戦国無双3(Samurai Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

『戦国無双3』シリーズの概要

『戦国無双3』

コーエー(現・コーエーテクモゲームス)の看板タイトルの1つである『戦国無双』シリーズの第3作目として、2009年12月3日に発売された。シリーズ初のWii専用作品でもある。キャッチコピーは「いざ、出陣!」。時代設定は前作とほぼ同じだが、時代の節目に合わせて3つに分けたストーリー構成となっているのが本作の大きな特徴である。
石田三成と同じく秀吉子飼いの武将である加藤清正や、武田信玄や上杉謙信と関東の覇権を争った北条氏康、そして秀吉を支えた天才軍師・竹中半兵衛など、以前から参戦を強く希望されていた武将が多数追加された。ただし、一部の無双武将はシナリオがなくなり、「模擬演武」のみとなった。宮本武蔵や佐々木小次郎のように出番そのものがなくなった武将もいる。
『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズ両方の共通点として「奇数作品に実験要素を大いに盛り込む」という特徴があるが、本作も例にもれず、アクション面やゲームシステムなどで様々な新要素が採用されている。さらに新しいモードとして「村雨城モード」と、有料DLCで「戦国史モード」が追加された。

『戦国無双3 猛将伝』

ガラシャも『戦国無双3 猛将伝』で復活した。

『無双』シリーズではお馴染みの拡張版ディスク。2011年2月10日にWii専用ゲーム作品として発売された。『戦国無双3』と連動させると『戦国無双3』のステージがプレイ可能となる。
新要素としては、特別な条件でクリアすることで獲得できるレア武器やレア防具の追加や、ゲームモードに「創史演武モード」や「腕試し」が追加されたことなどが挙げられる。その他にも新たな難易度として「天国」と「地獄」の追加や、各無双武将のモデルやプロフィール、音声などを鑑賞できる「武将鑑賞」など、様々な追加要素がある。

『戦国無双3 Z』

『戦国無双3 猛将伝』と同じく2011年2月10日に発売されたPS3用ゲーム作品。2012年2月16日にはPSP版が発売されている。『戦国無双3』と『戦国無双3 猛将伝』の内容を1つにまとめたものだが、「村雨城モード」は収録されていない。

『戦国無双3 Empires』

無双アクションに歴史シミュレーション要素を取り入れた『Empires』シリーズの『戦国無双3』版で、2011年8月25日にPS3専用ゲーム作品として発売された。キャッチコピーは「これが「無双」の天下取り!」。
本作は10人の大名の中から1人を選んでプレイする新モード「戦史演武」が追加され、内政や戦闘システムも前作と比べると大きく変化している。
前作の内政は、同勢力に所属する武将からの提案を採択して進めていくシステムだったが、今作ではそれを廃止し、箱庭に様々な施設を配置することで国力の増強を図る「箱庭内政」システムに変更した。戦闘については、1回の戦闘ごとにレベルをリセットするシステムに変更。これにより武将の育成要素がなくなった。代わりに戦闘中のレベルアップ速度が非常に早くなっており、1回の戦闘でいかに効率良くレベルアップできるかが勝利の決め手となっている。

『戦国無双3』シリーズのあらすじ・ストーリー

『戦国無双3』

本作のテーマは「絆」。時代設定は前作とほぼ同じだが、上杉・武田・北条の3家による関東の覇権争いを描いた「関東三国志」、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康ら戦国の天下人に焦点を当てた「戦国の三傑」、そして真田幸村や石田三成など、戦国時代終盤に活躍した武将達の戦いを中心にした「関ヶ原の若武者」の3つを主軸にしたストーリー構成が大きな特徴である。
新たな無双武将として加藤清正、黒田官兵衛、竹中半兵衛、立花宗茂、甲斐姫、北条氏康、毛利元就の7名が登場。前作には登場していなかったくのいちも復活した。そして上杉謙信の姉・綾御前と、石田三成や加藤清正の同僚である福島正則が特殊NPCとして登場している。
ただし、前作で登場していた宮本武蔵や佐々木小次郎、ガラシャの出番はない。また、阿国、濃姫、森蘭丸、今川義元、風魔小太郎、前田利家、柴田勝家の7名には「無双演武」のシナリオがなく、「模擬演武」のみの使用となる。

『戦国無双3 猛将伝』

『戦国無双3』では特殊NPCだった綾御前と福島正則が無双武将に昇格し、ガラシャが復活。さらに『戦国無双3』では「模擬演武」専用だった7名の無双武将に「無双演武」シナリオが追加され、合計10人分のシナリオが楽しめるようになった。さらに「模擬演武」にも、特定の武将でプレイすることで発生する特別な会話イベントが多数追加されている。

『戦国無双3 Z』

追加要素はないが、WiiからPS3へとハードが移行したことにより、基本フレームレート60fps化とHD化を実現。これで戦闘場面やムービーをより美しい画像で楽しめるようになった。また、「村雨城モード」がなくなったため、Wii版では「村雨城モード」で入手できるレア装備アイテムなどは「創史演武」で入手できるように変更されている。

『戦国無双3 Empires』

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

戦国無双2(Samurai Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

戦国無双(Samurai Warriors)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双4(Samurai Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

Read Article

戦国無双 〜真田丸〜(Samurai Warriors: Spirit of Sanada)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

真・三國無双5(Dynasty Warriors 6)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双2(Dynasty Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

無双OROCHI(Warriors Orochi)のネタバレ解説まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

無双☆スターズ(Warriors All-Stars)のネタバレ解説まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双7(Dynasty Warriors 8)のネタバレ解説まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

真・三國無双3(Dynasty Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双6(Dynasty Warriors 7)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双8(Dynasty Warriors 9)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

Read Article

真・三國無双4(Dynasty Warriors 5)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents