真・三國無双8(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

字(あざな):翼徳(よくとく) /通り名:無比の豪勇 /所属勢力:蜀 /得意武器:槍 /身長:190cm /CV:掛川裕彦

蜀の五虎大将の1人で、劉備・関羽と義兄弟の契りを結んだ猛将。豪放磊落で信義を重んじる一本気な性格で、その武才は関羽に匹敵するとまで評された豪傑である。その反面、短気で喧嘩っ早い上に無類の酒好きと欠点が多く、それらの欠点が災いしての失敗も多かった。
本作で妻の夏侯姫が特殊NPCとして登場し、後にDLCで無双武将化を果たした。そのため本作では、愛妻家としての新たな一面が見られるようになった。なお、張飛の子である星彩と張苞が既に無双武将化しているので、父・母・子供と親子そろって無双武将化を果たしたことになる。ちなみに同シリーズで親子そろって無双武将となったのは、司馬家に続き2例目である。
公式ツイッターによると、トレードマークの「張」の字は、本作でも胴鎧に大きく入れたとのこと。過去作でも赤の差し色を効かせたデザインを採用していたが、今回は肩鎧に赤の差し色を入れている。全体的に過去作を踏襲した、伝統的な張飛らしい衣装デザインとなった。

諸葛亮(しょかつりょう)

字(あざな):孔明(こうめい) /通り名:至高の知 /所属勢力:蜀 /得意武器:羽扇 /身長:180cm /CV:小野坂昌也

「臥龍」の異名を取る天才軍師。三顧の礼をもって劉備に迎えられ、蜀建国に貢献した。劉備亡き後も、生涯を劉備の宿願の1つでもあった曹魏打倒に捧げるなど、礼と義に殉じた人物と後世に伝えられている。礼儀を重んじる丁寧で穏やかな口調が特徴。明晰な頭脳と公平無私な言動とで、主君の劉備を始めとする味方からは高い信頼を得ているが、全てを見透かしたような発言をよくするため、味方以外からは警戒心を持たれることが多い。
シリーズを通して得意武器が変わらない武将の1人でもある。ちなみに『真・三國無双』シリーズの前身である『三國無双』からの最古参キャラクターの1人で、当時から羽扇を武器としていた。
公式ツイッターによると、本作の諸葛亮は軍師らしい白の帽子を採用した。帽子のデザイン案の中にはカボチャ型の案もあったが、存在感があり過ぎたので没にしたとのこと。上着の裾に施した雲の模様は、諸葛亮の天から地上を見渡すような視点の高さを表している。また、トレードマークの陰陽マークは本作も健在である。

劉備(りゅうび)

字(あざな):玄徳(げんとく) /通り名:大いなる仁 /所属勢力:蜀 /得意武器:双剣 /身長:174cm /CV:遠藤守哉

前漢の中山靖王・劉勝の末裔を称する。乱世に仁の道を切り開くという大志を抱き、義弟の関羽・張飛と共に乱世を戦う。義にあつく情け深い人物で、「大徳」と評されるほどの度量と仁徳を持った仁君。後に蜀の初代皇帝となる。温かい人間性で義弟達や趙雲、諸葛亮といった稀代の武将や軍師たちを惹きつける一方、理よりも感情に走る傾向がある。特に義弟達を相次いで失った際には怒りと悲しみで暴走し、趙雲や諸葛亮の忠告も聞き入れなかった。
公式ツイッターによると、本作では久しぶりに髭のついたデザインを復活させた。ただしストーリーモード序盤は髭のない姿で登場する。髭のある劉備が出てくるのは、入蜀後の第八章からである。ちなみに髭のついたデザインが登場するのは『真・三國無双4』以来、実に十数年ぶりのことになる。庶民の出ということもあり、他の君主に比べると地味な衣装だが、美しい龍が浮かび上がるマントなどで風格を演出している。

馬超(ばちょう)

字(あざな):孟起(もうき) /通り名:熱き魂の刃 /所属勢力:蜀 /得意武器:槍 /身長:186cm /CV:服巻浩司

西涼地方の有力者・馬騰(ばとう)の長男。見事な武者ぶりから「錦馬超」と称された。情熱的でまっすぐな性格と、ずば抜けた行動力を持ち、自分が信じる正義のために槍を振るう。父・弟を始めとする一族のほとんどを曹操に殺されたため、曹操を一族の仇として狙うが戦に敗れてしまう。敗戦のショックで一時は自分を見失っていたが、劉備との出会いをきっかけに大義に生きる道を見出し、五虎将の1人となった。
その一方で、『真・三國無双6 猛将伝』から登場している王異からは「一族の仇」として憎悪を向けられている。かつて曹操への復讐戦に燃えていた馬超が、復讐される対象になるとは皮肉な話である。
公式ツイッターによると、「錦馬超」と称えられたほどの優れた容貌を持つ人物なので、『真・三國無双2』で採用した竜の鎧を継承しつつ、よりディテールにこだわったデザインにしたとのこと。戦場でより輝くようにと、竜の頭を模した兜や、黄金色の鱗を張り付けたような鎧が採用された。

黄忠(こうちゅう)

字(あざな):漢升(かんしょう) /通り名:枯れるを知らぬ武人 /所属勢力:蜀 /得意武器:朴刀 /身長:184cm /CV:川津泰彦

血気盛んな歴戦の老将。蜀の五虎将の1人でもある。稀代の弓の名手で、その腕前は「神弓」と称されるほど。武人の苛烈さと、老境に達した者が持つ独特の無邪気さとを併せ持つ人物だが、自尊心が高く、かなりの負けず嫌いである。特に年齢のことで馬鹿にされるのを激しく嫌っている。また、魏の宿将・夏侯淵とは、弓の名手という点が共通していることと、定軍山の戦いでの因縁から、互いに「じいさん」「若造」と呼び合うライバル関係にある。
公式ツイッターによると、歴戦の名将としての存在感を出すために、伝統的な中華鎧を採用したとのこと。また、速攻・急襲戦法を得意としていた夏侯淵のライバルという立ち位置から機動性も重視した。さらに黄忠といえば、何と言っても弓の名手であるということで、胸鎧や腕周りは弓をひくことを考えたデザインを採用している。

魏延(ぎえん)

字(あざな):文長(ぶんちょう) /通り名:異形の仮面 /所属勢力:蜀 /得意武器:長柄双刀 /身長:182cm /CV:増谷康紀

蜀軍でも異彩を放つ異形の武将。淡々と敵を斬る強さと風貌、言動から敵味方問わず恐れられている。諸葛亮からは「反骨の相(叛乱を起こす人間の相)がある」と嫌われて冷遇されており、魏延も諸葛亮のことはあまり良く思っていない。偏見を持たずに自分を迎え入れてくれた劉備のことを心の底から慕っており、劉備の死後も彼が夢見ていた「仁の世」の実現のために、諸葛亮の命令にも従い行動している。
公式ツイッターによると、今回の魏延のデザインは奇抜さを追求せず、しっかりと武将らしいデザインにしたとのこと。また、腰布に諸葛亮と同じ陰陽マークを付けたのは、険悪な関係にある2人だが、目指すもの(仁の世の実現)は同じであるという暗喩である。

関平(かんぺい)

通り名:次代の武 /所属勢力:蜀 /得意武器:大剣 /身長:176cm /CV:中尾良平

正史では関羽の長男となっているが、何故か『三国志演義』では河北の住人・関定の次男で、縁あって関羽の養子になったことにされている人物。後世においては周倉と共に、関羽の従神として関帝廟に祀られている。『真・三國無双』シリーズでは縁起の設定を採用し、関羽の養子ということになっているが、これまで養子となった時期ははっきりとしていなかった。本作では関平のストーリーにて、シリーズで初めて関羽との出会いから養子となった経緯が描かれている。
養父の関羽を心の底から尊敬し、その武の境地に少しでも近づくべく日々精進を重ねている真面目で誠実な青年。関羽の実子である弟妹達とも非常に仲が良く、彼らからも兄として慕われている。
公式ツイッターによると、長男としての立派さと、武将としてのかっこよさの両立を考えてデザインされたとのこと。鉢巻には「関」の文字が入った飾りがつけられている。ちなみに新しい雰囲気を出すために『真・三國無双5』以降、右分けだった髪型を左分けに変えた。

龐統(ほうとう)

字(あざな):士元(しげん) /通り名:おどけた奇才 /所属勢力:蜀 /得意武器:翳扇 /身長:160cm /CV:河内孝博

諸葛亮・徐庶とは同門の間柄にある軍師。「臥龍」諸葛亮と並ぶ天才と評され、「鳳雛」と称された。飄々とした性格で、主君である劉備の前でもおどけた振る舞いをするが、その実大局を見極め、本質を突いた発言をする人物。『三国志演義』で醜い容姿とされていることを元にしているのか、シリーズを通して道士風の衣装を身につけ、常に顔を隠したデザインとなっている。
公式ツイッターによると、顔を隠している分、他に何か特徴になるものをということで頭に大盃を被らせた。腰にぶら下げた瓢箪は、酒好きを前面に出すための演出である。一見するとぼろぼろの服装に見えるが、その下にしっかりと武装していることで、彼の抜け目のなさを表現している。

月英(げつえい)

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

真・三國無双2(2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

真・三國無双7(7猛将伝 / 7Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

真・三國無双6(6猛将伝 / 6Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双5(5Special / 5Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双4(4猛将伝 / 4Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

戦国無双 〜真田丸〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

戦国無双4(4-II / 4Empires / 4DX)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

Read Article

無双OROCHI(無印 / 魔王再臨 / Z)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

戦国無双1(1猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双2(2Empires / 2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

戦国無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

無双☆スターズ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents