真・三國無双8(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

字(あざな):子義(しぎ) /通り名:不屈の闘志 /所属勢力:呉 /得意武器:双鞭 /身長:190cm /CV:掛川裕彦

非常に一本気で義理堅い性格の猛将。かつて母親が世話になったという理由で、北海太守・孔融の危機を救ったという逸話を持つ。後に劉繇(りゅうよう)という人物に仕えるが、劉繇を攻めてきた孫策と戦うことになる。その後劉繇が敗北し、太史慈は孫呉に降ることになった。以降は孫呉の武将として活躍する。忠義を重んじ、義によって武を振るい、武によって義を果たすことを己の道と考えている。
公式ツイッターによると、シリーズを通して孫呉の武将達の中で一番の重装備と位置づけられているキャラなので、本作でも鎧兜にこだわったとのこと。兜のレリーフは黄金の翼をモチーフにして、半立体で作成した。その上で鎧は実用的な形にして、太史慈の質実剛健な性格を表現したという。

呂蒙(りょもう)

字(あざな):子明(しめい) /通り名:知勇の士 /所属勢力:呉 /得意武器:戟 /身長:181cm /CV:堀之紀

孫呉の三代目都督。元々は武勇一辺倒の猪武者だったが、主君の孫権や同僚達に兵法学問の重要さを説かれたことをきっかけに猛勉強し、知勇兼備の名将に成長した。後に孫呉の宿願であった荊州奪還作戦の総指揮を任され、見事に関羽を破って荊州奪還を果たす。しかしその後病に倒れ、陸遜達に後を託して世を去った。
実直な人柄で、分け隔てなく周囲に気を配れる人物であるため、先輩・後輩問わず誰からも信頼されている。衝突することが多い甘寧と淩統の仲介役となることが多い。また、陸遜にとっては良き先輩であり、師匠でもある。老けて見える見た目のせいで、口の悪い甘寧からは「おっさん」と呼ばれている。
公式ツイッターによると、呂蒙は孫呉の知勇兼備を代表する武将なので、勇猛さと落ち着きを共存させたデザインを目指したとのこと。落ち着いた丈の長い布服の上に、武勇一辺倒だった頃の名残として、鋲のついた革鎧を纏わせている。さらに動きを出すために渋い色のマフラーを追加した。

黄蓋(こうがい)

字(あざな):公覆(こうふく) /通り名:練達の宿将 /所属勢力:呉 /得意武器:砕棒 /身長:187cm /CV:稲田徹

韓当・程普と共に、孫堅挙兵時より従ってきた最古参の将。孫家三代に渡って仕え、赤壁の戦いでは見事に火計を成功させた勝利の立役者である。
生涯前線で戦うことを生きがいとしている猛者。老齢だが筋骨隆々とした頑強な肉体を誇る。豪快で負けず嫌いな性格だが、主君の孫策・孫権兄弟を始めとする若者達が成長していく様を祖父のような目線で温かく見守っている。
ナンバリングごとに武器がよく変わる武将でもある。武器と同じく戦術もシリーズが進むにつれて変化しているが、頑強な肉体を活かした豪快な肉体派戦術を用いることが多い。『真・三國無双6』以降はプロレス技を使用するようになった。
公式ツイッターによると、壮年の肉体美を惜しみなく披露するため、露出の多いデザインを採用した。軽装備だが、背中に鬼の文様を施して強さをアピールしている。前作では白髪寄りだった髪が少し黒くなっているのは、新武将の程普よりも若く見せるためである。

周泰(しゅうたい)

字(あざな):幼平(ようへい) /通り名:静かなる刃 /所属勢力:呉 /得意武器:弧刀 /身長:200cm /CV:石川英郎

元は水族だったが、孫策に帰順して呉の武将となる。非常に寡黙で、必要最低限の言葉以上はほとんど口にしない。その上に低い声で呟くように話す喋り方や、並外れた長身もあいまって近寄りがたい雰囲気を持つ。徹底した現実主義者で、常に冷静に状況を把握し、あらゆる物事に動じることなく対応することができる人物。主君の孫権に絶対の忠誠を誓っており、孫権もまた周泰に深い信頼を寄せている。全身に傷を負いながらも孫権を乱戦の中から救い出した逸話が有名なこともあり、ゲームでも孫権の側についていることが多い。
公式ツイッターによると、シリーズを通しての周泰の特徴である黒を基調とした衣装・目深に被った兜・びりびりに破れた布を本作でも採用。動きやすさを考慮して革鎧を装備させた。革鎧は着物のような合わせになっており、そこに金の装飾を施すことで、ただ寡黙なだけではない周泰の性格を表現している。

凌統(りょうとう)

字(あざな):公績(こうせき) /通り名:憎めない皮肉屋 /所属勢力:呉 /得意武器:両節棍 /身長:187cm /CV:松野太紀

父・凌操と共に孫呉に仕えた武将。垂れ目に泣きぼくろが特徴的な甘い顔立ちと、皮肉を好む口調と態度から軽薄な印象を受けるが、実際は忠孝の心にあつく、信義を重んじる人物である。
夏口の戦いで、父を当時敵軍の将だった甘寧に殺されたことから、甘寧を父の仇として憎んでいたが、味方として共に戦う内に関係も少しずつ変化していく。甘寧の死後は、彼の分まで背負って生きていくことを決意する。
公式ツイッターによると、ポニーテール・垂れ目・泣きぼくろ・軽装という前作までのイメージを踏襲したとのこと。俊敏さを強調するために首や腰などに布を巻かず、身軽なイメージを追加した。

孫策(そんさく)

字(あざな):伯符(はくふ) /通り名:快活なる炎 /所属勢力:呉 /得意武器:大鍘刀 /身長:176cm /CV:河内孝博

孫堅の長男で孫権・孫尚香の兄にあたる。父の急死で衰退していた孫家を再び盛り立て、さらには親友兼義兄弟の周瑜を始めとする優秀な人材を集めて江東に一大勢力を築き上げた。その快進撃から古の覇王・項羽になぞらえて「小覇王」と称される。
自由闊達な性格の熱血漢で、人に分け隔てなく接することができる人物。類まれな武勇を持ち、自ら武器を振るって戦うことに喜びを感じる闘将でもある。一方で、何事に対しても感情任せに進み、情熱の赴くままに行動するため、生き急いでいるとみられることも多い。妻の大喬を非常に大切に思っており、自分のために無茶をしがちな彼女のことを心配している。
公式ツイッターによると、本作の孫策は『真・三國無双4』以来の真ん中分けの髪型を採用。ポニーテールで若さを演出した。また、孫策特有の怒涛の攻撃を邪魔しないよう革鎧を着けている。革鎧の柄も、孫呉の中心人物の1人としての存在感を出すために、孫呉の象徴獣でもある虎の毛皮をモチーフとした。

孫権(そんけん)

字(あざな):仲謀(ちゅうぼう) /通り名:雄々しき若虎 /所属勢力:呉 /得意武器:焔刃剣 /身長:178cm /CV:菅沼久義

孫堅の次男で孫策の弟。早世した兄の後を継ぎ、若くして孫呉の未来を背負う身となる。父や兄の遺した家臣達の補佐を受けて、孫呉最大の危機であった赤壁の戦いに勝利し、後に呉王朝の初代皇帝となる。偉大な父、勇猛果敢で戦に長けた兄を見て育ってきたため、自分に自信が持てなかったが、周囲の人達に支えられて英明な君主に成長していく。父や兄ほどの覇気や戦の才能はないが、治国と防衛の才に優れ、外交と人の和を保つ能力に長ける。その能力を孫策に「俺よりもずっとすげぇ奴」と評され、曹操からは「息子にするなら孫仲謀」と称えられている。
公式ツイッターによると、父の孫堅は重めの鎧、兄の孫策は軽めの鎧ということで、孫権はその中間的な鎧にしたとのこと。基本的には実用性の高いデザインだが、片側羽織で君主の威厳を表現した。さらに虎の毛皮で野性味を加えている。

小喬(しょうきょう)

通り名:無垢なる花 /所属勢力:呉 /得意武器:双扇 /身長:160cm /CV:嶋方淳子

周瑜の妻。姉の大喬と共に美少女として有名で、「江東の花の二喬」と称えられた。性格は無邪気で明るく、世間知らずで幼い言動が目立つ。戦場へも遊び気分で赴いている節があるが、それゆえに物おじせず戦うことができる。
兵法を全く知らず、思いのまま単純に行動するが、あまりにも単純過ぎて、敵ばかりか夫である周瑜ですら予測がつかない。夫や姉など周囲の人達を振り回して迷惑をかけることもあるが、彼らを大切に思っている。その一方で、さり気なく夫の行動を邪魔しない立ち振る舞いをするなど、幼稚なだけではないことをうかがわせる描写もある。また、その無邪気さが心労の絶えない夫達を和ませることも多い。
公式ツイッターによると、本作の小喬のデザインは、彼女らしい活発さと周瑜とのペア感を大切にしたとのこと。少しお姉さんらしさを意識した巻きスカート風キュロットに、髪飾りは『真・三國無双ブラスト』に登場した「成長した小喬」から継承させた。さらに小手とブーツに若干の鎧感を加えている。

大喬(だいきょう)

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

真・三國無双2(2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

真・三國無双7(7猛将伝 / 7Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

真・三國無双6(6猛将伝 / 6Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双5(5Special / 5Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双4(4猛将伝 / 4Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

戦国無双 〜真田丸〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

無双OROCHI(無印 / 魔王再臨 / Z)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

戦国無双4(4-II / 4Empires / 4DX)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

Read Article

戦国無双1(1猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双2(2Empires / 2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

戦国無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

無双☆スターズ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

無双OROCHI 2(Warriors Orochi 3)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双OROCHI2』は、コーエーテクモゲームスから2011年12月22日に発売されたアクションゲーム作品。『無双OROCHI』の続編にあたる。三國&戦国無双だけではなく、コーエーテクモの別作品や他メーカーの作品のキャラクターまでもが参戦しているのが、本作品の大きな特徴である。舞台は前作より数年が経過した異世界。突如出現した怪物・妖蛇によって、世界は滅亡寸前にまで追いやられてしまう。生き残った英傑達は失った仲間を取り戻すため、世界を救うために時空を超えた戦いに臨む。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents