、酔い潰れ、素行の悪い男たちに絡まれていたところにダー子と出会う。告発文を入手したダー子は、俵屋勤を次のターゲットとし、計画を企てる。
俵屋を調査していると「大の映画ファン」であることを知り、架空の映画に大金を出資させ、そこから騙し取ろうとしたが、なかなか出資しない。俵屋が女性にだらしないところに目をつけ、ダー子自ら中国人女優「マギー・リン」に扮して接触。関係を持っていることを匂わせ出資させた。しかし、俵屋は映画制作にどんどん口出ししていき、最終的には俵屋自身も出演させろと聞かなかった。エキストラとして俵屋フーズの社員も出演させ、さらには、マギーと共演したいと要求する。その要求を巧く使い俵屋の望みを叶え、映画が完成する。社員を出演させることから、ダー子たちは左遷された宮下とともに別撮りで、産地偽装を行なっていることとパワハラを告発する映像を撮影。完成披露試写会で、その映像が流れ、俵屋の悪評が知れ渡った。

味方をも騙すダー子の戦略

野々宮総合病院の理事長・野々宮ナンシーと息子・新琉に接触する、外科医のナオミ医師(ダー子)。

虫垂炎になったリチャードは、野々村総合病院にて、入院・手術をすることになった。
元モデルで開業医と玉の輿婚をした、野々村総合病院の理事長である野々村ナンシー。彼女は夫亡き後、病院の経営を引き継ぎ、息子である新琉(にいる)をどんなに難しい手術も成功させる「スーパードクター」として仕向け、マスコミからの注目を集める。しかし、実際は、難しい手術を得意とする、新琉の同僚・田淵医師が執刀していた。新琉の影武者となっていた田淵医師は、理事長に給料交渉を行うも、医療過誤を捏造され、病院と医療業界から追い出されることになる。そのことを知ったコンフィデンスマンたちは、復讐のためナンシーをターゲットにする計画を企てる。
まず、ボクちゃんをアメリカ帰りの凄腕外科医として野々村総合病院に推薦するが、「手術を見てから」と言われ、契約料を騙し取る作戦は失敗に終わる。次に、ダー子も自らを外科医ナオミとしてナンシーの元に訪れる。ナンシーがゴルフレッスン中に腰を痛めたことを聞きつけ、精密検査をするように仕向ける。健康上なにも問題ないナンシーに、「胸部大動脈瘤がある」と偽の検査結果を提示。迅速に手術しないと死の可能性があると告げる。田淵医師がいない中、ナオミ医師(ダー子)が執刀する代わりに、巨額の手術代を要求するも「手術後に支払う」と言われる。そのことにダー子は承諾し執刀する。
「アメリカでは常識」と、ナンシーに手術前に睡眠薬を飲ませ、眠ったナンシーを手術室に運ぶ。あとは、ボクちゃんが作成した手術映像のDVDを別室にいる、息子の新琉に見せるだけのはずだった。だが、途中でDVDが再生不可能となる。心配した新琉が手術室へと向かってしまい、執刀せざるを得なかった。順調に見えた手術だったが、ダー子たちの詐欺仲間である五十嵐(いがらし)が途中で倒れてしまい、大出血を起こす。手術室に着いた新琉に、「母親を救いたいなら、自分で手術をしたらどう?」とナオミ医師(ダー子)は言うが、新琉は田淵医師に依頼する。しかし、田淵医師は横柄な態度へと激変する。そんな田淵医師の態度に腹を立てたボクちゃんが田淵医師を殴り、新琉は自分で手術せざるを得ない状況になる。母親の命が危ない状況でも、新琉は恐怖心に負け、逃げ出してしまう。
仲間のみの状況となり、ダー子はボクちゃんにネタバラシを始める。実際は手術をしておらず、ハリウッドの特殊造形師・ジョージ松原に依頼し本物そっくりな臓器を作ってもらい、それを見せていたのだった。

偽りの家族

リチャードは1年前にバーで、矢島理花(やじまりか)と知り合う。矢島理花はスリの常習犯で、リチャードをターゲットに財布をすろうとするも逆に財布をとられ失敗。まともに生きるよう説得を続けるリチャードだったが、聞く耳を持たない理花はスリを続け、結局逮捕され、現在服役中。そのため、家財道具一式をリチャードが預かることになり、ダー子の部屋へと運ぶ。そこで、その家財道具の中から与論要造(よろんようぞう)の手紙をダー子が見つける。
五十嵐の調べで、資産家の与論要造が父親だと知る。ダー子はその遺産を手に入れるため、理花に扮して鎌倉にある屋敷に潜り込むのだった。理花は、女遊びが激しかった要造が愛人に産ませた子どものため、義母や腹違いの兄姉の祐弥(ゆうみ)と弥栄(やえ)にいじめられ、10歳で家を出た。そのため、要造たちは理花が本当の娘か見分けることができなかった。
祐弥と弥栄たちも実は要造の遺産を狙っている詐欺師(キンタ、ギンコ)で、本当の息子・娘ではなく、突然現れたダー子を疑っていた。そんな中、理花を振った造り酒屋の息子として登場したボクちゃんを迎え、偽家族が生みだされた。家族らしい5人の生活が始まる。

美に取り憑かれた女社長

リチャードは、以前福田ほのかが経営するメンズエステ「ほのかスパ」の常連だった。しかし、ほのかはMIKAサロンに転職することが決まり、店をたたむことになる。そんなほのかの新たな門出をリチャードも快く送り出していた。ところが、ミカブランドの代表・美濃部ミカから「痩せろ」などと毎日のように罵倒されたことが原因で、ほのかは退職し、引きこもり状態となってしまった。そこでリチャードは、ダー子たちに協力を求めた。しかし、ダー子が「年とると、ちょいポチャのちょいブスが好きになる」などの発言にリチャードが怒り、ボクちゃんと2人でミカを騙すことを決意。男性用コスメを売り込む韓国人にボクちゃんがなりすまし、化粧品を売り込もうとするが、ミカに「男は内面を磨けばいい。美は女性だけのものよ」と言われ失敗する。そこでダー子は、フランスの老舗高級ブランド「シャルパンティエ」のコスメを売り込むバイヤーに扮するが、接触直前で引き返す。「美への異常なまでの執着心」のあるミカに、その方法では失敗すると思い、ダー子は「東北に住む野暮ったい女性」に扮し、ミカに接触する。

コンフィデンスマン絶体絶命のピンチ

鉢巻に捕まった、ダー子・ボクちゃん・リチャード。

ボクちゃんは、ダー子とリチャードに詐欺師を辞めると宣言し、引っ越し屋に勤務していた。そこで出会った新人の鉢巻秀男(はちまきひでお)から結婚詐欺に遭い、全て失ったことを相談される。ボクちゃんは、鉢巻が描いた結婚詐欺師達の似顔絵を見て、犯人がダー子とリチャードだと思い、鉢巻をダー子の部屋へと案内する。しかし、部屋に入った瞬間、鉢巻は豹変し、仲間を部屋へと導く。なんと、鉢巻の正体は中国系マフィアのボスだった。彼の父親もマフィアのボスであり、過去に「子犬」という名の詐欺師に15億円を騙しとられていた。鉢巻は父親に代わり、その詐欺師に復讐しようと、ボクちゃんに接触したのだった。
部屋に乗り込んだ鉢巻は3人を脅迫し、「子犬」の正体がダー子たちだと認めさせようとする。しかし、ダー子たちは「知らない」と主張するだけであった。3人の素性を調査していた鉢巻は1人ずつ別室に連れ出し、撹乱しようとする。
まず、最初に別室に呼び出されたリチャードは、前妻と娘の写真を見せられ、家族を盾に「子犬」の正体を吐くように恐喝される。そこでリチャードは、3人の有金である15億円を渡すと鉢巻に言うが、「金じゃない」と拒否された。リチャードは、しぶしぶ自分が「子犬」であると告げたのだった。次に、ボクちゃんが別室に連行されると、実母である信江(のぶえ)の写真を見せられた。ボクちゃんの母は、元詐欺師であった。その母の近況を聞いたボクちゃんは、思わず涙する。ボクちゃんは鉢巻に信江の誕生日を訪ねられるが、回答できなかった。その様子を見た鉢巻は、得意げに鉢巻の母と信江の誕生日を伝える。諦めたボクちゃんは、自分が「子犬」であると鉢巻に言うのだった。最後にダー子が部屋に呼び出された。そして、鉢巻は「リチャードとボクちゃんが『子犬』はダー子だ」と言っていると偽る。また、ダー子は施設で育ったことやボクちゃんの母である信江から詐欺の教えを受けていたことも知っていた。ダー子は鉢巻に孤児で家がないことを伝えるも、相手にされなかった。
鉢巻から15億円をくれれば見逃すと言われた3人は、中国の銀行口座にお金を振り込む。しかし、鉢巻によって拳銃で撃たれ、血を流して倒れた。鉢巻は、誇らしげにその場を去り、手下と共に車に乗る。鉢巻は、ダー子が観たがっていた『名探偵・海老河原シリーズ』のDVDを観る。作中で拳銃から血糊が出てくるトリックがあり、不審に思った鉢巻は、自分の拳銃を試射すると、血糊が出てきたのだった。そこに、「鉢巻の口座から預金が全て引き出された」と中国の銀行から連絡が入った。狼狽えた鉢巻はホテルへと戻るが、そこには警官が駆け付けており、銃の所持で鉢巻達は捕まった。
この詐欺計画には、ダー子が五十嵐に「子犬」の正体は自分だということと、虚偽の身上を鉢巻達に伝えるように指示していた。そして、鉢巻の母の誕生日と生家の番地から銀行口座の暗証番号を推測したダー子は、見事鉢巻から大金を奪うことに成功した。

『コンフィデンスマンJP』の登場人物・キャラクター

信用詐欺師グループ

ダー子(演:長澤まさみ)

abuabu
abuabu
@abuabu

Related Articles関連記事

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)の徹底解説・考察まとめ

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)の徹底解説・考察まとめ

『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』とは2019年に公開された、詐欺師をテーマにした映画作品。東京ドラマアウォードなどの賞を受賞した、総合視聴率15.1%の人気テレビドラマを映画化した1作目。大ヒットした痛快エンターテインメント映画で、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人のコンフィデンスマン(信用詐欺師)が、悪い奴から詐欺で大金を巻き上げるストーリー。今回のおさかな(ターゲット)はラン・リウ。恋愛詐欺師のジェシーと日本のゴットファザーの赤星も加わり、香港を舞台にコンゲームを繰り広げる。

Read Article

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マスカレード・ホテル』とは、東野圭吾が書いた人気小説『マスカレード・ホテル』を原作とした大ヒット映画である。木村拓哉主演の映画で、長澤まさみや小日向文世、渡部篤郎など豪華キャストがそろっている。物語は予告連続殺人事件の捜査のために、警視庁の刑事たちがホテル・コルテシア東京に潜入捜査をする。エリート刑事の新田はフロントクラークとして同じホテルの仕事をする山岸と共に、次々とホテルに来る怪しい宿泊客の対応をしていく。誰が殺人事件を起こそうとしている犯人なのかを突き止めていくミステリー映画。

Read Article

世界の果てまでイッテQ!(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

世界の果てまでイッテQ!(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

『世界の果てまでイッテQ!』とは、日本テレビ系列で放送されているテレビ番組。前身となった深夜番組『クイズ発見バラエティー イッテQ!』が好評を博したことから、ゴールデンタイムに進出した。「絶景を撮影する」「世界の祭りに参加する」などの目的で地球全土を舞台にロケを行うバラエティ番組・紀行番組となっている。世界各地の祭りに挑む「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」や、各国の珍獣・文化・風習をリポートする「珍獣ハンターイモト ワールドツアー」など、名物となっている企画が多い。

Read Article

ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!(やるやら)のネタバレ解説・考察まとめ

ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!(やるやら)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』。ウンナンにとって初の冠番組だった『ウッチャンナンチャンの誰かがやらねば!』のテイストを引き継ぎ、土曜8時に颯爽と現れたこの番組。 2010年代には観ることがもうできないであろう、相当にダイナミックな番組である。 ウンナンならではの笑いのパンタグラフ、「ちっがーう!!」もとい、パラダイスといえた。

Read Article

重版出来!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

重版出来!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『重版出来!』とは2012年から松田奈緒子が小学館『月刊!スピリッツ』に連載中の青年漫画。週刊コミック誌『バイブス』の編集部を舞台に、主人公の漫画編集者・黒沢心が一癖も二癖もある漫画家たちや出版業界に関わる様々な業種の人々と一冊の本を生み出すため奮闘するお仕事漫画。2016年には黒木華主演でTBS系列にてドラマも放映。脚本は映画『図書館戦争』シリーズなどで知られる野木亜紀子。後に『逃げるは恥だが役に立つ』、『アンナチュラル』などのヒット作も手掛ける。

Read Article

LIFE!〜人生に捧げるコント〜(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

LIFE!〜人生に捧げるコント〜(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

LIFE!~人生に捧げるコント~とは、NHKが制作しているコントを中心としたバラエティ番組。『人生』をテーマにしており、ウッチャンナンチャンの内村光良が中心となっている。内村にとってはNHKでの初のレギュラー番組。一度見たら忘れられない個性的すぎるキャラクターたちや、多分野に渡る豪華ゲストが特徴。

Read Article

50回目のファースト・キス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

50回目のファースト・キス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『50回目のファースト・キス(映画)』とは、本国アメリカのみならず世界中で大ヒットとなったロマンチック・ラブコメディである。記憶障害という難病をテーマに切なく涙かせるシーンもありながら、集結したコメディ俳優たちがハワイを舞台にナンセンスながらクセのあるギャグで始終笑わせてくれる。 二人が揃ってメディアに登場すると今だに大きな話題となるアダム・サンドラー×ドリュー・バリモアの最強コンビの抜群の信頼関係が、最高の映画製作に影響を与えヒット作へと導いている、今もなお根強いファンが多い傑作である。

Read Article

WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』とは、三浦しをんの著書『神去なあなあ日常』を原作として公開された青春映画である。大学受験に失敗した平野勇気は「緑の研修生」という林業研修プログラムのパンフレットを偶然見つける。その表紙の美女に憧れて神去村(かみさりむら)にやってくるが、そこには癖だらけの村人たちが暮らしていた。何度も逃げ出そうとする勇気だったが、次第に林業の魅力にみせられていく。この映画はたくさんの小ネタに笑わせられつつ、森林風景の美しさや人との出会いに感動する物語になっている。

Read Article

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

ネメシス(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ネメシス(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ネメシス』とは日本テレビ系列で2021年に放送された探偵事務所が舞台のミステリー・エンターテインメントドラマである。舞台は横浜にある小さな探偵事務所ネメシス。新たに看板探偵となった風真は、天才的な推理力を持つ助手アンナに助けられながら難事件を解決してゆく。2人の上司・栗田は行方不明になったアンナの父を探しながら、20年前の事件を追っていた。広瀬すず演じる”天才助手”美神アンナと、櫻井翔演じる”ポンコツ探偵”風真尚希の凸凹バディが、ネメシスに舞い込む難事件を次々と解決してゆく。

Read Article

アイアムアヒーロー(I Am a Hero)のネタバレ解説・考察まとめ

アイアムアヒーロー(I Am a Hero)のネタバレ解説・考察まとめ

『アイアムアヒーロー』(I Am a Hero)とは、花沢健吾による日本のSFホラー漫画である。謎の感染症が世界中で流行り、ほとんどの人間がゾンビになっていく。そのゾンビと戦い、感染から逃れる数少ない人間は、引きこもりやニートといった社会に劣等感を抱いていた者たちが中心となっている。この漫画に出てくるヒーローたちは、人間臭いリアリティーのあるヒーローだというのも見所のひとつ。漫画雑誌『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、2009年22・23合併号から2017年13号まで連載。

Read Article

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

池袋ウエストゲートパーク(IWGP)のネタバレ解説・考察まとめ

池袋ウエストゲートパーク(IWGP)のネタバレ解説・考察まとめ

『池袋ウエストゲートパーク(IWGP)』とは2000年4月から6月までTBS系で放送された日本の若者の日常をワイルドに描いたテレビドラマ。主演は長瀬智也、脚本は宮藤官九郎。その他渡辺謙や妻夫木聡など、多くの豪華俳優が出演している。池袋を舞台に、主人公マコトが池袋を舞台に友人やギャングたちとケンカや友情に明け暮れるストーリー。原作は石田衣良の小説『池袋ウエストゲートパーク』で、ドラマ以外にも、コミック、ミュージカル、舞台、アニメなど幅広いメディアミックスがなされた。

Read Article

コクリコ坂から(ジブリ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

コクリコ坂から(ジブリ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『コクリコ坂から』とは、2011年に公開されたスタジオジブリのアニメーション映画。監督は宮崎吾朗で、キャッチコピーは『上を向いて歩こう。』。 港南学園高校2年生のメルこと松崎海は、毎朝庭で旗を揚げていた。それは戦争に行ったきり、帰ってこない父親へ向けた信号旗だった。ある日、学校新聞「週刊カルチェラタン」で、自分が旗を揚げる少女として取り上げられていることに気が付く。それは同じ高校の3年生、風間俊が書いた記事だった。メルはこの記事をきっかけに俊を気にするようになり、だんだんと彼に惹かれていく。

Read Article

LIAR GAME(ライアーゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

LIAR GAME(ライアーゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『LIAR GAME』とは2005年より甲斐谷忍が『週刊ヤングジャンプ』で連載しているサスペンス漫画、およびそれを原作としたテレビドラマ作品。"バカ正直のナオ"と呼ばれる女子大生・神崎直(かんざきなお)が、巨額の金を賭けた騙し合いのゲーム『LIAR GAME(ライアーゲーム)』に巻き込まれ、天才詐欺師・秋山深一(あきやましんいち)とともにライアーゲームを戦い抜く姿を描いたサスペンスである。

Read Article

銭ゲバ(Zeni Geba)のネタバレ解説・考察まとめ

銭ゲバ(Zeni Geba)のネタバレ解説・考察まとめ

「銭ゲバ」とは、ジョージ秋山の漫画を原作したテレビドラマ。幼い頃、母親の桃子と貧しい生活を送っていた風太郎。父親の健蔵は働きもしないで女と酒に溺れ、桃子に暴力を振るうようになる。優しい母だけが風太郎にとって心の支えだった。しかし貧乏生活ゆえ、桃子は身体を壊してしまい、薬を買うお金さえなかったため帰らぬ人となってしまう。お金がなかったから母は死んだと子供ながら理解した風太郎は金に取りつかれていく。

Read Article

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

ロングバケーション(ロンバケ)のネタバレ解説・考察まとめ

ロングバケーション(ロンバケ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロングバケーション』とは、1996年4月から6月まで毎週月曜日21:00から、フジテレビ系の「月9」枠で放送された日本の恋愛ドラマ。主演は木村拓哉と山口智子で、その他松たか子や竹野内豊など、人気俳優が脇を固める。ピアニストを目指す瀬名秀俊と、モデル崩れの葉山南がひょんな事から一つ屋根の下に住むことになり、互いに惹かれていくストーリー。脚本は人気脚本家の北川悦吏子。略称は「ロンバケ」。最高視聴率36.7%を記録し、第34回ギャラクシー賞選奨にも選出された。

Read Article

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シン・ウルトラマン』とは、脚本・庵野秀明、監督・樋口真嗣による、人類のために戦う異星人ウルトラマンと、その周囲の人々の活躍を描いた映画作品。日本を代表するクリエイターによる伝説的な特撮作品のリブートということで、公開前から大きな話題となった。 突如日本に出現し始めた巨大生物、禍威獣。その脅威に対抗するため結成された禍特隊の前に、銀色の巨人が現れる。ウルトラマンと名付けられたその巨人は禍威獣から人々を守るように振る舞い、禍特隊がその謎を追う一方、地球にはかつてない危機が迫っていた。

Read Article

岳(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

岳(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『岳』とは2003年より『ビッグコミックオリジナル』にて連載が開始された石塚真一による漫画、および原作を基にして作られた映画のことである。山岳遭難救助隊の新人として配属された女性警察官と山を愛する山岳救助隊員との交流を中心として、山を愛する人々の想いや成長過程が細やかに描かれている。美しさだけではなく、時には人間に容赦なく襲い掛かる自然の驚異を体感させてくれる山愛に満ち溢れた作品だ。

Read Article

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

『JIN(仁)』とは、TBS系列にて2009年10月〜12月まで放送されたTVドラマ及び、『スーパージャンプ』で連載されていた村上もとかによる漫画作品。「現代の医師が、もし幕末へタイムスリップしたらどうなるか?」を描いたSF要素の強い医療時代劇漫画をドラマ化したものである。第五話で視聴率20%超えを達成し、最終話では平均視聴率25.3%、瞬間最高視聴率29.8%を記録した。この記録は、2009年に放送された民放の連続ドラマ視聴率の中で最高記録となり、大きな反響を呼んだ、国民的人気ドラマである。

Read Article

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『流星の絆』とは、東野圭吾の同名小説『流星の絆』が原作となったミステリードラマである。子どものころに両親を殺された三兄妹が復讐を誓い、真犯人にたどり着くまでを描く。2008年10月から12月に、TBS系22時からの金曜ドラマ枠で放送された。脚本は宮藤官九郎が手掛け、基本のストーリーは守りつつも青春ドラマ的な要素やコメディー的な要素が加わったことで、原作とは大きく異なる世界観となっている。主役の三兄妹を二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香が演じる。

Read Article

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2015年7月18日に公開された日本の映画作品。2001年に第1期、2014年に第2期としてフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の劇場版2作目。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2015年の日本映画興行収入第3位 (実写映画では第1位) を記録 (46.7億円)。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が不審な交通事故を通して大使館の疑惑に関わることになる。

Read Article

リバース(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

リバース(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『リバース』とは、2017年4月から6月まで放送された湊かなえのミステリー小説が原作のテレビドラマである。主人公の深瀬和久は、10年前に大学時代の友人たちと卒業旅行に行った際、親友・広沢由樹が失踪し、遺体となって発見された。10年前の事件について深瀬たちに何者かが告発文を送りつけられ、その犯人を突き止めていくミステリー。現在と過去を交互に描いていくストーリーが、人気を博した。

Read Article

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『HERO』とは、第1期が2001年に、第2期が2014年にフジテレビ系で放送された、検察をテーマにした日本のテレビドラマシリーズ。木村拓哉が主演を務め、自身の正義と価値観で捜査を行う型破りな検事・久利生公平と彼を支える検察事務官、同僚検事たちの活躍を描いている。その他、2006年にドラマ特別編が、2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。第28回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。

Read Article

シグナル 長期未解決事件捜査班(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

シグナル 長期未解決事件捜査班(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『シグナル 長期未解決事件捜査班』とは、過去と現在が無線機による通信で繋がり、その無線機を使ってそれぞれの時代の刑事が事件を解決していくという刑事ドラマである。2018年にフジテレビ系で放送された連続ドラマで、韓国で数々の賞を受賞したドラマ『シグナル』の日本版リメイクとなっている。過去と現在が同時進行で描かれ、未解決事件を解決する現在の長期未解決事件捜査班と、その事件が実際に起こっている過去が繋がり、事件解決だけでなく謎や秘密が明らかになっていく。

Read Article

MIU404(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

MIU404(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『MIU404』とは、性格が全く違う二人の刑事が日本の社会問題に立ち向かいながら事件解決を目指す、警視庁機動捜査隊を舞台としたテレビドラマである。臨時部隊として新設された第4機捜に召集された刑事が志摩一未と伊吹藍だ。二人は相反する性格ながら、様々な事件に相棒として立ち向かうことになる。斬新なストーリーと共に、二人の刑事がバディとして絆を深めていく姿も目が離せない作品だ。

Read Article

SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜(ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜(ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』とは、超能力などを使った特殊な事件を捜査するために設立された、未詳事件特別対策係を舞台にした刑事ドラマ及び原作をもとにした映画である。IQ201の天才刑事と警視庁特殊部隊 (SIT) 出身の捜査官が特殊能力(SPEC)を持つ犯人と対決する姿が描かれている。ドラマ初期にはミステリーなストーリーが繰り広げられ、後半になるとSPECに関わる陰謀劇が中心となっている。2人の刑事の個性的なキャラクターも見どころのひとつだ。

Read Article

シン・ウルトラマンの禍威獣まとめ

シン・ウルトラマンの禍威獣まとめ

禍威獣(かいじゅう)とは、『シン・ウルトラマン』に登場する敵性大型生物。ある時を境に日本各地に出現するようになり、多大な被害を生み出した。その姿は爬虫類のようなものから鳥に似たもの、巨大な植物まで多種多様。既存の生態系から完全に独立した生物であり、放射性物質を食べたり破壊光線を発したりと個々が地球の常識では考えられない能力を秘めている。 その正体は、外星人こと地球外の知的生命体が、人類発祥以前に後に日本となる土地に不法投棄していった生物兵器。日本にしか出現しないのもこれが理由である。

Read Article

ゴールデンスランバー(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴールデンスランバー(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴールデンスランバー』とは、堺雅人主演のミステリー・ハードボイルド映画である。2010年1月に公開された映画で、日本の小説家の伊坂幸太郎の小説『ゴールデンスランバー』を映画化した作品。仙台運送で働く青柳雅春(あおやぎまさはる)が総理大臣を殺害した事件の犯人に仕立て上げられていくストーリー。映画のロケは全て仙台で行われた。映画のキャストは堺雅人の他に、竹内結子、浜田岳、香川照之、吉岡秀隆などが出演している。2018年2月にはカン・ドンウォン主演の韓国映画版『ゴールデンスランバー』が公開された。

Read Article

め組の大吾(FIRE BOYS)のネタバレ解説・考察まとめ

め組の大吾(FIRE BOYS)のネタバレ解説・考察まとめ

『め組の大吾』は1995年から1999年までの約4年間、曽田正人先生が週刊少年サンデーで連載していた消防士の物語である。マンガの他、2004年にフジテレビでドラマ化された。主な内容は、不良に近かった朝比奈大吾が、消防士になり同僚や上司、先生や助けた人などに刺激を受けてレスキュー隊員へと破天荒ながら活躍の場を広げていく様子が描かれている。元不良らしい考え方と行動力の大吾とともに、優等生である甘粕のコンビが魅力を後押ししている。また、火災や事故現場の臨場感などが読み手を引き付ける。

Read Article

ゴシップ #彼女が知りたい本当の〇〇(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴシップ #彼女が知りたい本当の〇〇(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴシップ #彼女が知りたい本当の〇〇』とは、2022年1月〜3月にフジテレビ系列で毎週木曜夜10時より放送していた連続ドラマである。大手出版会社であるクスノキ出版が運営するインターネットニュースサイト「カンフルNEWS」に閉鎖の危機が訪れる。そこに現れた黒木華演じる瀬古凛々子(せこりりこ)は、カンフルNEWS編集部員と共にサイト閉鎖の危機に立ち向かう。その中で巻き起こる“人と人とのつながり”を描く、社会派風完全オリジナルドラマである。

Read Article

今日も嫌がらせ弁当(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

今日も嫌がらせ弁当(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『今日も嫌がらせ弁当』とは、シングルマザーの母親と反抗期の娘がお弁当を通じて交流する実話に基づくヒューマンストーリー。原作は人気ブロガーKaori(ttkk)の2015年に出版されたエッセイ『今日も嫌がらせ弁当』である。監督・脚本を塚本連平が担当し、篠原涼子主演で2019年6月に映画化された。舞台は東京・八丈島。シングルマザーの持丸かおり(演:篠原涼子)が、反抗期の娘である持丸双葉(演:芳根京子)に対抗して始まった嫌がらせ弁当によって、気持ちが通じ合っていく心温まる物語。

Read Article

大恋愛〜僕を忘れる君と(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

大恋愛〜僕を忘れる君と(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『大恋愛〜僕を忘れる君と(ドラマ)』とは、TBS「金曜ドラマ」で2018年10月から12月までの間で毎週金曜夜10時から放送されたテレビドラマである。若年性アルツハイマーにおかされた女医と自分を忘れていく恋人を明るくけなげに支えていく元・小説家の10年にわたる愛の軌跡を描いた王道ラブストーリー。圧巻の演技力を誇る国民的大女優の戸田恵梨香が主人公を演じ、さらにドラマや舞台などで大活躍中の個性派俳優ムロツヨシが恋人役として出演している。実力を兼ね備えた二人の演技が話題となった作品である。

Read Article

目次 - Contents