ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

Pen 00 4

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

追記1/21

・待望の17話公開!三ヶ月ぶりの更新ですし、今回はかの「諸星大二郎先生」ですし!!現在ツイッターにてトレンド入りしました。1/21

田中圭一とは?

デビュー当時はシュールな下ネタギャグを劇画調の絵で描いていたが、担当から「作画が時代に合ってない」と指摘され新しい画風を模索するうち流行の絵ではなく「一世風靡した諸先輩の絵柄を読者に再評価してほしい」に至り、不惑を前に手塚治虫の絵柄で下ネタギャグを展開する作風を確立。更に本宮ひろ志や藤子不二雄、永井豪、西原理恵子、水木しげる、松本零士などの絵柄を織り交ぜ、現在も下ネタ漫画で活躍中。近年はサラリーマン経験を活かした作品も多い。代表作に『ドクター秩父山』『昆虫物語ピースケの冒険』など。
(一部引用:wikipedia)

出典: ja.wikipedia.org

Picture pc f876ae9a493431b68716b8adc77cf219

■色々な作品を完璧に模写し、自分のモノとしてしまう田中先生。特に同人誌即売会などで発行される同人誌こそが、田中先生の真骨頂です。
(画像:はぁとふる売国奴)

【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】

■2015年12月現在、16話(16人)までのエッセイ漫画を公開中。その中から幾つかをより抜き、紹介させて頂きます。
・幾つかの誤字及び修正を致しました。

■第二話:手塚治虫の「チョコレート」

20140618124147

[1頁]手塚先生は1989年2月9日、満60歳で亡くなられており、こちらは25年後の2014年6月19日に掲載された作品です。

20140618124203

[2頁]手塚先生の女性は魅力的ですが、こちらのエピソードには驚かされました。

田中先生と手塚るみ子さんの親交

■それはアニメ『ヤングブラックジャック』放映後に流れた、とある“エンドカード”を巡る出来事。

・手塚るみ子さんと田中先生のご関係を知らない方は、思わず「一触触発!」と思われたようですが、

・実はこのツイ、田中先生へと、るみ子さんなりにエールを贈られていたようです。

Pen 01

・ご存知の方も多いと思われますが、田中圭一先生の本の帯を手塚るみ子さんが書かれた事がありました。つまりお二人は、こんなドキリとした冗談も言え良好な間柄なのです。
(画像:Amazon)

■第三話:赤塚不二夫と新宿の名店「山珍居」

20140716190454

[1頁]2015年秋から冬にかけてアニメ界を騒がせている『おそ松さん』も、赤塚先生の『おそ松くん』が元になっている作品です。

20140716190517

[2頁]

20140716190556

[4頁]タレントのタモリさんが、まだメディアで活躍する前、赤塚先生に大変お世話になったエピソードは有名です。

高塔
高塔
@chaineltess

Related Articles関連記事

火の鳥(Phoenix)のネタバレ解説まとめ

漫画界の巨匠、手塚治虫の描く壮大な物語が『火の鳥』だ。その血を飲むと永遠の命が得られる伝説の鳥である「火の鳥」。この伝説の鳥を巡り、古代から未来へ、未来から古代へ。またミクロからマクロへ、マクロからミクロへと想像を絶するスケールで世界が流転する。文明の進化と衰退、科学の罪、生命進化、人間の心と、「火の鳥」を狂言回しに、あらゆる要素を紡ぎ、手塚治虫が読者へ送る「究極の物語」だ。

Read Article

ブラック・ジャック(BLACK JACK)のネタバレ解説まとめ

ブラック・ジャック(BLACK JACK)は、手塚治虫の代表漫画作品の1つ。黒いマント姿につぎはぎの顔の天才無免許医師が、法外な治療費と引き換えに多くの怪我や難病を治療していく人間ドラマ。1973年~1979年に「週刊少年チャンピオン」にて連載され、連載終了後も読み切り作品が掲載された。さらに、他の漫画家の執筆による作品も数多くあり、医療漫画のパイオニアにして、金字塔と言われる。

Read Article

おそ松さん(おそまつさん)のネタバレ解説まとめ

「おそ松さん」とは、テレビ東京系にて2015年10月から2016年3月の2クールにわたって放送された、赤塚不二夫の漫画「おそ松くん」原作のテレビアニメ、またそれを基にメディア展開された作品です。主人公である六つ子が成人してもニートであるという設定や、六つ子をメインに据えたギャグストーリー、原作でも人気だったイヤミやチビ太などの登場人物に、多くの女性が魅了されました。

Read Article

手塚治虫の名作『ブラックジャック』の集大成! 『ブラックジャック大全集』

手塚治虫の名作が最も美しく甦る。 『ブラックジャック』は過去、秋田書店等で何度か単行本化されているが未収録作品がいくつかある。 しかし本書は、過去の単行本化された中で未収録作品が3話と一番少ない。 なお、この3話(「指」・「植物人間」・「快楽の座」)は手塚プロダクションの意向により今後も掲載されることはないため、この『ブラックジャック大全集』が〈完全版〉と言えるだろう。

Read Article

【ブラック・ジャック】記念すべき第1話「 医者はどこだ!」のネタバレと感想

「鉄腕アトム」や「火の鳥」「ジャングル大帝」などの名作を世に生み出した手塚治虫先生。そんな彼の作品の中で「医療漫画の傑作」と言われ、現在でも高い支持を集めているのが「ブラック・ジャック」です。今回は2004年に発売された新装版の特徴を踏まえながら、第1巻収録話についてまとめていきます。(※参考画像なし)

Read Article

いつの時代も面白い!テレビアニメ『ブラック・ジャックシリーズ』

どうも。最近話題になっている「ヤング ブラック・ジャック」効果で再びB・Jブームが到来した筆者です。子供の頃に何気なく見ていたストーリーは、今改めて見ると中々に感慨深いものがあったりします。という事で今回は、テレビで連続放送されていたB・J各シリーズを1話無料動画と合わせてご紹介。

Read Article

Contents