アイアムアヒーロー(I Am a Hero)のネタバレ解説・考察まとめ

『アイアムアヒーロー』(I Am a Hero)とは、花沢健吾による日本のSFホラー漫画である。謎の感染症が世界中で流行り、ほとんどの人間がゾンビになっていく。そのゾンビと戦い、感染から逃れる数少ない人間は、引きこもりやニートといった社会に劣等感を抱いていた者たちが中心となっている。この漫画に出てくるヒーローたちは、人間臭いリアリティーのあるヒーローだというのも見所のひとつ。漫画雑誌『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、2009年22・23合併号から2017年13号まで連載。

ダニエリ

ダニエリ

江崎を救出しに来たメンバーの一人。全てのセリフがカタカナなので、おそらく外国人。江崎を救出した際に感染し、来栖によって殺害された。

来栖一派の女

江崎を救出しに来たメンバーの一人。本名や詳しい素性は不明。小田が英雄に話したことによると、彼女は小田の性同一性障害の妹(心は弟)だと考えられる。アジトの風呂場で寝ていた際、感染者が雨戸を破り窓から侵入し争いになる。アジトのルールに従い感染していないか確かめる為に風呂場で監禁されていた。その途中で発症し窓から外に逃亡。最終巻で戦闘型ZQNとして池袋で英雄と遭遇し、一時は襲い掛かるが姉である小田との交信を通じてクレーンに追い詰められた英雄を守りはじめる。最期は他のZQNに首をもがれクレーンから落下した。

苫米地(とまべち)

苫米地

来栖達のアジトにいる髭を生やしてメガネをかけた男性。自称「愛妻家」。メンバーたちの武器製造を担当している。アマチュア無線に精通していたり博識な人物。アウトレットモールの伊浦が発見した「生前の生活習慣をトレースしている」ということの他にも「感染者は極めてゆるやかだが南へ移動している」「皮膚感覚をもつ」などの発見をしている。感染した女性を研究対象として捕獲している。小型ヘリの操縦技能も持っており、サンライズ60を襲撃した際に同じく操縦技術を持つと自称する浅田を脅してヘリコプターを乗っ取る。数名の生存者を乗せて、自身が運転するヘリコプターでサンライズ60を脱出する。

おばちゃん

おばちゃん

来栖たちのアジトにいるいかにも「おばちゃん」という風貌の女性。本名は不明で、アジトのメンバーからは「おばちゃん」と呼ばれている。アジトの家事全般を担当している。アジトの風呂場から感染者が侵入しても動じず、包丁の二刀流で応戦し、ためらうこともなく感染者の首を切断した。20巻から再登場し左目に眼帯を付け武器として手斧を装備していた。傍若無人なクルスの行動に耐えかねて一派を離反した後、銭湯で偶然出会ったコロリ隊と行動を共にする。屋上での戦いで異形と化したコロリ隊の女兵士に飲み込まれるが、コロリに救出され一命をとりとめた。救出された後、なぜか若返っている。サンライズ60脱出後に伊豆七島で赤ちゃんを抱いているので、妊娠出産をしたようである。

春樹(はるき)

春樹

来栖達のアジトにいた男子中学生。短気で攻撃的な性格。城とは、恋人関係のようで、彼女のことを気にかけている。パンデミック以前に両親が宗教にのめり込み、家庭崩壊した過去がある。江崎が通っていた中学に通っている。そして中学時代、江崎ををいじめていた親戚がいる。サンライズ60で、桐谷と格闘してZQNの血液が付着した包丁で彼を負傷させて感染させる。しかし油断した隙に、予備の包丁を桐谷に奪われ、頸部を刺されて感染してしまう。

山田 城(やまだ きずき)

山田 城

来栖達のアジトにいた春樹と同級生の女子中学生。屋内でも常に防塵マスク(3M 6000)を着けている。学校に避難した家族の生存を期待している。埼玉から都内に進出した際には、武器回収任務中だった桐谷たちに性交を条件に助けを求めるというハニートラップのような罠にかけて、桐谷の相方を春樹に殺害させた。サンライズ60でヘリコプターに乗り損ねて、発症した桐谷に足を掴まれ、さらに顔面に手斧が当たり墜落した。

羽生兄

羽生兄

羽生兄妹の兄は、江崎救出の際、後援部隊としてクロスボウ(TAC-15)で感染者達を狙撃した人物。普段はアジト近くの田んぼの改造した物置小屋に妹と潜んでいる。そこでアジトの門に近づく感染者を駆除する。来栖一派を信用していないが、地元民の江崎を妹と二人だけの避難計画に誘う。学校に逃げ込んで車で待機する苫米地を脅迫していた際、やってきた来栖の気まぐれで妹と共に殺害される。

羽生妹(富貴子)

羽生妹

羽生兄妹の妹。妹の富貴子は小型のクロスボウを持っている。兄と同じく、来栖の気まぐれで殺害される。

スコップの男

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents