無双OROCHI(Warriors Orochi)のネタバレ解説まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

概要

『無双OROCHI』

【ω-Force 20th】歴代OP集『無双OROCHI』

『無双OROCHI』とは、コーエー(現コーエーテクモゲームス)が『無双』シリーズ10周年記念作品として開発・販売したアクションゲーム作品である。2007年3月21日にPS2版、同年9月13日にXbox 360版、そして2008年の2月21日にPSP版、3月20日にWindows版が発売された。キャッチコピーは「その敵は、本当の敵なのか」。

内容は『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズの武将達が一堂に集うオールスターゲームである。本作のオリジナルキャラクターの魔王・遠呂智によって、三國の世界と戦国の世界が融合した世界を舞台に、武将達が戦いを繰り広げる。『真・三國無双』シリーズからは『真・三國無双4』に登場した48人、『戦国無双』シリーズからは『戦国無双2』に登場した26人に、『戦国無双』に登場していた石川五右衛門、くのいち、今川義元の3人を加えた29人が登場している。これに本作のオリジナルキャラクターの遠呂智と妲己が加わり、プレイアブルキャラクターは総勢79人という、第1作目から大所帯のゲームとなった。
チームバトルなどの本作独特のシステムや本作ならではのストーリー設定、何よりも『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズの武将達の夢の競演が多くのファンに好評で、後に『無双OROCHI 魔王再臨』などの続編が作られ、シリーズ化されることになった。

『無双OROCHI 魔王再臨』

無双OROCHI 魔王再臨 オープニングムービー

『無双OROCHI 魔王再臨』とは、『無双OROCHI』の続編として制作・発売されたアクションゲーム作品。2008年4月3日にPS2版が発売された。その後、同年9月4日にXbox 360版、11月27日にPSP版が発売されている。キャッチコピーは「悪夢、ふたたび」。前作で遠呂智が倒されてから約1カ月後の世界を舞台に、再び始まる三國と戦国の武将達の戦いとドラマを描く。
新たな設定やキャラクターも追加された。本作のオリジナルキャラクターとして、太公望、伏犠、女媧、源義経、平清盛、卑弥呼、孫悟空、真・遠呂智が登場。『戦国無双2 猛将伝』に登場した前田利家、長宗我部元親、ガラシャ、佐々木小次郎、柴田勝家が新たに追加され、プレイアブルキャラクターが総勢94人に増えた。なお『戦国無双2』には登場せず、『戦国無双2 猛将伝』で復活した今川義元は、デザインが『戦国無双2 猛将伝』のものに変更されている。ちなみに本作から、三國・戦国に関係ない時代のキャラクターが多く登場するようになった。さらに本作で追加された新モード「バーサスモード」と「サバイバルモード」では、敵の妖魔兵「牛鬼」と「百々目鬼」の2人が使用可能である。
前作のセーブデータがある場合、データの引き継ぎは不可能だが、各武将の特技の1つ目を習得した状態でゲームをスタートできる。

『無双OROCHI Z』

『無双OROCHI Z』とは、『無双OROCHI』と続編の『無双OROCHI 魔王再臨』の2作を収録、新キャラクターなどを追加したゲーム作品である。キャッチコピーは「最強のオロチ、ここにあり」。2009年3月12日にPS3版が、同年11月27日にWindows版(7対応)が発売されている。基本的なゲームシステムは『無双OROCHI 魔王再臨』に準拠しており、『無双OROCHI』のステージでも『無双OROCHI 魔王再臨』で追加された技や戦術が使用できる。
ただし、『無双OROCHI』で無双武将の使用可能条件をクリアしても、『無双OROCHI 魔王再臨』のストーリーをプレイする場合は、『無双OROCHI 魔王再臨』で別に指定された使用可能条件をクリアしなければならない。すでにクリア済みのストーリーやフリーモードで使用する場合は、どちらかの条件をクリアしていれば問題なく使用できる。
本作の新キャラクターとして、三蔵法師と弁慶が参戦。『無双OROCHI 魔王再臨』では、バーサスモードとサバイバルモードでしか使用できなかった牛鬼と百々目鬼がストーリーモードでも使用可能となり、総プレイアブルキャラクターは96人になった。

あらすじ・ストーリー

『無双OROCHI』

物語の舞台は、突如現れた魔王・遠呂智によって、三國の世界と戦国の世界が融合して生まれた世界。遠呂智軍の侵攻を受けた三國・戦国の武将達は、その圧倒的な力の前に敗れ去り、ある者はそれぞれの事情から遠呂智に従う道を選び、またある者は各地で抵抗を続けていた。武将達は様々な勢力に分かれ、共闘、もしくは対立しながらも、やがて遠呂智を倒す意志の下で団結し、最後の戦いへと赴く。
ストーリーモードは魏・呉・蜀・戦国の4つに分かれている。どのシナリオで進めても、最終的には味方を集めて最終ステージ「古志城」にて、遠呂智との決着をつける展開となる。
ステージは三國と戦国の世界観が入り混じったものとなっているが、最後のステージとなる「古志城」のみ、本作の完全オリジナルである。魏・呉・蜀・戦国それぞれのストーリーは、独立しているようで実際は密接につながっており、時間軸としてはほぼ同時に進行している。武将達の何気ない会話が、他のシナリオの伏線となっていることも多い。
また、各ストーリーには、メインとなるシナリオの他にも外伝ステージがあり、特定のステージをクリア、または特定の条件をクリアすることでプレイ可能となる。

魏のストーリーモード

魏のストーリーモードは曹丕を中心に進む。生死不明の父・曹操に代わり魏軍を統括する曹丕は遠呂智軍に与し、遠呂智の側近である妲己の命に従って各地で反乱軍と戦っていた。途中でこれまた妲己の命により、石田三成という武将を参謀につけられる。しかしその裏で曹丕は、遠呂智を倒すための戦力となる仲間を増やし、着々と遠呂智への反逆の準備を進めていた。そして三成もまた、あえて遠呂智軍に入り込み内部崩壊を狙っていたのである。同じ目的もあってか、2人の間には奇妙な友情が芽生えていく。やがて曹丕は遠呂智軍に反旗を翻し、曹魏の独立を宣言。生死不明だった曹操も復帰し、遠呂智との決着をつけるべく、三成やこれまで共に戦ってきた仲間達と最終決戦の地「古志城」へと臨む。

呉のストーリーモード

呉のストーリーモードは孫策が主役格。家族や家臣達を人質に取られてしまい、やむなく遠呂智軍の配下となった孫策は、同じ理由で遠呂智軍に従っている徳川家康と共に、人質の解放条件として命じられた反乱軍の鎮圧に向かう。やがて父・孫堅が幽閉されている場所を知った孫策は救出に向かうが失敗し、自身は反逆者とされてしまう。そして遠呂智軍に残っている弟・孫権や妹・孫尚香達と戦う事に。しかし孫策と同時期に遠呂智軍を離脱した徳川軍や、呉の重臣達の協力により孫堅達の救出に成功し、孫家は再び集結する。紆余曲折を経て再び固い絆で結ばれた孫家と、彼らと共に戦ってきた仲間達は「遠呂智打倒」と「孫呉の復興」という2つの悲願を達成すべく、最終決戦の地「古志城」へ進む。

蜀のストーリーモード

蜀のストーリーモードは趙雲を中心に進む。遠呂智との戦いで蜀を滅ぼされ、主君の劉備を失った趙雲は上田城に囚われていた。そこへ左慈・星彩・島津義弘が救出に現れる。彼らから劉備の生存を知らされた趙雲は、戦意を取り戻し上田城を脱出。遠呂智軍によって、どこかに囚われている劉備を救出するために、遠呂智軍と戦い仲間を増やしていく趙雲だったが、その途上で関羽・張飛・諸葛亮が遠呂智軍の配下となっている事を知る。3人は劉備を人質に取られ、やむなく遠呂智軍に与していたのである。しかし、諸葛亮は劉備を救出し、遠呂智軍の力を削ぐために密かに暗躍していた。星彩達に趙雲を救出に向かわせていたのも、実は諸葛亮だったのである。やがて劉備が囚われているのが「古志城」という事が判明する。趙雲は劉備救出のために蜀軍に復帰した関羽ら3人、そしてここまで共に戦ってきた仲間達と共に、遠呂智を倒し、劉備を取り戻すべく最終決戦の地「古志城」へ向かう。

戦国のストーリーモード

戦国のストーリーモードは織田信長を中心に進む。遠呂智軍の侵攻によって、戦国の世も一変した。そんな中で戦国の覇王・織田信長は、遠呂智に抗う者達を束ね、遠呂智を打ち破る決意をする。荊州で関平・黄忠を助けたのを手始めに、各地の戦場で遠呂智に抗う者達を次々と仲間に加えていく。その一方で各地にいる抵抗勢力の中でも最も大きい勢力である武田・上杉連合軍や、やむを得ない事情で遠呂智軍に従っている孫策を動かし、勢力の垣根を超えた結びつきを強めていった。そしてついに遠呂智軍を彼らの本拠地である「古志城」に追い詰めた信長は、遠呂智を倒すべく最終決戦に挑む。

『無双OROCHI 魔王再臨』

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

戦国無双(Samurai Warriors)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

真・三國無双7(Dynasty Warriors 8)のネタバレ解説まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

戦国無双 〜真田丸〜(Samurai Warriors: Spirit of Sanada)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

真・三國無双3(Dynasty Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

戦国無双2(Samurai Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

真・三國無双6(Dynasty Warriors 7)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双8(Dynasty Warriors 9)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

Read Article

真・三國無双4(Dynasty Warriors 5)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

戦国無双3(Samurai Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

真・三國無双5(Dynasty Warriors 6)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双2(Dynasty Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

無双☆スターズ(Warriors All-Stars)のネタバレ解説まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

戦国無双4(Samurai Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents