真・三國無双8(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

字(あざな):公台(こうだい) /通り名:二心を持つ剽軽者 /所属勢力:他 /得意武器:鎖鎌 /身長:165cm /CV:宮崎寛務

呂布軍の軍師。最初は曹操に仕えていたが、曹操が董卓暗殺に失敗したことで見限り呂布側に寝返った。しかし呂布からは献策を無視され続け、共に破滅の道へと突き進むことになる。最後は曹操に敗北し、処刑された。基本的にひょうきんな性格で「何卒、何卒~」「まさに、まさに~」という風に、要所要所で同じ言葉を2回繰り返す癖がある。また、喋り方も全体的に芝居がかっている。
しかしその実体は「自分の知謀を後世に残すこと」を目的とする名誉欲の強い野心家。曹操を見限って呂布についたのも、曹操の下では自分の野望を実現できないと考えたという事情もある。しかし野心家といっても根底には「呂布の最強の武を自分の知略で支える」という彼なりの美学があり、単純に権力を欲する輩とは一線を画している。実際に処刑される前に曹操に帰順を勧められたが考えを改めることはなかった。
公式ツイッターによると、本作の陳宮は前作と同様に、二心のある人物であることを窺わせるデザインを採用した。一見すると左右対称だが、よく見ると帽子や襟などに、そうでない色や装飾が追加されているのが分かる。特に帯は一本の布にフリル布を重ねて捩じったもので、彼の性格をさらに仄めかしている。

呂玲綺(りょれいき)

通り名:寂寥の凛々しき戦姫 /所属勢力:他 /得意武器:盾牌剣 /身長:170cm /CV:牛田裕子

呂布の娘。父・呂布の最強の武に強い尊敬の念と誇りを持っており、自身も「鬼神の娘」を名乗る。非常に勇敢で芯が強く、戦場では率先して戦場に立ち、父譲りの武芸で味方を鼓舞する女武人。武芸の才や勇ましさ以外は父に似ず、道義や倫理を弁えている良識的な女性だが、父のためなら不義理も辞さない。どんな敵にも屈しない勝ち気な性格の持ち主だが、その一方で過去の経験から孤独を怖がる繊細な一面がある。この過去の経験とは、「呂布が董卓を討って長安から逃亡せざるを得なかった際、娘が置き去りにされ、後に送り届けられた」という『三国志演義』の記述が基になっている。
公式ツイッターによると、本作の呂玲綺は北方騎馬民族をイメージしたデザインにしたとのこと。白を基調に清廉さと新奇性を出し、金属の装飾の模様や袖の差し縫いなど、ディティールにもこだわっている。また、父・呂布の特徴である頭の羽根飾りを意識した赤い羽根も健在である。

特殊NPCの武将

夏侯姫(かこうき)

通り名:内気な深窓の姫君 /所属勢力:蜀 /得意武器:盾牌剣 /身長:155cm /CV:御沓優子

夏侯一族の出身で、後に張飛の妻となった女性。夏侯淵にとっては姪で、夏侯覇にとってはいとこにあたる。史書によると、夏侯淵が弟の遺児である娘を養育したという記述があり、それが彼女だと言われている。200年頃、夏侯姫が13か14才の時、薪を取りに山へ入った際に張飛に見初められて妻となったらしいが、駆け落ち説や略奪婚説もある。後に劉禅に嫁いだ張飛の娘も彼女が産んだと言われており、政変で立場を危うくした夏侯覇が蜀への亡命を決断したのも、この縁があったのが大きい。

本作では人目を忍んで森に遊びに出かけた際、張飛と運命的な出会いを果たして妻となった設定。夏侯淵の姪にあたる少女で、箱入り娘として大切に育てられた。内気で恥ずかしがり屋な性格に加え、あどけなさが残る容姿もあって儚い印象があるが、夏侯一族の者であるという自分の立場に葛藤しながらも、張飛についていくことを決断したり、子供達が戦場に出ると決意した際には「見守るのも母の役目」として2人を支えるなど芯は強い。張飛にも「根性がある」と評価されている。美少女だが顔立ちが幼い上に『真・三國無双』シリーズの最低身長記録を更新した身長の低さ(155cm)から、子供達よりも年下に見えてしまう。ちなみにこれまでの最低身長記録は二喬や王元姫、夏侯覇らの160cmである。
公式ツイッターによると、夏侯姫は「ずっと屋敷にいた深窓の少女」という設定から、色白にしたとのこと。目元の赤い化粧と、帯のうさぎの飾りは娘の星彩に引き継がれている。また、夏侯覇とはいとこ同士ということで、何となく雰囲気が似るように意識してデザインされた。

袁術(えんじゅつ)

字(あざな):公路(こうろ) /通り名:跋扈する名士 /所属勢力:他 /得意武器:細剣 /身長:170cm /CV:平井啓二

後漢屈指の名門・袁家の出身。袁紹とは従兄弟同士の関係にあたるが、異母兄弟とする説もある。乱世の中、天下に名乗りを上げた群雄の1人で、反董卓連合崩壊後は孫堅らの支持を受けて、同族の袁紹と抗争を繰り広げている。後に皇帝を称し仲王朝を建国するが、孫策らの離反や曹操の攻撃により数年で瓦解し、失意の内に没した。一説には蜂蜜入りの飲み物を欲したが、既に蜂蜜どころか糧食もほとんどない状態にあった。それを知った袁術は、ここまで自分が落ちぶれてしまったことへの怒りのあまり、血を吐いて悶絶死したと伝えられている。

本作では袁紹の従弟で、権力と富を愛する強欲な人物。そのため性格も袁紹以上に名族意識が強く、尊大な態度が目立つ。その強欲さから後に皇帝を名乗るも、悪政から民心を失ってしまう。その一方で、とある宴席で知り合った子供が、自身が与えた果実を病床の母のために持ち帰ろうとしたことに理解を示すなど、優しさを垣間見せる場面もある。
公式ツイッターによると、本作の袁術は皇帝を僭称した逸話から「そうじゃない人間が、それを目指して一生懸命華美に生きた」という指針で作成したとのこと。また、厚底の靴は人を見下ろしたいがために履いているという設定があるなど、彼なりの一生懸命さが随所に表れている。

董白(とうはく)

通り名:畏れを知らぬ花いばら /所属勢力:他 /得意武器:鎖分銅 /身長:160cm /CV:大関英里

正史の董卓伝の注釈に、わずかに記述がある董卓の孫娘。初平元年(190年)頃、董白はまだ簪も挿していなかった年齢だったが、渭陽君に封ぜられ領地と部下を与えられた。さらにそれを証明する印綬も授けられている。しかも渭陽君就任の儀式の際には、金の花飾りと青い蓋が付いた豪華な車に董白を乗せた上に、朝廷の高官達を駆り出して正装させ、彼女の先導役やお供を務めさせたという。なお「簪も挿していなかった」とは「成人もしていない」という意味である。当時は15歳で成人と認められていたので、董卓は15歳以下の少女に領地を与えたことになる。
董白についての記述はこれだけで、字や生没年、父母の名も不明である。しかし、この2年後に董卓は誅殺され、その際に彼の一族もことごとく処刑されたと伝わっているので、董白もこの時に処刑された可能性が高い。

本作の董白は幼い頃から土地や財産を与えられるなど、祖父の董卓に溺愛されて育った孫娘として登場する。董卓のことは「おじいさま」と呼んでいる。外見こそは祖父とは似ても似つかない美少女だが、性格は我がままで残酷、誰に対しても高圧的な言動で接する。ただし祖父の前では愛らしく振る舞っている。祖父の死後も生き残り、祖父の仇である呂布や貂蝉を激しく憎悪し復讐を誓う。
公式ツイッターによると、董白は可愛らしさと残酷さを併せ持つ少女という方針でデザインしたとのこと。高価な布地の衣装にダークな色味、鎖やトゲトゲなどの攻撃性の高い装飾を加えて彼女の性格を表現している。なお、董白が纏う衣装は、この色味と装飾でなければ、とても愛らしいデザインだそうである。

華雄(かゆう)

通り名:獰猛なる巨獣 /所属勢力:他 /得意武器:砕棒 /身長:210cm /CV:ボルケーノ太田

『三国志演義』では董卓配下の猛将で、「身の丈九尺(約2m)を超える」と記述されている立派な体格の持ち主。反董卓連合軍との戦いでは汜水関を守っていたが、関羽に討ち取られる。なお、正史ではそれほど活躍しておらず、孫堅に首級を取られて晒されたことが記述されている。

本作では、とある騒乱で偶然董白を助けたことから、力量を買われて董卓配下の武将に加えられたことになっている。立派な体格や猛将として活躍していることなど、『三国志演義』にほぼ準拠した設定。己の武力に絶対の自信を持つ剛毅な自信家で、とにかく思いきり暴れられることを行動理念にしている脳筋タイプの武将である。しかし自分を武将として取り立ててくれた董卓と董白に恩義を感じ、彼らの言うことは聞く傾向があるなど、ある程度の良識は持ち合わせている。また、鬼神と評されている呂布のことは一方的にライバル視しており、彼に強者として認められるべく奮戦する。
公式ツイッターによると、華雄は戦場で出会った時に「ヤバイのが来た!」となるようにデザインしたとのこと。少し離れた場所にいても動きが大きく目立つように、手足に大きな鎧を付けている。また、より凶悪な雰囲気を出すために目の周りを黒ずませ、唇の色を悪くした。

『真・三國無双8』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

ガッピーランド/風雲満寵城

『真・三國無双2』より登場するステージ「合肥新城の戦い」の舞台である合肥新城のこと。対呉戦線の総司令官となった満寵が、合肥に新しい城を築いた史実が基になっている。史実では伏兵など様々な策を用いて呉軍を撃退していたが、『真・三國無双』シリーズでは、進行を阻むベルトコンベア、大量に配備されたガトリング式の弩砲や火を噴く戦車、風圧で動きを鈍らせる巨大風車、容赦なく矢の雨を降らせる大量の弓兵等々、とんでもないギミックの数々で、毎回多くのプレイヤーを苦しめるステージと化した。特に初登場の『真・三國無双2』の合肥新城のギミックは質も量も凄まじく、一部のファンには「鬼畜」とさえ言われている。
やがてファンから、大量のギミックをアトラクションに見立ててテーマパーク風に「ガッピーランド」、または様々なギミックで敵を撃退する様が、昔のバラエティ番組『痛快なりゆき番組 風雲! たけし城』を彷彿とさせることから「風雲満寵城」と呼ばれるようになった。

黄蓋バスター

呉の宿将・黄蓋の無双乱舞技にファンが付けたあだ名のこと。技の正式名称は「抜山蓋世撃」といい、『真・三國無双6』から登場している必殺技である。『真・三國無双6』及び『真・三國無双7』では、呉の兵士達による「将軍! 将軍!」という熱いコールを受けながら技をかけるという演出があったので、「将軍バスター」とも呼ばれている。漫画『キン肉マン』と、その派生作品に出てくる必殺技「キン肉バスター」に似ていることが名前の由来。ちなみに黄蓋のCVを担当している声優の稲田徹氏も、公式サイトのコメントにて、収録時のテストで「キン●バスター!」と高らかに叫んだことを明かしていた。
派手な技が多い無双乱舞技の中でも派手で威力も高いこと、不埒だが女性キャラクターにかけるとパンチラが拝めることなどから人気が高い。動画サイトなどでも、この技のまとめ動画が数多くアップされている。

『真・三國無双ブラスト』

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

真・三國無双2(2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

真・三國無双7(7猛将伝 / 7Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

真・三國無双6(6猛将伝 / 6Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双5(5Special / 5Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双4(4猛将伝 / 4Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

戦国無双 〜真田丸〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

無双OROCHI(無印 / 魔王再臨 / Z)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

戦国無双4(4-II / 4Empires / 4DX)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

Read Article

戦国無双1(1猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双2(2Empires / 2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

戦国無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

無双☆スターズ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

無双OROCHI 2(Warriors Orochi 3)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双OROCHI2』は、コーエーテクモゲームスから2011年12月22日に発売されたアクションゲーム作品。『無双OROCHI』の続編にあたる。三國&戦国無双だけではなく、コーエーテクモの別作品や他メーカーの作品のキャラクターまでもが参戦しているのが、本作品の大きな特徴である。舞台は前作より数年が経過した異世界。突如出現した怪物・妖蛇によって、世界は滅亡寸前にまで追いやられてしまう。生き残った英傑達は失った仲間を取り戻すため、世界を救うために時空を超えた戦いに臨む。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents