ブラック・ジャック(BLACK JACK)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラック・ジャック(BLACK JACK)』とは、手塚治虫の代表的な漫画作品の1つで、天才無免許医師が法外な治療費と引き換えに多くの怪我や難病を治療していく人間ドラマ作品。1973年~1983年に『週刊少年チャンピオン』で連載され、連載終了後も読み切り作品が掲載された。さらに、他の漫画家の執筆による作品も数多くあり、医療漫画のパイオニアにして、金字塔と言われる。映画、OVA、実写のTVドラマ、アニメなど、さまざまな形で映像化されてきた。

『ブラック・ジャック』の概要

『ブラック・ジャック(BLACK JACK)』とは、手塚治虫原作の日本の漫画作品。秋田書店の『週刊少年チャンピオン』で、1973年から1978年にかけて連載され、その後、1979年から1983年にかけて不定期に連載された全242話の作品。2015年9月時点で単行本の国内累計発行部数は4564万部、全世界累計発行部数は1億7600万部を記録している。
無免許ながら、神業のような医術で命を救う事で世界中に名を知られたブラック・ジャックは、黒いマント姿につぎはぎの顔の天才無免許外科医。法外な治療費を請求し、様々な怪我や難病を治療してゆく人間ドラマである。1960年代終盤の劇画ブームや『週刊少年ジャンプ』の新人発掘路線により、手塚治虫は既に過去の漫画家というレッテルが貼られ、ヒット作品を出せなくなっていた。1973年には虫プロ商事と虫プロダクションが倒産してしまい、手塚治虫はまさに漫画家人生のどん底にいた。当初、『週刊少年チャンピオン』編集部は、「漫画家生活30周年記念作品」というテーマで、手塚治虫オールスター出演の作品の予定で短期で終了する予定であった。連載が始まっても巻頭カラーもなく地味な扱いが続き、人気は低くほぼ最下位であったが、その後、じりじりと順位を上げて、50話「めぐり会い」で2位に浮上、以降は軌道に乗った。当時連載中であった『ドカベン』『がきデカ』『マカロニほうれん荘』といった超ヒット作には及ばなかったものの、『週刊少年チャンピオン』の黄金時代を10年近く支える長期連載作となり、手塚治虫の1970年代の最大ヒット作となった。
また、本作品によって「医療マンガ」のジャンルが形成されるきっかけになった金字塔でもある。手塚治虫自身も『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』『火の鳥』『ブッダ』を同時連載させて大ヒットし、漫画家として大復活を遂げ、虫プロ倒産からたった4年後に、新しい虫プロを立て直す事となった。
手塚は医師免許を持ってはいたが、外科医としての臨床経験がほとんどなく、現実の医学とは著しくかけ離れた設定のエピソードも多い。本作の連載に当たり、医学書を買い込んで独学したり、医療関係者に取材したりしたものの、架空の治療法・病気も何度となく登場し、治療困難な症例として扱われているものが、実際には連載当時の医療技術でも治療可能な症例であったり、医学用語間違いなどのミスも多発していた。作者の手塚自身は「医療技術の紹介ではなく、医者の使命とは患者の治療なのか幸福なのかそのジレンマ」を描くのが主旨であったと語っている。
一話完結ながら、壮大なスケールの話からほんの数時間のドラマを扱う話もあり、ブラック・ジャックの元に舞い込むさまざまな依頼と、患者およびその周辺の人間関係を通じて、生とは何か、死とは何かを問いかける作品で、患者に対する接し方や生命に対する哲学的なまなざしなどは、いまなお現役医師にもリスペクトされている。

『ブラック・ジャック』のあらすじ・ストーリー

日本人である以外、素性が分からない天才外科医ブラック・ジャック。その手術の腕は神業とさえ呼ばれている。人里離れた荒野の診療所に、自ら命を助けた助手のピノコとともに、ひっそりと暮らす彼の元には、あらゆる医者から見放された患者たちが、最後の望みを託してやってくる。死の危機にさらされた重症の患者を、いつも奇跡的に助けるが、その代価として、いつも莫大な代金を請求するため、医学界ではその存在すらも否定されているのであった。

ちぢむ!!

戸隠先生を抱えて叫ぶ

何度も手紙でブラック・ジャックにアフリカ訪問を打診して来た戸隠という医師の依頼に応じてはるばるアフリカまでやって来たブラック・ジャックは、現地入りするとあらゆる動物が縮んで行くという奇病を目にする。小さくなってしまったゾウやサイなど、生き物が奇病でまるでミニチュアのように縮んでいるのであった。
ブラック・ジャックが戸隠医師に会うと、実は戸隠もその奇病に冒されている事を告白され、この病気の解明に力を貸してほしいと懇願される。一度はこれを断ったブラック・ジャックであるが、戸隠に脅され、この地に留まって正体を突き止める事を決意する。現地では飢饉の酷い場所に感染者が多い事実までは突き止めたが、ブラック・ジャックが戸隠の身体に何度もメスを入れて奇病の進行を防ごうと試みたものの、望む様な結果は出せない。
戸隠は、この奇病の原因は人口が爆発する危惧から、生き物たちが食糧を分かち合う為には身体を小さくしなければならないと言う神の警告であり、自然の摂理であると言うが、ブラック・ジャックは納得しない。
ある日、動物達が奇病で死んだ仲間を食べている様子を見て、ブラック・ジャックは免疫血清を閃く。免疫血清を作ったブラック・ジャックは戸隠の処へ持って行くが、既に全身が小さく縮んだ戸隠は、この血清を拒否して死んで行った。
納得出来ないブラック・ジャックは、「医者はなんのためにあるんだ!」と、医者の存在意義を叫んだ。

おばあちゃん

ブラック・ジャックが請求した三千万円に対して即答した息子

ある夏の日、ブラック・ジャックは車がエンストして困っているという家族に声をかけられ、家まで乗せて行く。車中で父親らしき男性から、その服装から「ブラック・ジャックというお医者様では?」と尋ねられた。男性によると、母親から日本には名医が2人いると聞かされており、1人がブラック・ジャック、そしてもう1人は甚大先生だと言う。お礼に冷たいものでもと招かれた家には男性の母親であるおばあちゃんがいた。おばあちゃんはお金に細かい様子で、事あるごとに小遣いをせびる。ブラック・ジャックが帰った後には嫁姑の口論が始まり、男性の妻はあまりにもがめつい姑に生活費にも限りがあると嘆く。しかも手元にお金はほとんど残っておらず、息子も何に使っているのか見当がつかない。
ブラック・ジャックは、甚大医師に興味を持ち、知人に電話で尋ねたところ、名医だが法外な診療費を取るという自分に似た人物であることと、すでに20年前に亡くなっていることが分かった。興味を惹かれたブラック・ジャックはかつて甚大が開業していた医院を訪ね、妻である老婦人と面会し、詳しい話を聞くほど自分に似ていると親近感を感じるのであった。
同じ頃、男性宅ではまたお金の問題で嫁姑が口論を始め、それに辟易した男性はおばあちゃんに小遣いを渡す。ほどなくして外出するおばあちゃん、その行き先を確かめるべく男性は後をつけて行く。行き先はかつての甚大の診療所であった。おばあちゃんは甚大の妻へお金を渡し、「たしかこれで最終回のお支払いですね」と確認、やっと肩の荷が下りたと安堵。話を聞くと、おばあちゃんの息子は30年前に死亡率の高い難病を患い、それを救ったのが甚大医師だったという。しかし、治療費として請求された金額は1,200万円という法外なものであった。
母親であるおばあちゃんは、息子が助かるのなら一生かかっても払うと約束し、貯金はおろか身の回りの品もほとんど売り払い、不足分は血の出るような内職で賄うといった生活を続け、毎月治療費を届けていたのであった。甚大の死後、支払いはもう不要という妻の言葉にも「これまでの努力を無駄にしたくない」と頑に支払いを続けるおばあちゃん。最近は外出もせず、息子夫婦からの小遣いを支払いに充てていた。それを外で立ち聞きしていた息子は号泣し、母親の後を追うが、その先にはおばあちゃんが倒れていた。最後の支払いが終わり、気が緩んだのか脳溢血を起こしていた。
慌てて駆けつけたブラック・ジャックは診療所へおばあちゃんを運び、治療を願う息子に言い放つ。「90パーセント生命の保証はない、だがもし助かったら三千万円を請求する」と。息子は驚きつつも「一生かかってもどんなことをしても払います!」と即答。ブラック・ジャックは「それを聞きたかった」と返し、オペを開始するのであった。

山手線の哲

山手線の哲

「山手線の哲」と呼ばれるスリは、長年の間、山手線で仕事をしており、狙った財布は必ず手に入れる伝説的な腕を持ったスリである。警視庁の友引警部からは、ずっと睨まれており、何とか現行犯逮捕しようと付け狙われている。
ある日、哲はいつものように電車の中で男の財布をスったが、運悪く相手はその筋の男であり、哲は2人の男たちに路地裏に連れ込まれて、両手の親指と人差し指をナイフで切断されてしまう。その日も哲を逮捕しようと後を追っていた友引警部は、指を切断された哲を発見すると驚いて、哲を連れてブラック・ジャックの元に駆け込む。哲の現行犯逮捕を自分の人生の目標としている友引警部は、何とかまた天才スリとして腕を振るう事が出来るよう、切断された指を元通りにするようブラック・ジャックに依頼する。最初は拒むブラック・ジャックであったが、無免許医師として送検すると警部に脅され、最後は根負けして哲の指の再生手術を請け負う。
ブラック・ジャックの天才的な技で指をつなげられた哲は、退院日に友引警部に礼を言うと、完治した証として警部の警察手帳やペンをスってみせた。ブラック・ジャックの天才的な腕によって、また元のようにスリが出来るようになった事を身を持って知った事で、いつか自分が逮捕してやる、と喜ぶ警部。
スリと警部の2人の間には奇妙な友情が生まれているのであった。

ふたりの黒い医者

再会するブラック・ジャックとドクター・キリコ

ピノコを連れて新幹線のホームを歩くブラック・ジャックは、ある男の姿に気付き後を追う。男の名は「ドクター・キリコ」。ブラック・ジャックとは旧知の仲であるが、回復の見込みがない患者を安楽死させると医師である。
キリコは依頼人である女性の入院先を訪れる。2年前の交通事故で背骨を骨折、それから全身麻痺で寝たきりのままという彼女は、医師の会話から一生涯、身動きができないという事実を知ってしまった。収入のほとんどを入院費に充て、看病を続ける2人の子どもたちにこれ以上の苦労はかけたくないと、自身の生命保険から報酬を用意、キリコへ依頼したのであった。
その頃、若い兄妹がブラック・ジャックの元を訪れてる。2人はキリコの依頼人である女性の子どもたちであり、母親を回復させるための手術を依頼するために来ていたのであった。
オペ当日の夜、先に病院へ到着したキリコは依頼人に時刻である旨を告げる。苦痛を感じることなく、自然死を装えるという装置を取り付け、作動させるキリコ。そこへオペのために訪れたブラック・ジャックが事態を悟り、装置を取り外す。商売の邪魔をするなと詰め寄るキリコに、ブラック・ジャックは報酬をベッドに置き、オペが失敗したらキリコ、成功すれば自分が受け取ると告げ、手術室へと向かう。手術中、「どうしてこんなむごいものを考えつくのか?」と問いかける依頼人の息子に対してキリコは、軍医の経験から、助かる見込みの患者を無理に生きながらえさせる方が残酷であると告げる。やがてオペは終了、成功を告げるブラック・ジャックの言葉に喜ぶ兄妹を見てキリコは去って行くのであった。
後日、ある寺の境内で再びブラック・ジャックとキリコは顔を合わせた。これからもポリシーを変えるつもりはないと言うキリコ。その時、病院関係者が駆けつけ、病院車とトラックが衝突し、依頼人は親子もろとも死亡したという衝撃的な事実を伝えた。
ブラック・ジャックは無念の表情を浮かべながら、高笑いしながら去ってゆくキリコに、これからも自分が生きるために人を治し続けることを叫び、物語は幕を閉じた。

ネコと庄造と

ネコを診察して欲しいという不思議な依頼

ある大雪の夜、ブラック・ジャックは奇妙な依頼の電話を受けた。子どもが鉛筆を飲み込んで、診てもらえれば五千万円でも六千万円でも払うと言うのだ。ブラック・ジャックは患者の元を訪れたが、彼を出迎えたのは一匹のメスの猫。すると依頼人が現れ、患者の元へ案内されたが、彼がマモルと呼ぶ14歳の息子はどう見ても猫にしか見えない。自分を獣医とでも勘違いしたのかと抗議するブラック・ジャックに対し、依頼人は侮辱だと激しく怒り彼を追い返してしまう。ブラック・ジャックは近隣の病院に訪れ、医師に事情を尋ねるが、その真相は意外なものであった。
依頼人の名は「庄造」で、がけ下に建つ家で家族4人で暮らしていたところ、ある日、大雪でがけ崩れが発生し、妻と2人の子どもを亡くしてしまった。庄造自身も頭を強打し、精神に異常をきたしてしまったとの事。補償金と慰謝料が支払われ、家も建て直されたが、妻子の死を理解出来ず、ずっと帰りを待ち続けているのであった。
ある日、ノラ猫の親子が家の軒下に住み着き、それを見た庄造は妻子が帰って来たと思い込み、猫もまたその愛情を感じ取って生活を共にするようになったのであった。妻である親猫「洋子」と、子猫たちとの幸せな日々を送っていた庄造であったが、ある日、事故で頭を強打した際、脳底にできた血腫がだんだんと大きくなり、このままでは命に関わることが分かった。
ブラック・ジャックは息子の手術をすると偽り、庄造を入院させ難手術へ踏み切る。手術中も「洋子」は彼の身を案じ、手術室のドアをガリガリと引っ掻き続けた。そして手術は成功、血腫は除去され庄造は正気を取り戻した。そして愛する妻子の死を知らされ、涙する庄造の元へ嬉しそうにすり寄る「洋子」であったが、彼はうすぎたないネコだと追い払ってしまう。手術の成功と同時に、家族として暮らしていた幸せな記憶は消えてしまったのであった。
悲しい思い出のある土地からは離れたい、そう言って去って行く庄造に何度追い払ってもついてくる「洋子」と2匹の子猫たち。やがてバスが来て乗り込もうとする庄造に、乗務員は乗車するのかしないのかとせかした。自分を悲しそうに見つめる「洋子」の姿を見て考える彼は、「いや…歩こう…」とバスを見送る。そして「おいで洋子」と呼んで、「家族4人」で旅立って行くのであった。

畸形嚢種

ピノコを組み立てるブラック・ジャック

ブラック・ジャックの元に、おかめの面を被って素性を隠した畸形嚢種の患者が運び込まれた。とても高貴な身分の18歳の女性で、素顔は明かせないという。依頼は、畸形嚢種を切除してほしいというもの。ブラック・ジャックが彼女の切除手術を開始すると、不思議な事に、メスが曲がったり、手術道具がひっくり返ったりと、手術を邪魔する怪奇な現象が起き始める。実は畸形嚢種が、自分が切られてしまうと思い、超能力で抵抗していたのであった。
畸形嚢種との対話に成功し、殺すわけではないと説得したブラック・ジャックは、畸形嚢種を女性の体内から除去して培養液に浸す。患者の女性は廃棄してほしいと言うが、後日、ブラック・ジャックは培養液から畸形嚢種を取り出し、その中から身体のパーツを取り出して人間として組み立てはじめる。足りないパーツは合成皮脂などで補って、遂に組み立て上げられた女の子はピノコとして誕生する。
手術中「おまえはりっぱに1人前の肉体に…仕上がるはずなんだ!」と声をかけるブラック・ジャックは、バラバラとなってこの世に生まれて来れなかった畸形嚢種を、事故で身体がバラバラになった過去の自分を見い出して、救ったのである。

二度死んだ少年

法廷で怒りを叫ぶブラック・ジャック

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

神の手を持つ男 ブラック・ジャックの生い立ちと謎について考察まとめ

手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』。一話完結の作品の中に完璧な人間ドラマを描きだす手塚治虫は間違いなく天才だったといえるでしょう。漫画を読んだことのない人はもちろん、ある人にとってもブラック・ジャックは謎の多い人物です。今回は間黒男がいかにして伝説の無免許医ブラック・ジャックになったのか、ブラック・ジャックとはいったい何者なのか、その本性に迫ります。

Read Article

いつの時代も面白い!テレビアニメ『ブラック・ジャックシリーズ』

どうも。最近話題になっている「ヤング ブラック・ジャック」効果で再びB・Jブームが到来した筆者です。子供の頃に何気なく見ていたストーリーは、今改めて見ると中々に感慨深いものがあったりします。という事で今回は、テレビで連続放送されていたB・J各シリーズを1話無料動画と合わせてご紹介。

Read Article

手塚治虫の名作『ブラックジャック』の集大成! 『ブラックジャック大全集』

手塚治虫の名作が最も美しく甦る。 『ブラックジャック』は過去、秋田書店等で何度か単行本化されているが未収録作品がいくつかある。 しかし本書は、過去の単行本化された中で未収録作品が3話と一番少ない。 なお、この3話(「指」・「植物人間」・「快楽の座」)は手塚プロダクションの意向により今後も掲載されることはないため、この『ブラックジャック大全集』が〈完全版〉と言えるだろう。

Read Article

【ブラック・ジャック】記念すべき第1話「 医者はどこだ!」のネタバレと感想

「鉄腕アトム」や「火の鳥」「ジャングル大帝」などの名作を世に生み出した手塚治虫先生。そんな彼の作品の中で「医療漫画の傑作」と言われ、現在でも高い支持を集めているのが「ブラック・ジャック」です。今回は2004年に発売された新装版の特徴を踏まえながら、第1巻収録話についてまとめていきます。(※参考画像なし)

Read Article

三つ目がとおる(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『三つ目がとおる』とは、手塚治虫による漫画及び、それを原作とするアニメ作品である。無邪気な性格の中学生、写楽保介は古代種族三つ目族最後の生き残り。額の絆創膏を剥がすと第三の目と共に超知能、超能力を操る冷酷な人格が現れ悪魔のプリンスと化す。写楽は世界征服を目論む一方で、時にクラスメイトの和登さんらと共に古代遺跡絡みの陰謀に巻き込まれる。オカルトブームの中、人気を博し第1回講談社漫画賞を受賞。漫画の神と呼ばれた作者の没後初のアニメ化作品でもある。

Read Article

ブッダ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブッダ』とは、漫画家・手塚治虫が手がけた、仏教を生み出した釈迦こと「ブッダ」の物語についての漫画作品である。少年漫画雑誌『希望の友』(潮出版社)にて、1972年〜1982年まで連載された。後のブッダである主人公「ゴータマ・シッダルタ」が苦悩しつつ仏教をどのように悟ったのかを描き出している。実在の人物と手塚治虫自身の創作の人物が入り混じっているも、2000万部を超える売り上げを記録し、非常に評価されている作品である。

Read Article

あしたのジョー(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『あしたのジョー』とは、高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや画による日本の漫画作品、もしくは漫画原作のアニメーション。講談社の『週刊少年マガジン』に、1968年(昭和43年)1月1日号(発売日は1967年(昭和42年)12月15日)から1973年(昭和48年)5月13日号にかけて連載された。 野生の本能を持った孤児矢吹丈が、ボクシングの才能を買われ孤独な戦いを繰り広げる。ボクシングにかける男の美学が、美しくも切なくもある。

Read Article

火の鳥(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

漫画界の巨匠、手塚治虫の描く壮大な物語が『火の鳥』だ。その血を飲むと永遠の命が得られる伝説の鳥である「火の鳥」。この伝説の鳥を巡り、古代から未来へ、未来から古代へ。またミクロからマクロへ、マクロからミクロへと想像を絶するスケールで世界が流転する。文明の進化と衰退、科学の罪、生命進化、人間の心と、「火の鳥」を狂言回しに、あらゆる要素を紡ぎ、手塚治虫が読者へ送る「究極の物語」だ。

Read Article

アドルフに告ぐ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『アドルフに告ぐ』とは、漫画家・手塚治虫が手がけた第二次世界大戦中のドイツと日本、そして3人のアドルフについての漫画作品である。『週刊文春』にて1983年1月6日〜1985年5月30日まで連載された。ヒットラー、カウフマン、カミル、3人のアドルフの人生が入り混じり、狂言回しの峠草平を中心に物語が進んでいく。1986年度の第10回講談社漫画賞一般部門を受賞し、手塚治虫の作品の中でもトップクラスの名作である。

Read Article

スペースコブラ(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「スペースコブラ」とは、寺沢武一氏の漫画「コブラ」を原作とした、1982年10月からフジテレビで公開されたSFアドベンチャーアニメである。全31話で構成され、主人公である宇宙海賊「コブラ」の宇宙で惑星と惑星の間をまわる冒険を描いている。サイコガンと言われるレーザーガンを操るコブラのその絶対に負けない力強さと、気の利いたセリフに日本中の人々が夢中になった。

Read Article

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説・考察まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

奇子(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『奇子』とは手塚治虫が小学館『ビッグコミック』に1972年1月25日号から1973年6月25日に連載していた漫画作品。戦後史最大の闇とされた下川事件をモデルにした事件を核に、旧家一族の愛憎劇を絡めた物語となっている。第二次世界大戦直後、天外仁朗(じろう)が外地から復員すると、実家には末の妹・奇子(あやこ)が増えていた。実は奇子は仁朗の義姉と彼の父親の不義の子であり、彼女の存在が家族間に緊張を生む。一方仁朗はGHQのスパイに成り下がり、司令部からの命令で様々な汚れ仕事や諜報活動に手を染めていく。

Read Article

火の鳥の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『火の鳥』はあの『鉄腕アトム』を生み出した漫画界の巨匠、手塚治虫による『火の鳥(不死鳥)』を題材とした長編漫画である。日本の漫画文化を代表する作品の一つ。仏教の「六道輪廻」の考え方を軸に「死と再生」を主なテーマとした壮大なストーリーとなっている。 全12編ともなる独立したストーリーの舞台が過去と未来を行き来する独特な構成や、宗教思想と漫画の融合が当時画期的であり、現在でも数々の作品に影響を与え続けている。 この記事では、生命の本質や人間の業を説くような火の鳥の名セリフの数々を紹介する。

Read Article

今年で25周年の1991年のアニメ作品10本

今年2016年は、「きんぎょ注意報!」「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」などの作品の、25周年、四半世紀にあたる。1991年は、サンライズのロボットアニメが活況な年だった。エルドランシリーズの「ライジンオー」、勇者シリーズの「ファイバード」のほか、ガンダムシリーズも「F91」「0083」が競い合うかのように作られた。そんな時代を代表する、10本の作品を選んでみた。

Read Article

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

Read Article

目次 - Contents