何でも治せる手腕と心。『ブラック・ジャック』に登場した「人間以外の患者」たち

漫画の神にして医学博士、手塚治虫の遺した医療漫画『ブラック・ジャック』。どんな難病、怪我も手術で治してしまえる手腕を持つ彼のこと、人間以外の動物や、果ては無機物も治療してるんです。

主人公ブラック・ジャックとは

天才的な手術の腕を持つ無免許医。免許がない理由については諸説あり。とはいえ実力はまさに折り紙付きで、名医がさじを投げた患者でさえものの見事に救ってしまう。ただし、それは飽くまで「手術が成功した」という意味であり、ストーリーの都合上患者が死亡することも。もちろん生存し、元気に暮らす患者も多い。一方、自身の持つ医学の限界、人体の意外な力の前に成す術もなく打ちひしがれ「神」に対し叫ぶことも。

「どこの病院からも見捨てられた患者の最後の砦」ではあるが、法外な手術料を請求。これに関しては、彼の容姿がつぎはぎだらけになった原因たる少年時代の事故が関係している。少年時代、戦時中の不発弾の爆発事故に巻き込まれて体がバラバラになった過去があった。成功するか分からない大手術の末に一命をとりとめ、長年にわたるリハビリの中「医者になる」と決意した様子。そんな背景のせいか、命を粗末にすること、無下に奪うことに関して怒りを見せることも。特に、手の施しようのない患者に安楽死を与えるドクター・キリコとは真逆の信念からよく衝突する。本名は間黒男(はざま・くろお)。事故の際、父親は共に大怪我を負った妻子を捨てて逃げた。ちなみに「事故」に関しては「不発弾注意」の看板が撤去されていたというバージョンが存在。高額の手術料は看板撤去に関わった面々への復讐の為とのエピソードもある。

『戦場ガ原のゴリベエ』(患者:猿)

ピクニック、キャンプに訪れる人間を襲っては食べ物を奪う乱暴者の猿として、猟師から狙われていました。遂に撃たれるものの命に別条はなかったようで逃走。血の跡を追ったブラック・ジャックが見たのは、メス猿の死体と子ザル、そして怪我を負ったゴリベエの姿。子供たちの為、危険を承知で人間を襲い食べ物の強奪を行っていたのです。中々に恩義を感じる性格のようで、ブラック・ジャックが忘れていったメスを届けに来てくれたんですが…。

『万引き犬』(患者:犬)

ブラック・ジャックの助手にして自称「奥たん」(見た目幼女)のピノコが連れてきたメスの老犬、ラルゴ。怪我をしてたんで手当てしてしばらく置いていた模様。ものすごーく物臭、怠け者の形容が似合う犬(ラルゴというのも音楽用語で「ものすごくスロー」)ですが、時たま人のものを奪って逃げるという癖が。その時だけは俊敏なんです。

実は彼女には「危機を察知する」鋭い第六感が備わっており、物を盗むのは持ち主を危険から遠ざけるためでした。アニメではレギュラー化してましたが、原作では家の下敷きになって死亡。

『白いライオン』(患者:ライオン)

「珍しい白いライオン」として動物園で人気を得ていましたが、体調不良に。獣医にもさじを投げられた挙げ句ブラック・ジャックの所に来たわけです。

「メラニン色素の欠乏(アニメでは脳腫瘍が原因)により白い体になっている。物珍しさから見世物にされてストレスもたまったせいで弱っている。人間から遠ざければいい」ということでメラニン注入。「普通になったんじゃ意味ねーだろ!」と祖国に送り返されました。ブラック・ジャックの下には抗議の手紙が殺到。その中に一枚だけ感謝と激励の手紙が。「ルナルナが白くなくなった」ことを知るピノコからのもの、というのは明白でした。

『真珠の詩』(患者:シャチ)

漁場付近に現れるシャチです。怪我を負っていたところをブラック・ジャックにより治療。謝礼のつもりか真珠を渡す義理堅い奴です。怪我をするたびブラック・ジャックに治してもらう、真珠を渡すという関係性が出来上がり、ブラック・ジャックの方も「トリトン」と名前を付けたりしてました。しかしそこは腐ってもシャチ。魚を獲るべく漁場を荒らすことも多々あったため、ブラック・ジャックも彼を治すわけにはいかなくなりました。

傷を負った体で真珠を持ってくるトリトンを説得しても効果なし。最後に見た時、トリトンは傷だらけのまま真珠に囲まれて浮かんでいました…。アニメじゃ生きてましたけど(ついでに言えば、漁場を荒らしていたのも他のシャチだった模様)。

『U-18は知っていた』(患者:コンピュータ)

ここに来てブラック・ジャック先生、「機械を治す」羽目にもなりました。「直す」んじゃなくて「治す」んです。つまり修理ではなく治療。設備の整った病院で、医者はU-18という機械のみ。無痛で手術をしてくれるし、治療も健康管理も全て行き届いている。そんな中U-18が故障状態に。U-18は修理技師ではなくブラック・ジャックを呼ぶように要求。

理由は、患者たちから「何でも治せる医者」だと聞いたから。自身を医者と主張するU-18に呼ばれて修理、じゃなく治療することに。コードを血管と見立てれば、まあできないことはない、ということなのか一応は成功。しかし、U-18は「自分にはもう医者の役目はできない」として引退宣言。ブラック・ジャックとは互いに「いい医者」という認識を持って別れるのでした。

『未知への挑戦』(患者:宇宙人)

地球外生命体も手術しました。生き物だからU-18よりは近い、かなあ。患者は女性宇宙人であり、リーダーの妻。ただ彼ら(イウレガ星人とのこと)は発達した科学力を持ち、文化も違うためか手術という物を知らなかった模様。手術し始めるや、「何をするんだ!」。いや、気持ちは分かります。怪我をしている奥さんをさらに斬られたら動揺するのは分かります。幸いにも地球人とほぼ似た身体構造(微妙な違いはありますが)であること、未知の臓器があったもののそれが胎内の赤ん坊であると気づいたこともあって、手術は成功。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

ブラック・ジャック(BLACK JACK)のネタバレ解説まとめ

ブラック・ジャック(BLACK JACK)は、手塚治虫の代表漫画作品の1つ。黒いマント姿につぎはぎの顔の天才無免許医師が、法外な治療費と引き換えに多くの怪我や難病を治療していく人間ドラマ。1973年~1979年に「週刊少年チャンピオン」にて連載され、連載終了後も読み切り作品が掲載された。さらに、他の漫画家の執筆による作品も数多くあり、医療漫画のパイオニアにして、金字塔と言われる。

Read Article

神の手を持つ男 ブラック・ジャックの生い立ちと謎について考察まとめ

手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』。一話完結の作品の中に完璧な人間ドラマを描きだす手塚治虫は間違いなく天才だったといえるでしょう。漫画を読んだことのない人はもちろん、ある人にとってもブラック・ジャックは謎の多い人物です。今回は間黒男がいかにして伝説の無免許医ブラック・ジャックになったのか、ブラック・ジャックとはいったい何者なのか、その本性に迫ります。

Read Article

手塚治虫の名作『ブラックジャック』の集大成! 『ブラックジャック大全集』

手塚治虫の名作が最も美しく甦る。 『ブラックジャック』は過去、秋田書店等で何度か単行本化されているが未収録作品がいくつかある。 しかし本書は、過去の単行本化された中で未収録作品が3話と一番少ない。 なお、この3話(「指」・「植物人間」・「快楽の座」)は手塚プロダクションの意向により今後も掲載されることはないため、この『ブラックジャック大全集』が〈完全版〉と言えるだろう。

Read Article

【ブラック・ジャック】記念すべき第1話「 医者はどこだ!」のネタバレと感想

「鉄腕アトム」や「火の鳥」「ジャングル大帝」などの名作を世に生み出した手塚治虫先生。そんな彼の作品の中で「医療漫画の傑作」と言われ、現在でも高い支持を集めているのが「ブラック・ジャック」です。今回は2004年に発売された新装版の特徴を踏まえながら、第1巻収録話についてまとめていきます。(※参考画像なし)

Read Article

いつの時代も面白い!テレビアニメ『ブラック・ジャックシリーズ』

どうも。最近話題になっている「ヤング ブラック・ジャック」効果で再びB・Jブームが到来した筆者です。子供の頃に何気なく見ていたストーリーは、今改めて見ると中々に感慨深いものがあったりします。という事で今回は、テレビで連続放送されていたB・J各シリーズを1話無料動画と合わせてご紹介。

Read Article

火の鳥(Phoenix)のネタバレ解説まとめ

漫画界の巨匠、手塚治虫の描く壮大な物語が『火の鳥』だ。その血を飲むと永遠の命が得られる伝説の鳥である「火の鳥」。この伝説の鳥を巡り、古代から未来へ、未来から古代へ。またミクロからマクロへ、マクロからミクロへと想像を絶するスケールで世界が流転する。文明の進化と衰退、科学の罪、生命進化、人間の心と、「火の鳥」を狂言回しに、あらゆる要素を紡ぎ、手塚治虫が読者へ送る「究極の物語」だ。

Read Article

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

ブッダ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「ブッダ」とは、漫画家・手塚治虫が手がけた、仏教を生み出した釈迦こと「ブッダ」の物語についての漫画作品である。少年漫画雑誌「希望の友」(潮出版社)にて、1972年〜1982年まで連載された。後のブッダである主人公「ゴータマ・シッダルタ」が苦悩しつつ仏教をどのように悟ったのかを描き出している。実在の人物と手塚治虫自身の創作の人物が入り混じっているも、2000万部を超える売り上げを記録し、非常に評価されている作品である。

Read Article

三つ目がとおる(The Three-Eyed One)のネタバレ解説まとめ

『三つ目がとおる』とは、手塚治虫による漫画及び、それを原作とするアニメ作品である。無邪気な性格の中学生、写楽保介は古代種族三つ目族最後の生き残り。額の絆創膏を剥がすと第三の目と共に超知能、超能力を操る冷酷な人格が現れ悪魔のプリンスと化す。写楽は世界征服を目論む一方で、時にクラスメイトの和登さんらと共に古代遺跡絡みの陰謀に巻き込まれる。オカルトブームの中、人気を博し第1回講談社漫画賞を受賞。漫画の神と呼ばれた作者の没後初のアニメ化作品でもある。

Read Article

火の鳥(Phoenix)の名言・名セリフまとめ

『火の鳥』はあの『鉄腕アトム』を生み出した漫画界の巨匠、手塚治虫による『火の鳥(不死鳥)』を題材とした長編漫画である。日本の漫画文化を代表する作品の一つ。仏教の「六道輪廻」の考え方を軸に「死と再生」を主なテーマとした壮大なストーリーとなっている。 全12編ともなる独立したストーリーの舞台が過去と未来を行き来する独特な構成や、宗教思想と漫画の融合が当時画期的であり、現在でも数々の作品に影響を与え続けている。 この記事では、生命の本質や人間の業を説くような火の鳥の名セリフの数々を紹介する。

Read Article

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

Read Article

目次 - Contents