エンパイアーズの決定版! 『戦国無双4 Empires』の基本情報まとめ

Mainvisual sp

2015年9月3日に発売が予定されている『戦国無双4 Empires』の基本情報

前作からさらに進化した、エンパイアーズの決定版『戦国無双4 Empires』

B00ghapl0q 01

『戦国無双3 Empires(エンパイアーズ)』からおよそ4年ぶりに発売する、エンパイアーズ最新作。
戦闘と内政のどちらも、よりシミュレーション色が濃くなっています。

従来のシステムとは一線を越す『居城内政』

13

前作までのコマンド形式の内政では、武将に職務を任命したら結果が出るまで待つというもの。
職務を行う武将の姿は映されず、想像力で補完するしかありませんでした。

今作は武将を居城に配置することで。
「開発」や「人事」などの部屋に配置することで、奉行に任命します。

政務を行う武将達の様子を3Dで表現

12

職務や仲間とのコミュニケーションを行う様子を3Dで表現してあります。
まるで『シムピープル』シリーズのようで、ビジュアル的に内政を行えます。

戦闘システムも大幅に強化!

32

『戦国無双2 Empires』で好評だった戦闘システム、兵站ラインで結ばれた拠点を制圧しながら、前線を押し上げていく「兵站線バトル」が復活!

戦場に連れて行く武将は、友好度を高めることにより操作が可能になり、戦闘中に最大8人の武将を切り替えながらの共闘感あふれるバトルをお楽しみいただけます。

出典: www.gamecity.ne.jp

「兵站線バトル」とは、

ラインで結んだ拠点を武将達で落としながら敵軍を制していくというシステムです。

戦場のどこで重要な戦いが起こっているか一目で分かり、合戦の楽しさが大きく上がります
自分が前線で活躍するも良し、他武将に任せて他の所に進撃するも良しです。

味方武将に指示を送れる「個別方針設定」も復活!

025

プレイヤーからの要望が多かった全武将への「個別方針設定」が可能に。
これにより、味方の武将全員に戦闘の方針を設定することができ、より戦略性の高いステージ攻略をおこなうことができます。

出典: www.gamecity.ne.jp

『戦国無双4 エンパイアーズ』では、最大8人の武将を切り替えて自分で操作できます。
前線を意識しながらどの武将を動かすか、悩みながらも楽しめそうです。

武将ドラマ

026

史実エピソードや人間関係に焦点をあてた「武将ドラマ」。
友好関係や敵武将との確執など、選択や成否によって大きく変化。

出典: www.gamecity.ne.jp

武将達の人間関係に焦点を当てた多彩なドラマが展開されます。

史実や逸話をもとにしたイベントはもちろん、プレイ次第で史実には無い関係にも発展します。

22

イベントや合戦中のミッションを通して、武将達の人間ドラマが繰り広げられます。
プレイヤーの選択やミッションの成否が大きな影響を及ぼします。

味方同士の友好関係やライバル関係、さらには敵武将との確執など、戦国無双の楽しみはアクションだけではないと教えてくれます。

23
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

NEW

戦国無双2(Samurai Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

戦国無双(Samurai Warriors)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents