スーパーマリオギャラクシー(Super Mario Galaxy)のネタバレ解説まとめ

Main bg

『スーパーマリオギャラクシー』とは、2007年11月1日に発売されたWii専用ソフトである。
さらわれたピーチ姫を救出するため、マリオは宇宙へ旅立ち、ロゼッタやチコといった新キャラと共にパワースターを集める。
宇宙が舞台だがステージ中の景色やBGMの完成度が非常に高く、多彩な仕掛けが施された惑星が数多く存在する。ゲームとしての評価が高く、多くの賞を受賞した作品である。

『スーパーマリオギャラクシー』の概要

02186321a0c5a968393543ab06ed0a609df8f0279bd1b7062c7c8646ea67578d

『スーパーマリオギャラクシー』とは、テーマを重力として作られた3Dアクションマリオシリーズの第3作である。前2作である「スーパーマリオ64」「スーパーマリオサンシャイン」のように、箱庭のようなコース内を探索する。

今作の冒険の舞台は宇宙であり、宇宙にある様々な惑星である。惑星は、大小様々なものがあり海・火山など自然豊かな惑星や宇宙要塞・戦艦など機械っぽい惑星、クッパが支配するクッパの惑星など様々である。それらの惑星を冒険してパワースターを集めることがゲームの目的である。

スーパーマリオ64のキノコ城・スーパーマリオサンシャインのドルピックタウンといった各コースへ行くための拠点が用意されており、今作では「ほうき星の天文台」という場所である。ストーリー序盤で行くことになり、天文台にある各惑星を観測する場所「ドーム」がコース入口となる。
「ドーム」内にある青い星でマリオを掴むことができ、マリオを掴むと各惑星を観測するモードになる。惑星観測モードでどこの惑星に行くかを選択することで、その惑星に行くことができる。惑星に行くと惑星のどのパワースターを手に入れるかを選択するチャプターが表示されるので、選択することで惑星内へと入ることができる。

Wiiリモコンをもう1つ用意すれば、マリオの相棒である『チコ』を操作ができる。敵の動きを止めたり、転がる岩などの仕掛けを一時的に止められる「アシストプレイ」が可能である。
また、今作は宇宙を表現する新たな試みとして、マリオシリーズ本編では初となる、オーケストラの生演奏を収録した楽曲が使用されている。『ウインドガーデンギャラクシー』や『エッグプラネットギャラクシー』などの惑星で流れる楽曲が有名である。

ビデオゲームを中心に報道を行うWebサイトを運営する企業IGN(IGN Entertainment)の2007年ゲーム・オブ・ザ・イヤーを受賞している。また、日本ゲーム大賞2008年度優秀賞を受賞。第5回英国アカデミー賞ゲーム部門作品賞を受賞するなど、様々な賞で高い評価がされている。
3Dアクションマリオシリーズとしては歴代最高の販売本数1276万本(2017年9月現在)を記録する。

なお、2015年5月31日より、Wii Uのニンテンドーeショップでダウンロード版の販売が開始された(Wii UのWii互換機能を応用したもの)。
今作の続編として『スーパーマリオギャラクシー2』が2010年5月27日に発売された。

『スーパーマリオギャラクシー』のあらすじ・ストーリー

星くず祭りとピーチ姫からの招待状

Super mario galaxy 2 01001a

出典: game55.cocolog-nifty.com

キノコ王国では百年に一度ある「星くず祭」という祭りがあった。その祭りの日、マリオにピーチ姫から招待状が届く。ピーチ姫からの招待状をにぎりしめ、マリオがキノコ城前の広場にたどり着くと、そこは星くず祭の真っ最中だった。
空から綺麗な星の欠片が降り注ぐ中、ピーチ姫に会いに向かっていると、突如飛行船に乗ってクッパが登場し、飛行船から砲弾を発射して祭り会場を攻撃した。そして、クッパは飛行船ごとピーチ城の上空へ飛んで行ったのである。

砲弾が降り注ぐ中、マリオはピーチ姫の元へ向かった。しかしクッパは「我輩の作る新しい銀河の誕生に立ち会ってもらう」と言い、ピーチ城を城ごと鎖で吊り上げた。そのまま宇宙へと旅立ち、ピーチ城ごとピーチ姫をさらったのである。
吊り上げられる直前に、何とかピーチ城にたどり着いたマリオはピーチ姫とクッパの元へたどり着く。だが、マリオはクッパの手下カメックに宇宙かなたへと弾き飛ばされてしまった。そしてクッパ達はピーチ姫・ピーチ城と共に銀河へと消えていった。

ほうき星の天文台

20080429032304

出典: cdn-ak.f.st-hatena.com

ピーチ城から飛ばされたマリオは、気がつくと小さく丸い形をした星にいた。目の前には星形の耳をしたウサギ「星ウサギ」が居て「鬼ごっこをしよう」と言ってきた。星ウサギを捕まえると星ウサギは星の子「チコ」が変身したものだとわかり、元の姿である星の子供のような姿に戻った。
鬼ごっこが終わると、突然エメラルドのドレスを着た「ロゼッタ」と名乗る女性が現れる。ロゼッタは「大切な人を取り戻すには星々を渡る力が必要です」と言い、チコをマリオに貸してくれる。そして「チコと共に、どうか私たちの仲間グランドスターをお救いください」と言い消えてしまった。

鬼ごっこをしたこの星の先に、チコの仲間とグランドスターが1つとらえられているとチコが言う。それを聞いたマリオは、星を探索し、星と星を渡る力をもつ「スターリング」の力で、宇宙へと飛び出した。そして、捕らえられたチコ達とグランドスターを救出したマリオは、グランドスターの力で「ほうき星の天文台」へと行く。

ほうき星の天文台では、ロゼッタが待っていた。ロゼッタからグランドスター達が謎の重力によってクッパに奪われたと聞かされる。そして、グランドスターを天文台に取り戻してほしいとマリオに頼んできた。
さらに、ロゼッタから、クッパとピーチ姫は宇宙の中心に居る。だが、宇宙の中心に行くには天文台に力を取り戻す必要があり、力を取り戻すためにはグランドスターが必要だと聞いた。
こうして、マリオはグランドスターを救出するために宇宙の冒険へと旅立った。

星見のテラスと2つ目のグランドスター

Hqdefault

出典: i.ytimg.com

ほうき星の天文台にはパワースターの力により、ギャラクシーを観測する力があるとロゼッタから聞いたマリオ。早速、ギャラクシーを観測できる場所「ドーム」のうちの1つ「星見のテラス」に行く。
星見のテラス内にある青い星「スターキャプチャー」の力でマリオを引っ張り、近くにあるギャラクシーを観測する。そして、近くにあったギャラクシー『エッグプラネットギャラクシー』を見つけたマリオは、チコの力で「スターリング」を出して、ギャラクシーへと旅立った。

『エッグプラネットギャラクシー』などの様々なギャラクシーでパワースターを集めていると、あるギャラクシーにて「キノピオ探検隊」を見つける。キノピオ探検隊は「ルイージ」と共に来たのだが、途中ではぐれてしまい、さらに遭難したのだと言う。とりあえず、ほうき星の天文台へと連れて帰ることにしたマリオであった。
その後、キノピオ探検隊はほうき星の天文台にて、チコ達にキノコ型の宇宙船を作ってもらいマリオの冒険をアシストすると言ったのだった。

そして、パワースターをさらに集めていると、遂にクッパの力を感じるギャラクシー『クッパJr.ロボプラントギャラクシー』を発見する。
そのギャラクシーに着いたマリオは「クッパJr.」と対峙する。クッパJr.は「グランドスターの力を見せてやれ!メガレッグ」といって逃げてしまう。すると、超巨大ロボ「メガレッグ」が登場し、マリオを踏みつぶそうとする。

なんとかメガレッグを倒したマリオは2つめのグランドスターを救出し、ほうき星の天文台へと帰還したのだった。

バスルームと3つ目のグランドスター

Th

出典: tse1.mm.bing.net

メガレッグを倒し、帰還したマリオはロゼッタから「グランドスターを救出すると天文台に力が戻り、新たなドームが解放される」と聞かされる。
新たに解放されたドーム「バスルーム」へと向かい、新たなギャラクシーでパワースターを集めることになった。

パワースターをある程度集めると、バスルームから観測できるギャラクシーにクッパの力が感じる『クッパスタープラントギャラクシー』を発見する。
『クッパスタープラントギャラクシー』に乗り込んだマリオを待っていたのは、クッパ自身であった。
「オマエごときペッチャンコに踏みつぶして宇宙のチリにしてくれる」と言い、クッパと共に上空に吸い上げられてしまった。
吸われた先はグランドスターが捕らえられた球体であり、そのうえで戦うことになる。

何とかクッパを倒したマリオであった。しかし、クッパは「ワガハイの計画は進んでいる」と不穏な言葉を残し、消えてしまう。クッパが消えると捕らえられていたグランドスターが復活し、マリオの目の前に飛び出してきた。

こうして、3つ目のグランドスターを救出したマリオであった。

遭難したルイージと4つ目のグランドスター

Th

出典: tse1.mm.bing.net

クッパの手からグランドスターを救出したマリオは3つ目のドーム「キッチン」を開放する。
「キッチン」から観測できる新たなギャラクシーを冒険するマリオ。そのうちの1つ『ファントムギャラクシー』にてキノピオ探検隊とはぐれた「ルイージ」を発見する。
ルイージを救出すると「キノピオたちとはぐれたけど1つだけパワースターを見つけておいたよ」と言い、パワースターを1つマリオにくれたのであった。
ルイージと共にほうき星の天文台へと戻ってきたマリオは、さらに冒険を続けた。そして、遂にクッパJr.に支配された『クッパJr.シッププラントギャラクシー』を見つけ、乗り込んだ。

『クッパJr.シッププラントギャラクシー』はクッパJr.の大船団が支配しており、仕掛けをくぐり抜けて最深部へとたどり着いた。そんなマリオを待っていたのは、戦艦に乗ったクッパJr.であった。「グランドスターが欲しかったら力づくで奪ってみろ」と言うクッパJr.との戦いが始まった。

クッパjr.を倒すと、戦艦は爆発し、クッパjr.は逃走した。そして、戦艦内に囚われていたグランドスターが姿を現した。
クッパJr.を倒し、無事に4つ目のグランドスターを救出したマリオであった。

ベッドルームと5つ目のグランドスター

20071128 375015

出典: img-cdn.jg.jugem.jp

4つ目のグランドスターを救出したマリオは、新たなドーム「ベッドルーム」へと向かう。「ベッドルーム」から観測できるギャラクシーに向かい、パワースターを集めていく。
空中庭園や砂漠などの不思議な惑星を探索し、パワースターを集めると、クッパの力が感じる『クッパダークマタープラントギャラクシー』を発見する。

あらゆる場所にクッパの罠が仕掛けられた惑星を通り抜けて、最深部にたどり着くと、再びクッパが現れる。
「さすがは我が宿敵、マリオ!この場で宇宙のモクズにしてくれるわ!」と言い、再び上空にクッパと共に吸われたマリオ。
吸われた先は、前回と同じようなグランドスターが囚われた球体状の惑星であった。クッパとの戦いが再び始まった。

クッパを何とか倒すと、クッパは「ワガハイの計画は完成に向かっているのだ!」と言い残し、再び消えてしまった。
クッパが消えると、球体に囚われていたグランドスターがマリオの目の前に飛び出してきた。
こうして、不穏な気配を残しつつも、5つ目のグランドスターを救出したマリオであった。

最後のグランドスター

Maxresdefault

出典: i.ytimg.com

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スーパーマリオブラザーズ(Super Mario Bros.)のネタバレ解説まとめ

任天堂が1985年9月13日に発売したファミリーコンピュータ用のゲームソフト。任天堂を象徴するゲームで、当時は日本で社会現象とも言われる大ブームを巻き起こした。そのブームは日本に留まらず世界中で大ヒットした。家庭用ゲーム機の認知度を上げるのにもっとも大きな成果を残した作品の一つであると言われている。略称は「スーパーマリオ」「スーマリ」「マリオ」など。

Read Article

スーパーマリオサンシャイン(Super Mario Sunshine)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオサンシャインとは2002年7月19日に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ専用ソフトである。南国のリゾート地である「ドルピック島」を舞台に落書き事件の濡れ衣を着せられたマリオが落書きを掃除し、島中に散らばったシャインを集めつつ、濡れ衣を着せた真犯人を探していく。新システム「ポンプ」を使い水を使ったアクションが使用できるなど自由度が大幅に上がった作品である。

Read Article

スーパーマリオUSA(Super Mario USA)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオUSAは、1992年9月14日に任天堂から発売されたファミリーコンピュータ用のゲームソフトである。日本国内ではスーパーマリオブラザーズシリーズで5番目に発売された。本作は元々、1987年に日本でディスクシステム用で発売されたゲーム「夢工場ドキドキパニック」をベースに、キャラクターをマリオ達に差し替えられて海外で制作されたものである。

Read Article

スーパーマリオ64(Super Mario 64)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオ64とは1996年6月23日に発売されたNINTENDO64専用ソフトである。ピーチ姫からお城への招待状をもらいキノコ城に向かったマリオだが、城はクッパの手に落ちピーチ姫たちが絵の世界へと連れ去られた後であった。ピーチ姫を助けるためマリオは絵の世界へ入りパワースターを取り戻す冒険が始まる。後の3Dアクションゲームに大きな影響を与えた作品である。

Read Article

スーパーマリオギャラクシー2(Super Mario Galaxy 2)のネタバレ解説まとめ

『スーパーマリオギャラクシー2』とは、前作『スーパーマリオギャラクシー』の続編となる3Dマリオである。新たにヨッシーが登場し、敵を食べて倒し、敵の攻撃をそのまま吐き出したりするなど多彩なアクションができるようになった。前作と比べると非常に難易度が上がっているが、新たに、中間ポイントを設け復帰しやすくなり、ヒントテレビという冒険中のアクションに行き詰ったらヒントを与えてもらう機能などサポートが充実している。2010年5月27日に発売された。

Read Article

ファミコンの説明書がカオス状態な件

今の若い方は知らないかもしれませんが、ゲームが開発された初期の頃にはファミリーコンピューター(通称ファミコン)主流でした。ソフトの他に箱、そして今ではゲーム内で操作説明をするために極小あるいは完全になくなってしまったものもありますが、長ったらしい説明書が付属してきました。そんなファミコンの説明書が、もちろん昔はそうではありませんでしたが、今ではカオス状態になっているのでまとめてみました。

Read Article

2015年現在のメダルゲームも意外と面白いまとめ

日本は趣味・娯楽の多様化もあって、最近じゃなかなかゲームセンターに行かない人も多いと思います。しかしながら、時代とともに進化・パワーアップしているのは、なにも周辺の技術だけではないのです。昔楽しかったアーケード、メダルゲームも日に日にグレードアップして面白くなっているのです。今回はそんな見直されるべきメダルゲームを、面白ポイントとともにまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents