真・三國無双8(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

通り名:策謀の舞姫 /所属勢力:他 /得意武器:多節鞭 /身長:168cm /CV:小松里歌

正史には登場しない架空の人物。漢王朝の司徒・王允の養女で、絶世の美貌と歌舞の才とを併せ持つ。董卓の専横を憂い、董卓誅殺計画を立てた養父のため、董卓と呂布に近づき、2人を「連環の計」にかけて仲違いさせるという大役を果たす。本来は争いを好まない優しい性格の女性だが、養父の計画のために心が汚れる事も厭わないなど、清楚な美貌の内に英傑並みの強い意志と覚悟を秘めている。当初こそ計画のために呂布に近づいたが、あまりにも真剣で純粋な愛情を捧げる彼に次第に心惹かれていく。なお、敵として登場する場合、貂蝉自身はそれほど強力な敵ではないのだが、彼女を倒すと同じステージにいる呂布が激昂し、さらにパワーアップしてプレイヤーを襲ってくるため、レベルが低い内は彼女に手を出さないのが鉄則である。
公式ツイッターによると、本作の貂蝉は、妖艶さと可憐さとを併せ持つデザインを狙ったとのこと。スカート案には様々な形があったが、最終的にはスリットが綺麗な案に決定した。華奢な足首には踊る時に視線を釘付けにする金の鎖、髪には大人っぽい編み込みを入れるなど、細部にもこだわっている。

呂布(りょふ)

字(あざな):奉先(ほうせん) /通り名:最強の鬼神 /所属勢力:他 /得意武器:方天戟 /身長:208cm /CV:稲田徹

愛馬・赤兎と共に「人中の呂布、馬中の赤兎」と称された天下無双の武人。あまりの強さから「鬼神」とあだ名されている。『真・三國無双』シリーズの最強キャラクターに位置づけられており、敵として登場する際には専用BGMが流される。
己の武に絶対の自信を持ち、自身が最強の存在であることを証明するためだけに戦う傲岸不遜な人物。強い者と戦い勝利することを無上の喜びとしている。「武」に最大の価値を置き、倫理や忠孝といった世間一般の道徳観念を顧みない思考の持ち主でもあるので、丁原や董卓といった主君や恩人を裏切ることも躊躇なく行う。そのため各地の群雄達からの憎悪や嫌悪も半端なものではない。
その一方で、貂蝉には一途で真剣な愛情を見せるなど人間らしい一面も見られる。また、張遼のように呂布の武に惹かれる者も存在する。陳宮のことは煩わしく感じている描写が多いが、シナリオによっては信頼を寄せる場合もある。娘の呂玲綺に対しては、不器用ではあるが父親として心配している様子が見られる。
公式ツイッターによると、過去作で金色中心のデザインがなかったこともあり、「最強」のイメージで黄金の甲冑にしたとのこと。ちなみに胸当ての模様などの鎧のディティールは、金剛夜叉明王から連想している。そして、トレードマークの頭の羽根飾りは本作でも健在である。

董卓(とうたく)

字(あざな):仲穎(ちゅうえい) /通り名:酒池肉林を夢見る凶星 /所属勢力:他 /得意武器:鎖分銅 /身長:183cm /CV:堀之紀

乱世の混乱に乗じて幼い帝を擁し、漢王朝を牛耳った暴君。性格は冷酷残忍、己の野心や欲望のためだけに戦う下劣な悪党だが、軍事や謀略に明るい有能な人物でもある。肥満した体形から呂布や曹操には「豚」呼ばわりされている。誰に対しても高圧的な態度を取り、敵味方問わず恐れられ嫌悪されている一方で、本作で特殊NPCとして登場した孫娘の董白のことは溺愛しており、「孫に甘い祖父」という新たな一面を見せた。孫娘を「姫」と呼び、ベタベタに甘やかしている場面が、作中で何度も登場する。
公式ツイッターによると、本作の董卓は、彼の野望である「酒池肉林」をイメージした4人の女性が描かれた腹当てを付けているのが大きな特徴。なお、この女性達は背中のマントにも描かれている。このインパクトのあるデザインは、好きなものを身に纏ってしまう董卓の純粋さと、毒々しい邪悪なカラーリングの融合を表現したものである。

袁紹(えんしょう)

字(あざな):本初(ほんしょ) /通り名:まばゆき名族 /所属勢力:他 /得意武器:伸細剣 /身長:178cm /CV:龍谷修武

後漢有数の名門・袁家の出身。袁家一門による、家格を重視した煌びやかな名族の治世を理想としている。名門の血統にふさわしい実力を備え、群雄達の中でも突出した勢力を誇る。董卓の専横に対抗すべく結集した連合軍の盟主にもなっている。董卓の死後は中原に覇を唱えるべく、幼馴染でもある曹操と争った。天下を狙う群雄として申し分のない実力と勢力を兼ね備えてはいるが、名族意識が強過ぎるがゆえの過剰な自尊心から反感を買うことも少なくない。また、挫折を知らないため打たれ弱いところがある。
公式ツイッターによると、本作の袁紹は久しぶりに兜を復活させたのに合わせて、衣装も鎧系でまとめたとのこと。鎧の色は名族としての威光を表現するため、まぶしいほどの金色にした。また、兜や胸に輝く翡翠、背中の大きな日輪マークなどで、袁紹の威風を表現している。

張角(ちょうかく)

通り名:天の声を聞く者 /所属勢力:他 /得意武器:錫杖 /身長:183cm /CV:川津泰彦

宗教組織「太平道」の教祖。「太平妖術」という術を行使して、様々な奇跡を起こすことができる。後漢王朝の衰退による世の乱れを憂い、信徒達を率いて「黄巾の乱」を起こした。達観した言動と特異なカリスマ性が独特の存在感を醸し出す人物。討伐軍からは邪教の主と呼ばれているが、本人はあくまでも「乱世に苦しむ民を救いたい」という純粋な思いから乱を起こしており、一概に「悪」とは言えない存在である。
公式ツイッターによると、張角の髪型は毎回やりきれるところまでやっているが、前作は星だったので今回は髭込みで月にしてみたとのこと。張角の動きに合わせてしなやかに揺れる三日月形の髪は、カリスマとしての張角を象徴している。なお、公式によると、額飾りを付ける時の苦労も想像して欲しいらしい。

孟獲(もうかく)

通り名:大いなる王 /所属勢力:他 /得意武器:鬼神手甲 /身長:210cm /CV:幸野善之

南中を支配する大王にして、人並外れた巨躯と腕力を誇る南中最強の戦士。厳つい風貌と荒っぽい性格から乱暴な人物と誤解されることもあるが、実際は南中の族長や民、獣達までもを「家族」として扱い、全力で庇護する好人物である。また、愛妻家で恐妻家でもあり、妻の祝融には頭が上がらない。外敵から南中の独立を守るために戦ってきたが、支配ではなく対等の友好を求めて来た諸葛亮に対しては、七度に渡る敗北の末に心服し友誼を結んだ。
公式ツイッターによると、本作の孟獲は胸や膝などに象のモチーフを施した。また、胸を斜めに横断している子安貝の飾りは、広大な大陸も南の端は海だと感じられるように、南中でも海沿いの部族からの献上品という設定がある。

祝融(しゅくゆう)

通り名:情熱の炎 /所属勢力:他 /得意武器:飛刀 /身長:173cm /CV:米本千珠

孟獲の妻。自らを中国神話に登場する火の神・祝融の末裔と称する南中一の女戦士でもある。夫の孟獲からは「かあちゃん」と呼ばれている。夫を尻に敷いている感があるが、夫を心の底から愛し、全力で支える健気な女性である。気風の良い姉御肌で激しい気性の女傑だが、猪突猛進で機転に欠ける夫をうまく補佐し、良き王として振る舞うように仕向ける賢妻という一面も持っている。
公式ツイッターによると、本作の祝融は孟獲との夫婦感を出すため、衣装デザインに象のモチーフ、豹の毛皮、子安貝という共通のアイテムを採用した。装飾品は金属とウッドビーズを組み合わせて、エスニックな雰囲気を演出。また、祝融のチャームポイントでもある健康的な肌色が映えるよう、胸当てに白い革を使用している。

左慈(さじ)

字(あざな):元放(げんほう) /通り名:明哲なる神仙 /所属勢力:他 /得意武器:錫杖 /身長:185cm /CV:佐藤正治

人智を超えた力を持つ神仙。様々な術を操って、超常的な奇跡を起こすことができる。混迷する乱世を憂い、仁徳溢れる劉備が目指す仁の世の実現を願って曹操の覇道を阻もうとするなど、歴史の陰で暗躍する。
公式ツイッターによると、左慈は鶴になって飛んで行ったという伝説があることから、袖部分にそれをイメージした柄を描いたとのこと。また、左右対称に見えて右目だけに化粧、左足だけに防具があるという独特のデザインには、実は術により強化されているという設定がある。

陳宮(ちんきゅう)

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

真・三國無双2(2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

真・三國無双7(7猛将伝 / 7Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

真・三國無双6(6猛将伝 / 6Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双5(5Special / 5Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双4(4猛将伝 / 4Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

戦国無双 〜真田丸〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

無双OROCHI(無印 / 魔王再臨 / Z)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

戦国無双4(4-II / 4Empires / 4DX)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

Read Article

戦国無双1(1猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双2(2Empires / 2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

戦国無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

無双☆スターズ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

無双OROCHI 2(Warriors Orochi 3)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双OROCHI2』は、コーエーテクモゲームスから2011年12月22日に発売されたアクションゲーム作品。『無双OROCHI』の続編にあたる。三國&戦国無双だけではなく、コーエーテクモの別作品や他メーカーの作品のキャラクターまでもが参戦しているのが、本作品の大きな特徴である。舞台は前作より数年が経過した異世界。突如出現した怪物・妖蛇によって、世界は滅亡寸前にまで追いやられてしまう。生き残った英傑達は失った仲間を取り戻すため、世界を救うために時空を超えた戦いに臨む。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents