真・三國無双8(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

通り名:龍の妻 /所属勢力:蜀 /得意武器:戟 /身長:169cm /CV:笠原留美

諸葛亮の妻で、夫の神算鬼謀を陰に日なたに支える賢女。天文や地理、兵法にも通じているが、特に発明の才に長け、虎戦車や木牛などの兵器開発にも携わっている。武芸にも優れており、戦場においては武人としても活躍する。史実における生没年は不明だが、『真・三國無双』シリーズでは、夫の死後も蜀を守るために奮戦している場合が多い。聡明で冷静沈着な性格だが、曹丕の妻・甄姫とはシリーズを通して仲が悪く、外伝シナリオなどでは、どちらの夫が優秀かで張り合い、度々いがみ合っている。
公式ツイッターによると本作の月英は、左太ももに防具と道具入れを兼ねた革のカバンを装備させるなど、工房での作業をイメージしてデザインしたとのこと。同時に夫の諸葛亮と同じ陰陽マークを全体に取り入れた。ビー玉風の耳飾りも、よく見ると陰陽マークが入れられている。

姜維(きょうい)

字(あざな):伯約(はくやく) /通り名:龍の跡を継ぐ麒麟児 /所属勢力:蜀 /得意武器:両刃槍 /身長:180cm /CV:菅沼久義

元々は魏に所属していた武将で、自身の故郷であり、対蜀の前線でもある天水の地を守っていた。若いながらも英明なことで知られ、「天水の麒麟児」と称される。諸葛亮との戦いでその才能を評価され、降伏後に弟子として迎えられた。諸葛亮亡き後は、自分を評価して兵法を授けてくれた諸葛亮への恩義と敬愛、そして諸葛亮が目指した漢室復興の大義から、執拗なまでに魏への侵攻を繰り返すようになる。
聡明で忠義心も厚く、実直で責任感も強い青年だが執念深い一面を持っており、実際魏に何度敗れても戦うことを諦めなかった。その一方で、関索などの若い将達に対しては、兄貴分なところも見せている。
公式ツイッターによると、本作の姜維は、複数案の中からスタイリッシュでアシンメトリーなのに、どこか正統派な感じがするという理由で選ばれたとのこと。斜め掛けの上着裾の模様は、魏の象徴獣である鳳凰の羽とも、蜀の象徴獣である龍の鱗とも取れるデザインとなっており、姜維の複雑な立場を表している。

劉禅(りゅうぜん)

字(あざな):公嗣(こうし) /通り名:仁を継ぐもの /所属勢力:蜀 /得意武器:細剣 /身長:165cm /CV:松野太紀

劉備の嫡子で、後に蜀の二代目皇帝となる。仁君の誉れ高い劉備の息子ということで、周囲からは過剰な期待を寄せられていた。すぐに行動を起こさず、熟考してから判断する沈思熟考型の人物であることと、柔弱で威厳に欠ける風貌から、暗愚と誤解されることが多い。実際は隠れた才を持つ器量人なのだが、それに気付き、理解する人物はごくわずかである。基本的に穏やかな口調だが、時折背筋が寒くなるような怖い台詞を平然と漏らす。このこともあって、一部のファンからは「暗愚詐欺」と呼ばれている。本作のメインモードは、個人のストーリーを追う形であるため、自分が思う仁の世と、姜維達が目指す仁の世との違いに苦悩する劉禅の姿を見ることができる。
公式ツイッターによると、本作の劉禅は最初から「蜀帝」として登場するため、皇帝らしい冠は外せない要素だったとのこと。至るところに金の竜をあしらった豪華な衣装は、蜀の皆の期待を背負っていることを表している。さらに動きやすさを考えて、セパレートタイプのデザインが採用された。

星彩(せいさい)

通り名:若き守り手 /所属勢力:蜀 /得意武器:盾牌剣 /身長:165cm /CV:野田順子

張飛と夏侯姫の娘で、張苞の妹。直情的な父を反面教師にしたのか、冷静沈着で寡黙な性格の持ち主である。武芸と兵法を趙雲に学び、劉禅を守ることを自らの使命と定め、戦場に立つ。ゲームオリジナル要素が最も強いキャラクターであり、「星彩」の名もゲームのオリジナルである。史実で劉禅に嫁いだ張飛の娘がモデルと推測されているが、公式で直接的な言及はされていない。
公式ツイッターによると、本作の星彩は動きやすさを重視して、布ベースの鎧とタイトスカートを採用したとのこと。なお、白いファーと金のうさぎのレリーフが可愛らしい髪飾りは、母親からの贈り物という設定である。

馬岱(ばたい)

通り名:陽気な苦労人 /所属勢力:蜀 /得意武器:双鉞 /身長:180cm /CV:龍谷修武

馬超のいとこにして右腕的存在。後に馬超と共に蜀に仕える。馬超のことは「若」と呼び、公私共に支えている。過去の敗戦や流浪生活などで相当の苦労を重ねているが、それを全く感じさせない陽気な性格の持ち主。剽軽な言動とは裏腹に武将としての実力は確かで、諸葛亮にも信頼されており、重要な局面を任されることも多い。ただし敵である王異との会話など、シリーズを通して裏に何かあることが察せられる描写が随所に見受けられる。
公式ツイッターによると本作の馬岱は、過去作から特徴的な帽子と片袖が広がったアシンメトリーなシルエットを踏襲しているとのこと。その上で下半身に鎧要素を追加し、上半身は蜀軍カラーである緑色をはっきりと見せるデザインを採用している。

関索(かんさく)

通り名:天然色男 /所属勢力:蜀 /得意武器:両節棍 /身長:172cm /CV:三浦祥朗

『三国志』を基にした歴史物語『花関索伝』の主人公。周倉や貂蝉と同じく、創作作品や民間伝承に登場する架空の人物である。『真・三國無双』シリーズでは関羽の三男という設定。頭に花の髪飾りをしている事から「花関索」と称されている。真面目でひたむきな性格で、誰に対しても真摯な態度で接する。加えて甘やかな美貌と女性の心を無意識に捉えてしまう魅力を持っていることから、女性達を中心として民からの人気が高い。
公式ツイッターによると、前作から大きくイメチェンし、襟元に関家らしさ、頭の花飾りで関索らしさ、最低限の防具で機敏さを表現したデザインを採用した。また、肩を出した布服で隙のある感じを演出することにより、女性達が放っておかない雰囲気を醸し出している。ちなみに、本作の髪飾りに使用している黄色い花は蝋梅(ろうばい)という。

鮑三娘(ほうさんじょう)

通り名:天然元気娘 /所属勢力:蜀 /得意武器:鴛鴦鉞 /身長:162cm /CV:野中藍

関索と同じく架空の人物。『花関索伝』に登場する美貌の女武人で、後に関索の妻となる。『真・三國無双』シリーズでは、とある戦場で出会った関索に一目惚れし、そのままついてきたことが縁となって蜀軍の武将となった経緯を持つ。明るく物怖じしない性格で、何事にも前向きな性格の持ち主。コギャル風の口調から誤解されやすいが、優しく素直で、関索を一途に想う健気な少女である。ただし、天然で鈍感な関索は彼女の気持ちに気付いていない。
公式ツイッターによると、本作の鮑三娘は、市井の女の子らしいフォークロア(民族衣装)調のデザインを継承させたとのこと。同時に関索の隣で関係者の顔ができるデザインを目指している。また、市井の女の子らしさを重視して、アクセサリーはほとんど手作りのもの。彼女の乙女心が、これでもかと込められている設定である。

徐庶(じょしょ)

字(あざな):元直(げんちょく) /通り名:悩める軍師 /所属勢力:蜀 /得意武器:将剣・撃剣(DLC) /身長:182cm /CV:私市淳

司馬徽(しばき)こと水鏡先生の門下生で、諸葛亮や龐統とは兄弟弟子の関係にある。優秀な軍師で撃剣の達人でもあるという文武両道の逸材なのだが、異常なほど自分に自信がなく、態度や喋り方にもそれが表れている。頼まれたら断れない性格でもあり、知人の仇討ちを断り切れずに手伝ってしまい、お尋ね者となってしまった過去を持つ。しかし、自分に課せられた役目は果たす責任感と、どんな困難が襲ってきても逃げない意志の強さは持ち合わせている。
後に劉備に一時的に仕え、軍略の重要性を劉備軍に教える役目を担った。さらにその後、徐庶の存在を知った曹操軍に母親を人質にとられたため、劉備軍を去るが、その際に劉備達に諸葛亮を推薦している。史実での生没年は不詳だが、諸葛亮と同時期に亡くなったという記述がある。そのため戦場での出番は少なく、無双モードのストーリーも短いが、街中でみかける時期は長い。
公式ツイッターによると、前作のフード付きコートが好評だったので、本作でも踏襲したとのこと。ただし、合わせをアシンメトリーにし、首回りをゆったりとさせることで新鮮味を出した。また、暗い色の上着が翻ると見える純白のズボンは、ある意味極端な彼の性格を表現している。

関興(かんこう)

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

真・三國無双2(2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

真・三國無双7(7猛将伝 / 7Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

真・三國無双6(6猛将伝 / 6Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双5(5Special / 5Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双4(4猛将伝 / 4Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

戦国無双 〜真田丸〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

戦国無双4(4-II / 4Empires / 4DX)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

Read Article

無双OROCHI(無印 / 魔王再臨 / Z)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

戦国無双1(1猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双2(2Empires / 2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

戦国無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

無双☆スターズ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents