真・三國無双8(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

通り名:猛き忠義 /所属勢力:魏 /得意武器:手斧 /身長:192cm /CV:中井和哉

曹操直属の初代親衛隊隊長。並外れた怪力と魁偉な風貌から、曹操に古の豪傑になぞらえ「悪来(あくらい)」と呼ばれている。
厳つい容貌と粗暴な言動から荒々しい人物だと思われがちだが、本質は朗らかで人一倍忠節を重んじる好漢。曹操の護衛として活躍し、宛城の戦いでは曹操を身を挺して守り抜き、壮絶な最期を遂げた。
公式ツイッターによると、曹操の護衛として違和感のない立派な格好にするために露出を控えた衣装にしたという。また、単純明快な強さとかっこよさを表現するために、分厚いプレートを装備させ、過去作でも用いた牛頭と馬頭のモチーフを肩当てと小手に採用している。

張遼(ちょうりょう)

字(あざな):文遠(ぶんえん) /通り名:比類無き刃 /所属勢力:魏 /得意武器:双鉞 /身長:185cm /CV:田中大文

当初は呂布に仕え、各地を転戦していた。呂布が敗死した後は曹操配下の将として活躍する。凄まじい武勇と武功から、「魏の五将軍」の筆頭に挙げられている。「真の武」を目指す武人であり、敵に対しても礼を忘れない義に厚い人物でもある。戦場では的確な判断力と超人的な武勇をもって、大軍を蹴散らす働きを見せる。対呉戦線で活躍し、特に合肥の戦いでは10万とも言われる呉軍に対し、700から800騎程度で突撃して敵総大将の孫権を捕獲寸前にまで追い込んだ。
あだ名の多い武将でもあり、『真・三國無双2』にて、無双乱舞の決め台詞「邪魔だ―!」が「山田ー!」に聞こえることから「山田」というあだ名がファンの間で定着した。シリーズを通して帽子が特徴的なデザインが多いことから「ステキ帽」とも呼ばれている。特に前者は有名で、CVを担当している声優の田中大文氏も、公式サイトによせたコメントで「いつもお世話になっております、山田です。」と言っているほどである。
公式ツイッターによると、将としての威圧感を出すために鎧の金属感を高め、グラデーションの効いたマントを付けたデザインが採用された。さらに「ステキ帽」の語源でもある特徴的な帽子と、過去作でも使用した肩口にフリルをあしらったデザインを採用している。

曹操(そうそう)

字(あざな):孟徳(もうとく) /通り名:蒼き覇道 /所属勢力:魏 /得意武器:将剣 /身長:174cm /CV:岸野幸正

一代で大国魏の基盤を築いた破格の英傑。政治と軍事両面に卓越した才能を見せ、有能な人材を用いる能力にも優れていた。一方で苛烈な一面も見せる合理主義者でもあり、「乱世の奸雄」と呼ばれ恐れられる覇王的人物でもある。しかし無慈悲な独裁者ではなく、忠実な配下の死を悲しみ、敵対した人物であっても有能な人材であれば配下に招き入れる度量を持つ。
公式ツイッターによると、シリーズを通してイメージを変えずに、王道のかっこよさを追求しているとのこと。『真・三國無双』以降は豪華なマントを付けるようになったが、今回は二又の変形タイプを採用した。マントの形状に合わせて魏のモチーフである聖獣・鳳凰も2つ描いている。高級感を大切にしているため、マントの刺繍など細部はより細かく精巧に描かれた。

許褚(きょちょ)

字(あざな):仲康(ちゅうこう) /通り名:純真の武 /所属勢力:魏 /得意武器:砕棒 /身長:184cm /CV:吉水孝宏

当初は村を守るために賊と戦っていたが、後に曹操の家臣となった豪傑。大柄で恰幅の良い身体と、途轍もない怪力を持つ。典韋の死後、曹操の親衛隊隊長に就任した。普段は人懐っこい顔立ちと食いしん坊でおっとりとした性格、のんびりとした喋り方で周囲を和ませる癒し系。しかし戦場に立てば虎のように勇猛な戦い方を見せることから「虎痴」の異名をとった。
公式ツイッターによると、前作よりも魏軍カラーの青色を多めに取り入れ、爽やかな印象にしたとのこと。さらに彼のトレードマークである桃を背中に配置することで、桃のピンク色が良いアクセントとなっている。

夏侯淵(かこうえん)

字(あざな):妙才(みょうさい) /通り名:気さくな闘将 /所属勢力:魏 /得意武器:双鞭 /身長:183cm /CV:徳山靖彦

曹操と夏侯惇のいとこにあたる武将で、曹操の旗揚げ時から付き従っている最古参の家臣の1人。夏侯惇とは兄弟分のような関係であり、「惇兄(とんにい)」と呼び慕っている。夏侯覇の実父でもある。急襲を得意とし、武芸においても弓術に秀でていた。
陽気で気さくな人柄で懐も広く、多くの部下や同僚達に慕われている。一方で敵と見なした相手に対しては容赦がなく、得意の強襲戦法と弓術とで敵を倒す勇猛果敢な猛将である。親しみやすい性格とコミカルな言動に癒されるファンも多く、一部のファンからは「淵ジェル」と呼ばれている。
公式ツイッターによると、過去作のイメージを踏襲しつつ、アシンメトリーなデザインにしたとのこと。なお、アシンメトリーなデザインを採用したのは、得意の弓を扱いやすくするためである。重厚な武将の装いではあるが、夏侯淵の軽妙な性格に合うようにと、衣装の色は前作よりも明るめの色が使用されている。

徐晃(じょこう)

字(あざな):公明(こうめい) /通り名:廉直なる武 /所属勢力:魏 /得意武器:大斧 /身長:185cm /CV:山本圭一郎

魏の五将軍の1人で、曹操から「孫武に匹敵する」と称えられたほどの武将。なお孫武とは兵法書『孫子』の著者で、春秋戦国時代の名将のことである。
謹厳かつ清廉な武人。武の道を極めるため、どこまでも己を鍛え抜く求道者的気質を持つ。そのためやはり武の道を極めることに熱心な張遼と仲が良い。
また、敵であっても高い武と知、そして徳を備えた人物に対しては敬意を示す。特に関羽のことを理想的武人として敬愛し、同時に己が越えるべき目標と定めている。ちなみに本作で無双武将の仲間入りを果たした満寵とは旧知の仲である。
シリーズを通して、白を基調とした衣装・頭巾・「徐」の字を衣装に入れるのが徐晃のデザインの基本である。公式ツイッターによると、本作では少し見えにくいが、「徐」の字は胸ベルトの下の鎧にうっすらと大きく描かれている。

張郃(ちょうこう)

字(あざな):儁乂(しゅんがい) /通り名:絢爛の闘士 /所属勢力:魏 /得意武器:鏢・鉤爪(DLC) /身長:194cm /CV:幸野善之

魏の五将軍の1人に数えられる武将。元は袁紹に仕えていたが、官渡の戦いで曹操に帰順した。物腰柔らかな紳士であると同時に美の求道者でもあり、武芸や戦術にも美を求める独特の美意識を持つ。美しさにこだわるだけあって妖艶な美貌の持ち主だが、中性的な顔立ちに反してかなりの長身である。
ナルシストだが他者に対してもそれぞれが持つ美を認知し、賞賛を惜しまない。また、敵であっても美質を備えている者には敬意を示す。外見だけではなく内面にも美を求めるため、見た目は美しいとは言えない人物にも美質を見出し賛美する。特に夏侯淵を「最も美しい」「絶美」と評して敬愛している。その個性と言動から色物扱いされることもあるが、戦況を的確に判断し、時には妙案を閃くなど、冷静かつ知勇を兼ね備えた優秀な武人である。
公式ツイッターによると、本作の張郃は、将軍としての機能美をコンセプトとしてデザインしたとのこと。シックな装いに個性的な形状の鎖帷子をふんだんに使用することで華麗さを演出している。シリーズ共通のデザインである長いポニーテールと、美しさを引き立てる蝶をモチーフにした装飾は本作でも健在である。

曹仁(そうじん)

字(あざな):子孝(しこう) /通り名:沈着なる盾 /所属勢力:魏 /得意武器:鎖分銅 /身長:174cm /CV:江川央生

曹操のいとこにあたる人物で、夏侯惇・夏侯淵と共に曹操を支えた最古参の家臣の1人。小柄だが豪胆で武芸百般に通じ、用兵にも長けている事から曹操にも深く信頼されている。寡黙で質実剛健、礼節を弁えた人物で穏やかな気質を持ち、争いを好まない。「最小の犠牲で乱世を終わらせる」という信念を持ち、防衛戦を得意としている。樊城の戦いのような苦境に立たされる激戦を任されることも多い。
シリーズを通して重装備路線の武将であり、本作でもその路線を踏襲している。公式ツイッターによると、本作の曹仁のデザインは、従来の重装備路線に動きやすさと曹家らしい華やかさを加えているとのこと。なお、曹仁のもう1つの特徴である戦化粧については曹仁らしい実直さが出るようにと、色や角度など試行錯誤したという。

曹丕(そうひ)

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

真・三國無双2(2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

真・三國無双7(7猛将伝 / 7Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

真・三國無双6(6猛将伝 / 6Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双5(5Special / 5Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双4(4猛将伝 / 4Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

戦国無双 〜真田丸〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

無双OROCHI(無印 / 魔王再臨 / Z)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

戦国無双4(4-II / 4Empires / 4DX)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

Read Article

戦国無双1(1猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双2(2Empires / 2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

戦国無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

無双☆スターズ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

無双OROCHI 2(Warriors Orochi 3)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双OROCHI2』は、コーエーテクモゲームスから2011年12月22日に発売されたアクションゲーム作品。『無双OROCHI』の続編にあたる。三國&戦国無双だけではなく、コーエーテクモの別作品や他メーカーの作品のキャラクターまでもが参戦しているのが、本作品の大きな特徴である。舞台は前作より数年が経過した異世界。突如出現した怪物・妖蛇によって、世界は滅亡寸前にまで追いやられてしまう。生き残った英傑達は失った仲間を取り戻すため、世界を救うために時空を超えた戦いに臨む。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents