マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マスカレード・ホテル』とは、東野圭吾が書いた人気小説『マスカレード・ホテル』を原作とした大ヒット映画である。木村拓哉主演の映画で、長澤まさみや小日向文世、渡部篤郎など豪華キャストがそろっている。物語は予告連続殺人事件の捜査のために、警視庁の刑事たちがホテル・コルテシア東京に潜入捜査をする。エリート刑事の新田はフロントクラークとして同じホテルの仕事をする山岸と共に、次々とホテルに来る怪しい宿泊客の対応をしていく。誰が殺人事件を起こそうとしている犯人なのかを突き止めていくミステリー映画。

『マスカレード・ホテル』の概要

『マスカレード・ホテル』とは木村拓哉主演の映画で、原作は東野圭吾が書いた小説『マスカレード・ホテル』である。ファン待望の実写映画化で、監督は鈴木雅之、脚本は岡田道尚、音楽は佐藤直紀が担当している。鈴木監督と木村拓哉は人気ドラマ『HERO』などで何度もタッグを組んできた仲。木村拓哉が初めて刑事役に挑戦した映画で、2019年1月18日に劇場公開された。映画のキャストとして主人公の新田刑事役に木村拓哉、ホテルのフロントクラークである山岸尚美役に長澤まさみ、新田刑事の元相棒である能勢刑事役を小日向文世が演じている。その他に警視庁の刑事、ホテルマン、宿泊客などが登場し、渡部篤郎、石橋凌、笹野高史、生瀬勝久、濱田岳、松たか子、菜々緒など豪華キャストがそろっている。

東京都内で3件の殺人事件が発生。現場に残された暗号から連続殺人事件だと判断した警視庁は、4件目の殺人事件を未然に防ぐためにホテル・コルテシア東京に潜入捜査をする。フロントクラークとしてホテルに潜入した新田刑事は、フロントクラークで教育係でもある山岸と共に、ホテル・コルテシア東京にやってくる怪しい宿泊客たちの対応をする。4件目の殺人事件を起こそうとしているのは誰なのか。宿泊客やホテル従業員、誰もが容疑者という中で次々と起こるお客様の問題を解決しながら、事件を解明していくミステリー傑作映画である。

『マスカレード・ホテル』は、東野圭吾の人気小説『マスカレード・ホテル』のシリーズ第1作目を映画化したものである。2011年に1作目、2014年に2作目の『マスカレード・イヴ』、2017年に3作目の『マスカレード・ナイト』が刊行された。累計310万部以上が売れた東野圭吾の人気小説シリーズで、2021年9月17日には『マスカレード・ホテル』の第二弾である『マスカレード・ナイト』が映画公開予定になっている。『マスカレード・ナイト』では木村拓哉と長澤まさみが前作と同じ役を演じている。

『マスカレード・ホテル』のあらすじ・ストーリー

ホテル・コルテシア東京で警察の潜入捜査が始まる

山岸が宿泊客の綾部に客室に呼ばれてクレームを受けている様子

場所は一流ホテルのホテル・コルテシア東京。フロントクラークの山岸尚美が客室の禁煙ルームに行くと、ホテルにチェックインした宿泊客の綾部貴彦から「たばこの臭いがする」とクレームを受ける。「別の部屋に替えてほしい」という綾部に山岸は即座に謝罪しすぐに他の部屋を用意する。本当は綾部が部屋のグレードアップ目的でわざと禁煙ルームでたばこを吸い、クレームをつけてきたことに気がついていたが、山岸は一切問いたださずに冷静に対処した。山岸は優秀なホテルマンで「お客様がルール」を基本に仕事をする若い女性だった。

予告連続殺人事件の3件目の殺害現場に残されていた暗号の数字

東京都内で連続殺人事件が発生。3件の連続して起きた殺人事件は被害者の共通点はなく犯行手口はバラバラだった。連続殺人事件は1件目が10月4日に品川で会社員の岡部哲晴が撲殺され、2件目は10月10日に千住新橋で主婦の野口史子が絞殺された。3件目は10月18日に葛西で高校教師の畑中和之が金属バットで殴打される殺人事件が起きていた。事件の共通点は犯行現場に残された、紙に数字の羅列が2つ印刷された暗号のみ。警視庁捜査一課でエリート刑事の新田浩介は犯行現場に残された暗号の数字が緯度と経度だと気づき、暗号がそれぞれ次の犯行現場の場所を指し示していることを突き止める。3件目の殺害現場に残されていた暗号は「45.678738/157.788585」で、解読すると都内にあるホテル・コルテシア東京の場所だった。警視庁は3件の殺人事件を予告連続殺人事件と断定し、4件目の殺人事件がホテル・コルテシア東京で起きると予測。殺害予告の日付まで10日間あったが、犯人の手掛かりが一切ないことからホテル・コルテシア東京に潜入捜査をすることを決める。

部屋に呼び集められた一部のホテル従業員たちに、警察のホテル潜入捜査の話をしている様子

ホテル・コルテシア東京で総支配人をしている藤木は、フロントクラークの山岸、ベルキャプテンの杉下、ハウスキーピングの責任者などのホテル従業員を部屋に呼び集める。藤木総支配人は「他のホテル従業員やお客様などには話せない内容だ」と前置きしてから、実はホテル・コルテシア東京が警察の捜査に協力することになったことを伝える。藤木総支配人から何かの事件解決のために、たくさんの刑事がホテル・コルテシア東京内に潜入すると説明を受けた山岸たちは、「宿泊しているお客様に迷惑がかかるのでは?」と反対する。藤木総支配人は「すでに決定事項だ」と話し、5人の刑事がホテル従業員や宿泊客として配置につくので「面倒を見るように」と指示を出す。

新田刑事がホテル・コルテシア東京にやってきたシーン

ひげ面でボサボサ頭の新田刑事が、アイスコーヒーを片手にホテル・コルテシア東京にやってくる。新田刑事は警視庁がホテル・コルテシア東京内に設置した、予告連続殺人事件の対策本部に遅れて現れる。「新田、遅えぞ」と上司である稲垣係長に言われたが、問題児とされる新田刑事は悪びれることもなく、「すいません」と言ってパイプ椅子に座った。

山岸が新田刑事にぼさぼさ頭の髪を切るように、ホテル内にある床屋に連れてきた所

警視庁は犯人逮捕のために多くの刑事をホテル・コルテシア東京内に潜入させ、刑事たちは予定通りホテル従業員や宿泊客として配置についた。新田刑事の先輩である本宮刑事は宿泊客としてホテルのロビーを監視、若手刑事の関根刑事はお客様の荷物を部屋に運ぶベルボーイとして潜入した。新田刑事は英語を話せる帰国子女だということからフロントクラークとしてホテルに潜入。ホテル・コルテシア東京にはフロントクラークとして山岸、若手の川本美香、山岸の先輩である久我などのホテルマンたちがいた。新田刑事の教育係を任された山岸は、ボサボサ頭の新田刑事に「髪の長いホテルマンはいません」と言って、ホテル・コルテシア東京内にある床屋で髪を切らせた。七三の髪型にさせられヒゲを剃られた新田刑事は不服そうな顔をする。ホテル内に潜入している刑事たちは新田刑事の髪型を見て「似合ってる」と冷やかす。自分の仕事を誇りに思っている山岸は、短気な性格の新田刑事をフロントクラークとしてホテルのフロントに立たせることに反対したが、藤木総支配人に「クレーマー対応に比べたら」と説得されて仕方なく従うことにする。早速、ホテルのフロントに立った新田刑事の所に、「チェックアウトをしたい」と宿泊客の大野浩一がやってくる。他の宿泊客がチェックアウトの順番待ちをしていたことから、「他のお客様もいますので、順番をお守りください」と新田刑事は大野に待つようにお願いをする。「何で、できないんだ?」と言う大野の態度に新田刑事はさらにお願いしようとしたが、山岸がふたりの間に入って事を穏便に処理した。

新田刑事は3件の予告連続殺人の犯人は手嶋正樹だと考えていた。手嶋は1件目の殺人事件の被害者の岡部と会社のお金を横領していた疑いがあった。ふたりがお金のことでもめて手嶋が岡部を殺害したと新田刑事は推理していた。しかし、予告連続殺人が手嶋の犯行となると、2件目と3件目の犯行動機の説明がつかないため、他の刑事たちは犯人の可能性は低いとみていた。新田刑事の刑事としての勘が手嶋が犯人だと言っており、少なくとも手嶋が予告連続殺人について何らかの関りがあるのではないかと確信していた。

ホテル・コルテシア東京に様々な宿泊客がやってくる

古橋とその愛人がフロントでホテルのチェックアウトをしている様子

古橋という宿泊客が彼の愛人らしき女性と一緒にチェックアウトをしにフロントに来る。古橋が以前にホテル・コルテシア東京に宿泊した時に、チェックアウト後に1着2万円もするバスローブが客室からなくなっていたことを思い出した山岸は、バスローブが客室にあるのかをホテル従業員に確認する。「見当たらない」と報告を受けた山岸は「中を見せていただけないでしょうか?」と古橋の承諾を取って、スーツケースの中にバスローブが入っているのかを確認しようとした。新田刑事がそれを制して古橋を帰らせる。山岸が新田刑事に古橋を帰らせた理由を聞くと、客室に用意されている2着のバスローブのうち未使用の方が残っていたこと、持ち返るなら普通は未使用のバスローブの方を持ち返るはずだと説明した。その後に山岸はホテル従業員から、ベッドの下から使用済みのバスローブが出てきたと報告を受ける。古橋がわざと使ったバスローブをベッドの下に隠し、持ち返ろうとしていると思わせてフロントにスーツケースの中を確認させて、宿泊客を疑ったのかと慰謝料を要求しようと企んでいたことがわかる。新田刑事はその可能性を見抜いて山岸を制して古橋を帰したのだった。

宿泊客の片桐が山岸に視覚障害者ではないことを明かすシーン

そんなある日、宿泊客の片桐瑶子という老婆がチェックインをしにホテル・コルテシア東京にやってくる。サングラスをして白い手袋をした片桐に新田刑事は「名前を書いていただけますか?」と宿泊票を差し出す。名前を書こうとしない片桐に山岸は視覚障害者ではないかと気づく。新田刑事は視覚障害者が情報を得るために手の感触を頼りにすることを知っていたことから、手袋をした片桐は視覚障害者を装っている可能性を指摘する。しかし、山岸はその可能性があってもお客様にはそれぞれの事情があるとし、片桐を視覚障害者として対応する。客室に通された片桐から山岸にすぐに客室に来てほしいとフロントに連絡が入る。山岸が客室に行くと霊のようなものが部屋にいると片桐からクレームを受け、すぐに別の部屋を用意する。宿泊した片桐はフロントでチェックアウトをする時に、山岸に実は視覚障害者ではないことを明かす。片桐は今度の週末に霊感のある視覚障害者の夫がホテル・コルテシア東京に宿泊する予定があるため、ホテル側の対応を見るために下見に来たのだった。手袋をしているのは手の火傷の痕を隠すためで、片桐は山岸の対応を絶賛した。「このホテルなら安心して夫を任せられる」と言って、片桐は満足してホテル・コルテシア東京から帰って行った。

元相棒の能勢刑事から殺人事件捜査の情報を入手する

能勢刑事がホテル・コルテシア東京に宿泊客としてやってきたシーン

品川警察署の能勢刑事が宿泊客としてホテル・コルテシア東京のフロントに現れた。能勢刑事は以前に新田刑事とバディを組んでいた刑事だった。能勢刑事に呼び出された新田刑事は彼が宿泊する客室で彼と会う。能勢刑事は独自の捜査方法で予告連続殺人を調べていた。新田刑事は能勢刑事から、1件目の殺人事件の被害者である岡部哲晴が居酒屋に同じ女性と一緒によく来ていたという情報を入手。警察でその女性を探したが見つからず、岡部が殺されたことが報道されたにも関わらず、女性から名乗り出てはこなかった。能勢刑事は再び予告連続殺人の捜査に戻るために、新田刑事にホテルのチェックアウトを頼む。客室のルームキーを能勢刑事から預かった新田刑事は、宿泊客から指名を受ければ特定のホテル従業員を客室に呼び出すことができることに気づく。新田刑事は犯人のターゲットは宿泊客だけでなく、ホテル従業員も含まれる可能性に思い至る。

新田刑事がホテルの屋上で、ホテル・コルテシア東京内で殺人事件が起きるかもしれないと山岸に話している様子

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2015年7月18日に公開された日本の映画作品。2001年に第1期、2014年に第2期としてフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の劇場版2作目。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2015年の日本映画興行収入第3位 (実写映画では第1位) を記録 (46.7億円)。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が不審な交通事故を通して大使館の疑惑に関わることになる。

Read Article

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

実写版『銀魂2 掟は破るためにこそある』のキャスト、キャラ絵との比較画像、公式最新動画まとめ

福田雄一監督による実写版「銀魂」の続編が、2018年8月17日に公開されます。メインキャストは、万事屋の3人(小栗旬、菅田将暉、橋本環奈)真選組の3人(中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮)を初めとし、ほとんどが前作と同じ顔ぶれ。これに新たなキャストも加わった今作は、原作の人気長編である「真選組動乱篇」と、征夷大将軍徳川茂茂が登場する「将軍接待篇」を土台としたストーリー展開となることが発表されています。

Read Article

コクリコ坂から(ジブリ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『コクリコ坂から』とは、2011年に公開されたスタジオジブリのアニメーション映画。監督は宮崎吾朗で、キャッチコピーは『上を向いて歩こう。』。 港南学園高校2年生のメルこと松崎海は、毎朝庭で旗を揚げていた。それは戦争に行ったきり、帰ってこない父親へ向けた信号旗だった。ある日、学校新聞「週刊カルチェラタン」で、自分が旗を揚げる少女として取り上げられていることに気が付く。それは同じ高校の3年生、風間俊が書いた記事だった。メルはこの記事をきっかけに俊を気にするようになり、だんだんと彼に惹かれていく。

Read Article

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

『JIN(仁)』とは、TBS系列にて2009年10月〜12月まで放送されたTVドラマ及び、『スーパージャンプ』で連載されていた村上もとかによる漫画作品。「現代の医師が、もし幕末へタイムスリップしたらどうなるか?」を描いたSF要素の強い医療時代劇漫画をドラマ化したものである。第五話で視聴率20%超えを達成し、最終話では平均視聴率25.3%、瞬間最高視聴率29.8%を記録した。この記録は、2009年に放送された民放の連続ドラマ視聴率の中で最高記録となり、大きな反響を呼んだ、国民的人気ドラマである。

Read Article

SMAP(スマップ)の徹底解説まとめ

SMAPとは、1988年に結成され、2016年まで活躍してきた国民的アイドルグループ。中居、木村、香取、稲垣、草彅、森の六人で当初は結成され、スマスマなどのバラエティなどで人気を獲得してきた。シングルは56作、オリジナルアルバムは21作品にまで及ぶ。また、ユニバーサルスタジオジャパンの大使や東日本大震災による災害復興などの慈善活動も積極的に行ったことでも知られている。そして、ラジオやテレビなどのすべてのメディアを含めると現メンバーが全員レギュラーを務めているというのも特徴的なグループである。

Read Article

君の名は。(Your Name.)のネタバレ解説・考察まとめ

『君の名は。』とは、コミックス・ウェーブ・フィルム制作により2016年に公開された長編アニメーション映画である。監督は新海誠が務めた。 田舎に暮らす三葉(みつは)と、東京に暮らす瀧(たき)は、たびたび夢の中でお互いが入れ替わるという不思議な体験をしていた。そんなある日、千年ぶりに彗星が地球を来訪する。しかしその美しい彗星は、彼らにとって悲しい運命をもたらすものであった。

Read Article

重版出来!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『重版出来!』とは2012年から松田奈緒子が小学館『月刊!スピリッツ』に連載中の青年漫画。週刊コミック誌『バイブス』の編集部を舞台に、主人公の漫画編集者・黒沢心が一癖も二癖もある漫画家たちや出版業界に関わる様々な業種の人々と一冊の本を生み出すため奮闘するお仕事漫画。2016年には黒木華主演でTBS系列にてドラマも放映。脚本は映画『図書館戦争』シリーズなどで知られる野木亜紀子。後に『逃げるは恥だが役に立つ』、『アンナチュラル』などのヒット作も手掛ける。

Read Article

50回目のファースト・キス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『50回目のファースト・キス(映画)』とは、本国アメリカのみならず世界中で大ヒットとなったロマンチック・ラブコメディである。記憶障害という難病をテーマに切なく涙かせるシーンもありながら、集結したコメディ俳優たちがハワイを舞台にナンセンスながらクセのあるギャグで始終笑わせてくれる。 二人が揃ってメディアに登場すると今だに大きな話題となるアダム・サンドラー×ドリュー・バリモアの最強コンビの抜群の信頼関係が、最高の映画製作に影響を与えヒット作へと導いている、今もなお根強いファンが多い傑作である。

Read Article

90年代の恋愛バイブル!伝説のドラマ「ロングバケーション」

木村拓哉と山口智子主演の本作は、1990年代の恋愛ドラマとしては最高峰のものだと思います。 胸がときめいて、そして切なくなるようなシチュエーションの数々と、それとぴったりマッチした音楽達。 「恋する気持ちを忘れたら『ロンバケ』を見よう」というフレーズがこのドラマの素晴らしさをずばり表現しています。

Read Article

目次 - Contents