真・三國無双8(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

通り名:儚くも強き花 /所属勢力:呉 /得意武器:双扇 /身長:160cm /CV:嶋方淳子

孫策の妻で小喬の姉。妹と共に「江東の花の二喬」と称えられる。その美貌を「月も光を消し花も恥じらう」と例えられたほどの美少女。
活発な妹とは対照的に内気で控えめ、争いを好まない大人しい性格の持ち主。しかし芯は強く、時折自分を励ましたり、周囲があっと驚くような大胆な行動に出ることもある。孫策と結婚した後は、夫を支えたい一心で戦場に立つようになった。
孫策が短命なこともあって、大喬自身のストーリーモードも短いが、他のストーリーでは孫策死後も登場する。特に赤壁の戦いでは悩む孫権に助言する義姉らしい場面も見られる。
公式ツイッターによると、本作の大喬は彼女らしい清楚さと落ち着きと、孫策とのペア感を大切にしたとのこと。これらの要素を満たす中華ドレスの形がまとまるまでに、かなりの時間を要したという。なお、装飾品の一部は『真・三國無双ブラスト』に登場した「成長した大喬」から継承している。

丁奉(ていほう)

字(あざな):承淵(しょうえん) /通り名:孫呉一のこわもて /所属勢力:呉 /得意武器:鬼神手甲 /身長:210cm /CV:中尾良平

長年に渡って活躍した孫呉の武将。有能な武将が次々と世を去り、孫権までもが亡くなった後も孫呉を支え続けた。強面で並外れた体躯と異様に太い腕と、厳めしく恐ろしい風貌だが、内面は優しく感受性豊かで、美しい風景を見ると言葉が自然に詩を紡ぎ出すという天然詩人。孫呉の自然の風景を誰よりも深く愛している。何かにつけ「~の如く」と、詩的な表現をする口癖がある。若い頃は甘寧の部下だった史実を元にしているのか、甘寧を敬愛している。また、石礫の名手だったという民間伝承から、攻撃の一部に石礫を使うアクションがある。
公式ツイッターによると、丁奉は呉で最後まで生き残るキャラの1人なので、流行に左右されない伝統的な中華鎧をデザインに採用したとのこと。シリーズ初登場以来の特徴であるギザギザの生え際は、彼の厳つい見た目を強調するためのもので、口から紡ぎ出される繊細な詩的表現との対比の強調にも一役買っている。

練師(れんし)

通り名:麗しの守り人 /所属勢力:呉 /得意武器:鴛鴦鉞 /身長:165cm /CV:神田朱未

史実の孫権が最も寵愛した妃・歩夫人がモデルとされている女性。ゲームでは零落した豪族・歩隲(ほしつ)の縁者という設定になっている。
最初は孫尚香に仕える女官として登場。武芸の腕を買われ、尚香の護衛として彼女を援護していた。孫策を失い意気消沈する孫権を叱咤激励して支え、尚香が劉備に嫁いだ時には呉に残り、孫権の護衛を務めるようになる。ぱっと見はクールな美女だが、実際は温厚で包容力がある献身的な女性。時には厳しい発言もするが、それも全て相手を思う優しさから出たものである。史実では孫権の側室だったが、ゲーム内での孫権とは明確な夫婦関係はなく、恋人関係に近い。
公式ツイッターによると、女性キャラ随一の包容力を表現できるようなデザインにしたとのこと。胸元に淡い色のローズクオーツをはめ込み、その下の露出と合わせて目を離せない感じに仕上げた。また、革と布と金刺繍で作られた衣装は、ただ柔らかいだけではない彼女の性格を表している。

魯粛(ろしゅく)

字(あざな):子敬(しけい) /通り名:威風堂々の好漢 /所属勢力:呉 /得意武器:九歯鈀 /身長:190cm /CV:楠大典

孫呉の二代目都督。呂蒙の師匠でもある。漢王朝の復興が第一とされていた時代に「天下二分の計」を唱えるなど、常人には計り知れない戦略眼と洞察力を持つ。性格は豪胆で、いつも堂々としている人物。思慮深くて面倒見も良く、呂蒙や陸遜といった若い将達が成長していくのを温かく見守っている。
劉備のことを高く評価しており、赤壁の戦い後も親蜀の立場を取った。ただし、諸葛亮に対しては警戒している。
公式ツイッターによると、魯粛は太っ腹で頼りがいがあり、裕福な人でもあったので、艶のある絹の服や純白の襟などでその部分を表現したとのこと。また、袖がある分、足回りの布を軽くすることで、前作よりも動きやすさを上げたデザインにしている。

韓当(かんとう)

字(あざな):義公(ぎこう) /通り名:ぼやきの戦巧者 /所属勢力:呉 /得意武器:短戟 /身長:172cm /CV:田中秀幸

黄蓋・程普と共に、孫堅の代から仕えた宿将。元は遼西郡出身の下働きだったが、孫堅に見出されたという経緯がある。長年に渡って呉の水軍の一翼を担い、多大な戦果を挙げているのだが、縁の下の力持ち的な立ち位置のせいか影が薄く、周瑜達だけでなく兵卒からも存在を忘れられることが多い。本人もそのことを気にしており、自分の存在感のなさをぼやく場面がよく見られる。孫堅の時代から仕えた武将達の中では最も長く生き、陰ながら孫権を支え続けた。
公式ツイッターによると、韓当は目立たないのが特徴というデザイン泣かせのキャラであるため、彼の自己顕示欲をさり気なく表現したとのこと。地味で軽めの革鎧の上には、前作よりも大きな「韓」の字を入れた。そして彼のトレードマークである手ぬぐいにも「韓」の字を入れて新調し、腰にしっかりと挟ませている。

朱然(しゅぜん)

字(あざな):義封(ぎほう) /通り名: 逆転の火付け役/所属勢力:呉 /得意武器:棍 /身長:168cm /CV:柿原徹也

孫権の学友だったことから取り立てられた武将。濡須口の戦いで手柄を立てるなどの活躍を見せ、孫呉の未来を担う将として期待されている。呂蒙の後継者候補の1人でもあった。良くも悪くも裏表がない性格で、感情をストレートに出すので生意気に見られることもあるが、自分が悪いと理解すればその場で頭を下げる素直さも持っている。また、教えられたことはしっかりと受け入れ、自身を成長させようと頑張る努力家でもある。
一般武将としては『真・三國無双』の頃から登場していたが、毎回夷陵の戦いで火計実行役を務めていた。その他外伝シナリオなどでも火計を担当することが多く、一般武将でありながら妙な存在感があった。そのためファンの間で「チャッカマン」と呼ばれるようになる。このことが元になっているのか、火を用いた戦術に異常なほどの執着を持ち、火に関連した言い回しも非常に多い。陸遜と意気投合しており、前作でもセット扱いを受けていた。
公式ツイッターによると、前作では前髪を後ろに流し、少し背伸びした髪型にしていたが、本作では若さと素直さを出すために前髪を下ろした髪型を採用したとのこと。また、衣装デザインは鎧を着けても家柄や育ちの良さを感じられるものにした。なお、耳のイヤーカフの形は、火計成功を願掛けした炎である。

趙雲(ちょううん)

字(あざな):子龍(しりゅう) /通り名:仁に惹かれる若き龍 /所属勢力:蜀 /得意武器:龍槍 /身長:185cm /CV:小野坂昌也

『真・三國無双』シリーズの主人公格。忠義にあつい誠実な性格の若武者で、後世において蜀の五虎大将に数えられる。普段は真面目で穏やかな青年だが、戦場においては勇猛果敢にして超人的な槍捌きを見せる猛将となる。乱世の中、身命を賭して尽くすのにふさわしい主君を求めて各地を転戦していたが、劉備の人柄に惚れ込み、その配下となった。後輩や年若い将達の面倒見もよく、星彩を始めとする次世代の武将達からは、文武の師匠、または良き兄貴分として慕われている。
一方で、真面目過ぎて冗談が通じないところがある。そのため法正のように素行が悪い人物とは相性が悪い。ただし、実力は認めている。
公式ツイッターによると、本作の趙雲は本物らしさを追求したデザインを採用したとのこと。全身鎧で、実際に使える構造と無双らしさとの融合を意識してデザインされた。また、アクションで動きを大きく見せる腰布を採用することで、ヒーローらしさを演出している。

関羽(かんう)

字(あざな):雲長(うんちょう) /通り名:義の刃を持つ軍神 /所属勢力:蜀 /得意武器:偃月刀 /身長:207cm /CV:増谷康紀

劉備・張飛と「桃園の誓い」で義兄弟となった武将で、後に五虎大将の筆頭となった。さらに後世においては神として祀られている。養子の関平、実子の関興・関索・関銀屏と4人の子供を持つ『無双』シリーズ一の子沢山武将でもある。義にあつく誇り高い武人で、その武勇は「兵一万に匹敵する」と評されるほど。武勇と見事な長髯から「軍神」「美髯公」と称された。
その高潔な精神と武勇から、敵味方問わず多くの人物を惹きつける。従者の周倉からは心酔され、敵の武将である張遼や徐晃からは尊敬され、曹操からも高く評価され、配下にと望まれた。一方で夏侯惇からは敵愾心を持たれているなど、良くも悪くも周囲の人間達に大きな影響を与える人物でもある。
公式ツイッターによると、本作の関羽は古代中国らしい重厚なデザインを狙ったとのこと。また、関羽らしさを保ちつつも、過去作と重複しない着方を模索している。なお、華やかな戦袍の下に着込んでいる鎧は、軍神・関羽を象徴したものである。

張飛(ちょうひ)

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

真・三國無双2(2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

真・三國無双7(7猛将伝 / 7Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

真・三國無双6(6猛将伝 / 6Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双5(5Special / 5Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双4(4猛将伝 / 4Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

戦国無双 〜真田丸〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

戦国無双4(4-II / 4Empires / 4DX)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

Read Article

無双OROCHI(無印 / 魔王再臨 / Z)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

戦国無双1(1猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双2(2Empires / 2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

戦国無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

無双☆スターズ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents