真・三國無双8(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

字(あざな):曼成(まんせい) /通り名:予感を的中させる男 /所属勢力:魏 /得意武器:偃月刀 /身長:180cm /CV:鳥海浩輔

曹操の旗揚げ時から仕えている武将の1人。明るくお調子者な性格で、軽妙過ぎる態度で相手を面食らわせることもあるが、本人は至って真剣である。李典と同じく、曹操の旗揚げ時から仕えている楽進とは馬が合うらしく仲が良い。
非常に勘が鋭く、敵の罠や計略にいち早く気づくことができる。ただし、あくまでも勘なので、軍師のように明確な理由や根拠を説明して注意を促すことができない。そのため罠や計略に気づきながらも人に伝えられないジレンマに悩まされる場面がしばしばある。
かつて伯父を呂布に殺された経緯から、当時呂布の配下だった張遼のことも良く思っていなかったが、合肥の戦いでは協力して戦った。その際に彼の優れた武については認めている。
公式ツイッターによると、学問や儒学を修めた面を出すために布要素を追加したとのこと。これは史実の李典が学問を好み、儒学を貴んでいたことを基にしていると思われる。斜め掛けの着物と存在感のある鎖を交差させることにより、アシンメトリーでありながらもバランスの取れたデザインにした。なお長いマフラーは、楽進とのセット感を出すために追加されたものである。

于禁(うきん)

字(あざな):文則(ぶんそく) /通り名:峻厳なる常勝将軍 /所属勢力:魏 /得意武器:三尖刀 /身長:195cm /CV:宮内敦士

黄巾の乱の頃より曹操の下で戦ってきた古参の将で、後に魏の五将軍の1人に数えられる。名将ぞろいの魏軍の中でも抜群の戦功を誇るが、目立つことを良しとしない性格ゆえに、五将軍筆頭の座は張遼に譲っている。滅私奉公を旨とし、堅実な戦法で確実に勝利を積み重ねていく質実剛健な人物。反面軍規を重んじ、非常に厳格な性格であることから、敵味方問わず恐れられている。
史実では樊城の戦いで敗北した際に曹操からの信頼を失ってしまうが、本作ではオリジナルの解釈がなされている。
公式ツイッターによると、本作では重厚さを残しつつも、動きやすさと戦いやすさを重視したため、下半身が軽めのデザインを採用した。魏の武将らしく金属プレートが多めの鎧を採用し、于禁の信条である質実剛健さを追求するため、装飾は控えめにしたとのことである。

荀彧(じゅんいく)

字(あざな):文若(ぶんじゃく) /通り名:煌く王佐の才 /所属勢力:魏 /得意武器:鏢 /身長:180cm /CV:大原崇

古代中国の思想家・荀子を祖に持つ名家の出身。若い頃から才能を高く評価され、「王佐の才」と称された。才能だけではなく、容姿や人格も優れていたと史書に記載されている。数々の戦略を献策すると同時に、卓越した人物鑑定眼と人脈の広さを活かして多くの逸材を登用し、曹操の覇業を支えた。郭嘉や荀攸、司馬懿を推挙したのも荀彧である。しかし晩年は曹操の勢力が増大し、帝をも凌ぐ権力を持ったことなどから、次第に曹操と対立するようになったと言われている。
公式ツイッターによると、荀彧には「風采の良さが弔問にぴったり」と評された逸話があることから、フォーマルな印象のデザインを選んだとのこと。また、荀彧の佇まいの美しさを表現するため、落ち着いた色味に銀の装飾や銀糸の刺繍を追加している。

周瑜(しゅうゆ)

字(あざな):公瑾(こうきん) /通り名:紅き情熱 /所属勢力:呉 /得意武器:棍 /身長:178cm /CV:吉水孝宏

呉の初代都督。赤壁の戦いにて、呉を見事に勝利へと導いた不世出の将帥としても名高い。容姿端麗だったことから「美周郎」との異名をとった。非常に多才で、文武両道に秀でるだけでなく歌舞音曲にも精通している。流麗な物腰の内に激しい情熱を秘めた人物で、冷静な性格だが時として苛烈な行動に出ることがある。
孫策とは親友にして義兄弟の間柄にあり、共に天下統一を果たすことを共通の夢としていたが孫策の早世によって潰えた。その後は兄の後を継いだ孫権を全力で支えていく。妻の小喬のお転婆ぶりにはたびたび手を焼かされているが、深く愛しており夫婦仲も非常に良い。
公式ツイッターによると、本作の周瑜は白い布服の上に革鎧を着けさせることで、自ら戦場に立って戦う決意を表現したとのこと。また、アクセントとして「美周郎」の名にふさわしい鮮やかな赤い布を纏わせた。さらに長く艶やかな髪を下ろして優雅さを加えている。

陸遜(りくそん)

字(あざな):伯言(はくげん) /通り名:若き知勇の炎 /所属勢力:呉 /得意武器:飛燕剣 /身長:171cm /CV:野島健児

呉の四代目都督。呂蒙と協力して関羽を撃破し、荊州の奪還に成功する。その後、前線の総指揮を任された夷陵の戦いでは、大規模な火計を用いて劉備率いる蜀の大軍を打ち破った。年若いが思慮深く誠実で、常に先達に学ぶ姿勢を崩さない謙虚で清廉な人物。その反面、空気が読めないところがあり、周囲に困惑されることもある。ちなみにシリーズを通して夷陵の戦い以外でも火計を用いる場面が多いため、ファンの間で「火計が得意な軍師」というイメージが定着しており、さらに一部のファンからは「放火魔」と呼ばれている。
公式ツイッターによると、ナンバリングごとに露出度が変わる陸遜の衣装だが、本作は落ち着いた感じにするため、低く設定したとのこと。さらに革の篭手やチャップス(行縢)で、今風と呉らしさを演出した。また、『真・三國無双4』まで彼のトレードマークだった帽子が復活。古参のファンの多くがこれを喜び歓迎した。

孫尚香(そんしょうこう)

通り名:尚武の姫君 /所属勢力:呉 /得意武器:圏 /身長:167cm /CV:宇和川恵美

孫堅の娘で、孫策・孫権の妹。後に政略結婚で劉備に嫁ぐ。明朗快活な性格で武芸にも秀で、戦場では真っ先に敵陣に突っ込んでいく勝ち気な女丈夫。常に腰に短弓をはいていることと、容姿の美しさから「弓腰姫」と呼ばれている。政略結婚とはいえ劉備とは仲が良く、特に『真・三國無双5』以降の夷陵の戦いでは蜀側にいることが多い。
公式ツイッターによると、本作は快活さと姫らしさを強調したデザインにしたとのこと。花モチーフの金の髪飾りや揺れる耳飾り、翡翠の胸飾りなどで、年頃の女性らしくお洒落にも気を配っている感じを演出している。さらに動きやすさを重視しながらもスカートにこだわった。

甘寧(かんねい)

字(あざな):興覇(こうは) /通り名:磊落の侠 /所属勢力:呉 /得意武器:鎖鎌 /身長:181cm /CV:三浦祥朗

「魏に張遼あらば、呉に甘寧あり」と讃えられた猛将。常に腰に鈴をつけていたことから「鈴の甘寧」の異名を持つ。元々は長江を荒らしまわっていた水族の長だった。足を洗った後、黄祖に仕官するが冷遇されたため、敵側だった呉に馳せ参じる。
血気盛んな荒くれ者だが侠気に富み、面倒見が良いため部下達には慕われている好漢。上司の呂蒙のことを「おっさん」と呼んで慕っているが、そのことについては毎回「おっさんと呼ぶな」「おっさんではない」と言われている。
公式ツイッターによると、これまで上半身裸、あるいは羽織が多かった甘寧のデザインに新しさを取り入れるため、斜め掛けのデザインを採用した。逆に髪型のほうは様々な案が出たものの、最終的には甘寧らしさを重視し、過去作と同じ路線を踏襲している。

孫堅(そんけん)

字(あざな):文台(ぶんだい) /通り名:猛き虎の魂 /所属勢力:呉 /得意武器:九環刀 /身長:182cm /CV:徳山靖彦

古代中国の名将にして兵法書『孫子』の著者・孫武の末裔とされる勇将で、孫策・孫権・孫尚香の父。凄まじい武勇から「江東の虎」と呼ばれた。聡明な君主・勇猛な武将・家族思いの優しい父親と、多くの顔を併せ持つ人物。勇猛果敢だが落ち着いた明るさを持ち、子供達からも家臣達からも慕われている。家族や孫呉の地を守ることを一番に考えており、野心や名誉欲などとは無縁の人物でもある。本来は聡明な人物なのだが内には激しい情熱を持ち、戦場でも突出して自らを危険に晒すことも少なくない。一部のファンからは、名前の読みが同じである次男との区別もあって「堅パパ」と呼ばれている。
公式ツイッターによると、『真・三國無双4』まで採用していた兜を本作で復活させた。また、君主として、家長としての威厳がしっかりと出るようにデザインしたとのこと。虎の毛皮を多く使用することで、君主系キャラの中で一番の野性味と、武将としての威圧感を演出している。

太史慈(たいしじ)

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

真・三國無双2(2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

真・三國無双7(7猛将伝 / 7Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

真・三國無双6(6猛将伝 / 6Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双5(5Special / 5Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双4(4猛将伝 / 4Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

戦国無双 〜真田丸〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

無双OROCHI(無印 / 魔王再臨 / Z)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

戦国無双4(4-II / 4Empires / 4DX)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

Read Article

戦国無双1(1猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双2(2Empires / 2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

戦国無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

無双☆スターズ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

無双OROCHI 2(Warriors Orochi 3)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双OROCHI2』は、コーエーテクモゲームスから2011年12月22日に発売されたアクションゲーム作品。『無双OROCHI』の続編にあたる。三國&戦国無双だけではなく、コーエーテクモの別作品や他メーカーの作品のキャラクターまでもが参戦しているのが、本作品の大きな特徴である。舞台は前作より数年が経過した異世界。突如出現した怪物・妖蛇によって、世界は滅亡寸前にまで追いやられてしまう。生き残った英傑達は失った仲間を取り戻すため、世界を救うために時空を超えた戦いに臨む。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents