真・三國無双8(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

字(あざな):安国(あんこく) /通り名:涼やかなる軍神の後継 /所属勢力:蜀 /得意武器:扇刃 /身長:175cm /CV:島﨑信長

関羽の次男で、幼い頃から評判が高く、諸葛亮にも将来を嘱望されてきたほどの逸材。武勇に優れている上に、何でも器用にこなす天才肌だが、無口で1人で思索に耽る癖があるせいか、いつもぼんやりしているので、掴みどころがない人物だと周囲には思われている。一方で若さに似合わぬ冷静さと観察力で戦局を見極めることができる。幼馴染で義兄弟でもある張苞とは非常に仲が良いが、自分を子供扱いすることに関しては不満に思っている。
公式ツイッターによると、本作の関興は父・関羽の影響をより強く感じるデザインになっているとのこと。緑と臙脂色のグラデーションの効いた着物や竜の肩当てには、自分では気づかぬ内に軍神の後継であることを意識しているという設定がある。また、その他の細かい装飾も、関羽と似たものを取り入れている。

張苞(ちょうほう)

通り名:受け継がれし豪勇の武 /所属勢力:蜀 /得意武器:双流星 /身長:180cm /CV:阪口大助

張飛と夏侯姫の息子で星彩の兄。父譲りの武才を持ち、幼馴染兼義兄弟の関興と共に、夷陵の戦いや北伐で活躍した。世話好きで責任感の強い性格で、特に妹の星彩や関興に対しては、良き兄であろうと頑張る一面がある。ただし、空回りすることも多く、関興からは反発されることも少なくない。
公式ツイッターによると、前作と同じく張飛との親子感を出すために「張」の字と差し色の赤を入れたとのこと。軽装なのも前作と同じだが、防具を増やしてより戦闘向きのデザインにした。さらに蜀軍カラーの緑を多めに入れることで、蜀軍の中心的武将であることをアピールしている。

関銀屏(かんぎんぺい)

通り名:自覚なしの怪力美少女 /所属勢力:蜀 /得意武器:狼牙棒 /身長:160cm /CV:三上枝織

関羽の娘で関平・関興・関索の妹。最初は護身術のつもりで武芸を習っていた。父親とは似ても似つかない華奢な美少女だが、見た目に反してとてつもない怪力と武芸の才能の持ち主である。ただし本人に怪力の自覚はない。
兄達と同じく軍神・関羽の子であることを誇りとし、父を目標として日々精進を欠かさない真っすぐな性格の持ち主。一方でかなりの天然でもあり、空気の読めない発言をすることもしばしばある。また、自分が怪力であることを自覚していないため、相手のことを勝手に非力と思い込むことも多い。
公式ツイッターによると、上半身は関羽の着物に合わせて、やや伝統的なデザインを採用し、下半身はブーツやプリーツスカートで動きやすく健康的な感じにしたとのこと。また、関羽の娘ならではの美しい黒髪を活かすために、繊細な髪飾りを付けている。

法正(ほうせい)

字(あざな):孝直(こうちょく) /通り名:すべてに報いる劇薬 /所属勢力:蜀 /得意武器:鋼鞭剣 /身長:178cm /CV:橋詰知久

元々は益州牧・劉璋の配下だったが、重用されなかったことと、劉璋の器量では大事をなせないという判断から劉備につき、彼の益州平定を助けた。謀略に長け、漢中攻略戦でも参謀として活躍する。恩返しや復讐は人として自然の感情であり、どんな小さなものでも報いるべきと考える、徹底した報恩報復主義者。自分の性格の悪さは自覚しており、「悪党」を自称している。劉備を「お人好し」と評してはいるが、その仁徳と器量を心の底から慕い、劉備に受けた大恩に報いるために忠義を尽くす。反面、徳性の低さから趙雲や諸葛亮とは仲が悪いが、互いに実力は認めている。
公式ツイッターによると、本作の法正は軍師らしさを強調するため、長袍ベースのデザインにしたとのこと。前作と同じく広めに開けた胸元は凝った模様を追加して、より危険な香りを放つようにした。なお、両手のグローブは、いつでも自ら手を下すという意思表明を意味している。

司馬懿(しばい)

字(あざな):仲達(ちゅうたつ) /通り名:野心秘める鬼才 /所属勢力:晋 /得意武器:羽扇 /身長:177cm /CV:置鮎龍太郎

曹操に才能を見出され、再三の出仕命令を受けて軍師となった人物。本質は自尊心の高い激情家だが、それを抑え込める知謀と冷静な判断力を持つ。曹操の下、魏軍の数々の勝利に大きく貢献し、曹丕にも重用され大権を握る。「才ある者が世を治めるべし」という信念を持っており、無能な者を「凡愚」と呼んで軽蔑し、凡愚が権力の座を欲することを乱世の原因として激しく嫌悪している。後に次代の覇権を手にする野心に目覚めたのも、曹操・曹丕亡き後、魏の中枢に凡愚が跋扈するようになったことが原因だった。一方で有能な者に従うことには異論はなく、実際に曹操・曹丕が健在だった頃は忠実に仕えている。実は妻の張春華には頭が上がらない恐妻家なのだが、本作では領民から「おしどり夫婦」と呼ばれていたり、夫婦仲を感じさせるムービーがあるなど、夫婦仲は悪くないようである。ちなみに「馬鹿めが!!」「凡愚」という口癖と、「フハハハハ」という異常なほどの高笑いが有名。
公式ツイッターによると、本作の司馬懿は優れた知の持ち主であることを前面に出すために、君主というよりは軍師っぽいデザインにしたとのこと。帽子も諸葛亮のライバルらしい形を意識し、派手な金の装飾で野心を表現した。また、特徴的な襟の形状は、息子の司馬師と共通のものである。

司馬師(しばし)

字(あざな):子元(しげん) /通り名:天命なき天才 /所属勢力:晋 /得意武器:迅雷剣 /身長:180cm /CV:置鮎龍太郎

司馬懿の長男で司馬昭の兄。眉目秀麗で才知に長け、カリスマ性も備えた逸材として将来を嘱望されている。父に似た冷静沈着さと才を尊ぶ思想を持ち、乱世を鎮め天下の頂点に立つべく奮闘する。しかし独善的な性格と尊大な野心が災いし、必要以上に畏怖されたり、敵を作ってしまうことも少なくない。外見も性格も「父親似」と評されており、口癖や高笑いも受け継いでいる。ちなみに肉まんが大好物。それも肉まんが絡むと人が変わってしまうレベルである。
史実では左目に悪性の瘤があったとされているが、『真・三國無双』シリーズでは敵によって傷を作ったことにされることが多く、途中からそれを覆うための仮面を着けるようになる。
公式ツイッターによると、本作の司馬師は、典雅な貴公子の面と有能な武将としての面の両方を表現するために、優美な上着を纏いながら、中にしっかりとした鎧を着込んだデザインにしたとのこと。また、やや黒よりの色味に寄せることで、司馬昭よりも清濁併せ呑む覚悟があることを暗に示している。

司馬昭(しばしょう)

字(あざな):子上(しじょう) /通り名:奔放な次男 /所属勢力:晋 /得意武器:刀 /身長:190cm /CV:岸尾だいすけ

司馬懿の次男で司馬師の弟。世間一般には完璧な兄に比べて、やや抜けている弟と評されている。兄の死後家督を継ぎ、蜀を下して三国時代に終止符を打った。
兄とは対照的に大雑把で不真面目な性格で、「めんどくせ」が口癖。しかし実際は天下の大局と物事の本質を見極める眼力と、王者たる器量とを併せ持つ。父や兄が健在な内は彼らに頼り、なかなか才を開花させなかったが、兄の死後、魏の大権を握る立場になると覚悟を決め、秘めていた才を目覚めさせていく。ちなみに司馬師が外見も性格も父親似と言われているのに対して、司馬昭は外見は母親似と言われている。
公式ツイッターによると、司馬昭は白ベースの洗練された衣装を、性格的に着崩さずにはいられないという設定でデザインしたとのこと。司馬家独特の模様が施された上質な服と身軽な鎧、そして緩い着こなしで、権力に近い風来者に見えるよう調整している。

鄧艾(とうがい)

字(あざな):士載(しさい) /通り名:叩き上げ将軍 /所属勢力:晋 /得意武器:大斧 /身長:200cm /CV:小原雅人

元々は文官だったが、司馬懿にその才を見出され、武将として重用されるようになった。地図の読み書きが趣味で、地形を活かした戦法を得意とする。対蜀戦線で活躍し、最終的には蜀の平定に貢献した。野戦の指揮官を思わせるような真面目で無骨な性格の持ち主で、元文官とは思えない長身と筋骨隆々とした肉体を持つ。自分を見出してくれた司馬懿に強い恩義を感じている。
公式ツイッターによると、本作の鄧艾は「将になった元文官が、体を鍛えている内にこうなった」という設定を、肩掛け着物と鎧の下からのぞく筋肉で表現しているとのこと。重ね着しているが、まず革鎧、その上に着物、さらに二重の腹鎧、腰帯、そして肩当て2つを装着と、結構複雑な構造になっている。

王元姫(おうげんき)

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

真・三國無双2(2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

真・三國無双7(7猛将伝 / 7Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

真・三國無双6(6猛将伝 / 6Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双5(5Special / 5Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双4(4猛将伝 / 4Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

戦国無双 〜真田丸〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

戦国無双4(4-II / 4Empires / 4DX)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

Read Article

無双OROCHI(無印 / 魔王再臨 / Z)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

戦国無双1(1猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双2(2Empires / 2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

戦国無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

無双☆スターズ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents