アドルフに告ぐ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『アドルフに告ぐ』とは、漫画家・手塚治虫が手がけた第二次世界大戦中のドイツと日本、そして3人のアドルフについての漫画作品である。『週刊文春』にて1983年1月6日〜1985年5月30日まで連載された。ヒットラー、カウフマン、カミル、3人のアドルフの人生が入り混じり、狂言回しの峠草平を中心に物語が進んでいく。1986年度の第10回講談社漫画賞一般部門を受賞し、手塚治虫の作品の中でもトップクラスの名作である。

『アドルフに告ぐ』の概要

『アドルフに告ぐ』とは、手塚治虫が手がけた後期の漫画作品の1つである。
1983年1月6日〜1985年5月30日まで『週刊文春(文藝春秋)』に掲載され、全5巻で構成されている。
『週刊文春』の漫画は大人向けな難しい内容のものが多く、『アドルフに告ぐ』も戦争をテーマにした非常にセンシティブな内容を含んでいる。
手塚治虫の作品は『鉄腕アトム』などの少年向け、『リボンの騎士』などの少女漫画、『ブッダ』『旧約聖書物語』などの宗教に絡んだものなど多様に渡るが、この『アドルフに告ぐ』はその中でも手塚治虫が考える戦争観が多分に含まれる作品となっている。

狂言回しである「峠草平」を中心にし、3人のアドルフ、「アドルフ・ヒットラー」「アドルフ・カウフマン」「アドルフ・カミル」たちの人生を描いた物語である。
「峠草平」「アドルフ・カウフマン」「アドルフ・カミル」の3人の視点から物語が進んでいき、その中心には「アドルフ・ヒットラー」の出生の秘密、「アドルフ・ヒットラー」にユダヤ人の血が流れているという事実が書かれた文書がある。
その文書をめぐり、「峠草平」「アドルフ・カウフマン」「アドルフ・カミル」は危険な闘争の中に巻き込まれていく。
日本やドイツで実際に起こった事件も絡ませており、第二次世界大戦前後の日本の荒んだ様子が描かれている。

『アドルフに告ぐ』のあらすじ・ストーリー

第1章 留学生峠勲の死

昭和11年、1936年8月のベルリンでは、ベルリンオリンピックが開催されていた。
記者である峠草平は日本からオリンピックの様子を記事にするためにベルリンを訪れていた。
そこへ実弟の勲から草平へ電話がかかってきた。
勲は、ドイツへ留学に来ていた学生であり、共産主義的な学生活動家でもあった。
草平は三日前に勲の下宿場所へ訪れていたが、その時には勲はいなかった。
電話にて、草平は夜に勲に会おうとしたが、勲はそれを拒否し、「明後日の夕方8時に必ず下宿先に来てくれ。あるものを兄さんに渡したい」と伝えてきた。
勲の持っている情報はヒットラーを失脚させうる重大な情報で、勲はそれを草平に託したくそれを伝えようとしたが、ちょうどその時オリンピックが盛り上がり、その盛り上がる声に遮られて草平は勲の声がよく聞こえなかった。
その明後日の約束の日、オリンピックの競技は「棒高跳び」で、決勝でアメリカ勢と日本勢の一騎討ちとなっていたが、雨が降り出して競技は中断され、雨が上がった日没後に決勝が始まることとなった。
草平は勲との約束の時間に間に合わないことに気づいていたが、記者として日本勢の活躍を見逃すわけにはいかず、結局勲に会う時間は8時を大幅に過ぎてしまった。
草平が勲の部屋に着くと、勲の部屋はめちゃくちゃに荒らされており、「R.W」と殴り書かれたメモが残っていた。
嫌な予感がした草平は窓から外を見回すと、窓の下の木に何かが引っかかっているのに気がついた。
それは滅多刺しにあって死亡した勲の遺体だった。

必死に目撃者を求めるも、反応を得られない草平

草平は慌てて周りの人間に「犯人を見た人はいないのか」と大声で聞き回るも、誰もが冷めた目で見るだけで答えなかった。
草平が勲の遺体を確認していると、勲の指の爪の間に石膏の粉がついているのに気づいた。
そこへ警察がやってきて、勲の遺体を西地区へ運んでいった。
草平は自分が勲の指定した時間に行けば勲が死ぬことにはならなかったと後悔し、同時に勲が何かを自分に渡そうとしていたことを思い出した。
その時、草平の脳裏にとある芸者が被害者になった絞殺事件がよぎった。

半年前にその殺人事件の記事を書くために記者として現場へ向かっていた草平は、そこで兵庫県警察本部の米山課長と出会った。
米山警部はその事件が簡単なものではないと考えていた。
米山警部は、被害者の芸者は持ち物がすべて持ち去られており、爪にチョークか石膏の粉のようなものが詰まっていることから、この事件がただの痴情のもつれによる犯行ではないと感じ取った。
その芸者の名前は「絹子」といい、「芳菊」という置屋でなかなかに名が知られており、関わりのある客を洗い出すとなんと78人にものぼった。
その関係人数の多さと、関係者の身分の高さから捜査は難航し、結局事件は迷宮入りとなった。

草平は勲の遺体を確認しに西地区の警察へ向かったが、西地区の警察は勲の遺体を受け取っていなかった。
東地区に東洋人の遺体が運び込まれているという情報を得た草平は、そのまま東地区の警察にも向かったが、その遺体は勲のものではなかった。
警察は頼りにならないと感じた草平は通報人に直接聞くことにし、荒らされていた勲の下宿先のアパートへ向かい、管理人に勲のことを訪ねたが、管理人は勲を住ませたことはないと言った。
草平は実際に勲が住んでいたはずの部屋を訪ねたが、そこには知らないドイツ人が住んでおり、しかもそのドイツ人は5年前からそこに住んでいるのだと主張した。
あまりに奇妙な事件に、草平は日本大使館に話をしに行くことにしたが、日本大使館の人間は、勲が共産主義の学生活動家のメンバーに入っていたことからあまり協力的でなかった。
オリンピックが終わってからも草平は勲の行方を探し続けたが、見つからなかった。
記者の仲間たちが帰っても、草平は捜索を続けることにし、唯一の手がかりである「R.W」というイニシャルを持つ人を探すため、新聞に尋ね人の広告を出した。
すると、勲を見たという人物から草平に電話がかかってきた。
その人物に、詳しいことはこちらにきてから話すと言われ、草平はすぐにでもその人物の元へ向かおうとした。
草平が宿泊場所に戻ってくると、そこには見知らぬ女性がおり、女性は「リンダ・ウェーバー」と名乗った。
「R.W」のイニシャルに一致する人物だった。
リンダは勲の恋人で、リンダが勲の居場所を草平に聞いてきたため、草平が「勲は殺された」と答えると、リンダは一瞬驚いた表情を浮かべたがすぐに「やっぱりね」と返した。
リンダによると、最近はマルキシズムに加担すると外国人でも容赦なく殺されるとのことだった。
リンダはそのまま草平の元を去り、草平は電話をしてきた人物の元へ向かうことにした。
草平が到着すると、その人物とその家族全員が蜂の巣にされているのが分かった。
草平が家の周りを探ってみると、庭の木の下の部分に草が生えていない部分を発見し、草平がその土を掘り返すと、勲が埋められていた。
すると、黒い車がやってきて、スーツを着た人物が大量に出てきた。
嫌な予感がした草平は慌てて走り出し、林の中へ逃げ込んだ。
草平は大学でマラソンをしており、非常に体力があったためにスーツの人物たちを撒くことができた。
なんとか難を逃れたと思った草平は、宿泊場所へ戻ろうとしてバスへ乗ろうとしたところで車掌に頭を殴られ、気絶した。

第2章 謎の女「リンダ・ウェーバー」

気がつくと、草平は大勢のスーツを着た人物たちに捕獲され、狭い部屋に閉じ込められていた。
一人のサングラスをかけた男が、勲が草平に渡すはずだったものを聞き出そうとした。

激しい拷問を受ける草平

しかし、受け取ったわけではない草平が分かるはずもなく、「渡されていない」と答えると、電流での拷問が始まった。
何度も拷問を受け、草平はどんどん弱っていき、もはや自白することさえできなくなってしまった。
草平を殺してしまっては情報を聞き出せないと思った彼らは、草平を解放することにした。
草平が気がつくと、リンダが介抱をしていた。
草平は再び勲が埋められていた場所へ向かおうとしたが、その場所が思い出せなくなっていた。
草平は自分を拷問したのはナチスの組織だと確信していたが、リンダはボルシェヴィキの地下組織かユダヤ人の結社だと主張した。
リンダはBDM(ドイツ女子青年団)に所属しており、ナチスを崇拝していため、草平の言い分に不満を持った。
草平はどうしても勲が埋められた場所が思い出せなかったが、自分を拷問したサングラスをつけていた人物を覚えていた。
その人物がナチスの党員であると感じた草平は、ナチスの党大会でその人物を見つけることを計画した。
汽車に乗ってリンダとともにナチスの党大会に向かう草平は、リンダの他人事な態度に不満を持っていた。
しかし、リンダは本当に勲のことを愛しており、結婚すら考えていたのだった。
ナチスの党大会に紛れ込んだ草平は、ヒットラーの演説を聞いていた。
ヒットラーの演説は「ユダヤ人を根絶やしにしろ」という内容で、草平はその言葉の選び方から芝居がかっているように感じた。
党大会が終わってから、リンダに話しかけてきた夫人がいた。
夫人はリンダに「ローザ・ランプ」と話しかけたため、草平はリンダの名前が偽名だということに気づいた。
ローザは偽名を使ったことを詫び、草平のことをまだ信用していなかったからだと説明した。
その時、会場では「リヒャルト・ワグナー」という、ヒットラーのお気に入りの作曲家の曲が流れていた。
リヒャルト・ワグナーは「R.W」というイニシャルに当たると草平はなんとなく感じ取った。
ローザのことを呼び止めた夫人は、自分の家に寄るように誘い、その夫人の旦那は親日派であったために草平も同様に家に誘われた。
家に着いた草平とローザは、夫人の旦那のワグナーのレコードを聞かされることになった。
もともと音楽に詳しくない草平はワグナーの爆発的な音楽に疲れ果て、一度休憩を取ることにした。
その時に、廊下を通りがかった草平はワグナーをかたどった石膏像を発見した。
そして、草平は勲の部屋にワグナー像の石膏像があったこと、勲の死体の指の爪の間に石膏の粉が入っていたことを思い出した。
しかし、荒らされた勲の下宿には石膏像はなかった。
石膏像が壊されていた形跡はなかったため、石膏像はおそらく誰かに持ち去られたのだろうという推理に草平はたどり着いた。
そのまま草平は自分の宿泊所へ戻った。
その次の日の朝、草平が所属している会社「協合通信」の部長から電話がかかってきて、草平の机の中を特高(共産主義者を取り締まる警察)が漁っていったのだと言われた。
その電話を受けている途中、草平はサングラスの男がホテルから出てくるところを発見し、電話を切ってそのままその男の後を追った。
すると、その男はローザの部屋の中に入っていった。
草平の部屋とローザの部屋は2つ隣で、草平はベランダからベランダへ飛び移ることで中の様子を伺うことにした。
そうすると、その男はローザの父親で、ローザは草平から情報を引き出すために草平にくっついていたことが判明した。
その上、ローザが勲をSS(ナチスの親衛隊)に密告したことが発覚した。
男が出ていった後、草平は窓から部屋に侵入し、ローザのことを「ゲシュタポのメス犬」と罵倒し、男の後を追おうとローザに部屋の鍵をよこすように言ったが、ローザは拒否した。
そこで草平はローザを殴り、身ぐるみはがして鍵を手に入れて男を追い始めた。
しかし、草平はすでに男の影を見失ってしまった。
草平はローザの元へ戻り、ローザの父親の所在を問い詰めたが、ローザは口を割らなかったため、草平は一晩かけてローザが何か口を割らないか様子を見ることにした。
なかなか喋らないローザにしびれを切らし、ローザになぜ勲をSSに売ったのかを尋ねた。
ローザは、勲が共産主義のグループに入っていることからいつかは殺されると考え、日本へ強制送還させるためにSSに報告し、国外追放してもらおうと思ったのだと言った。
ローザとしては勲が殺されるのは予想外のことだったのだ。
ローザに悪意がなかったことを知った草平は、責める相手が分からなくなり、やけになってローザのことを抱いた。
次の日、草平はローザに「今日帰国する」と告げてローザの元を去った。
ローザは自責の念によるものか、4階の部屋から飛び降り自殺をした。

第3章 日本に住む二人のアドルフ

その頃の東京では二・二六事件が発生し、軍閥が暴走を始めていた。
そして、アドルフ・カウフマンという少年が日本人の少年たちから「異人」「白んぼ」などと悪口を受け、泣いていた。
そこへ駆けつけたアドルフ・カミルという少年が悪口を言う少年たちに掴みかかり、殴り合いを始めた。
これがアドルフ・カウフマンとアドルフ・カミルの出会いだった。
カウフマンはドイツ人向けの学校に通っている一方で、カミルは普通の日本人学校へ通っていたため、カミルは日本人の少年との喧嘩の仕方を覚えていた。
カウフマンは家に帰り、玄関先で父親と会い、カミルのことを話すと、父親は血相を変え、「あいつはユダヤ人だから関わるな」と叱りつけた。
カウフマンと父親が家の中に入ると、そこには警察が入り込んでいた。
そこにいたのは米山警部だった。
米山警部は芸者「絹子」の殺害事件にカウフマンの父親であるカウフマン氏が関与していると勘繰り、調査をしにきたのだった。
カウフマン氏にはアリバイがない上に状況証拠が揃っており、非常に怪しかったが、カウフマン氏は質問をかわし、なんとか警察を追い払うことができた。
カウフマン氏は警察が帰った後、ドイツ総領事館に電話をかけ、芸者殺人事件について警察に睨まれたことを報告し、領事館の人間にアリバイを証明してくれるように言った。
そこへ、カウフマン氏の妻・由季江がやってきて、「絹子」という人物から以前電話がかかってきたことをカウフマン氏に告げた。
カウフマン氏は慌ててそのことを追及し、由季江は、「絹子」はひどく酔っ払っている様子で何を言っているかは分からなかったと答えた。
しかしカウフマン氏は「絹子」が「何か渡す」とか何か言っていなかったかと、さらに由季江に話を続けさせた。
だが由季江の答えは変わらず、由季江を不安にさせすぎるのを危惧したカウフマン氏はそれ以上何も言わなかった。
次の日、カウフマンとカミルは、こっそりとお互いの母親が作ったクッキーの食べ比べをしていた。
カミルの家はパン屋をしており、明らかにカウフマンの母親の作ったクッキーよりも美味しいクッキーを持ってきていた。
それに対してカウフマンは悔しくなり、「きみはユダヤ人だからドイツ人と違うんだ」と、論点をずらした反論をした。
カミルは「自分はドイツ人だ」と主張し、ユダヤ人は世界中のどこにでもいられて、その国の人になれるのだとカウフマンに告げた。
カウフマンが「ユダヤ人はドイツではまともな生活はできない。パパからきみと付き合うなと言われた」とカミルに言うと、カミルは悲しそうにし、「お別れなんやな」と残してカウフマンの元を去っていった。

カミルから別れを告げられ、受け入れられずカミルを追いかけるカウフマン

カミルと友達でいたいカウフマンは慌ててその後を追った。
そしてカウフマンは、カミルの家であるパン屋にたどり着いた。
そこには大量の亡命してきたユダヤ人がおり、ナチス党員を父親に持つカウフマンに対してパンを投げつけた。
カミルはそれを庇い、2度と自分の家には近づかないようにカウフマンに忠告した。

第4章 カウフマンの父への疑惑

日本では盧溝橋事件が起き、日中戦争が始まった。
日本政府はその戦争を「聖戦」として正しい戦争と民衆に思い込ませていた。
カミルたち小学生も、「蒋介石をやっつけろ」などの兵士ごっこが流行っていた。
しかし、カミルは、肌の色が白く、目が青いという理由から大将にしてもらえなかった。

肌の色による差別に嘆くカミルとそれを聞く小城先生

カミルは小学校の先生である小城先生に「なんでおれは大将になられへんのや」と泣きついた。
カミルは一生懸命に日本人になろうと頑張っていた。
小城先生はカミルに差別や弾圧と戦うのが大事だと説いた。
その頃、特高の刑事たちは小城先生を「アカ(共産主義者)」として逮捕する機会を狙っていた。
カミルが家に戻ると、カミルの父親がユダヤ人の仲間とともに何か相談事をしているのに気づいた。
カミルがその内容を盗み聞きしていると、「総統がユダヤ人だという証拠」という言葉が耳に入ってきた。
衝撃の事実にカミルは動揺していると、父親がカミルの元へやってきて盗み聞きしているところを見られてしまった。
父親は聞いたことを秘密にするように強く言い、カミルはそれに頷いたものの、信じられない事実に頭がおかしくなりそうだった。
そこで母親は「秘密」を吐き出す術として、秘密を書いた紙を誰も知らないところに隠すことで懺悔できるのだとカミルに助言した。
カミルはそれに従い、「総統はユダヤ人」と書いた紙をカブトムシの穴に隠すことにした。
しかし、そのカブトムシの穴の存在はカウフマンも知っていたのだった。
一方、本多大佐という人物とカウフマン氏は、それぞれの息子を紹介しに会いにきていた。
本多大佐の息子は芳男という名前だった。
カウフマン氏はカウフマンをヒットラー・ユーゲントへ入れようとしていることを告げたが、カウフマンはそれを断固として拒否した。
カウフマンは、ヒットラー・ユーゲントへ入れられればユダヤ人を殺すことを教えられ、カミルのことさえ憎むことになるかもしれないということを危惧していたのだった。
しかし、カウフマン氏は必ずカウフマンをヒットラー・ユーゲントへ入れることを決めていた。
その後、カウフマン氏はドイツ人の仲間に、カウフマン氏が芸者を殺したことについて糾弾されていた。
警察に対して無罪を主張していたカウフマン氏は、本当に芸者を殺害していたのである。
カウフマン氏は、芸者がワグナーの石膏像を持っていたことを事前に知っていた。
芸者の持っていた石膏像には極秘文書が入っていた可能性があったが、空っぽだったため、カウフマン氏は殺人を犯した上に無駄骨だったわけだ。
カウフマン氏はナチスの情報部に勤めていたため、勲が石膏像を持っていたことは知らされていた。
唯一の手がかりは、ドイツの大学に留学に来ていた学生、勲の持っていた石像の空っぽの空洞だった。
しかし、勲は秘密文書がドイツ人に渡るのを危惧して日本の神戸に文書を送り込んでいたのが発覚した。
カウフマン氏はその文書を受け取った人物を追う任務を負うことになった。
その頃、カウフマン邸に米山警部が訪ねてきて、芸者殺人事件から外されたことを由季江に告げた。
米山警部は最後に由季江にカウフマン氏と芸者の二人が写った写真を見せ、事件が起こった晩にカウフマン氏が大きな袋を持って帰ってきただろうということを言ってきた。
米山警部はそれ以上は何も言わず、由季江の元を去っていった。
あまりに情況証拠が集まっていることに不安を覚えた由季江は、夫のカウフマン氏に連絡を取ろうとしたが、音沙汰がなかった。
その日は豪雨だった。
カウフマン氏は神戸に住むユダヤ人に薬物を与え、薬物中毒にして文書を受け取ったかどうかを聞き出そうとしていた。
由季江は不安にかられ、カウフマン氏の机の中を漁り始めた。

第5章 カウフマン氏の死

由季江はカウフマン氏の机中を探ったが、1つだけ鍵が余ったことに気づいた。
由季江はカウフマン氏がよく出し入れしていた本棚を発見し、そこの本を取り除くと、隠れ金庫を見つけた。
その頃、カウフマン氏は未だにユダヤ人から情報を一切手に入れられていなかった。
一度仲間と交代をし、カウフマン氏は家に戻ると、由季江が隠れ金庫から取り出した写真を見せつけてきた。
その写真には芸者と石像が写っており、さらに熱烈なラブレターまで入っていた。
カウフマン氏は誤魔化そうとしたが、その時に電話が鳴り、ユダヤ人を監禁していた小屋が崩れてユダヤ人が逃げてしまったことを知った。
土砂降りの中、カウフマン氏は仲間とともにユダヤ人を探し回ったが、豪雨のための洪水によってユダヤ人は流されてしまった。
諦めて帰ってきたカウフマン氏は、体が冷え切ってしまい、肺炎を患ってしまった。
その頃、カウフマンの学校でも土砂崩れで学校に被害が生じていた。
崩れた土砂の中に、カウフマンはカブトムシの穴を見つけ、カミルとの思い出を思い出し、何となくその穴の中を覗き込んだ

思い出の木に入っていたカミルのメモ書きを目にしてしまうカウフマン

すると、「総統はユダヤ人」という文言を目にしてしまった。
一方、カウフマン氏は肺炎により重体になっていた。
うわごとのようにカウフマン氏は「絹子」の名前を呼び、ユダヤ人を捕まえろとつぶやいていた。
やがてカウフマン氏は意識を取り戻し、由季江とカウフマンに心配の声をかけた。
カウフマンは「総統はユダヤ人」という文言が書かれた紙が気になり、カウフマン氏に「総統はユダヤ人なの?」と尋ねた。
するとカウフマン氏は血相を変え、誰がこの文字を書いたのかをカウフマンに問い詰めた。
しかしカウフマンは口を割らず、カウフマン氏はカウフマンを叩いたりしてなんとか吐き出させようとしたが、急に具合が悪く鳴り、動けなくなってしまった。
カウフマン氏は救急車で運ばれ、もう助からないとのことだった。
死に際のカウフマン氏と初めに面会したのは、カウフマン氏の同僚のゲルハルトだった。
カウフマン氏はゲルハルトに、カウフマンが「総統がユダヤ人である」ということをどこかで知ったことを告げ、カウフマンが誰からそれを伝え聞いたかを探るように言った。
次にカウフマンと由季江が面会をした。
カウフマン氏はアドルフにドイツ人の気高さを話し、自分の行為もいずれカウフマンにも分かるだろうと告げた。
次にカウフマン氏は由季江に、「絹子」と会っていたことを正直に話した。
そして、「絹子」を死なせたことを告げた。
カウフマン氏はそれ以上何もいうことはなく、息を引き取った。
葬式を終え、カウフマンを失った家は寂しい空気に満ちていた。
由季江はしばらくは領事館の世話になろうとしたが、カウフマンは母親の料理の腕をみこんで、ドイツ料理屋を開くことを提案した。

第6章 カウフマンのAHS入学

suma719
suma719
@suma719

Related Articles関連記事

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説・考察まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

ブラック・ジャック(BLACK JACK)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラック・ジャック(BLACK JACK)』とは、手塚治虫の代表的な漫画作品の1つで、天才無免許医師が法外な治療費と引き換えに多くの怪我や難病を治療していく人間ドラマ作品。1973年~1983年に『週刊少年チャンピオン』で連載され、連載終了後も読み切り作品が掲載された。さらに、他の漫画家の執筆による作品も数多くあり、医療漫画のパイオニアにして、金字塔と言われる。映画、OVA、実写のTVドラマ、アニメなど、さまざまな形で映像化されてきた。

Read Article

三つ目がとおる(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『三つ目がとおる』とは、手塚治虫による漫画及び、それを原作とするアニメ作品である。無邪気な性格の中学生、写楽保介は古代種族三つ目族最後の生き残り。額の絆創膏を剥がすと第三の目と共に超知能、超能力を操る冷酷な人格が現れ悪魔のプリンスと化す。写楽は世界征服を目論む一方で、時にクラスメイトの和登さんらと共に古代遺跡絡みの陰謀に巻き込まれる。オカルトブームの中、人気を博し第1回講談社漫画賞を受賞。漫画の神と呼ばれた作者の没後初のアニメ化作品でもある。

Read Article

ブッダ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブッダ』とは、漫画家・手塚治虫が手がけた、仏教を生み出した釈迦こと「ブッダ」の物語についての漫画作品である。少年漫画雑誌『希望の友』(潮出版社)にて、1972年〜1982年まで連載された。後のブッダである主人公「ゴータマ・シッダルタ」が苦悩しつつ仏教をどのように悟ったのかを描き出している。実在の人物と手塚治虫自身の創作の人物が入り混じっているも、2000万部を超える売り上げを記録し、非常に評価されている作品である。

Read Article

火の鳥(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

漫画界の巨匠、手塚治虫の描く壮大な物語が『火の鳥』だ。その血を飲むと永遠の命が得られる伝説の鳥である「火の鳥」。この伝説の鳥を巡り、古代から未来へ、未来から古代へ。またミクロからマクロへ、マクロからミクロへと想像を絶するスケールで世界が流転する。文明の進化と衰退、科学の罪、生命進化、人間の心と、「火の鳥」を狂言回しに、あらゆる要素を紡ぎ、手塚治虫が読者へ送る「究極の物語」だ。

Read Article

奇子(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『奇子』とは手塚治虫が小学館『ビッグコミック』に1972年1月25日号から1973年6月25日に連載していた漫画作品。戦後史最大の闇とされた下川事件をモデルにした事件を核に、旧家一族の愛憎劇を絡めた物語となっている。第二次世界大戦直後、天外仁朗(じろう)が外地から復員すると、実家には末の妹・奇子(あやこ)が増えていた。実は奇子は仁朗の義姉と彼の父親の不義の子であり、彼女の存在が家族間に緊張を生む。一方仁朗はGHQのスパイに成り下がり、司令部からの命令で様々な汚れ仕事や諜報活動に手を染めていく。

Read Article

神の手を持つ男 ブラック・ジャックの生い立ちと謎について考察まとめ

手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』。一話完結の作品の中に完璧な人間ドラマを描きだす手塚治虫は間違いなく天才だったといえるでしょう。漫画を読んだことのない人はもちろん、ある人にとってもブラック・ジャックは謎の多い人物です。今回は間黒男がいかにして伝説の無免許医ブラック・ジャックになったのか、ブラック・ジャックとはいったい何者なのか、その本性に迫ります。

Read Article

火の鳥の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『火の鳥』はあの『鉄腕アトム』を生み出した漫画界の巨匠、手塚治虫による『火の鳥(不死鳥)』を題材とした長編漫画である。日本の漫画文化を代表する作品の一つ。仏教の「六道輪廻」の考え方を軸に「死と再生」を主なテーマとした壮大なストーリーとなっている。 全12編ともなる独立したストーリーの舞台が過去と未来を行き来する独特な構成や、宗教思想と漫画の融合が当時画期的であり、現在でも数々の作品に影響を与え続けている。 この記事では、生命の本質や人間の業を説くような火の鳥の名セリフの数々を紹介する。

Read Article

【ブラック・ジャック】記念すべき第1話「 医者はどこだ!」のネタバレと感想

「鉄腕アトム」や「火の鳥」「ジャングル大帝」などの名作を世に生み出した手塚治虫先生。そんな彼の作品の中で「医療漫画の傑作」と言われ、現在でも高い支持を集めているのが「ブラック・ジャック」です。今回は2004年に発売された新装版の特徴を踏まえながら、第1巻収録話についてまとめていきます。(※参考画像なし)

Read Article

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

Read Article

いつの時代も面白い!テレビアニメ『ブラック・ジャックシリーズ』

どうも。最近話題になっている「ヤング ブラック・ジャック」効果で再びB・Jブームが到来した筆者です。子供の頃に何気なく見ていたストーリーは、今改めて見ると中々に感慨深いものがあったりします。という事で今回は、テレビで連続放送されていたB・J各シリーズを1話無料動画と合わせてご紹介。

Read Article

手塚治虫の名作『ブラックジャック』の集大成! 『ブラックジャック大全集』

手塚治虫の名作が最も美しく甦る。 『ブラックジャック』は過去、秋田書店等で何度か単行本化されているが未収録作品がいくつかある。 しかし本書は、過去の単行本化された中で未収録作品が3話と一番少ない。 なお、この3話(「指」・「植物人間」・「快楽の座」)は手塚プロダクションの意向により今後も掲載されることはないため、この『ブラックジャック大全集』が〈完全版〉と言えるだろう。

Read Article

目次 - Contents